阿呆親父のキューバ顛末記。

2015.05.26.00:05

やはり私は紛れもない阿呆親父であった。

旅の最後の2日間、病気になってしまった。一つは急激な日焼けの為、上半身が真っ赤に焼けてしまい、熱を発して痛み夜も眠られず悶々とした2夜を過ごした事、もう1つはリゾート施設内、どこで飲んでもアルコール類ただ、そんな事で毎晩、ウオッカ、ウイスキー、キューバ名物カクテルモヒート、ビール、もうちゃんぽんもいいところ、そんな訳ですっかり胃がいかれて丸2日間、食欲がなく何も食べれなかった。この影響が帰った後も残り余り食べられない。

相も変わらない懲りない親父である。

さて今回のキューバ旅行、格安のパッケージ旅行、飛行機代、リゾート施設部屋、食事、アルコール類、施設内レストラン、チップ全て込で8百50カナダドル、リゾート施設としては前回に行ったバルデロに比べると豪華で巨大な施設であったが、飛行機自体は横6列シートで32番まであり、席が狭く身動きできず最悪、約3時間半のフライトで食事はサンドイッチとジュースのみのお粗末、アルコール料金は別途、ま、これは料金からいって致し方がない。IMG_1738.jpg
IMG_1740.jpg

今時、階段から歩いて降りるローカル空港、だがれっきとした国際空港である。

通関手続きは思ったより難しくはなく、簡単な質問のみ、要はエボラ出血熱発生のアフリカ諸国を最近旅行したかどうかだけ、だが一緒にいった友人家族の娘さんのバッグが一つだけ行方不明の為、迎えのバス乗り込みには時間がかかってしまった。

尚、この紛失したバッグ、次の日には届いていて娘さんも喜んでいた、そりゃそうだ、ビーチやリゾートで着る数々のファッションが詰まっていたからだ。
IMG_1757.jpg
遠くに海が見える。
IMG_1753.jpg
IMG_1752.jpg
滞在した部屋は独立したヴィラタイプ、私は広い部屋を一人で使っていた。
IMG_1758.jpg
IMG_1759.jpg

この部屋からの移動にはベルボーイが運転するゴルフ場で使う大型カートで移動する、広くて巨大な施設、歩くには適さない。

早速両替で現地通貨(但し外国人専用通貨)に交換したが、100ペソは130カナダドル、結構交換率は高いが施設内では殆どが無料なので結果たいしては使わなかった。

次の日、観光バスで他のリゾート施設近くにあるというフリーマーケットに行ったが、お土産用の所謂ガラクタで興味がわくものはなかった。

それはともかく、このリゾート施設から一歩外に出ると景色というか様相が一変する、本当に見事というくらい何もない、道路は綺麗に舗装されているが、まず車が走っていない、交差点に信号機がない、玉に見かける対向車、1950年代製シボレーとかロシア製何とというポンコツ、アメリカ製、表面上は立派なビンテージカーに見えるが、部品はオリジナルはなく笑ってしまったのはエンジンはロシア製のデイーゼルエンジンだということ、どうりで黒い煙を出すはず、

人々はただひたすら歩く、歩く、それ以外は馬を使った荷馬車、牛にひかせた荷車、一体この景色はいつの時代なのかと思われるくらい何もない。
時折見かけるおそらく農家、部屋が2つくらいの粗末な家、屋根はヤシの葉っぱ、窓にはガラスもなく日差しを防ぐサンみたいものだけ、たまにテレビのアンテナみたいなものを見かけたが、テレビがある家そんなには多くないはず、家の周りにはキューバ産の小さな馬や牛が草をはんでいたり、鶏やアヒルが放し飼い、畑らしき場所もあったがなんとなく放置されているようにも見えた、よくわからないが多分、農地で収穫されたもの自由に売ったりすることができないのでは、?

この国では人々が自由にものを売ったり買ったりすることが禁じられているのか、そのシステム自体がないのかはわからないが、こんな国、いまどき存在する事自体、不思議な気がした。

とにかく、フィリピンのどんな辺鄙な田舎にもある通称サリサリストア,小汚い雑貨やなんだが、それすらないこのキューバ田舎社会、ただ時折見かけた子供の学校制服姿、さっぱりして恰好よかった、これは子供の入学時に政府が無料で支給し、予備服までいれて全て無料だそうだ、だがキチンと洗濯し管理には厳しいと言っていた、。


続く。
スポンサーサイト

comment

Secret

Re: いねむり先生

2015.06.02.20:23

ウナさん、返事が遅くなりました、申し訳ない。

体調がよくなかったため、まあ、自業自得なんですが、取りあえず、ご心配コメント有難うございました。

Re: おかえりなさいませm(__)m

2015.06.02.20:08

パンプキンお母さん、いつもご訪問頂いて、そしてご心配頂いて感謝しています。

まだ、体調復調していませんが、なんとか空元気でご返事書いています。でもお母さんのブログはいつも拝見していますよ!!

いつの日にか、お目にかかれたらいいなあ~

おかえりなさいませm(__)m

2015.05.26.12:58

親父様、おかえりなさいませm(__)m

やっぱりでしたか、おかえりになっても
体調悪くていらっしゃるのでは・・・??と
心配で、のぞきに来ていました。
UPお待ちしておりました。
おちゃけはほどほどにして、お元気で下さいね~。(^_-)-☆

No title

2015.05.26.06:16

おはようございます。

お帰りなさいませ。

やはり、やらかしてはったんですね。(笑)。

全く知らない国の事、続きを読ませてもらうのが楽しみです。

観光客向けのものだけは、立派なんだ・・・なるほど。


>この部屋からの移動にはベルボーイが運転する
>ゴルフ場で使う大型カートで移動する、広くて巨大な施設、
>歩くには適さない。

親父さんの憮然としたお顔が浮かび、奇妙に面白いと感じた箇所でした。どんだけ広いねん~(笑)。

とても素敵なホテルですね。

のびのびしそう・・・ここで、でも、くたばってはったんやね。(笑)…←。でいいのでせうか。(笑)。


お疲れ様でした。

2015.05.26.05:26

 無事のご帰国でよかったです。
飲み過ぎでしたか!
 キューバは行ったことありませんが、理想と現実は世界中至る所にありますね。
マアマア、そこそこ、概ね・・・そんな生活がいいのでしょうねきっと!

いねむり先生

2015.05.26.03:20

うお~!
想いが通じたのでしょうか?
(帰りを待ちわびておりました)
西伊豆の戸田(へた)に
高足蟹君が居ります
親父殿に一度食べていただき鯛
昨日は何度もページを開けました
みんなが帰りを待ちわびておりました
まずは
ご無事でのご帰宅
お疲れ様でした
プロフィール

わがまま、親父

Author:わがまま、親父
FC2ブログへようこそ!

このブログで書かれた記事とコメントの転用を禁じます。
違反した場合は法的手段を講じます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
わがまま親父の独り言、カナダで生きています。
わがまま親父の独り言う、カナダで生きています。
わがまま親父の独り言、カナダで生きています。
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR