阿呆親父のキューバ顛末記3.

2015.05.26.22:13

キューバ顛末記、色々書いてきたが、、、、ここでの食事、基本的には朝、昼、晩、大きなカフェテリアでのバイキング方式、内容はそこそこのホテルと変わらない位豪華で有った、酒類も多く充実していた、メニューは毎日少しずつ変わり多少変化をつけているようであったが、基本的にはおおむね同じもの、その他にもレストランとして海鮮レストラン、正体不明料理のロマンテイックレストラン、ギリシアレストラン、イタリアンレストラン等、

これは滞在客が通常のバイキング形式に飽きたような場合、事前に予約すればその場所で食べられる、だが、常時空いてる訳ではなく、日替わりでオープンするようだった。

ある時、この海鮮レストランで食事をしていて外で食事の後の一服をやっていたら、違う場所のシェフ2人がそれぞれの家族と食事をとっていた、彼らが帰り際に私にこう聞いてきた、どうですか、この海鮮料理?、、、海鮮料理と言ってもグリル、炒めモノ、スープ、海鮮サラダしかなかったが、私は正直にこう答えた、味はまあまあだが、問題はそれぞれの素材の味を生かしていない、結局、みな同じ味になってしまっている。

そこで私は日本の海鮮料理を食べた事があるか?と質問したら全く経験がないと言っていたし、本当の鮨と刺身は食べたl事もないと言っていた。

あるシェフがこう言っていた、自分はドミニカで5年位修行をしたが、結局のところ、基本はスペイン料理で香辛料、スープ、味付け、みな一緒にして料理をするため最後は同じ味付になってしまうと、それぞれの素材を生かした料理方は学んだ事がないと言っていた。

これは先に紹介した他のレストランも同じで、レストランのタイトルが違えど味付けに関しては皆似たような味になっていることと関連しているのかもしれない。

つまり、同じシェフ、同じスタッフが店をかえて料理しているのでメニューは違えど結局は同じ味になってしまうらしい。

まあ、ここにくる観光客、味にうるさいグルメな客はいないようで別に文句はでてはいないようだが、こんな料理をだしていれば東京なら確実に潰れるレストランになる。

どの店でメニューをみたが、すべてコース料理でただそれをそれぞれの言語で書いているだけだった、英語、スペイン語、フランス語、ドイツ語、なんの事はない客が好きなものを選べるシステムではない、まあ、無料なので文句は言えないが、、、、

事、料理に関しては日本料理が世界で一番だと思うし、日本人が一番舌が肥えていると思う、ただ観光客、リゾート地で料理を楽しみに来ている観光客は多くないのでこんなもんだろうと思うが、ただ、レストランのスタイルとして店構え、雰囲気、客にそれぞれ楽しんでもらおうとする趣向など努力をしているようではある。
IMG_1744.jpg
ロビーでピアノを弾いていたキューバ人女性、どうやら音楽大学学生らしく、演奏していた曲も自分でアレンジした部分もあって楽しめた、次回の再会を期待して10ペソのチップ(ドルで13ドル)上げたが、演奏は1週間に1回とか、滞在中の再会はできなかった、ちょっとチップあげ過ぎたかなと思ったが出来上がっていたため、例によって、ま、いいか状態だった。


IMG_1779.jpg
ビーチ売店にいた格好いいおねえちゃん、ビーチにいるといつも寄ってきてモヒートをサービスしてくれた、これも多分チップのせいもあるかもしれない、いや、絶対にそうだ、そうじゃなければこんな爺い、相手にする訳がない(笑い)

IMG_1824-001.jpg

同じくロビーで歩く銅像というか、そのようなパフォーマンスをやっていたあんちゃん、


IMG_1789.jpg
IMG_1766.jpg

施設内で見かけたマンゴツリーとバナナツリー





此処に集う観光客、まあ、人種、国籍も様々、シニアの老人たち、家族連れ、妙齢の女性達、若いカップル恋人達、色々いたが、東洋人は少なかった、目についたのは白人と黒人のカップル、男性が白人で女性が黒人、このカップルが結構あった。特に黒人妻、みな体が大きく,お尻が巨大でよくこんな女と一緒になったものだと妙に感心していたが、人はそれぞれ好き好き、文句をいう筋合いはない。

キューバ人、これも様々、基本的にはスペイン系が多いが、その昔、革命以前のキューバ、サトウキビ農園奴隷として連れてこられたアフリカ系黒人、鉄道建設に従事していた中国人苦力の子孫、南アフリカから来たインド系、様々な人種が混血していて純粋なキューバ人と言うのはいない、言い方はよくないが革命によって金持ち階級キューバ人の多くがアメリカに去ったので残ったのは一般貧乏人のキューバ人、だが今や多くのキューバ人、世代的には革命から数えて第3世代、第4世代、現状の生活が当たり前だと思っている世代がほとんどであった。

多くのキューバ人、勿論言葉はスペイン語しか話せない、英語を話せる従業員の多くは高校や大学で英語を学んだと言っていた、キューバの教育水準、結構高いが、問題は良い教育を受けても働く場所がない、仮に職業としてよい職業についても、医者、弁護士、会計士、エンジニア、大学教授、など、給与水準からみれば一般労働者よりは高いと言った程度で特に彼らが高額所得者という訳ではない、

白人系キューバ人女性、顔は綺麗でそこそこ可愛いが、どういう訳か体つきがみな似たような形をしていた、多分スペイン系のDNAなのか、中背で小太り、みなお尻が大きい、十代の女性はそれなりに魅力的だが25歳を過ぎると明らかにオバちゃん体型、それに比べて黒人系女性、特にムラートと呼ばれる白人との混血女性はスラットした細見で恰好よい女性が多かった、まあ、私はもはや女性に興味がないのでどうでも良い話なんだが。

今、アメリカ政府もキューバに対して敵性国家、テロリスト国家指定を解除、国交復興を目指して協議中とある、ここで働く従業員の何人かに聞いてみたが、外国に行った経験があるものは皆無だった、それは国家として自国民の海外、制限をかけていることもあるだろうが、一般国民の所得では海外旅行何ては夢でしかないようだ、ただ、これからアメリカとの国交が回復、部分的にもアメリカの資本主義経済が入ってくれば恐らく人々の意識も変わり、それによりキューバの政治体制も変わってくると思う、資本主義、自由主義経済が入れば社会に格差が生まれのんびりした生活も変わらざるを得ない

努力しなくても政府からの食糧配給と国家からの様々な援助がなくなる世界、福祉と教育、それも続けていけなくだろう、だがそれは世界にあった社会主義、共産主義国家が過去に辿った道、キューバが今後どのような国になっていくかそれは国民の選択によるが、いままで全てお上にお任せだった国民意識、難しいかじ取りだと思われる。


また、キューバに行くかどうか、正直に言えばちょっと飽きた部分もある、のんびりした良い国ではあるがアル中ハイマー徘徊老人にとってやや刺激に乏しい(笑い)

それはともかく、ニコチン中毒、アル中の私にとっては煙草は安いし、キューバンラムも安くて美味い、カナダから僅か3時間半で南国パラダイス、海は綺麗だし、姉ちゃんも綺麗、特に寒くて厳しいカナダの冬の時期、誘われればまた行くかもしれない。


読者のどなたか、一緒に行きますか?

IMG_1768.jpg
メモリーリゾートの看板。
IMG_1821.jpg
そして綺麗だったサンセット。


これにて阿呆親父のキューバ顛末記シリーズ、お終い、実をいえばもっと馬鹿をやらかした写真もあるのだが、これ以上阿呆親父の品位を落としても、、、、という訳で載せない。

何を言っている!、、、、、品位なんて最初からないじゃないか、、、、、、、、御もっとも(笑い)


追伸

現在日焼けで皮膚、皮は剥けボロボロ状態で気持ち悪し、体調は戻らず一日一回の食事もやっと、全て自業自得、しょうがない。馬鹿は死なきゃ直らない典型見本のような私、とは言えよくなればきっと同じようにするでしょう、まあ、阿呆です。

いずれにしても読者からの温かいご心配や思いやりのこもったコメント感謝していることには変わりません。

コメントに対してのお返事、遅くなりますがぼちぼちと書いていきますので御容赦の程を!!




スポンサーサイト

comment

Secret

Re: No title

2015.06.29.07:07

> 初めまして。
> つい昨日、キューバ旅行から帰って来た日本在住アラサー女です。
> blogが面白くて、読み込んでしまいました…!
>
> >また、キューバに行くかどうか、正直に言えばちょっと飽きた部分もある、
> ↑↑
> 仰ることに非常に納得しました!
> 数日滞在でしたが、私も若干の飽きを感じました。何故なのだろう。。
> とはいえリゾート地としては楽しめた国であったことは間違いなかったです。
>
> ご都合ついたら是非ともキューバご一緒したいです!

TOMOさん、始めまして、コメント有難うございました。

日本からだとキューバ、トロント乗換でキューバ行かそれとも、メキシコ経由かな、とにかく長旅でしたね。

若干の飽きを感じた、これは私もそう思って書きましたが、それは多分日本人だから、かな、と思っています、その証拠にキューバ、リピーターが多い、多分、楽しみ方が違うのだと思う。

ご都合がついたら是非ともご一緒に、、、、、こんな爺いでよければ是非、お願い致します。(笑い)

No title

2015.06.26.09:53

初めまして。
つい昨日、キューバ旅行から帰って来た日本在住アラサー女です。
blogが面白くて、読み込んでしまいました…!

>また、キューバに行くかどうか、正直に言えばちょっと飽きた部分もある、
↑↑
仰ることに非常に納得しました!
数日滞在でしたが、私も若干の飽きを感じました。何故なのだろう。。
とはいえリゾート地としては楽しめた国であったことは間違いなかったです。

ご都合ついたら是非ともキューバご一緒したいです!

Re: No title

2015.06.02.19:49

> おやじ様
> 今晩は~^^ 
> お帰りなさい~^^
>
> キューバ旅行から無事にお帰りになりホットいたしました。
> キューバの国の話も楽しかったです。
> 私は多分、海外旅行はもう無理なので日本国内でまだ行ってない
> 所が沢山あり体が動けるうちに国内旅行に行きたいと思っています。
> ゆっくり過ごして旅行の疲れを癒して下さいね。

あみら777さん、コメントご返事遅くなりましたね、御免なさい。

外国で暮らすと改めて日本の四季と国としてのよさが実感できます、是非、まだいかれていない日本の景勝地、廻って下さい。

Re: No title

2015.06.02.19:39

>  キューバ!
> 顛末記を拝見しているうちに何となく行って見ようかなと思ってきました。
> しかし・・コスタリカ、アルゼンチン、アメリカシカゴ、そしてカナダとやがて行かねばならない所が満載です。
> 仕事も当面続けなばならない状況です。
>  先ずは十分に休養して下さい!

がんこ爺さん、体調まだ戻ってはいませんが、、、、、

お仕事、頑張って下さいね、ラテンアメリカご旅行時には是非ご一緒したいものです。

Re: No title

2015.06.02.19:36

内緒のYさん、そうでしたか、同郷でしたか、また、寄ってくださいね!!

Re: No title

2015.06.02.19:33

> 親父様、お帰りなさい。旅日記楽しく拝読しました(笑)お加減は如何でしょうか?じっくり養生なさってくださいませ。尚コメ返しは不要にてお願いします。

秘密のP子さん、お気づかい有難うございました。、、、とりあえず、お礼まで。

Re: No title

2015.06.02.19:31

弘美さん、コメント有難うございました。

ご主人もそうですが、男、みな、似たような者ですよ、けれど別に下心はない筈です(多分)、、、

Re: No title

2015.06.02.19:27

内緒のRさん、コメント、および、ご心配、ありがとうございました。

調子,ずっとよく無かったのですが、、、まあ、なんとか、、、、

Re: No title

2015.06.02.19:24

みっちゃん、いつもありがとう、お心遣い、感謝しています。

調子、ずっと悪かったのですが、、、、、

管理人のみ閲覧できます

2015.06.02.01:17

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

2015.05.29.22:21

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

2015.05.29.03:58

親父様 お帰りなさい。 キューバ旅行楽しんだようで、また無事にお戻りになられて、安心しました。 ブログ楽しく読んでいます。
女性に興味がないと書かれていますが、いやいや、カワイ子ちゃんたちにはチップをはずむところはうちの主人と同じ。  食事をして気の利くカワイ子ちゃんのウエイトレスには、なんで?と思うほどチップを弾みますよ。 これが親切なイケメンのウエイターには駄目。 気は利くけどぞうさん、サイさんみたいなウェイトレスは無視。 男性はわかりやすい。 是非キューバ旅行のお供の末端にくわえていただきたいのはやまやまですが、日焼けはこわい。
とにかくお帰りなさい。 お体に気をつけて。 

No title

2015.05.28.23:43

親父様、お帰りなさい。旅日記楽しく拝読しました(笑)お加減は如何でしょうか?じっくり養生なさってくださいませ。尚コメ返しは不要にてお願いします。

管理人のみ閲覧できます

2015.05.28.20:54

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

2015.05.27.05:31

 キューバ!
顛末記を拝見しているうちに何となく行って見ようかなと思ってきました。
しかし・・コスタリカ、アルゼンチン、アメリカシカゴ、そしてカナダとやがて行かねばならない所が満載です。
仕事も当面続けなばならない状況です。
 先ずは十分に休養して下さい!

No title

2015.05.26.23:22

おやじ様
今晩は~^^ 
お帰りなさい~^^

キューバ旅行から無事にお帰りになりホットいたしました。
キューバの国の話も楽しかったです。
私は多分、海外旅行はもう無理なので日本国内でまだ行ってない
所が沢山あり体が動けるうちに国内旅行に行きたいと思っています。
ゆっくり過ごして旅行の疲れを癒して下さいね。
プロフィール

わがまま、親父

Author:わがまま、親父
FC2ブログへようこそ!

このブログで書かれた記事とコメントの転用を禁じます。
違反した場合は法的手段を講じます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
わがまま親父の独り言、カナダで生きています。
わがまま親父の独り言う、カナダで生きています。
わがまま親父の独り言、カナダで生きています。
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR