日々のあれこれ。

2014.10.30.08:24

この私のブログ、カナダに住んでいながら余りカナダの事について書かない、不思議なブログなのだが、たまに日々のあれこれについて書いてみる。

最近、地方選挙があった、トロント市長や住んでいる市の市議会議員選挙などである。

先ず、以前の記事でこいつだけは絶対になって欲しくない市長候補の1人だった、本土系中国人移民であった、オリビア、チヤウが最下位で落選した、誠に目出度い。何故この女が駄目な理由、それは以前にも書いたがこの女、日本叩きの糞女だったのと綺麗事を言っていたが、実は中国系移民、それも本土系移民の為にしか働かないからである。

新しい市長はジョン、トーリという白人、苦労したがやっと市長二なれた、トロント市長、これは日本でいえば東京都都知事の職責に当たる、トロント市、カナダの首都ではないが、実質的には首都に当たるからである。

私が住んでいるのはボーン市というトロント郊外の市である、ここも市長と市議会議員選挙があった、ここに近所に住む人間が市会議員に立候補した。IMG_1613.jpg
苗字を見て貰えば分かるが、彼はユダヤ系である、愛犬ブラッキーが生きていた頃、よく散歩しながら彼の家の前を通っていて彼とよく話をした、彼も小さな犬を飼っていた。そんな訳でよく知っていた。

結果から、残念ながら彼は次点で落選したが、次の選挙で彼がまた立候補するのであれば応援したいと思っている。


IMG_1612.jpg
この写真、障碍者用パーキングスペースにジャガーを停めていたら、前方の車がバックオーバーで標識を倒し、それがジャガーのフロント部分に当たった、その時の写真、写っているのはぶつけた白人爺いの奥さん、

この話もいかにもカナダらしいので書いておくが、この白人爺さん、推定年齢80歳前後、バックで車を停めようとしたらしいが、確認もせず運転もへた、耳もよく聞こえないらしい、ばあーんと音がして標識が折れ曲がり、それがジャガーに当たったのに気がつかなかった。

所がこの爺い、降りてきてぶつけた箇所を見ながら、大したことはない、問題ない、そればかり言っている、例によって自分が悪かった、謝罪の言葉さえない、確かにちょっとしたスクラッチ傷は残ったが、それでもこの態度には腹が立った。

頭に来てこの爺さんの車のナンバーと爺さんの免許の控えと記録して、後で警察に連絡すると脅しておいたが、面倒くさいのでそのままにしてある。

これがカナダの常識、いくら自分に非があっても決して先に認めない、認めてはいけない、だから簡単にすみません何てことは絶対に言わない。


最近、私にとっては義理の甥っ子、妻の妹の息子が長年の付き合いから、やっと彼女との婚約を発表した。相手はサラ、ハートというユダヤ系白人女性である。
彼女の父はハリウッドの映画プロデユ―サーをやっていたが、不況で仕事を失いカナダに帰ってきているらしいが、ユダヤ人にしては余り厳格なユダヤ教徒ではなさそうだ。

昨日、このサラから素敵な帽子を三つ、半額でいいと言ったので買った、彼女自分でファッションビジネスを立ち上げた頑張り屋さんでもある、帽子は好きで沢山持っているが、鮮やかな紺色,、深い緑色、そしてダークグレー色の帽子、この種の色の帽子はなかったので、また帽子のコレクションが増えてしまった。


IMG_1614.jpg
IMG_1615.jpg
MVI_1616.jpg

この三つの写真は私の書斎、一日の大半をこの部屋で過ごしている、酔っては下らぬ駄文の記事を書いたり、PCで無料の映画を見たり,本を読んだり、まあ、そこそこの暮らしをしている、又季節だが、IMG_0852.jpg
IMG_0853.jpg
写真1でわかるように前庭、落ち葉がたまり放題、完全に枯れ葉が落ちるまでは掃除をしてもしょうがない。

天気予報によれば今週後半には温度が氷点下まで下がるとあった、いよいよ私が嫌いなカナダの冬がやってくる、そしてこの時期恒例のハロウインもやってくるが、妻、いわく、今年は止めましょうと言っていた、毎年菓子代だけでも50ドル以上、落ち着いてテレビも見ていられない、、、、、、毎年やって来る子供達には可哀そうなのだが、さて、どうやって居留守を使うか、考え中である。

そういえば日本、盆暗皇太子と基地外皇太子妃、オランダ国王を迎えての宮中晩餐会、特に雅子のテイアラや身につけた衣裳や、そして立ち振る舞い、糞味噌にこきおろされているが、さもありなん、所詮は朝鮮人ルーツ、驚くには当たらない。

この種の話、評判がいいので(笑い),,,,いずれ記事にしたいと思っている。
スポンサーサイト

comment

Secret

No title

2014.10.30.10:52

おやじさん、こんにちは

車の事故、全く同じですね(笑)
子供を学校に送りに行ったとき、前の車が急にバックを始めたので(少し待てば順に進むのに下がって先に行こうとした)クラクションを鳴らしたけれど、ゴツン。
これまた同じで、傷というほどでもなかったのですが、出てきてまず、当たったところを見て、大したことないな。
これは中年の白人女性でした。
露骨にムッとした反応をしたら、連絡先を書いてよこしました。
本当に行儀が悪くて困ります。
判でついたように同じ行動をするもんですね(笑)
プロフィール

わがまま、親父

Author:わがまま、親父
FC2ブログへようこそ!

このブログで書かれた記事とコメントの転用を禁じます。
違反した場合は法的手段を講じます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
わがまま親父の独り言、カナダで生きています。
わがまま親父の独り言う、カナダで生きています。
わがまま親父の独り言、カナダで生きています。
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR