ついでのついでの話、何故、フィリピンペソが高いか?

2014.12.23.15:04

日本に一時帰国の際、香港経由でフィリピンによってから日本に行くが、ちなみにフィリピン通算何回目になったのか忘れてしまったくらい、フィリピンには行った。

多分、110回以上は行ったと思う。

今の時期、日本からもフィリピンに旅行される方も多いと思うが、今が一番危険な時期である、それはアジアで一番のキリスト教国、誰でもお金が欲しい時、そう、クリスマスシーズン、、、、、ま、そんな訳で危ない(笑い)

円とペソの交換比率が一番高かった時、何年前だったか忘れたが1万円、5千700ペソ位だったと記憶している、それが今、1万円が3千800ペソ位か,円が相当安くなってしまった。

何故、フィリピン以外では使いようのないペソが安くならないのか、この事は不思議に思われるかもしれないが、実は簡単な理由による。

フィリピンという国、主な産業はない、あえてあるとすればそれは人材、フィリピン人、世界のあらゆる所に出稼ぎに行っている。

行先、アメリカ、カナダ、中東、香港、シンガポール、オーストラリア、そしてその出稼ぎの国からの通貨で母国に送金をする、その額、総額でフィリピンの国家予算の何割かを占める、そうして送られてきた外国通貨をもらった方は自国のペソが必要になりペソに変える、こんな訳で産業も工業も輸出産業も大した事のない国の通貨が下がらない、こんな不思議な事が起きる(笑い)

フィリピンに行った事がある人なら知っていると思うが、フィリピンの紙幣、相当汚い、それでも最近は少しずつでも新しい紙幣と交換しているのかもしれないが、余り触りたくはない。

フィリピンに外国からの送金、これは銀行経由や正規の送金もあるが、マネーエクスプレスといって地下銀行経由という方法が結構多い、多分、この種の送金は正式な記録には載らない筈で、それもカウントすれば莫大な金額の外国通貨が流れ込んでいることになる。

フィリピンペソが高い、だが幸いにもアメリカドルやカナダドル、円に比べてはそう下がっていないので多少はいいかなと思うが、まあ、経済に関してはよく分からない国ではある(笑い)

この国は古くからのスペイン系財閥(今や少数派)と福建省、出身華僑財閥(多数派)によって国の経済が回っている。つまり、一握りの特権階級、人口の10%以下がこの国を支配し、動かしている、政治家は確かにいるが彼らは全て巨大財閥のひも付き、この構造はフィリピンという国があり続ける限り変わらない。

だから一般国民には将来展望もないし、能天気である続けるしか道はない。まあ、能天気でも食うものさえあれば死ぬようなことはない、長年この国を見てきたが、生活苦から自殺したなんて話は聞いた事がない。(笑い)

だが、このペソ高、というより円安、フィリピンに住む邦人には困った事態で、かくいう私も円での年金生活者、実は参っている。カナダでの年金ももらっているが、メインは日本の年金、日本の事を思う愛国者ではあるが、これだけは円高になってくれ~と叫びたい。

フィリピンでの生活、安く生活出来ると思われているが、フィリピンで安いのは人件費と煙草と酒ぐらい、後は日本よりは高いものがある、その筆頭は電気料金、これは日本よりも高い、そんな訳でマニラで家族4人、日本とおなじような生活を維持したいと思えば月20万では足りない、こうなる。

では本当の田舎での生活はどうかと言えば、もっと安く暮らせるが、それは原住民と同じレベルの生活ができるか、それによる、私の意見ではそれは無理だと思う。

つまり、何が言いたいかといえば、日本の年金ではフィリピンでは暮らせないという話、月に年金額が20万以上、それは団塊初期世代、それも大会社出身者、それぐらいしかいないはず。

貧困層フィリピン人,トヨというしょっぱい干し魚でぼそぼその外米で腹を膨らます、野菜は高いので食べない、病気になったら高額、金がなければ死ぬしかない、こんな国に移住したいですか(笑い)

例によってペソの話から脱線してしまった。
スポンサーサイト

comment

Secret

Re: No title

2014.12.25.14:32

>  まさに仰せのとおりでありまして、老後は暖かい南国フィリピンでゆとりの生活・・・もはやそんな状態ではありませんね。
> サンミゲルビールは毎年値上がりしていて、もはや“高価”な飲み物になってしまいました。
>  8~9割ぐらいの邦人の方々は今やなかなか大変な生活をされていると感じます。

がんこじじいさん、比国、特にマニラに住む邦人、生活が厳しいようです。

変な話ですが、私、場末の食堂、とろとろでも食事は平気です、今まで当たった事はありません、それは多分セブ島で腐ったツバ酒を飲んで3日3晩死にそうになった時の免疫が出来たのかもしれません。

Re: メリークリスマス

2014.12.25.14:27

キラさん、ご無沙汰でした。

私の記事での日比の素敵なカップルの話、実はキラさんご夫妻をモデルとさせてもらっています(笑い)

比国撤退、私も賛成します、私もご存じのように以前は季節移住を考えていましたが諦めました。


23日マニラ入り、但し今回はマカテイにある義弟所有のコンドウに滞在の予定、改めて連絡しますので、また、遊んで下さいね!!

ひろしさんは年末年始にはマニラにいるようですが、時期が近くなったら電話したいと思っています。

Re: 為替やフィリピンの生活

2014.12.25.14:17

トム先生、コメント有難う御座いました。

1966年ですか!私の最初の訪比は1971年になるのかな、それにしても大昔ですね、始めて訪れた時もそうでしたが、まあまあ、そこそこいい時代でした。

多分、先生が師っている時代は比国がアジアで一番の時だったと思います。

古い話で恐縮ですが、淡路恵子、この最初の旦那はビンボー ダナオ、バンドマンでした。

今でも比国の年寄と出来上がって話をすると、昔は良かった、マルコスは良かった、まあ、昔を知っているとわかりますね!!

為替やフィリピンの生活

2014.12.25.10:17

Merry Christmas to you and to your dear wife!

クリスマスに何故フィリッピンへ帰らないかと聞くと女房がいつもクリスマスはプレゼントが大変だし、海外にいるフィリピン人が皆送金するので、フィリピンにドルが沢山あまっているので、レートが悪いと言います。でも1966年の頃、1米ドルが2ペソだったような気がします。尤も、ハロハロが10センタボ、マニラホテルの隅にあったUSOでコカコーラも10センタボだし、ジープニーは近くは5センタボで遠くても市内は25センタボの時代でした。
僕も10年前に常夏の国、フィリピンに住みたいと考え、その準備もしたのですが、実現しませんでした。女房の実家で暮らせば1ヶ月、7~8万ペソもあれば二人で楽に生活出来ると女房が言っていたので。勿論、マニラは桁外れに生活費が高いと言ってましたが。(無知で恥ずかしい話ですが其の頃迄、海外いるフィリッピン人が皆送金をしていると知らなかった)フィリピン人と結婚してもう45年!フィリピンの習慣、文化、生活、彼らの考え方、等等女房が教えてくれなかったので知らないで生活してきて、フィリッピン人と結婚した日本人の人の掲示板やブロッグで学び、最近、女房に何で教えなかったと抗議したら、其の度に、女房の返事は“言っても、貴方には理解できないよ”と言うので、馬鹿扱いにするなと喧嘩を吹っかけるのですが、喧嘩にもなりません。 (フィリッピンにもあれ程行っても、女房の妹も彼女の旦那も全然話題のも出さなかったし)日本人がフィリピンの事を理解しないで、ほいほいと結婚したり、フィリッピンへ退職するのも理解できます。

カナダドルも大暴落でカナダの年金で米国に生活する人も大変のようですね


クリスマスイブ、日本酒 “男山”を楽しみながら、支離滅裂でごめん!

メリークリスマス

2014.12.25.09:02

Merry Christmas and Best Wishes for a happy new year!

お久しぶりです。
如何クリスマスをお過ごしですか?
カナダもアメリカ同様盛大に祝うのでしょうね。
フィリピンでは例の如くです。(笑)

円安困りましたね。(涙)
流石考ちゃん、ズバリり当を得てますね。
私もフィリピンでは幾ら位で生活出来ますか?と漠然と聞かれますが、生活レベルは個人差が有るので答えようも無いですが、未だにフィリピンでは安く生活出来ると思っている方々が多いと実感して居ます。
海外移住は慎重かつ計画的に実行した方が良いと私も思っています。

私の場合も毎月の生活費は日本から円を引っ張っているので、安倍政権発足以前よりインフレ率も考えると、円の価値は3割強目減りしたのが実感です。
固定費は抑えられないので、節約するのはやはり遊行費で、夜のお出かけ回数を減らし自粛しています。(笑)

さいわい円高の時に資産を此方に移し、ペソ預金・ドル預金をして居り、不動産も購入時の倍以上の値が付く様になりました。

この様な状況も私の背中を後押しして、一番の理由で嫁が日本に帰りたがって居るので、1度リセットして泣く泣く日本帰国を決心しました。(涙)
予定では、あと2年頃を目度に帰国しようと考えてます。

まぁ~!日本にも帰国しても、頻繁に一人で気ままに遊びに来るので、その方が気が楽で楽しいと自分に言い聞かせて居ますが...

また、日本やフィリピンでお会い出来る機会が増えますね。(笑)

No title

2014.12.24.06:50

 まさに仰せのとおりでありまして、老後は暖かい南国フィリピンでゆとりの生活・・・もはやそんな状態ではありませんね。
サンミゲルビールは毎年値上がりしていて、もはや“高価”な飲み物になってしまいました。
 8~9割ぐらいの邦人の方々は今やなかなか大変な生活をされていると感じます。
プロフィール

わがまま、親父

Author:わがまま、親父
FC2ブログへようこそ!

カナダ、トロント近郊に住む、死に損ないの爺いです。余命わずかなので勝手な事を書き散らしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
わがまま親父の独り言、カナダで生きています。
わがまま親父の独り言う、カナダで生きています。
わがまま親父の独り言、カナダで生きています。
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR