書くか書くまいか、迷っていた理研の笹井氏の自殺。

2014.08.07.21:43

自殺、かくいう私も自殺の経験者である、残念ながらというべきなのか、結局それで良かったのか2回とも未遂で終わってしまった。

一度目は多感な中学2年生の頃、家が貧しく高校に進学できるかどうかで悩んでいた、学校で睡眠薬を一瓶飲み昏睡、その時は知らなかったが緊急で胃洗浄で助かり、気がつけば2日後、自宅で寝ていた、母が枕もとで泣いていた。
結局、学校は転校せざるを得ず、ここでも人生が変わってしまった。

二度目は結婚前、妻と並行で付き合っていた女、私より10歳以上歳の離れた若い女性だったが、妻を選んだ事により結果的に捨てた形となり、ところが偶然再会してしまい、だがどうにもならず、悩んだ末、薬を飲んで手首を切り自殺を図ったが、発見は早く死には至らなかった、結果手首に大きな傷が残ってしまった。

こんな事もあって自殺に至るまでの経緯というか葛藤というか、ある程度分かるような気はする。

自殺を図った経験者ならわかる話ではあるが、自殺願望者にはふたとうりあって自殺しかけたが失敗し、もう2度とやらない人間と結局何度も繰り返し最後はその目的を達してしまう人間に分かれる。

また、自殺に至る方法、これも発作的か計画的かで別れるが、本人の意思、どうしても死にたいと思えば他人には止める事は出来ない。


ただ、経験者として思った事はそこに至った原因はいずれにせよ、自己清算としての形であり本質的な物事の解決には成り得ないが、当人にはそれが解っていない事にある。

もうひとつ、これは当たっているかどうかは分からないが、自殺を図る人間、人間的に弱いとみるか、一時的に精神喪失で正常な判断ができないとみるかは別として、つまるところ,人間としての根性が腐り果てている本当の悪党と基地外と真の馬鹿は自殺なんかはしないと思うがどうだろう?

それとこれも私の経験から、死にたくて自殺したい奴は他人の迷惑にならないやり方で死ぬ事とか、他人を巻き込んだり、恨みを世の中に向けるやり方はするな、とは言ってもそんなことを事前の考える奴は自殺なんかしない、そうとも言えるが、


さて、理研、正確には理化学研究所の笹井芳樹氏、世間を騒がせた(,これはマスコミや3流ジャーナリズムが勝手に騒いだと思っているが)小保方晴子氏のスタッフ細胞事件にその上司として関わった事により連座としての責任云々から、心因性ストレスにより入院、その後、勤務地であった理研発生再生科学研究センターで首を紐のようなものをかけて自殺を図ったとして発見され、その後死亡、警察により自殺と判断とあった。

私もこの小保方晴子氏のスタッフ細胞騒動の記事を以前に書いた、この記事を書いた当時の私のスタンスは、この騒動の糾弾でも無ければ小保方氏の擁護でもなかった、それは持ち上げてそして手の平を返して叩く、マスコミのやり方があまりにも汚い、そんな論調だったと思う。要は記者なんてものは真実なんてものはどうでも良いのである。便所のハエと同じ、臭い匂いに集まるだけの存在、

私は細胞学の研究者でもないし、ましてや学術的論文の成り立ちも良くは知らない、だから彼女と研究仲間が発見したとされる万能再生細胞が実際に発見成功したのか、それが捏造だったのかは判断できない。
だが、散々持ち上げて賞賛した、それが一転捏造疑惑が起きるとそれこそ、手の平を返す如くのバッシング,これには呆れた。そしてそのバッシング、あることないこと、上司であった笹山氏にも及んだ。

また実際に捏造問題に彼が加担したどうか、そんな事よりも小保方氏との男女問題まで話がいってしまった。これはある意味魔女狩りであり、三文記事であり問題の本質とは離れた部分ではあるが、世の似非ジャーナリズムとしてはそんな事はどうでも良かった事などであったのだろう。

結果、笹井氏、進退が極まって死を選んだ、と思うが実際にはそれが真実ななのかどうかはよくは分からない。


世の中にはよく疑惑の関係者やその事情をよく知る人物の自殺により、その事件そのものがそれ以上調査が出来ず、幕引きになってしまう、そんな事がよく起きる、政治でいえば重大疑獄事件であったり、大型経済事犯であったり、それこそ関係者にとってはまことに都合がよかった、よくある話なのだが、、、、、

例、政治家であれば秘書、経済事犯でいえば官公庁の役人、企業でいえば中間管理職。


今回も地元、兵庫県警神戸水上署、簡単に自殺と発表した、遺書もあったし、その状況からも自殺と断定したとある。

私は警察機能とマスコミジャーナリズム、全く信用していない、その理由はこのブログで何回も書いた、それは警察権力、機構、組織が既に腐敗しており、その劣化が最近著しい、また、それを取材する側、マスコミも上部はこれも著しく偏向しており、組織自体がある種の勢力に乗っ取られており、末端の記者に至っては記者の名前に値しない屑、素人ばかりでありおまけは記者クラブ制度、これは警察記者クラブ制度があって、一方的警察発表しか載せない、逆に言うとそれ以外の事を書くと記者クラブから排除される、そんな制度では真実を探る本当にはどうだったか、仮に解ったとしても報道できないことになる。

事実、兵庫県警本部、全国の警察本部管区でも相当評判の悪い警察本部である、警察内部の不祥事は勿論、隠蔽、捏造、場合によっては事件そのものを強制幕引きとしてしまう。

この話も以前に記事にしたが、尼崎市連続変死、行方不明事件、これは在日と創価学会が絡んでいたとされる事件であったが、主犯とされる角田美代子の写真が2転3転、やっと最後の本物の写真がでて、主犯として逮捕、これから事件の核心はと期待されたが、、、

ところが、兵庫県警本部留置所で自分の首を紐状のもので自分で絞めて自殺と発表、検死もなし、結局事件の真相も分からず幕引き、またマスコミも警察発表を伝えただけ、まことに摩訶不思議な話となった経緯がある。

どう考えても老女が自分の首を自分で絞めて自殺をする、それも留置所監視下で、ところが誰も問題にしない、これに限らず警察発表では、、、、マスコミもただそれを垂れ流すのみ、このような不可解な事件、全国には数えきれないほど存在する、現実にはそれを追及した元警察官ジャーナリストの変死もあった。


話を戻すが、笹井氏の自殺、勤務地のビルの階段の踊り場で紐のようなものを首にかけて自殺と判断、遺書もあった、だがこの万能再生細胞騒動の裏には巨大な利権が存在していた、笹井氏、世界的利権にもつながる研究開発者でもあったし、実際、この再生細胞の最先端を行く科学者でもあった、その彼の自殺、遺書があったとのことであるから計画的なものであろう、ならば階段の踊り場で手摺かどうか知らないが、そんな稚拙な行為で自殺を図るのだろうか、疑問は残る。計画的であれば立場がら死に至るクスリだって手に入る筈、

もう一つ、首をつって死ぬというやり方、手軽なのだが、遺体となった時には非常に情けない状態になる、苦しさに失禁状態となり大も小も垂れ流す、口からよだれ、目玉は飛び出し、死後の見てくれを気にする自殺者はやらないやり方、、、、

それと遺書といわれる物、手書きではなくワープロかPCで打たれ文章のようだ、、ここも良く、解らない。

だからといって私は事件の核心に陰謀説があったかどうかは分からない、またそれを証明する証拠も根拠も持ってはいないが、いままでの経緯を考えれば、単に笹井氏が状況的に進退極まって自殺を選んだ、そうは思えないだけ、とは言えあくまで個人的見解に過ぎない。

ただ、客観的に見てこの事件の関係者は、不届きな言いかたをすれば笹井氏の自殺でほっととしていると思う。ただ全部の関係者がそうだといっている訳ではない、念の為!!


心情的には笹井氏のご家族に同情したいが、中心人物の自殺で真相が分からないままでの事件の幕引き、これは世の東西を問わずいくらでもある、彼の自殺もそんな形になるのかな、そんなことを思っている。

笹井氏、部下であった小保方晴子氏にも遺書を残したとある、彼女に対してはある種の思いを残したようだ、これをどう受け取るか、色々意見はあるだろうが、私は男なので直に彼の心情として受け止めたいと思う。

亡くなれた笹井氏には心から冥福を祈りたい。



追記
やはり、私と同じような疑問を持っておられた方があった、それは知っている方は知っている、井口博士のブログ、そのブログで博士、最後にこんな事を書かれていた。

笹井博士に死んで欲しいと思っていた連中

小保方陣営(在日朝鮮人)
笹井博士を裏でせっついた政府官僚組織
理研の反笹井博士陣営
電通裏組織、

とあった。
スポンサーサイト

comment

Secret

管理人のみ閲覧できます

2014.08.20.22:55

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

2014.08.15.13:48

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

2014.08.14.23:37

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

2014.08.14.20:32

> おはようございます。
>
> いやいや。親父さん、わたしを誤解されていますよ。(笑)。

KUONさん、誤解でしたか??(笑い),,,,,ただね、ネット世界では結構小保方氏を擁護する男性が多いのですよ!!

私?、、、、私は違います。でもねえ、笹井氏の彼女に対する気持ちもわかるんですよねえ、、、、なんて書けば、またKUONさんからだから親父さんは甘い何て言われてしまうかな(笑い)

それからVRAI先生がKUONさんに興味をもってコメントや記事にしていますが、これも同じ男性としてよくわかりますねえ、、、、、

彼、私とは主義主張や思想信条が全く違う人ですが、男らしくて笑顔がステキな男性でそして何より博学、だから私は先生と呼んでいます。

Re: No title

2014.08.14.20:18

MKさん、コメント有難うございました。

理研という組織、象牙の塔なのか伏魔殿なのか、よくわかりませんが、笹井氏の自殺、所説がいろいろあって、、、何でしょうね。

精神的に脆かったとの解釈もありますが、でも勿体なかった彼の死、ただ小保方晴子氏騒動からの流れ、結局うやむやになるでしょう。利権に絡んでの思惑、私は単純自殺説はとらないのですが、同じような考え方の人も結構いるようです。

仰るようにメデイア、マスコミが腐っている、私もそう思いますね。

No title

2014.08.14.08:29

こんにちわ。
笹井さんがどうしてああなったのかはよくわからないです。
小保方の捏造はたまたまや、ちょっと出来心でなんてものではないですよ。倫理観が麻痺してます、あの子は。

本来なら学位を取得する力は無いですよ。普通なら間違いなく剥奪になりますが、あの子から取りあげると早稲田は笑えない事態になるんでしょうね。それでも学位剥奪をしなければ将来に間違いなく禍根を残します。先延ばしにした分さらに利息まで払うことになるでしょう。いま100万円払うか利息付きで1000万円払うか、危機管理に対する感性が問われるところです。
 笹井さんクラスの人が小保方に騙されるとは思えません。頭の悪い小学生が大人に嘘を付くようなものですからね。もし騙されてしまって捏造に気がついていなければ研究者としてはお粗末の一言です。でも捏造と気がついていればあんなことをするとはとても思えないです。不幸なことにいろいろな状況が(捏造をさも本当に見せるかのように)揃ってしまったのかもしれないです。

いつの時代も日本のメディアは頭が悪くてお遊び気分。今回の捏造で報道すべきことはもっと他にあると思うのですがねえ。

この騒動で得られたことというのは象牙の塔にも一般の目が必要だということが明らかになったことではないでしょうか。その業界も膿を出す時期かもしれませんね。

No title

2014.08.13.07:15

おはようございます。

いやいや。親父さん、わたしを誤解されていますよ。(笑)。

男はバカだ、と思っている部分はありますけど、オンナはもっとバカ、とも思っている(部分がある・笑)・・・そして、何を隠そうワタシは、実は、男性のバカを可愛いと感じてしまう、オトコびいきのオンナ(友人いわく)でもあるのです。

力説することでもありませんでしたわね、おほほのほ。

あの方は、甲斐無きオンナにドボンして、仕事上でも言い訳不可能なところまで行ってしまわれたのだと考えます。

そういう部分もあったのだ、と。周囲のややこしいことは、私にはよくわかりません。

淋しかっただろうな~と、あくまで三流レベルの情緒でもって、亡き人を想ってしまいました。

Re: No title

2014.08.13.05:42

東京のオバちゃん、内緒コメ、ありがとうございました。

内緒コメなので細かくは書けませんが、次から東京のお姉さんでお願いします。(笑い)

Re: No title

2014.08.13.05:39

VRAI先生、、、、、褒めすぎですよ(笑い)


人間の質という点ではVRAI先生には到底追いつけません、それが本当の話、、、、私はそう思っています。

Re: 親爺殿は嘘つき?

2014.08.13.05:35

ウナさん、そして家人さん、何を隠そう、、私はへたれで~すよ(笑い)

おお酒飲みで短気、そしてご存じ我がまま、ウナさんのようにこ洒落た文章も書けません、いつも直球、だから玉に荒し玉にやられます(笑い)

家人さんに宜しくお伝え下さい、ありがとうございました、と!!

Re: No title

2014.08.13.05:27

ぼちゃこさん、お久振り、コメント有難うございました。

読む奴がいるから書くのか、書く奴がいるから読むのか、、、、

この国のマスコミには吐き気がします、、、、激しく同意(笑い)

Re: No title

2014.08.13.05:23

Kavitaさん、お久しぶりでしたね!!

今回の騒動では色んな人間が裏で暗躍していますね、マスコミは糞だし、人の不幸は蜜の味何て阿呆も増えてきた

ほんと、私も言いたい、あ~ア

Re: No title

2014.08.13.05:18

> こんにちは。
>
> 涙を自在に操る女は自死しない。
>
> あれこれ何度も書いて消して、結局この一言です。
>
> ここに触れるのはタブーとわかっていますが、もし、自分が遺族なら、いまの メディアの騒ぎ方には白けると思います。
>
KUONさんらしい指摘だと思いますよ!!

でもKUONさんにだから男は馬鹿なんていわれそうだけれど、男として彼の気持ちも良く分かるのです。、、、、甘いかなあ~(笑い)

Re: No title

2014.08.13.05:14

VRAI先生、返事が遅くなりましたね、

それだけ脆かったんでしょうね。

確かにそういう部分もあるでしょうね、順風満帆な人生だった、だから今回はショックが多き過ぎた。そうかもしれないが、でも疑惑を払しょくできない、、、、、考え過ぎでしょうか??

Re: No title

2014.08.13.05:10

しんちゃん、返事がおくれてごめん!!

内緒コメ、内容、よく分かりました。来年は是非,会いましょうね!!

Re: No title

2014.08.13.05:06

Asahiさん、返事が遅くなりました、すみません。

笹井氏の自殺、本当のところは解りません、が、疑惑は残ります。

残された遺族が気の毒ですね!!

管理人のみ閲覧できます

2014.08.11.09:19

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

2014.08.10.12:45

弱かったからこそ強くなれたんじゃないですか。

その人の持ってる価値観と言うのはいつも揺れてる。
若い頃、つまらない女に夢中になって、
それが唯一絶対の自分の運命だと勘違いをすることもある。
その勘違いが揺れた価値観です。

それに加えて自尊心が高いと、自分を選ばなかった女に対して
自分の価値・・・この場合はその女性に対する思いなんですが、
命を捨てることで示そうとする。
命を捨てるほどお前を愛していたんだ・・・
でも、結局のところ、それは弱さなんですよ。

それを乗り切ったところにある別の世界を知らない。
程度の差こそあれ、誰でも通り過ぎる青春の一時期です。

親父さんが嘘を言ってるとも思えません。
それに、たった一人の女にすべてを捨てて、命がけで馬鹿になれないような男は、
結局のところ、人生のどこかでどこかで引いてしまう。

そんな気がしますね。
でも、仰るとおり、親父さん、魅力的な男ですよね。
お節介焼きで、根は善良で、気が短い。私の親父にどこか似てる。(笑)

親爺殿は嘘つき?

2014.08.10.12:13

今日は家人(私の保護者)にせがまれて書きました
二度自殺を図ったが『生き返った』とありますが
彼女が言うには
あれは嘘!親爺殿はそんなに『やわ』ではない、ですと
私は二回の未遂は事故だと想います
原因は「ナイーブな身心状態」が齎しました
言うなれば接触事故を貰ったようなものです
お殿様は捨て置きませんでした
あのお方は他人に優しくできる人に
必ずや手を差し伸べます
日本人は修行が終わるまでは
黄泉の国には行けないのです
呆けることも許されません
家人は熱心な貴ブログのファンです
私以上かも知れません

No title

2014.08.10.01:18

科学の分野はわかりもしないド素人、だけど、今回の一連の報道にはウンザリしてました。持ち上げて突き落として…笹井氏の死後『優秀な科学者』とまた持ち上げて。いい加減にせぇよ、STAP細胞の事より男女の情や山中教授への嫉妬やのの記事なんて関係ないやろと。組織にも相当責められたんやろね、違う方向で。ご遺族には心よりお悔やみ申し上げたいが、この国のマスゴミには吐き気がします。

管理人のみ閲覧できます

2014.08.09.19:29

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

2014.08.09.15:02

こんにちは。

涙を自在に操る女は自死しない。

あれこれ何度も書いて消して、結局この一言です。

ここに触れるのはタブーとわかっていますが、もし、自分が遺族なら、いまの メディアの騒ぎ方には白けると思います。

短かった絶好調から転げ落ちてしまわれた笹井先生の安らかな眠りをお祈り申し上げます。

No title

2014.08.08.20:46

笹井さんと言うのは意外に研究馬鹿、純朴な人だったんじゃないかと思います。
今まで挫折も知らなかったし・・・
それだけ脆かったんでしょうね。

理研内部のややこしい話に巻き込まれて云々と言うのは
ないと思うのですが、
遺書は自筆ではなくワープロで打たれてたとか、
担当記者の中にも、モヤモヤした疑惑があるんでしょうね。

管理人のみ閲覧できます

2014.08.08.00:29

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

2014.08.07.22:11

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

わがまま、親父

Author:わがまま、親父
FC2ブログへようこそ!

このブログで書かれた記事とコメントの転用を禁じます。
違反した場合は法的手段を講じます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
わがまま親父の独り言、カナダで生きています。
わがまま親父の独り言う、カナダで生きています。
わがまま親父の独り言、カナダで生きています。
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR