ギフト 贈り物。

2015.09.25.22:15

世の中にスピリチュアルな世界に嵌る、あるいはそういう精神世界を信じている方が結構いらっしゃる、そういう世界が実際に存在しているのかどうかは私自身が体験していないので何とも言えないが、一概にそんなものはないと否定するつもりはない。

私はいわゆる占いというのは信じてはいないが、例えば霊視とか透視とか霊感とか、極めて稀な例としては有るかも知れないと思っている。

それは一昔前に立花隆の書いた臨死体験という本を読んだ事があって、臨死体験者の話がいくつもの例として書かれていた。
この話の結論としては死亡と診断されたとしても実際には脳の機能が完全には停止しておらず、何かの形で映像を記憶していてそれが死後の世界を見たという話しになるのでは、そんな事だった。

だが、たとえ、そのような現象であったとしても死後世界からの生還者、臨死体験者の話として世の東西に関係なく、その話の内容はよく似ていて共通している事もあって単なる脳の機能が死んでいなかったので起きた、そうばかりとは言えない気もする。

この臨死体験者の多くが語る話として幽体離脱がある、それは共通していて死亡した自分の体から魂が離脱して、その上からそれをみている自分があったという話、そしてその後、光のトンネルを通って光り輝く美しい世界が待っていたという。

この話が宗教でいう天国なのか、あるいは仏教でいう極楽浄土なのかは分からないが、霊的能力を持つ方しか経験できないのであろうし、おそらく、本人も知らなかったが結果的にそのような能力があったのであろうと思っている。

臨死体験、これは死亡は確認されて、それが何かの拍子で死から生還した僅かな時間での間での話であって、完全に事故やその他の理由で帰るべき肉体が消滅している場合の話ではない。

はっきりしているのは肉体が消滅しているに死後の世界から蘇って、その世界を語った例は全くない、その意味ではイエスキリストの復活や、イタコが黄泉の世界の住民と会話ができると言った話とは全く次元が違う話で、ある意味宗教的な話になり別ものであると思っている。

世の中にはある種の極めて特殊な能力を持つ方がいる、私はそれらの能力をギフト、贈り物と考えている。

その能力とは訓練して出来たものではない、突出した能力、例えば自閉症児が持つ特殊な才能、極めて高い記憶能力、写真のように一度見た映像を鮮明に記憶しており、それを完全に復元できる能力、あるいは絶対音感、一度聞いた音楽を完全に記憶しており音として間違いなく再現できる能力、将棋やチェス、子供であっても天才的な技能を持つ能力、動態視力に優れ一般の人間には見えない物を見る事が出来る能力、コンピューター並の計算能力を持つ者、

一方では天地異変、未曽有の大災害を予知できる能力、その体発する何等かの力で病人を直すの能力、言葉を介さないで相手とコミニケーションが取れる能力、

更には音楽でいえば天才的な楽器奏者、声楽でいえば持って生まれた驚異の歌声、大作曲家と言われた人々、あるいは天才と言われた芸術家達。

だが人間としては問題を抱えていたり、見た目、愚鈍に見えたり、むしろ日常生活でいえば不適格生活者だったりするが、その持つ特殊能力は何故そうなのかは今の科学では説明できない。

また、通常、ノーマルな人間であった者が何等かの事故や災害で脳に損傷を受け、その後極めて特殊な能力を持つ事もある。これも何故そうなったのかは今の医学でも解明されていない。

よく、人間の脳はその能力の50%も使われてはいないと言う、では先に書いた生まれつきの特殊能力を含め、事故後や何かしらの脳の損傷で脳細胞が変化して脳細胞の一部が極めて特化した結果なのか、これは私にもわからないし、おそらく世の医学者や科学者でもまだ未知の分野だと思う。

私はまだ神の存在という者に対しては信じてはいない、信じてはいないが、例えば霊視能力,透視能力、各分野における特殊能力は神からの贈り物、ギフトではないかと考えている。それはそう考えないと説明できないからだ。

ただ言っておきたいのはそれら特殊能力があると称して、それを商売にしている人間については信用はしてはいない。

だが、これらの特殊能力、場合によっては才能と呼んでもいいが、それらを持つ者達がその能力を認識しているのか、あるいはその能力の持つ価値を知っているのかと問われれば、多くの場合、むしろ戸惑ったり恐れを感じている者が多い。

自分は普通の人間ではないと感じるからだろうと思う。

人には見えないものがみえたり、ノイズ、雑音としか聞こえないのにその内容が理解出来たり、写真のように一度見た物は鮮明な映像として記憶できたり、かえって恐れを抱くのだと思う。

ギフト、残念ながら私には何の贈り物はなかった、それはそれで良かったと思っている、持ってうまれた分で生きている、足りない分は勉強し、経験し、それで生きてきた。

何の才能もない分、訓練や努力で何とかなる事も多い、臨死体験もないから死後の世界も知らない、霊視や透視能力もないから先の世界や未来についても予言も出来ない、その先がより良い世界なのか、あるいはもっと悪くなるのかも分からない。

子供がいないから、子供や孫達の将来を心配することもない、残りの余生、どうやって生きる、それもない。

よく、神秘主義者とか霊的心霊主義者がいう地球的規模でのアセッション、浄化が起るという説、キリスト教世界でいう世の終わり、科学者のいう地球規模での天地異変、それが本当に来るのかどうか、仮にあるとしてもその時には生きてはいないし、したがって関心もない。

結局、一番大事な事は生きている時が大事であって、死んだら全ては終わるという事、そしてこれはギフトを持つ者も、何の才能を持たない者にも公平にやってくるという事、それが早いか遅いかの違い、また早いか遅いの場合は運、不運もあるし、どうする事もできない。

だからと言って生きて生まれた以上、懸命に生きなかればならないとか、世の中の為とか人の為に役立つ生き方をしなければならないとか、そう思う人はそれでいいし、別に文句はない。

人生、何が大事かはそれぞれが決めればよいし、それぞれの価値観で生きればいい、別に人生に達観している訳ではなくもう余命がそんなに長くないと知ればそうのような考え方になっただけの事。


だが、たった一つ、これはあり得るのではないかという説がある、それは輪廻、リンインカーネーション(生まれ変わり)人間が死ねば肉体や記憶は消滅するが、魂は生まれ変わって次の時代で新しい命として誕生するのでは、、、、、別にこの説を信じている訳ではないが、あってもいいなと思っている。
チベットのダライラマの選ばれ方、このような生まれ変わり説からきている。

ただ、条件があって人間で死んだらやはり人間として誕生したいし、虫や動物では嫌だ、また、女としても生まれたくない(出産の苦しみはしたくない)、朝鮮人や中国人としても生まれたくない、ピグミーやホッテントットも嫌、人食い人種も嫌、

とにかく前世の記憶がないのだから何でもいい筈だが、それでも日本人に生まれて良かったので、願わくは又生まれ変わるのであれば日本人として誕生したい。


相変わらず下らん事を書き散らしているが、たまにはこういう話も面白いと思って書いた。


支離滅裂な文面だが出来上がって書いる訳ではない、誤解があるかもしれないので念の為(笑い)


追記

前の記事で洒落として生前葬の話を書いた、この記事結構関心を呼んだようで、かなりの方が是非参加したいというようなお話が来ている、勿論参加を表明されている方は遊び心をもって来られると思っているが、この記事で書いたように願望として生まれ変わりがある、そんな事もあって形だけとはいえ一辺死んでしまう必要性があるようだ、生前葬、なにか仕切ってくれる女性もあったり、具体的に動きそう、

けれど、親父の生前葬、参加者を求むなんて呼びかけも馬鹿みたいな話で、さてどうしたものか? まあ、下らない話なんだが!!

スポンサーサイト

comment

Secret

Re: タイトルなし

2015.11.20.07:59

秘密のYさん、コメント有難うございました。


私自身はスピリチャルな才能というか能力はありません、でも私の母方のオバ、ある時期から透視というか青森のイタコと同じように亡くなった方と話ができる、そんな事もあって近所界隈では拝やさんとよばれているようです。別に商売でやっている訳ではなくて頼まれてするだけだと言ってました。

胎教、これは効果あるようです、こちらでは良くクラシック音楽を聞かせているようです。

管理人のみ閲覧できます

2015.11.18.04:22

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

2015.10.08.01:54

秘密のT美さんへ

この話、色々と裏で心配してくださる人もあって、どのような規模で遣るとか、実際には考えなきゃならない事が沢山あって吃驚しています(笑い)

私が日本に住んでいれば自分で仕切れますが、そうもいきません、いずれ時期がくれば希望関係者のみ分かる形でご連絡したいと思っています。

その節はよろしくね!

Re: やっぱ!幹事しょ

2015.10.08.01:47

秘密のUさんへ

この話、いろんな方からのアドバイスもあり、まだ時間もある事なのでゆっくり考えたいと思っています。

Re: No title

2015.10.08.01:44

秘密のみっちゃんへ

色々とアドバイス、ありがとう、そうですね、まだまだ時間があるのでゆっくり考えておきます。

Re: タイトルなし

2015.10.08.01:42

秘密のWさん、返事が遅くなってしまいましたが、

そうですね、もしできる限りのことをしてあげたいという気持ちは分かります。ただ問題はある種の特殊な才能が有ったとして、では一般人として生きて行けるのか、そこなんですよね、

仮にその才能が花開いたとして、それを維持し守っていく存在が必要になります、Wさんの命が永遠ならそれもできるでしょうが、そうもいきません、

私が心配するのはその先、老婆心ながらちょっと考えてみました。

管理人のみ閲覧できます

2015.10.01.13:01

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

2015.09.30.01:54

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

2015.09.29.16:41

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

2015.09.29.15:06

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

2015.09.29.02:59


Wさん、長いコメント有難うございました。

私も仰る事もよく分かりますよ、実際にそういう例もあります、ただ、本人はその違いをよく分からない場合がほとんどなので回りが注意深く見守る必要があります、また、それぞれの分野に進む場合、それこそ専門の人の助けが必要です。

それをも承知してやられるのであればいいとは思いますが、、、、、結構キツイ覚悟がいりますよ!!

そして本物を目指すなら、母の愛情だけでは足りません、プロの世界というのはそう云うものです、特に音楽の世界は、、私の姪2人も有名な音楽大学の卒業、専攻の楽器も小さい頃からやっていましたが、結局音楽の世界では通用しませんでした。

Re: No title

2015.09.29.02:45

>  おやじ様
>
>  お久しぶりです~^^
> 5月の連休は帯状疱疹にかかり痛みと格闘・・・。
> 治ってほっとしたら、夫が健康診断で引っかかり
> 8月のお盆休みに入院し大腸ポリープを切除、幸いにも良性で
> 一安心いたしました。
>
> おやじ様の生前葬は友人と共に参加いたします。
> 熟女N様のTシャツを着るのも楽しみにしております。

あみら777さん、コメント有難うございました。

私も帯状疱疹経験者なのでよく分かります、酷い時は髪の毛を触っただけで痛みました、この菌は一旦は収束するもののまた体の抵抗力が弱った時に出るようです、お気を付けくださいね。

さて生前葬、洒落で書いたいたのですが、どうやら本当にやるようになりそうです、やるとすれば場所は神戸、時期は3月か4月、どのくらいの人数規模については皆目分かっていません、

企画立案してくれるお友達女性がいるようなので、その時はこのコメント欄で発表してもらいます、どうも本人がやるわけにもいかず、正直、困っています(笑い)

Re: 困ったキャベツが高い

2015.09.29.02:36

> 殿!、もとい親分!
> その気になっている人
> 相当数になっているとオラは思います
> ま
> 女性が圧倒的に多いでっすが


ウナさん、毎度!、、、そうなんですよね、、、、、どうしましょ(笑い)

そうだ、男性参列者がいないので、ウナさん弔辞を読んでくれますか、ま、冗談ですが(笑い)

Re: タイトルなし

2015.09.29.02:22

秘密のYさん、私は懐疑主義者で滅多な事では何も信じませんが、それでも世の中には理屈や科学でも解明できない物がある、それは否定出来ないと思っています。

とは言え私自身は平凡な生き方が一番、そう思っていますが、幸か不幸か、私の人生はそれこそ色んな出来事がありました。

Re: 生前葬

2015.09.29.02:14

秘密のマダムへ、私のブログに結構、この生前葬に参加したいという申し込みが結構きています。

そうはいってもどのような段取りで仕切っていいのか見当もつきません(笑い)

まあ、舞台付の広い部屋、そこに棺桶をおいて私が白装束で入る、でお焼香して弔辞を読んでもらい、あとはドンちゃん、こんな事で考えているのですが、

まだ時間があるので後で相談に乗って下さいね!!

Re: No title

2015.09.29.02:07

> 遅々として進んでませんが
> 生前葬イベントのシャツ、印刷屋まで行って打ち合わせしてます。
> 思ったより高かったので、あれこれハツッってしまいましたが
> S、M、L、LL  各3枚づつ作ろうと思ってます
>
> ゲロッパです
> Nちゃん


ナッチャン、色々有難う、忙しい折余計な仕事を頼んで御免、急がないので時間があれば、で、やってください。

生前葬、何か本当にやるような話になってきて(笑い)、、、段取りから含めてマダムやナッチャンにお世話になりそう、KUONさんは喪主とか(笑い)

どこぞの古着屋に白装束(男物)があったら買っておいてください、棺桶は売っていないでしょうから段ボール箱でつくりましょうかね!!

弔辞は誰に読んでもらいましょうか?

Re: No title

2015.09.29.01:57

Rimさん、コメント有難うございました。

いつだったか、テレビで立花隆の自宅を紹介したいましたが、鉄筋コンクリート三階建ての自宅、地下室も含めて本で埋まっていました、やはり本物の物書きは違うな,感心したことを覚えています。

清陵町と清水沢行かれますか、私もカナダに移住する1年前、それこそ何十年振りに行きました。記憶にあった景色はもはや何もなく茫然としたことを覚えています。
その時は母校の清陵小学校、朽ち果てながらも残っていましたが、その後取り壊し、今は何もないと思います。ただ夕張川はその姿を変えずに流れていました。

機会があればもう一度訪ねてみたい、そう思っています。

管理人のみ閲覧できます

2015.09.28.15:54

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

2015.09.27.12:49

 おやじ様

 お久しぶりです~^^
5月の連休は帯状疱疹にかかり痛みと格闘・・・。
治ってほっとしたら、夫が健康診断で引っかかり
8月のお盆休みに入院し大腸ポリープを切除、幸いにも良性で
一安心いたしました。

おやじ様の生前葬は友人と共に参加いたします。
熟女N様のTシャツを着るのも楽しみにしております。


困ったキャベツが高い

2015.09.27.08:07

殿!、もとい親分!
その気になっている人
相当数になっているとオラは思います

女性が圧倒的に多いでっすが


いつか読んだ本に
『生涯の何処かで人は必要とする人と必ず出会う』
こうありました
逆も有り得ると私は思います
そして
現実とは『実現』したということでしょ

結果を楽しみといたします。

管理人のみ閲覧できます

2015.09.27.03:54

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

2015.09.26.23:14

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

2015.09.26.22:49

遅々として進んでませんが
生前葬イベントのシャツ、印刷屋まで行って打ち合わせしてます。
思ったより高かったので、あれこれハツッってしまいましたが
S、M、L、LL  各3枚づつ作ろうと思ってます

ゲロッパです
Nちゃん

No title

2015.09.26.22:38

こんばんわ
私も神とか仏とか占い、超能力等は信じない方ですね。
立花隆は昔は政治的な本(田中角栄のロッキード疑惑等)を書いていて昔よく読みましたが、最近は脳のについての事が多いですね。
今の政治状況には興味ないのですかね。

あと来月に夕張に行ってきます(夕張川沿いの滝の上の紅葉が綺麗らしいので)
ついでに清水沢と清陵町も見てきます。
月形町にある樺戸博物館(テーマは監獄・開拓)も行く予定です。
どこかのブログで(大学の先生が)北海道の歴史を知りたければ
夕張の「石炭博物館」と三笠の「鉄道博物館」と月形の「樺戸博物館」を見れば良い。と言われたと書かれていたので、
マー行って見ようかなと(夕張と三笠は見学した事あるので)
「開拓 石炭 鉄道という歴史を知れば」という事でしょうね。




プロフィール

わがまま、親父

Author:わがまま、親父
FC2ブログへようこそ!

カナダ、トロント近郊に住む、死に損ないの爺いです。余命わずかなので勝手な事を書き散らしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
わがまま親父の独り言、カナダで生きています。
わがまま親父の独り言う、カナダで生きています。
わがまま親父の独り言、カナダで生きています。
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR