二度目のキューバ。

2015.04.16.23:12

実は来月2度目のキューバに行く予定、期間は1週間くらい、行き先は前回とは違うリゾート、メンバーは前回のメンバーに何人かの比国人が参加の予定。
IMG_1321.jpg
ホテルのプライベートビーチ、実に綺麗だった。


今、アメリカとキューバ、国交正常化交渉が行われている、今まではアメリカとキューバ国交がなく、アメリカからは直接キューバに行く事は出来なかった、その為メキシコ経由とかカナダ経由とかでしかはいれない。

国交がないために表向きはアメリカ人は入国できない話になっているが、そこはラテンの国、当然裏がある。実際、キューバでは何人ものアメリカ人に会った。

キューバ、この国については以前にも書いたが本当に貧しい国である。経済は国家統制の二重経済、流通しているキューバのお金、一般の人が受け取っているペソと観光客が使うペソがあるし、極端な貧乏人もいない代わり大金持ちもいない、この国で何かで成功して金持ちになり、豊な生活をする、、それは不可能、、大学教授や政府役人と一般人との給料格差もそんなにない、中国からの輸入で安物雑貨はあるがそこそこの高級品はない。

政府がやっている最低限度の食糧配給で飢え死にすることはないが、お金を出して好きな食べ物、おいしい食べ物、高級な料理を食べられる、それは一般のキューバ人にはできない。

ショッピングモールやデパートに近い施設はあるが、売っていつものはロクな製品はないし、トイレに紙はないし、欲しければ買うしかない。車は1950年代、アメリカ人が残していったポンコツ自動車今でもはしっている。
IMG_1247.jpg


人々は生活に不満があって政府批判をしたいが公には言えない、それは秘密警察網が張り巡らされていて、批判者がある日突然行方不明になる、そんな事がいくらでもある。

そんな国だが、人々はそれでもなんとか暮らしている、それはそのことが当たり前で普通だと思っているからである。

私はアメリカとキューバがもし国交が正常化した場合、いろんな意味でキューバは変わる、それもとても速いスピードで変わると思っている、それがいいか悪いか、

実はキューバ、裏経済がある、それは亡命キューバ人からの送金によって、潤っていた富裕層ではないが、そこそこの階層があった。それがアメリカからの資本流入になれば一気にキューバの経済構造が変わる、つまり、政府が統制してきた経済構造が変わるという事、事実上、社会主義、共産主義経済の終わりになる。

そうなると庶民の意識も変わる、当然、金持ち階級と貧乏人階級との格差が生まれ、それが開く、まさにキューバ革命以前のキューバに戻ってしまうという話。

キューバという国、国として致命的な問題として産業がない、唯一あったのがサトウキビによる砂糖産業、以前はロシアがソビエト時代、砂糖の価格、国際流通価格よりも相当高い値段で買ってくれていた、だがそのソビエトはもうない、砂糖の国際価格、下落しており、国庫収入は厳しい、つまり国家のイデオロギーよりも国として生き残り、解放経済に踏み切った、それがアメリカとの国交正常化だと思っている。
だが、これはいわばもろ刃の剣、キューバに市場経済が導入されれば人々の価値観は一変するはず、いままで豊ではないが、それは皆同じで、そこそこラテン気質でやって来た暮らし、そうはいかなくなる。

キューバの唯一の国家産業であった、観光産業、さてどうなるか、

キューバ観光、これは飛行機代、ホテル、観光、食事、チップ、すべてを含んでのパッケージである。リゾート施設内では全くお金を使わないし、パッケージ料金としては安い、家族ずれやグループで行く分にはそこそこ楽しい。酒は無料で飲めるし煙草も安い、但し、殿方の夜のお遊びは難しいらしい(まあ、私にはどうでもよいが)
IMG_1269.jpg


今回も今から持って行く着なくなった衣類を整理している、それはキューバではお金を上げるより衣類を上げる方が喜ばれる、それはお金があってもそこそこの衣類や流行の衣類、高級衣類は買えない、女性の高級下着もない。

前回も一緒に行った友人の奥さんが昔からの知り合いに配っていた、実際に喜ばれていた。


キューバ旅行、私、また、現地でチーノと呼ばれるのだろうか(笑い)、、、、冗談じゃない、俺はハポンだ、ニイハオじゃない、こんにちわと言え(怒).


キューバの人種構成、色々、スペイン系もあればアメリカ系、それとサトウキビ産業で労働力として連れてこられた黒人系との混血、今ではこの黒人との混血の人々のほうが多数派を占めるのではないか、そんな気がする。

私はスペイン語は全然駄目だが、それでもキューバ人が話しているスペイン語、何かちょっと違うような気がする。多分だがキューバ独自のスペイン語のような気がする、特に黒人種の方のスペイン語、そうとうアフリカの影響をうけたスペイン語、ま、あくまでも感じがするだけ、

中国料理、これは今やどこの国にもある、以前にバハマ諸島に行ったとき、チャイナタウンがあって驚いたが、そこで食べた中国料理、甘ったるくて閉口した、キューバの中国料理、これはリゾート施設にあるレストランだったが、料理人はレゲエスタイルの黒人青年、出てきたものが正体不明料理、そこでこの黒人あんちゃんにあんたは中国料理を習った事があるのか、と聞いたら、これは俺が編み出した中国料理だと言っていた(笑い)

ま、ラテン気質のいい加減さ、それがよいと言えばよいが、私のような生粋の日本人、いても一週間が限度それ以上はいられない。
ホテルのバーで無料で飲める酒、南国のカクテル、モヒート、これは美味かった、できれば可愛いおねえちゃんと一緒ならもっと美味しかったと思うが、贅沢は言うまい、お迎えの近い爺いの繰言、寂し~い。
IMG_1260.jpg
スポンサーサイト

comment

Secret

Re: No title

2015.04.20.22:04

> 2度目のキューバですか、いいですね。
> 先日水戸の特別養護老人ホームから依頼がありました。
>  介護員としてフィリピン人を採用するとかで介護にかかわる際の基本事項、実際の介護などに関する通訳業務です。
> とりあえず1年契約ですが、いよいよ現場では外国人労働者の需要が高まっています。
> 本来日本人が持っているもてなしの心を彼女たちに叩き込みたいと思っています。

がんこじじいさん、良い話ですね、やりがいのある仕事、ぜひ頑張って下さい、ボスKさんのところでも話があった比国での打ち合わせ、その時は是非ご一緒に、

Re: No title

2015.04.20.22:01

ウナさん、毎度!!、、、返事が遅くなりました、御免!!

資金が潤沢にある、それは誤解ですよ、私は年金生活者、お金は潤沢にはありませんが、嫁がいくらもっているかは知りません。

まあ、私の年金は生活費ではなく、私一人が使ってはいますが。

この話は以前にも記事にしましたが、死んだらお金を持って行ける訳もなく、理想は有り金を使い切ってあの世へ、それが理想です、もし余命が1年未満とでたら、そうするつもりです。

その時はウナさんにも声をかけますから、一緒に遊びましょうね(笑い)

Re: 親父様 セクシーです!

2015.04.20.21:51

秘密のMさん、ソビエト社会主義下の東欧諸国、多分、似たような状況だったでしょうね。

その昔、会社員だった時代、会社がソビエトスポーツ省との合弁事業を始めるに当たって、そのスポーツ省の役人が会社に来ましたが、みすぼらしい身なりで時計も壊れたようなものだった。

日本は恵まれ過ぎ、そう思いますが、きっとそういっても分からないでしょうね!!

Re: こんばんは、親父様

2015.04.20.21:43

きくさん、せっかく、コメントをいただきながら、返事が遅くなりました。

確かに物不足、お金があっても買えない、そうなんですが、ある意味、金持ちも超貧乏人もいない、社会主義の国、努力しても報われない社会、その国で何十年も生きている国民、違う国から見ると何だかなあ~と思いますが、キューバ人からみればそれが当たり前、何が幸せか基準が難しいですね。

ただ、アメリカとの国交が正常化すれば劇的に変わるでしょう、それがキューバ国民にとっていいかどうかは分かりません。

Re: お久しぶりです!

2015.04.19.15:18

雪まつりさん、こちらこそ、お久ぶりでしたね、ご主人単身赴任ですか!!、

主婦友に羨ましがられる、、、、夫て場合によってはそんな存在なのかも??, よく分かりませんが??

キューバ 場所によっては海、本当にきれいですが、見事なくらいなんにもない、夜間は暗いし、お金があっても物がない、面白い国です。

お久しぶりです!

2015.04.19.15:07

子供の受験や卒入学に加え夫が単身赴任となり、何かと忙しく記事は読んでもコメント出来ずにおりました。単身赴任と言うと、なぜか主婦友に羨ましがられます…。
美しい海にひと時癒されました~。映画とかだとレトロなキャデラックが走ってますが、実際そうなのでしょうね。親父様も相変わらず素敵ですね!

こんばんは、親父様

2015.04.17.23:04

キューバをはじめ、カリブ海の国々では物資不足がかなり深刻なようです。お金があっても物がなくて買えないという現象は、確かに起こっているのですね。

百円の使い捨てライターの修理に、国家資格の免許が必要になるそうです。火がつかなくなると、ガスの補充やら着火石の交換などをして、何度でも使うとのこと。
エコでリサイクルできるのは、すばらしいと思います。

仕事も職種が少なく、国家資格がもらえるなら、と職人を目指す人も最近は多いそうです。
日本ではまず考えられない仕事内容ですが。

親父様の鋭い視点でのキューバ紀行も、楽しみにおまちしております。

管理人のみ閲覧できます

2015.04.17.23:03

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

2015.04.17.18:51

毎度おおきに
殿、もとい親爺殿が
カナダに移り住んだ訳を
少しだけ憶測できるかも知れません
貧しいと貧乏は違います
貧しいは現状に流されるだけではなく
うちに『抗う』を秘めているかも知れません
やがての開花は期待薄かも知れませんが・・・
貧乏はいけません
出来上がった『果て』だと思います
当たった貧乏くじを私は知りません
親爺殿が地球儀を駆け回る『修行』は
確固たる資金が潤沢にあるという証拠です
では
その原資は如何にして『こさえたのか』
これが親爺殿の基本姿勢だとわたくしは思います



しかし
『けれんみ』の無いお方には
同じようなお人が集まります


具体的な事は一切書きません
(何を書いても失礼にあたるかも知れませんから)
(でも、何かが言いたかっただけです)


今日はここまで!
旅行にいって
土産を沢山持ち帰ってください
(土産話です)
ファンとは
果報は寝て待つ人の総称でやんす

No title

2015.04.17.06:14

2度目のキューバですか、いいですね。
先日水戸の特別養護老人ホームから依頼がありました。
 介護員としてフィリピン人を採用するとかで介護にかかわる際の基本事項、実際の介護などに関する通訳業務です。
とりあえず1年契約ですが、いよいよ現場では外国人労働者の需要が高まっています。
本来日本人が持っているもてなしの心を彼女たちに叩き込みたいと思っています。

管理人のみ閲覧できます

2015.04.17.00:34

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

2015.04.16.23:37

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

わがまま、親父

Author:わがまま、親父
FC2ブログへようこそ!

カナダ、トロント近郊に住む、死に損ないの爺いです。余命わずかなので勝手な事を書き散らしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
わがまま親父の独り言、カナダで生きています。
わがまま親父の独り言う、カナダで生きています。
わがまま親父の独り言、カナダで生きています。
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR