私の英語はインチキ英語。

2015.07.13.05:15

カナダに移住してもう14年にも成ろうとしているが、相変わらず私の英語は酷いレベル、それは自分自身で認識はしているのだがもっと上手くなりたいとかは思わない。それは日常会話ではそう困らないし、テレビでも映画でも内容は理解できるからだ、もう一つは近所も含めて英語を完璧に話す人はいるが、逆に私と同じようなレベル、つまり歳をとってからの移民をした人々がいて彼らも上手く話せないからだ。

以前にも書いたがカナダでは英語が下手くそ、それは余り恥とはみなされない、要は生活する上で相手とコミニケーションが取れればいいことでそれで困る事がない限り良しとされている、
英語を話す、カナダ移民の多くは英語が母国語ではない、みな勉強して憶えた言語、従って自分達の言語の発音やイントネーションが当然混じる、インド人の英語、中国人の英語、アフリカ系黒人の英語、ロシア系人種の英語、ベトナム人の英語、最初は英語なんだかよく分からなかった。
特に酷いのはインド人の英語と中国人の英語、独得の発音があって今でも理解するのが難しい、思うに他言語学習能力というのは勿論先天的才能もあるようだが、幼児期の学習能力が一番高いと思う。

よく国際線の飛行機に乗るが機内のアナウンス、文法的に正しい英語、よく勉強した英語で話す日本人アテンドの女性、これも後つけで勉強したなと直ぐ解る日本人英語、別にそれが悪いと言っている訳ではなく、所詮ネイティブスピーカーの話す英語ではないという事。

英語、アメリカでは米語ともいうが、これも地方では独得の訛りや言い回しがあって地方の人間にしか分からない事も多い、テキサスに行った時、田舎のテキサス人が話していた米語、半分も分からなかった。

よく場末のバーやちょっとした小屋風レストランで、ジョーク専門のコメデイアンが話芸をやっているが、これも普通の英語を学んだくらいでは理解できないし、笑いを取る質が日本とは違うので何が面白いのか、よく分からない。
つまり、ちょっと英語がはなせる落語家や漫才師がアメリカやカナダで日本の落語や漫才を英語でしても受けないと一緒、笑いのバックグラウンドが違うという事。

最近、世界の大企業のホンダが社内での言語を英語に統一するというニュースがあった、多分日本の本社だと思うが、その目的は書かれていなかったので知る由もないが、私には余り意味があるとは思えない。
ビジネス上英語が完璧に話せるのに越したことはないが、社内の会話をすべて英語ですべしという事にはどうかと思う,外資資本の企業ならそれも分かるが、日本にある日本の企業、いくら世界のホンダと言ってもその多くは日本人であろう。

ま、会社命令だから、英語が話せない人間は落ちこぼれになるだろうし、皆必死に勉強すると思うが、ご苦労様ではある。

私がカナダにきて最初に覚えようとした英語、それは悪口雑言英語、それはこんな事がきっかけだった。

ある時、ガソリンスタンドでガソリンを入れようと並んで待っていたら、ガソリンを入れ終わった車が停めたままで動かない、私の車の後ろにも数台待っている、何をやっているのかとスタンド内を見たら、この車の持つ主と家族、スタンド内で買い物をしていた、猛烈に腹が立ったので、買い物をするんだったら車をスタンド前のパーキングに停めてからやれと怒鳴った、勿論つたない英語だったが、そうしたらこの野郎、イッツ、ナット、ユア、ビジネスとほざきやがった、つまりお前には関係ねえ、この糞やろう、と思い悪態をつこうと思ったがその英語が出てこない、う~う、で、出てきた言葉が日本語で馬鹿野郎、相手は何だこいつは、、、、???

情けなかった(泣),

今では平気で英語での悪態がつける、ここでは品がないので書かないが(FUCKが一杯入る)、メチャクチャに言う事が出来るようになった(笑い)
ただし、時と場合によってはズドンという事もあり得るので相手を選んではいるが(笑い)、、、、、、、、、、


これは私の意見だが、英語なり他の言語なり、年齢が経ってからその言語を学ぶ場合、良い先生と学ぶ環境が大事だと思う、環境に関しては完全に一切母国語が使えない環境で朝から晩まで集中して2年位やれば言語として完全に身につくと思う。そして更に大事な事は覚えた言語をいつも使える環境に身を置くという事、

よく英語語学研修として若い日本人のおねえちゃんやあんちゃんがトロントにやってくるが、朝鮮人経営の英語学校で朝鮮人が作った日本の間違った歴史を英語で勉強させられたり、、、、、これ本当の話で日本人以外の他の国の学生もそう信じてしまう危険性がある(怒)、学校で紹介された下宿を朝鮮人とシェアーさせられて喜んでいる(単なる阿呆)姿を見ると泣けてくる、それはまあ良いとして、勉強なんだか観光なんだかわからない暮らしをしている、特にあんちゃん、頭は鳥の巣、不細工な顔に鼻ピアスだか、ズボンは腰パンなんだが知らないがサルマタが見えそうなまでずりさげ、阿呆丸出しでイエ~、何が英語勉強に来ましただ!
馬鹿野郎、日本人の恥だからとっとと帰れ。

とにかく日本で行なっている学校での英語学習、これは役には立たない事は確か、そんな事より日本人はちゃんとした国語教育をすべき、日本語もまともに話せないし第一言葉をよく知らない、その上、丁寧語、謙譲語、尊敬語も話せないのに英語教育、実に下らん。
言語、言葉はその国が保ってきた文化、伝統そのもの、その事を先ず知るべき。


私の英語はインチキ英語、、、からはちょっと脱線してしまったが、私の結論としては英語が話せるという事は相手とのコミニケーションが取れれば充分だという事、勿論完全な英語を必要とする職業や立場での話ではないし、そのこと自体、また別の次元の話

そんな訳で我がまま親父、インチキ英語でもカナダで生きている、ま、自慢にはならないが(笑い)

最後にどの民族もそうであるが、カナダ、アメリカで生まれた子供は勿論、自動的にネイティブスピーカーになる、この記事にした英語がへたくそ、それはある年齢を過ぎて移民した人々の話であって、ちゃんとした英語を身につけようと思っている方にはむかない記事である。記事自体、あくまでも私の主観、一応断っておく。
スポンサーサイト

comment

Secret

Re: 納得。

2015.07.17.20:22

> 親父さんの記事、納得です。
>

Canada0628さん、コメント有難うございました。

以前はリッチモンドにお住みでしたよね、あそこは自宅からの近いのですが中国人が多く住んでいます。ですので拙い英語でもそれほど違和感がありません。

私の妻は大学で第2言語としてスペイン語を取ったそうです、フィリピンの公用語であるタガログ語、これはマレー系のタガログ族という民族がフィリピン最大の民族であるために公用語となりましたが、スペイン統治時代が長っかった為言語自体がスペイン語とミックスされた言語になっています、また日本で30年以上暮らしていましたので私達の日常会話は日本語でやっています。

近所の住民は東欧系が多いのですが、彼らは母国語と似ている言語、例えばラテン語系の言葉も話せ、カナダの公用語の英語も含めて3か国語がはなせる人はそう珍しくもありません。

ご主人、努力家ですね、、、、、頑張る御主人とま、いいかの奥様、良い組み合わせではないでしょうか(笑い)

納得。

2015.07.17.00:41

親父さんの記事、納得です。

最初、レスブリッジに来たときは、それほどインターナショナルの街ではなかったので、日本語アクセントの英語を話すことがすごく恥ずかしい、、、という思いがあって、悔しい思いをしました。

でもトロント周辺(リッチモンド)に1年間住んでいて、たくさんのインターナショナルの人たちが良い意味でも悪い意味でも堂々と自分のアクセントつきの英語を話している姿をみて、「あーこれでいいんだ」と思えるようになりました!!

再びこちらに戻ってきて、やはり「ネイティブが多いなあー」と思うのですが、それでもそのような友人たちの中に混じって自分のアクセント英語を話すことが恥ずかしくなくなりました。

自信をもって、どうどうと話せばいいんだ、、、と。一番の変化は、今まで私の英語を理解しずらかった友人や近所の子供たちも、「はあっ?」って顔されることが少なくなったことかな。

余談ですが、こちらで暮していて一番悔しいことは、、、、名前の発音です。

先日「ドクター、山下」を英語で「ドクター、ヤマシタ」と日本語の「山下」で発音したら、全く通じなかったことです。「でもこれは日本語の名前なんだから、、、と3回、4回、意地で発音したけど通じなかったので、、、「ドクター、ヤマシューター」とこちらの人の発音形式で言ったら「オーヤマシューター」と言われ、なんとも言えない気持ちでした。
「ヤマシタ」がホントなのに、、、。


「これは私の意見だが、英語なり他の言語なり、年齢が経ってからその言語を学ぶ場合、良い先生と学ぶ環境が大事だと思う、環境に関しては完全に一切母国語が使えない環境で朝から晩まで集中して2年位やれば言語として完全に身につくと思う。そして更に大事な事は覚えた言語をいつも使える環境に身を置くという事、」


夫、34歳で基礎英語から日本で勉強をスタート、36歳でカナダに来てESLスタート。その意気込みはすごかったです。とにかく自分を英語の環境に置くことに徹し、家でも英語で話したがってました。(私が拒否したのですが。)半年後、短大で2年学び、その後トロントのTyndale seminaryで1年学び、Master of Thologyを終えました。

今でも彼は自信ない人ですが、基礎英語から始めた夫にすでに英語能力は抜かれました。私は全く努力しないので、、、。こっちの人と友達になって会話が通じればいいかあ、、、で終わってしまいます。

おそらく私のことを友人たちは「She is learning English」と未だに表現すると思います。けど、そんな友人の一人から「英語を話せる友人たちとも、こんな個人的な話(内容は秘密)はしたことない」と言われてから、「あーこれでも通じ合えてるからいいかあ」なんて思ってしまってます。だから、英語、伸びません、、。(;´д`)トホホ



Re: タイトルなし

2015.07.16.20:24

み~ちゃん、コメント有難うございました。

日本に帰った時、女子高生の会話、まるで出来損ないのあんちゃんのような会話に驚きました、流行っているんですかね、男言葉での会話!!

言葉というのは教養の見本みたいなもの、何気ない瞬間にそれが出ます、まあ、気が付いた時は遅いのですが、親や周りに注意する者がもはやいなくなっているのでしょうね、

同じ英語でもイギリスの有名大学で学んだとすぐわかる英語の発音、これはそれだけで尊敬の対象になります。

雅子妃も学んだそうですが、単位をとれなかったそうですから、元々阿呆なんでしょう(笑い)
>  

Re: No title

2015.07.16.20:10

> こんにちは
>
> 最近は芸能人がインターナショナルスクールに子供を入れてますが、あれってどうなんでしょうね。
> うちの子供を通わせてた英会話スクールのスタッフが「親がネイティブでないのにインター通わすと、思春期とか大事な時期に子供と本当に意思の疎通ができなくなる」と危惧しておりました。私、日本語同士でも10代の子供と通じ合えない(笑)思春期って難しいです!!!
>
> 私自身30過ぎてから英会話の先生に短期間習いましたが、結局海外ドラマにはまって先生なしでもかなり上達しました。Fワードもたくさん出てきますがそれは使いません。まだ生きていたいし^^なんちゃってですが、わりと通じます。
>
> トロントでの生活のお話も楽しみにしています。


マナさん、始めてになりますか?、とにかくコメント有難うございました。

英会話スクールスタッフの話、そんな説は聞いた事はありませんね、いい加減な話でしょう。

海外ドラマや映画、生の英語を学べるし、ヒアリングとしては生きた教材だと思います、Fワードの言葉、お隣に16歳の娘がいてここに集まるテイ―ンエイジャーの会話を聞いていてFワード言葉連発していました。悪ぶる、、なのかな?

Re: No title

2015.07.16.19:59

> 基本はやはり日本語をきちんと身に着けることですね。
> 日本語もまともにできないのに英語学習は本末転倒、なぜなら日本人として日本の歴史、習慣などをきちんと身に着けていないとある一定のレベルの外国人には軽蔑さえされることがありますね。
>  自国の言葉や文化習慣を大事にすることは、すなわち外の言語文化習慣も大事にできる。
> そう思っています。

がんこ爺いさん、そうですよね、時々、日本からきた若いあんちゃんと話す時がありますが、知識としてはあるのかもしれませんが言葉の使い方がなっていない、こんな奴が何が英語を学ぶ、馬鹿野郎と思いますが、言いません(笑い)

No title

2015.07.15.04:03

昨日の続き
英語を学ぶのなら、日本人からがよいですよ。日本人の英文法知識は素晴らしいですよ。これもまた僕の経験ですが:
ある日、同僚の高校の英語の先生に尋ねたのですがどうして a red big houseと言うと耳にさわるですかと尋ねたら a red big houseじゃまるでロシアの共産党の大きな家みたいだよな。でも その理由は知らないけれど小学生 でも間違ってもa big red houseと言わないよね。英語を母国語にする人たちはこんな単純な事を知らない人が大部分デスヨ。そこで、ある日日本文化センターに行ったら、日本からの英語専攻した若い日本人女性がいたので同じ質問をぶつけてやったら、彼女が見事に正答を教えてくれたですよ。色と名詞は貼りついていていて離せないので其れを修飾する単語はその前につけるのですと。言われてみるとほかの例もいろいろ考えたのですが、すべてその通りなのでビックリ!それ以来英語のことを聞くのなら絶対日本人にと信じてしまいました。 尤も、日本語母国語とする日本人でも”猫が寝てます“と”猫が寝ています“でどちらが正しいのか知らない人がいっぱいいますよね。
僕もインド人、中国人、韓国人、アメリカ南部の人、スコットランド人の英語は聞き取れないですよ。
くだらん私見、読んでくれてありがとうございます

2015.07.14.15:12

  親父様 お元気になられましたね~  

 老兵去るのみ……まだまだ 老いて益々吠えて下さいませ。 
 
 最近、気になっている事があります。 
「ら」抜き言葉… アナウンサーから著名人といわれる方々、若者に限らず 老いも若きも当たり前に「ら」抜きで話しております。美しい日本語がどんどん失われていってしまうようで寂しさを感じております。
 
 色々な所で、おばちゃんグループの会話、若者たちの会話が嫌でも耳に入って来ることがありますが…… 
まぁ~酷いこと! 
内容は勿論赤面もの、言葉遣いときたら、貴方達本当に女性なの?と疑いたくなるくらいの言葉がポンポン飛び出してきます。 
私のような阿呆で、時代遅れなおばあさんには、チンプンカンプン??笑って済まされないほど……これじゃ~日本も終わりだわ!!憂いを感じてしまいます。  日本人ならば、しっかり日本語を、そして目上の者を敬う心、日本人としての誇りも一緒に身につけて欲しいものです。 
他国語のお勉強はその後で…外国語が身に付くと共に更なる知識が向上し、自分自身が輝きだすのではないでしょうか。

 私もこの年齢にして、まだまだ……ノータリン! やはり人生 死すまで勉強ですね。 
この頭では、もう無理かとは思いますが、残り少ない我が人生?
もう少し奮闘努力してみたいと思っております。 
 
 親父様も、これからも健康に留意なさってくださいませ。
 

No title

2015.07.14.14:59

大変興味深く読ませてもらいました。
僕の経験からで申し訳ありませんが、僕はここでいつもJapanglishを話すと自慢していたのですが、そして堂々と英語は俺の言葉じゃないと言ってきたのですが、笑われたり、とぼけるのは止めろと言われるので残念で寂しいです。日本の文化を維持できなかったのがひどくざんねんですが、合わせて、日本語のアクセントまで失われたのが、何か損したようなきがします。最近知り合った日本人で北米に45年住んでも、彼の英語は日本語のアクセントがあるのでうらやましいです。
数年前に高校の同級生が来た時初めて分かったのですが、彼が日本語話すと僕はそれを頭の中で自動的に英語に翻訳して理解して、自分の言う事は英語で考えてそれを頭の中で自動的に日本語に訳して話すしているのにびっくりしました。その前の10年間毎年日本へ行き、主語のない単数複数の区別のない日本語でいつもごたごたが起きていた理由がその時わかりました。
実家で郵便局の子とお茶を飲んでいたら、知らない人が来て“奥さんいますか”と聞くから“いません”戸答えて”どうしてあの人は俺のを知っているのだろう?“と言ったら、局の子がIs your wife at home?だものね、と僕が誤解しているのを注意してくれなかったの、翌日、姉留守居をしてと頼まれその間に、別の人が用事で訪ねてきて、|今そこで奥さんに会いましたと言うのでそれに反論して”あれは奥さんじゃなくて僕の姉です”と言ったら変な顔したので、後で姉に言ったら”バカ、奥さんと言ったらその家の女主人のことだ”と大爆弾¡日本人が翌使う“考えておきます”は本当に考えるのかと思ったら、Noの意味¡ 考えておきますいいえの区別をどう読み取るのか兄が教えてくれました。

英語を上達するのも良いですが、日本語と日本の文化の維持をまずは¥第一に!

No title

2015.07.14.09:54

こんにちは

最近は芸能人がインターナショナルスクールに子供を入れてますが、あれってどうなんでしょうね。
うちの子供を通わせてた英会話スクールのスタッフが「親がネイティブでないのにインター通わすと、思春期とか大事な時期に子供と本当に意思の疎通ができなくなる」と危惧しておりました。私、日本語同士でも10代の子供と通じ合えない(笑)思春期って難しいです!!!

私自身30過ぎてから英会話の先生に短期間習いましたが、結局海外ドラマにはまって先生なしでもかなり上達しました。Fワードもたくさん出てきますがそれは使いません。まだ生きていたいし^^なんちゃってですが、わりと通じます。

トロントでの生活のお話も楽しみにしています。

No title

2015.07.13.05:51

基本はやはり日本語をきちんと身に着けることですね。
日本語もまともにできないのに英語学習は本末転倒、なぜなら日本人として日本の歴史、習慣などをきちんと身に着けていないとある一定のレベルの外国人には軽蔑さえされることがありますね。
 自国の言葉や文化習慣を大事にすることは、すなわち外の言語文化習慣も大事にできる。
そう思っています。
プロフィール

わがまま、親父

Author:わがまま、親父
FC2ブログへようこそ!

このブログで書かれた記事とコメントの転用を禁じます。
違反した場合は法的手段を講じます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
わがまま親父の独り言、カナダで生きています。
わがまま親父の独り言う、カナダで生きています。
わがまま親父の独り言、カナダで生きています。
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR