カナダ総選挙の投票用紙が届いた。

2015.10.01.04:44

10月9日、カナダの総選挙が行われる、そしてその結果でカナダの政府や首相も変わるかもしれない、私と妻はカナダにおいてはカナダ保守党を支持していてハーパー首相を支持しているが、今回選挙の予想ではこの保守党が国会の過半数を保持するのが難しいとの話、場合によっては現首相のハーパー氏、退陣になるかもしれない。
それが国民の民意であれば致し方がない、いずれにしてもこの国の政治については別に文句はない。

一方アメリカでも2016年のアメリカ合衆国大統領選挙に向けて、共和党、民主党、それぞれの陣営での候補者選びが始まっている
アメリカでの大統領の選ばれ方、ちょっと難しくてうまく説明できないが,選挙人を選ぶ代理選挙でそれも州単位、それにしてもそれぞれの政党で候補者が絞り込まれ、選挙に至るまではとてつもない金がかかるのは間違いない。

先日、アメリカのテレビ番組で共和党の大統領選挙、立候補者のデイべート(討論会)があった、元大統領のブッシュの弟だか従弟だか忘れたがそれが出ていたり、とにかく早々たる、元上院議員や知事、その中で民間出身は2人、アメリカの不動産王といわれるドナルド、トランプ、そして元大会社CEOだった女性、

とにかく、トランプもよくしゃべったが他の候補からはどうも糞味噌(一応言葉は丁寧)に攻撃されているように見えた。それは言葉にはしていないが、政治のプロではない、実業家上がりに何ができる、そんな揶揄も含まれているような気がした。

これは私の持論でもあるが大衆、選挙民が政治家に清廉潔白,清貧、清潔を求める、それは違うのではないかと思っている、
政治家とは結果であって何をやってくれた、何を成し遂げた、場合によってはその時には評価されなくとも後世に評価される事もあるし最初から大衆に迎合するような者にはロクな奴がいない、返って清濁併せ飲む位の度量と権謀術策を泳ぎ切るくらいの器量が据わった人物こそ、このような職業に相応しいと思っている。
その意味では田中角栄、傑出した政治家だと思っている。残念ながらアメリカの虎の尾を踏んで失脚させられたが!!

アメリカ歴代大統領、凡庸な大統領もあったし、英雄色を好むもあったし、裏でロクな事を企んでばかりの人物もあった、現大統領のオバマも元大統領のジミーカーター同様に歴代大統領の中では、最も駄目だった大統領に数えられようとしている。

これは政治家に限らず、その世界で成功し、ある意味、世界にインパクトを与えた人物には必ず光と闇の部分を持つ、その光が輝く分、闇も大きい、多分物事に成功を治めるという事は権謀術策の中で生き抜き、競争の中で勝ち続け、金と運があってはじめてその中で掴めるものだと思うからである。その意味では信じる事に断固としてやる、大事な事だと思う。

ただ政治家の場合、政治の中ではそれはタブーの部分があるので言わないだけで、実社会での生き方はにたようなものだと思う、日本には綺麗事や青臭い理想論やできもしない約束を乱発する迎合政治家が多いが、それはそれらの政治家を見分けられない国民が大勢いる事もあるのだろう。また、そうさせる腐ったマスコミにも責任があるが、これはすでにそうさせる勢力がマスコミの隅々まで浸透していてもはやどうにもできない状況にあるのも大きい。
しかし、これはまだましのほうなのか、綺麗事やしょうもない政策はともかくとしても国民や国を売る、売国政治家、政党がこの国には跋扈している、日本人に成り済ましている議員、特定国家や特定団体の意向を金や資金をもらってその指示通り動く売国奴議員、そしてそれらの議員や政党を選び続ける脳タリン国民、それが日本という国の国民性ならば致し方がない。


さて共和党のアメリカ大統領候補の1人、ドナルド、ジョン トランプ、現在は共和党の数ある候補の中でも人気が高い。
Donald_Trump_by_Gage_Skidmore.jpg

余談だが彼の特徴あるヘアスタイル、きわめて金のかかったカツラだと言われているが、どうだろう、少なくともどこぞの盆暗薄ら皇太子が被っている安物カツラとは出来が違うようだ。噂によれば薄らナルのカツラ、朝鮮系カツラメーカーのリーブ21とか、?
200px-Donald_Trump_hair_from_above_and_behind.jpg



トランプ、討論会の中でも言いたい事を言っていたし、その発言も遠慮がない、また、政策通かといえばそんな事もない、ただ終始一貫していたのはビジネス感覚、ビジネスで成功した手法で政治をやってみたいとする意欲、企業とは究極的には金を儲ける、国とは豊な社会、強い国を目指す事であり、基本的にはそう変わらない。
一番違う事は企業は潰れてもいいが、国はそうはいかない、それだけ、特にアメリカは世界の大国である、この国の有り様は世界に大きな影響力を及ぼす、それは頭にあるようではある。

ドナルド、トランプ、
米経済誌フォーブスが29日に発表した2015年のアメリカ長者番付けによると、アメリカの不動産王と呼ばれているトランプ、(69歳)の総資産は45億ドル、円でいえば約5400億円、アメリカでは121位となっている、彼自身は100億ドルといっていたので実際にはその半分しかなかった訳だが、それでも桁外れた金額ではある。
因みにトップはマイクロソフトの創始者、ビル、ゲイツ、なんと総資産は760億ドル、

ドナルド、トランプ、事業の浮き沈みもあったが現在は世界に不動産事業を展開している成功者、またテレビに番組や冠イベントも手掛ける有名人、今年私が滞在していた比国マニラ、マカテイのコンドウの近くにも彼の超高層のコンドウが建設されていた。

今のところ、共和党で彼がアメリカ大統領候補として一本化されるかどうかはわからないが、もし、そうなってもこの大統領選挙キャンペーンにかかる天文学的費用については何の問題もない、トランプにはそれを自前で賄える金がある、アメリカの大統領選挙、その過程で多くの候補者が脱落していくがその理由は選挙資金が底を付く、それが大きな理由である、掲げる政策もあるがそれはあまり意味がない。

ただ、仮に彼が共和党の候補として民主党の候補、(多分ヒラリー女史になると思うが)、と戦った場合、難しいと思う。それは今のアメリカ国民を構成する人種的階層、共和党を支持する白人中間派はそう多くはない。
黒人層、ヒスパニック系、アジア系は民主党の支持母体、そして特にこの何年かアジア系、中国系、韓国系の移民の流入が著しい、いずれ近い将来、アメリカという国はアジア系アメリカ人が主体となる日も近い。

現大統領オバマ、彼は以前にも記事にしたが白人母とケニヤ、黒人父との間にうまれた人間で幼名バリーソエトロという名を持っていた、アメリカ大統領になるにはアメリカで生まれた事が絶対条件で、オバマはアメリカ、ハワイで生まれたと称していたがこの出生に関して疑わしいとしてキャンペーンを張り、オバマに渋々出生記録を提出させたのはこのドナルドであった。

俳優のアーノルドシュワルツェネッガーが大統領に野心があったが、それが出来ない理由がそこに有る、話は変わるが日本の場合、もし国会議員で帰化系朝鮮議員が総理大臣を目指した場合、制度が違う事もあるが可能である。

事実、小泉純一郎の父、自民党議員だった小泉純也は帰化系朝鮮人だった。当時の小泉首相が北朝鮮訪問した際、時の将軍様だった金、正日はその事をよく知っていた。

いずれにしても事の真偽はともかくとして、民主党時代の総理、鳩ポッポと缶から管は酷かったし、彼らが訪米した際の対応も最低の扱い、おそらく、アメリカの出先機関から、彼らの出自なり出身の明細な情報が届けられていたと思う。
日本には防諜機関や諜報機関がないが、アメリカには軍や政府の出先諜報機関が大使館や横田基地も含めていくつもある。


オバマ、彼は上院議員上がりで金はなかった、ではその大統領選挙戦キャンペーン資金どうやって調達したか、それはインターネットで資金を細分化して募った、勿論、募金してくれればその出どころは問わない、これが今では知られているが中国系からの資金が相当集まったとされている、勿論リベラルな人々、ヒスパニック、黒人層もあるが、最大の資金は中国系であった、一説には中国政府の息のかかった米在住の団体に資金を小口に分けてネット献金してカモフラージュしたとある、オバマの対中国政策を見るとまんざらこの説が間違いではなかった、そう思うがどうだろう。
4047.jpg
オバカ、いやオバマの弟、支那人女と結婚して中国で商売をしている、つまりオバマは中国人義理妹もあるという話。

今回の中国国家主席習近平の国賓としてアメリカ訪問、国内に相当反対もあったがオバマはやった、だがハッカー問題はくだらない手打ち、中国の覇権、領土膨張主義、他国への侵略行為や弾圧については見解の相違だと、流石チキン、へたれオバマだけの事はある、確かに米中関係、経済的にもいまや切っても切れない関係にある事は分かるが、これらの関して舐められているという事がわかっていない。

同時期に訪米したカソリック法王、その人気のお陰かどうか、習の存在は形こそ国賓であったがアメリカ国民の多くは関心なし、飛行機300機を買うものの財界からのサンキュウでお終い、あのブスッタレた顔では親しみも湧かない筈、パンダの仮面でもつければ良かったのにと思うが、ま、ざま見ろと言いたい。
9de846f9421cdb114e64c6a5f19faab9.png
国連での演説、見事なくらいのガラガラ、そりゃそうだ、ろくでもない国家のろくでなしが演説したって誰も興味なし(笑い)


さて、この記事の結論として、私はこの型破りのドナルド、トランプ、アメリカ大統領になってもいいような気がしている、もう専門の政治家には飽き始めている米国民もいると思うし、いい加減長年続いてきた民主党政権にも嫌気がさしてきた国民も多い、強いアメリカ、そう回帰を願う白人中間層も多い筈、

私はアメリカという国は日本にとって良い国だとは思わないが、それでも必要な国であることは間違いない、日本では安倍首相の任期もまだ続きそうだし、もしトランプが当選したらどんな組み合わせになるか、少なくともこのトランプ、オバマと違って中国様仲良くね、よろしくねの人間ではないし韓国にも相当毛嫌いしている部分もあり、それだけでも評価したい。



連絡
ブログ拍手欄での非公開コメント頂いている皆様、非公開なのでご返事は差し上げてはいませんが、きちんと読まさせてもらっています。公開なさっている方にはお返事をさせてもらっていますが、いずれにしましても改めてお礼を申し上げます。
有難う御座いました。
スポンサーサイト

comment

Secret

Re: 選挙

2015.10.08.02:58

秘密のカフェさん、先日は楽しい語らいの時間、ありがとうございました、価値観が合う者同士のお喋り、あっという間に時間が過ぎてしまいました、それにしても素敵な女性と流ちょうな英語、びっくりしました、そして素敵なご主人、いいですね.

トランプ、ちょっとタイプが私に似ていて好きなんですが、ヒラリーには勝てないでしょうね。

車のラジオでよくトリュドーがハーパーに対してのネガテイブキャンペーンをやっていますが、私はこの2世上がりは嫌いです。


近い内に又お会いしてお喋りをしたいものですね、

Re: No title

2015.10.08.02:02

> ドナルド・トランプが、大統領候補に決まっても、もう驚かないです。 だって、あのキム・カダシアンの旦那のKanye Westが、2020年に大統領の候補者に出馬するらしいです。 これこそ、アメリカの終わりです。 2番目の子供がクリスマスに生まれる予定らしいですが、Jesusの次の神の子供が生まれると勝手に騒いでいます。 
>
> Kanye Westが出馬できるようなアメリカになった時は、親父様の所へ引っ越してきますので、よろしくお願いします。

KIKOさん、コメント有難うございました。

私も別にドナルドトランプが合衆国大統領にベストとは思っていません、ただ、他の候補がおなじような見えるだけ、多分、ヒラリーと一騎打ちになった場合負けるでしょう、

どうなんでしょう、アメリカ人、初の女性大統領、願っているのでしょうか?  

管理人のみ閲覧できます

2015.10.06.06:01

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

2015.10.02.02:11

ドナルド・トランプが、大統領候補に決まっても、もう驚かないです。 だって、あのキム・カダシアンの旦那のKanye Westが、2020年に大統領の候補者に出馬するらしいです。 これこそ、アメリカの終わりです。 2番目の子供がクリスマスに生まれる予定らしいですが、Jesusの次の神の子供が生まれると勝手に騒いでいます。 

Kanye Westが出馬できるようなアメリカになった時は、親父様の所へ引っ越してきますので、よろしくお願いします。 
プロフィール

わがまま、親父

Author:わがまま、親父
FC2ブログへようこそ!

カナダ、トロント近郊に住む、死に損ないの爺いです。余命わずかなので勝手な事を書き散らしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
わがまま親父の独り言、カナダで生きています。
わがまま親父の独り言う、カナダで生きています。
わがまま親父の独り言、カナダで生きています。
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR