障害者の人権、雅子は本当に障害者か、???

2014.10.06.12:21

障碍者、これは身体的、肉体的障碍者と心因的、精神的障害と分かれるが、現実的にはその境目、健常者にはその判断が難しい。

この話も以前に記事にした、それは私が通う教会に生まれつき知恵遅れというか、そんな子供を連れてくる比国人母とその夫の中国人夫婦の話、その子供の名、マシュウという、出産時の事故により脳がダメージを受け、見た目が十代の子供だが、知性、知能は赤ん坊と同じ、だが体は発達し背は高く体もでかい。

勿論、教会員はこれらの経緯はよく知っている、出来るだけキリスト教精神で受け止める、努力はしている、だが礼拝時、この子供、徘徊、騒ぐ、だがこの親、場面によっては放置している、

つまり、この親、障害がある子供、それによってどんな迷惑をかけようがそれはそれは受け手が受容すべきものだ,障害者の事を考えれば当たり前の事ではないか、そう思っている節がある。



世の中には色んな形の障害者がある、生まれつきもあれば、病気の結果、あるいは事故もある、その障害も色々、肉体的障害喪あれば、心因的、精神的障害もある。

だが外傷的障害者は理解されやすいが心因的、あるいは見えない形で内臓系でダメージを負った、この場合は外からは見えない、見た目は健常人なので、なかなか理解されない。


これらの事、すべて分かった上で言う、

障害者、特別扱いにせよ、それを分からぬ世界、間違っている、身体障害者、これを救い助けるのは健常者の義務である

そう主張する、そういう考え方も分からぬ訳ではないが、それは違うと思う。

どうもうまく書けないが、確かに障碍者、肉体的、精神的、いずれにせよそのようなハンデイキャップを持った方が社会の中で公平な扱いを受ける、それが当たり前、そうでなければそれは差別だという、そのような社会、理想かもしれない。だがそれが当然の権利だと声高に主張する、それには違和感を持つ。

この脳に障害をもった子供、この話に戻すが、この親の態度、どうも気にいらない、それはその子供が騒ぎ他人に迷惑をかけようが、それは障害があるのでしょうがない、我慢をするのが当たり前、そんな考え方があって平然としているからだ

つまり、このような考えを持つ方が社会の中で多くなってきたように思う、勿論、そのような状況には同情と労りの心を持つ普通の人間なら同じだと思うが、それは受け手が判断する話で、それが当たり前の話ではない。

問題は見た目がわかる障害を持った方、これはそれなりの同情と労りを受けるが、そうではない方、この場合は難しい、なぜなら人はうわべで判断するからだ、家族や友人、その障害を理解している方は分かるが赤の他人にはその方が持つ障害がどんな障害なのかはわからない。

また、その障害を持つ方が住む国によっても扱いが異なる、たまたま、福祉政策がよく行き届いた国、あるいは後進国、発展途上国、国によってはその扱いは公平ではない、明日をどう生きようか、そんな暮らしに障碍者を理解せよ、ナンセンスな話であるが、少なくとも日本やその他、先進国においてもっと障碍者の福祉や扱いを充実せよ、それらの主張は分かるが、だからと言って、私達のつらさや不自由さを人は理解すべきであり、また、かかる迷惑や不都合を人は受容すべきである、そのこととは話が違う。

実際、いろんな形で障害を持つ、そしてそれでも懸命に生きている、そんな方のブログも記事で紹介した事もあるが、とは言え、それらの話を押し付けたり、他人から理解されない、社会的弱者であるからとその扱いを社会や他人のせいにして攻撃する、これは傲慢というべき話だと思う。

私にも躁鬱病という持病があって酷くなると自殺願望が出てくる、実際に未遂もあった、この病をもっている方なら分かると思うが、これも他人からは理解されにくい、それは外見的には見えないからだ、だからと言って他人に理解せよ、何て言った事はない。


さて、色々書いてきたが、皇太子妃、雅子殿下、こいつの場合は問題外、こいつの病名、適応障害、学会お抱えのインチキ精神界医の大野が付けた病名らしいが、一体なんだ、適応障害って、

適応障害なる精神的障害をお持ちなので、皇室祭祀、神事はできません、ご静養が必要です、宮内庁および雅子お抱えの医師団(1人だが)の見解。その結果、公務はスカスカ、1年の大半はご静養、さらにはご静養に疲れたので又、ご静養、

今までこの雅子に関しては散々書いてきたので、これ以上書かないが、これって色んな形で障害を持つ方にとってはなんだあ?,,ふざけるな、バカ野郎、ではないか、、

適応障害、この病名も相当怪しいが仮にそのような病名があるとしても、簡単にいえばさぼり病だろう、そうではないのであれば朝鮮人DNAによる生まれつきの基地外、

まあ、こいつをどうしても嫁にしたかった皇太子成仁殿下も巷でごゆっくりサンなどと呼ばれているが、これも簡単に言えば知恵遅れの阿呆、生まれつきの脳発達障碍者、ある意味雅子とはお似合いの夫婦。

こんな障碍者夫婦が近い将来、日本の天皇と皇后になる。その時は同じような障碍者が天皇陛下、皇后陛下、万歳と叫ぶのであろうか、

世も末である。


この精神障碍者夫婦の移動に皇宮警察のSPが何十人も警護につく、はっきり書くがこれはSPの使い方が間違っている

正しい使いかたは、この夫婦を座敷牢に監禁しその見張り役,監視役としてこれらのSPを使うべき、それとこの精神障碍者夫婦、決して海外に出してはならない、日本の国益を損ねる、

欧州の王族、ほとんどが縁続き、したがって、皇太子が知恵遅れ、盆暗、、雅子は基地外、食い意地姫なんて話はみんな知っている、現地のマスコミもこの夫婦についてはぼろくそ、つまり彼らの外国訪問は日本の恥さらし以外何もでもない。

恥さらしならまだ救いがあるが、もし彼らが即位、天皇皇后として支那や朝鮮の策略に乗って支那や朝鮮を訪問して、日本は過去に支那と朝鮮に多大なる誤りを犯しました、謝罪します、なんて言った日にはもう取り返しがつかない。

この夫婦ならやりかねない、なにせ精神疾患、障碍者、何、それは違う、生まれつきだ、ま、そうとも言えるが!!





スポンサーサイト

comment

Secret

Re: 現実は・・・

2014.10.11.14:05

MJBさん、内緒コメなんですが、少し書いてみます。

貴女と私、価値観も違えば考え方というか、大きな違いがある、こういう場合、そのような人間と付き合わなければ良い、私もそう思いますが、でも、心のどこかで、何かの形で繋がっていきたい、そんな気がするのも事実なのです。

元カレの記事がありました、私も読んでいて何となく、元彼の気持ちが分かるような気がしました。不思議でした。

さて、障碍者と健常者との向き合い方、これはあえてMJBさんとは議論はしません、すれば嫌われるし平行線になる(笑い)

何かよくわからない話になりましたが、上手く書けません、そちらでの暮らし、見守りたいと思います。

管理人のみ閲覧できます

2014.10.07.16:51

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: こんにちは

2014.10.07.10:49

MKさん、今日は、オクラホマも寒くなってきたでしょうね、そういえば妻、アメリカの感謝祭、サンクスギビングデイに買い物に行くと騒いでいました、カナダよりは規模が大きく値段も安いそうですが、私にはわかりません。

雅子の話はあえて大袈裟に書いています(笑い)

MKさんとも何時かお会いして一杯やりたいですね!!

Re: いつもドイツから見させていただいてます。

2014.10.07.10:41

万丈太郎さん、コメント有難うございました、ドイツに在住とか、あいにくヨーロッパにはまだ行った事がありませんが、ドイツも是非行ってみたい国の一つです。その理由の一つ、本場のドイツビールを飲んでみたい。不純な動機ですが(笑い)

ただ移民政策の失敗、そのような声も聴きますが、どうなんでしょうか、

ご声援、ありがとうございました。

Re: No title

2014.10.07.10:27

ぼちゃこさん、内緒コメなので詳しくは書けませんが、障碍者にも人権があると声高に叫ぶ、これって部落解放同盟が差別は赦さないといって徒党を組み圧力、恫喝をする、そんな構造と似ているような気がします。

それからお誘いの件、是非私もお目にかかりたい、そう思っていますよ!!

No title

2014.10.07.09:42



こんにちは。

叫ばせて下さい。

「皇太子及びその妻雅子氏の、廃太子、廃妃を願い奉ります。」

こんにちは

2014.10.07.07:31

おやじさん、こんにちは

 ときどき、障害を売り物にする人っていますね。以前そういう人と同じ職場にいたことがあります。助けてもらって当たり前、配慮してくれて当たり前。周辺の人は介助に随分気を使ってましたが、聞くと、ありがとうの一言もないと。驚きましたよ。
雅子は障害という言葉は同じでも、人格障害じゃないでしょうか。メディア経由の限られた情報から判断しても、彼女は人格に著しい問題があるように思います。皇室が一日も早く清浄化されることを祈ってます。

いつもドイツから見させていただいてます。

2014.10.07.06:14

私もドイツに在住して25年近くになります。いつも楽しみに読ませていただいてます。日本の将来を憂えること、日本だけではなく、世界には思いもよらない巨悪が存在すること、オヤジさんの意見に共感することしきりであります。これからも頑張って下さい。

管理人のみ閲覧できます

2014.10.06.22:23

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

わがまま、親父

Author:わがまま、親父
FC2ブログへようこそ!

このブログで書かれた記事とコメントの転用を禁じます。
違反した場合は法的手段を講じます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
わがまま親父の独り言、カナダで生きています。
わがまま親父の独り言う、カナダで生きています。
わがまま親父の独り言、カナダで生きています。
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR