スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅行の話,1.

2015.09.09.11:51

今回のカナダ東部方面の旅、、、、、、、一回いったのでもう良い、そんな感じかな、(笑い)

私はご存じのように人と協調性がない男、そして我がまま、そんな男が1週間近くもバス1台借り切っての見知らぬ人間と過ごす、それだけでも嫌になっているのに、出来るだけ短時間に観光地や地方都市を回る為に朝早くの出発と夜遅くになってのチェックイン、結局毎日それの繰り返し、昼間はバスでの移動、何時間も森林と大小の河や湖、一直線に続く道、、、、飽きた。

おまけは食事の問題、朝食は料金に含むが朝が早い為にただ、腹に詰め込むのみ、昼食と夕食はオプション、昼間はマクドナルドか似たようなファーストフード、もしくはモールのフードコート,夜は予約してあれば海鮮料理食べ放題やフランス料理、特別美味しいとは思わなかったというより私には美味しくなかった。

ちなみに海鮮バフエ、1人45ドル、フランス料理42ドル、


今回は妻や妻の姉妹達、義理弟、その他ファミリリーが一緒だったので仕方なくなんとか過ごしたが、面白くもなんともなかった。
大体がフィリピン人の旅行に一緒にいく、それが間違い、つまり、旅行をする、旅行を楽しむ事についての感性が日本人とは違う、もっというなら私の旅行に対するスタイルと全く違っている、、、、まあ、いまさら言っても遅いが、、、、いずれにしてもこのような形の旅行は2度行かない。


私は日本にいた時もそうだったが、旅行する、いわゆる観光地、神社仏閣名所旧跡には一切興味がなかった。

私の旅を楽しむには自分のスタイルがあって、基本的に1人旅、ただ若い時には妻に内緒で若い女性と不倫旅行と称して国内や海外にも行ったが、いくら好きな女でも何日も一緒にいると嫌になってくる、それを見せる訳にいかずそうなると旅行そのものが面白くなくなってくる、まあ、昔の話だが(笑い)

私の旅のスタイルは定住型、日本国内であれば海のそばで景色がよく、そこそこの日本風旅館で温泉があって美味しい料理があり、2~3日ゆっくりできればいい、海外であれば都市部の盛り場ちかくの1流ホテル、そこを拠点として近間を徘徊、クラブやバー巡り、そこで知り合った人間との出会いを楽しんだり、玉には羽目を外したり、まあ、いくつかの怖い思いもあったが、、、、、


最近は食も細くなったので昔程美味しい食べ物にそれほどこだわらなくなったが、それでも事、食べ物に関してはやはり日本の食べ物が一番美味いと思う、

今回の旅、ケベック市のフランス料理屋で食べた牛肉の赤ワイン煮込みも不味くはなかったが、元もと、フランス料理がそれ程好きではなく、知り合いのシェフがやっている四谷にあるフランス料理のレストラン三国に比べると明らかに味の基本が違っていた。多分、これは日本にあるイタ飯屋やインド料理、地中海料理屋もそうかもしれないが、味自体が日本人風にアレンジされておりカナダで食べるそれぞれの出身人種の食べる料理とは味は微妙に異なる。

逆に言えばそれぞれの人種が日本にやってきて故国の味としてそれらのレストランで食べれば、これは俺の国の料理の味と違うというかもしれない。

此処のオーナーシェフ、私と同じ北海道出身で四谷の店の開店当時から知っているが、腕はいいが余りにも従業員に偉そうなので好きではない、ま、余計な話だが、
IMG_1928.jpg
この赤い屋根の下のお店がケベック市で有名だといわれているフランス料理店、ケベックのフランス料理はこうだといわれればそうかもしれないが、値段の割りには大したことはなかった。
隣の人が食べていたロブスター
IMG_1940.jpg



とにかく、旅の途中で猛烈に日本食が食べたく成り、ハリフアックスで竹内さんから日本人シェフがやっている鮨やがあるよ、とのメールを頂いていたので探していたら偶然に見つかり、そこで美味しい鮨を食べる事が出来た。
IMG_1888.jpg

そこのオーナー、14年前にはトロントにいたこともあり、トロントの古くからの日本人とは何人か共通の知り合いがあり昔話で会話が弾んだ。

IMG_1890.jpg


隣に座った白人、日本酒をおかんで頼み、鮨をつまみにして美味そうに飲んでいたが、白人で日本酒を温めて飲む、こんな男に初めて会った、日本に興味があるようでいずれ日本にいってみたいような事を言っていた。


続く。
スポンサーサイト

comment

Secret

Re: 復活なさってなりより!!

2015.09.16.06:15

秘密のPさん、暫くコメントがなかったので心配していました。

状況、そうでしたか、でも強いですね、親父はへたれなんで駄目です。

会社を辞める時、お得意先がこの四谷の三国で送別会を開いてくれました、嬉しかったですね、料理もおいしかった、あの親父は腕はいいのですが、いわゆる外ズラがいいだけ、でも料理の世界では厳しくないと良い料理人にはなれない、ま、しょうがないですね

来年一時帰国の際は行けたら北海道も考えています。札幌にも逢いたい人がいるので!!

Re: いつもアップデートを楽しみにしています!

2015.09.16.06:06

秘密のT丸さん、はじめましてになりますか?

場合によっては物の見方も偏っていることもありますが、これも親父の個性という事でご理解下さい(笑い)、、

もう今更どうにもなりません。

管理人のみ閲覧できます

2015.09.10.02:56

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

2015.09.09.19:43

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

わがまま、親父

Author:わがまま、親父
FC2ブログへようこそ!

このブログで書かれた記事とコメントの転用を禁じます。
違反した場合は法的手段を講じます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
わがまま親父の独り言、カナダで生きています。
わがまま親父の独り言う、カナダで生きています。
わがまま親父の独り言、カナダで生きています。
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。