旅行の話、3.

2015.09.11.01:10

順不動で書いてきた旅行の話、行った順番から言えばキングストン、オタワ、モントリオール、キングストンは大学を中心とした学術都市、都市と言っても街の規模は小さい、オタワについては書いた、モントリオール、これはカナダでオリンピックが開かれた街だが、都市としては綺麗なヨーロッパ風の町並み、ま、行った、という程度の事。

2日目だったか、ニューブランズウイック、
IMG_1864.jpg

IMG_1904.jpg
この街は高原というか山の中にある町で主要な産業は林業だと言っていた、高い所から見渡せば街が一望出来るくらいの規模の街、こんなところにカジノを作ったのはいいがたいして流行っているようには見えなかった。IMG_1867.jpg
これは木造橋としてはカナダで一番古いと言われている橋、車は片側通行でしか走れない、そういえばこんな屋根のついた橋の小説があった、映画にもなったが忘れてしまった。

IMG_1917.jpg
これはセント、ジョンだったと思うがホエールウオッチングに船ででかけた桟橋、これもオプションで昼飯抜きで3時間72ドルのクルーズ、当然こんなぼったくりクルーズ行かなかった。
で帰ってきた連中に話を聞いたら、クジラは一匹、一回顔を出して潜ったきり、後は顔も出さなかったそうだ、(笑い)

IMG_1873.jpg
IMG_1882.jpg
IMG_1885.jpg
ノーバスコシアに入ってからお土産屋で観光客用にバグパイプを吹いていたお兄ちゃん、バグパイプ、スコットランドの民族楽器である。
その後、地名は忘れたが何十軒かの漁師が住んでいる村に立ち寄った。主にロブスターを取っているらしいが漁師にはひとりも会わなかった。ふつう日本で漁師町といえばそれなりに魚の臭いがするが、そんな匂いは一切しなかった、念の為に干し魚がお土産に売っているかどうか確かめたが流石にそれはなかった。
一緒に行ったフィリピン人も言っていたが、これがフィリピンの漁師町であればどこの家の軒先にも魚の開きが干してあり、それをお土産に売っている、カナダ人はどうやら干し魚は喰わないらしい(笑い)

IMG_1869.jpg
IMG_1909.jpg
IMG_1902.jpg

旅行で泊まったホテルでそこそこのホテルだったところ、この他は何とかインいう郊外にあるツアー用ホテル。

IMG_1926.jpg
IMG_1931.jpg
IMG_1934.jpg

先の記事でも書いたが今回の旅で一番気に入った場所であったケベックシテイ、人口の9割がフランス語を話す住民、レストランの表記から看板、案内板までフランス語、私はフランスには行った事はないが、妻はここはまさしくパリの街だと言っていた、ちなみに妻はその昔パリに行った事がある。それはともかく道路も石畳みで建物も石造り、重厚でヨーロッパの雰囲気はある、トロントもいい街だがそれでも町並みからいえば適わない、ここなら何日か逗留してもいいなと思った。


おまけの写真、いくつか。
IMG_1899.jpg
旅の何日目かは忘れたが、ある海岸近くの海鮮レストランで昼食時に見かけた鳥の巣、こんな高い所に巣を作っていた、どうやら雛も2羽いたようで私はてっきり白頭鷲かなと思っていたら、地元の人がこれはオスプレイだよ、と教えてくれた。
3e389a6c.jpg
日本名、ミサゴ、日本で左巻き阿呆が配備に反対して騒いでいた2基のローターによって垂直離着陸可能なヘリコプターみたいな航空機オスプレイ、この名が実はこの鳥の名前だとは知らなかった。

IMG_1866.jpg
これは途中休憩で寄ったドライブインにあったポテト工場においてあった昔のトラック、この工場サツマイモのポテトチップを作っていた。



IMG_1911.jpg
最後に寄った何とかの滝、大したことがない滝で名前も覚えていない。
IMG_1942.jpg
これも最後の行程に組み入れられていたサウザンドアイランド、ボートクルージング、この湖に大小1000からの島あり、島によってはアメリカ領あったり、個人所有であったり、家も建っている、一時間のクルーズ、何ドルだったか忘れたが例によって興味なし、


今回の東方面カナダの旅を総括しての感想、

確かに数多くの都市と観光地を短時間で巡るバスツアーの旅、基本的な値段から言えば安い、7日間でバス代、ホテル代、チップツアーガイド料金、ホテル朝食込みで600ドルちょっと、だが実際には観光コースと夕食はオプション、そのオプションを入れると楽に1000ドルは上回る、一緒に行ったフィリピン人、そこそこ金はもっているようでオプションを楽しんでいたようだ(後で文句を言っていたが)

まあ、流石中国人旅行代理店主催の旅、私は記事の冒頭で書いたが、カナダに移民して14年、カナダ国内の旅行をしたことがなかったので、ま、いいかと参加したが、結論としては疲れただけ、体調を崩し散々、妻の親戚や友人が参加というので行ったが次回は誘われても行かない(笑い)、、、、タダでも行かない。

ただ、旅の途中で見かけた大型のキャンプトレーラー(豪華な仕様の車もあった)で旅を楽しむ老後世代、何人も見かけた、カナダ、これはアメリカもそうだと思うがこれらのトレーラーが停められる施設があちこちにある、勿論、電気、プール、商業施設は完備
これらの施設を利用しながらゆっくりと各地を巡る、暇と金があり健康であればこのような気ままな旅も良いかもしれない。

この後何年生きられるかどうかは知らないが、長い日程の旅はもう無理のような気がする、先日お隣の友人インド人のヤージが今度インドに帰国した際一緒にどうだと誘いを受けた、その代わりカナダに戻る際は日本に寄って京都を案内してくれと言っていた。

インド、カオスと混沌の国、世界第2位の人口、多言語、多民族、訳の分からん国、行ってみたい気はするが、、、、、、、、


これで3回に分けた旅の話はおわりますが、コメントを頂いている皆さま、多少体調が戻ったので少しずつお返事を書きたいと思っています。ご心配有難うございました。






スポンサーサイト

comment

Secret

Re: アボンリーへの道

2015.09.16.06:41

秘密の元SEさん、カナダのテレビドラマは殆ど見ないので分かりませんが、トロント郊外の撮影地を見学されましたか!

私は今回の旅でカナダ国内はもういい、とにかく広すぎる、喰い物が美味しくない、観光スポットはぼったくり、きっとたまにくるからいいのかもしれませんね。 

Re: No title

2015.09.16.06:36

> お疲れのご旅行だったようですね。 でも、無事に帰ることが出来てよかったです。 私も団体旅行と言うか、沢山の人と行動をするのが嫌いです。 一人も嫌なんですけど、出来れば、彼とか子供たちだけ、それか、本当に気の合う友達とだけと言うのが、一番合ってます。 気を使う方なので、沢山の人が好き勝手言うと疲れます。 
>
> まだ、酷そうですが、お大事にして下さい。


KIKOさん、お久振りでした、時々ブログにお邪魔しています。

話は変わるけれど息子さんたち、そろそろ母親離れの時期なのでは?,,,,近所のその位の子供を見ていると母親が嘆いていました

KIKOサンの場合、そんな事はないか?な、、とにかく子育て経験がないのでよく分かりません、となりの家では毎日親子喧嘩がたえません。

管理人のみ閲覧できます

2015.09.13.12:01

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

2015.09.11.23:43

お疲れのご旅行だったようですね。 でも、無事に帰ることが出来てよかったです。 私も団体旅行と言うか、沢山の人と行動をするのが嫌いです。 一人も嫌なんですけど、出来れば、彼とか子供たちだけ、それか、本当に気の合う友達とだけと言うのが、一番合ってます。 気を使う方なので、沢山の人が好き勝手言うと疲れます。 

まだ、酷そうですが、お大事にして下さい。

プロフィール

わがまま、親父

Author:わがまま、親父
FC2ブログへようこそ!

このブログで書かれた記事とコメントの転用を禁じます。
違反した場合は法的手段を講じます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
わがまま親父の独り言、カナダで生きています。
わがまま親父の独り言う、カナダで生きています。
わがまま親父の独り言、カナダで生きています。
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR