JACフアンと言う男、こんな顔?

2015.01.19.10:36

b3f71c40-s.png
IT関連知識はあったのだろうが、それにしても不細工、阿呆面であった、PC遠隔操作犯人の片山祐輔。

JACフアン、コメント投稿承認制をとっているのにもかかわらず,相変わらず、せっせと褒め殺し中傷コメントを入れてくる律義者、その根性は見上げたものだが、だが、やり方がどうにもせこい。

私はいまだにPC音痴ではあるが、デスクトップで固定IPアドレスなら、そこから不正投稿や犯罪にかかわる投稿、それが匿名だとしても、その道の専門家によってIPアドレスからその匿名個人を割り出す事が出来る、その位の事は知っていた。

ところが、この男のIPアドレスがころころ変わり、特定できない、どうしてなのかなと疑問に思っていたが、どうやら移動IPアドレスが可能らしい。

ある方の解析によればこの男、タブレット端末やラップトップPCを使い、あちこちの場所でワイフィの電波を拾い、アメリカのイーターネット会社を経由して送りつけていたらしい、だからコメント度にIPアドレスが変わる、ようやく謎がとけた。

ある種の遠隔操作になるのか、そこまでして正体を隠してまで嫌がらせをやる、愉快犯なのか、基地外なのかは定かではないが、このような人間は私の理解の範疇を超えている。

もう一つ、この男の手口、私はこの手口を褒め殺しと評した、この手口はその昔、似非,街宣右翼が、ある大物有力政治家に街宣活動をしかけ、連日街宣車で猛烈にその政治家を褒めまくっていた。

街宣車で脅かし、恫喝、攻撃、これは犯罪対象になるが、褒めまくっている分にはその犯罪要件には満たない、受ける方はいやがらせとは認識しているが、警察沙汰にはできなかった、結局、右翼は右翼という事で大物右翼の頭目に間に入ってもらい、一件落着した。簡単にいえば金で解決した。

つまり、JACフアンはどうようなやり方で、JACを餌にして私を褒める、まあ、おちょくっていたわけだが、

ちなみにJACとは、Japanese Assistance And Consultancyの略で、その宣伝文句は先の記事で書いたが、実態は在比邦人の方が散々お書きになっているのでご自分で調べてみればよいと思う。
セットアップとかフレームアップとか、この団体が関係していると言われているが、それも調べればわかる。
事実は自分で調べて納得すること。

罵倒コメントであれば、こちらもそのような対応を取るがこのような卑怯で悪質で念が入った嫌がらせコメントは始めてであった。

世の中には陰湿で執拗な粘着型の男、いるんだ、改めて驚いた。

このような男に対し、ある方からも、時間とお金があればこの男の身元を割り出す事ができますよ、、というお話もあったが、問題は時間はあるが金がないことである(笑い)、、、、、、まあ、冗談だが、

いずれにせよ、煩わしかっただけで実害はないし、コメント認証制なのでこの男の書き込みはできない。


これは想像だが、大体がこのような事をし続ける男、根暗で、引きこもり、無職ニート、不細工、アホ面、ちびでメタボ、不潔で臭いので女性には相手にされた事がない、だがそれを分からずに、そうなったのは社会が悪いとか世間が悪いと責任転嫁する馬鹿、多分、顔だけでいえば写真の片山祐輔のような、、、、と、思うがどうだろう(笑い)


これを読んでいる、JACフアン、特別記事で取り上げてみました、ちょっと褒めすぎかなとは思うが、あんたが散々褒めてくれた、これはお礼記事です。

嬉しくて涙が出るかもしれないが、有難く読んで頂戴ね!!!


追加記事

読者で私が書いた記事で、男らしくないとか、色々文句を言われている方があるが、私はかってこのJACの謳い文句にひかれて、短期旅行者用の会員であった、その趣旨に賛同して記事にしたこともあった、それは事実である。私自身には何の問題も起きなかったが、その後、このJACに関して、その認識は間違って要るとの指摘が相当あった、いまではそちらの方が正しいと思っている。

一度は信用した男、それらに対し、そうしたことに自身の人を見る目がなかった事は恥じるが、その事とそれをどのように表現するかという事は私自身の問題で、事情も良く知らない人間から言われる必要もない。

きちんとした批判は受けるが、的外れの批判は受けない、ここは私のブログ、何度も書くが公開討論掲示板ではない、記事が嫌なら来なければ良いし、コメントなどしない方がよい、
文句は受け付けないし、削除する。

以上。
スポンサーサイト

comment

Secret

管理人のみ閲覧できます

2015.01.25.12:16

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

2015.01.20.04:15

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

2015.01.19.20:21

その労力、
もっと他の場所で使えないもんですかね?
そこまでして叩く価値はあるのかと。
そういった事を耳にするたびにそう思うんですがね。

管理人のみ閲覧できます

2015.01.19.15:29

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

わがまま、親父

Author:わがまま、親父
FC2ブログへようこそ!

カナダ、トロント近郊に住む、死に損ないの爺いです。余命わずかなので勝手な事を書き散らしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
わがまま親父の独り言、カナダで生きています。
わがまま親父の独り言う、カナダで生きています。
わがまま親父の独り言、カナダで生きています。
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR