余りの反響にあっと驚く為五郎、

2014.05.28.12:46

どうでもいいがこのタイトル、古いね(笑い)、、、、そういう世代なんである。

それはともかく、先に書いた記事、最近では珍しい一日の総アクセス数、なんと7千7百余り、これは驚いた!,書いた本人としては記事の内容がちと下品かなと危惧はしていたが、そうでもなかったのかな、

ちなみに戦争ラブ男とはセックスをしない会でインターネットで検索をかけたら、凄い数でヒットをした、これも驚いた。
ただ、反響としての内容は惨憺たるもので、コメントも酷いものだった。

私は広告の専門家ではないのでこの事は詳しくは語れないが、何かのキャンペーン、イベント、ムーブメントを起こす場合、
対費用効果という言葉を使う、、かけた費用にたいして目的とする効果を指数化するらしいが、この彼女達の戦争男とはセックスをしない会、ネットでの拡散なので費用はかかってはいない、その割には驚異的なスピードで拡散された。

一次的な目的として、この会の存在を世に周知させる、その意味ではその目的は成功した訳だが、では肝心の何の為のパフォーマンスかという点では、はっきり言って恥晒し、馬鹿丸出し、阿呆極まれり、基地外、色呆け、死んでよし、とにかく糞味噌、、、、、もう罵詈雑言の嵐であった。

このパフォーマンスにはどうやら2つの目的があったらしい。
一つはこの会則に従わない男にはHはさせてあげない、そのような主旨に賛同する全国の女性、集結せよ!!!

もう一つは政府の集団的自衛権容認、武器輸出制限緩和など戦争に繋がるような政策は断じて許さない、ただそれらに反対する左翼勢力としては通常のアピールではインパクトがない、ならば女性の持つ、性の力で左翼キャンペーンをやってみる、そのような発想らしい。

でその1の呼びかけに集まったのが掲載した女性達であった。

その主義主張、民主主義国家の日本、何を主張しようと、自由である。しかし、そうは言っても、これが新たなキャンペーンだとすれば明らかに戦術的間違い、対効果を考えないでやってしまっている。

Hをさせない、まあ、男性の中にはいやあ、それは困る、させてほしい、是非お願いしたい、溜まっているので何とかしてほしい、こんな事で効果があると考えたのだろう、その辺は彼女達が左巻き左翼癌やウイルスに侵された頭だから、なんとなくわかるような気もするが、、、、、、、


但し、この場合、女性であれば誰でも良いというわけではない。呼びかけに応じて集まった女性が会員証を見せながら、上から目線、さあ、どうだ!!太い腿をみせたり、気持ち悪い流し目でさそっても、無駄なのである。更に言えば向かって右の女性、明らかにレズビアンの男役、これは反則。

問題はこの呼びかけに応じて集まった女性達の品質にある。彼女達がキャンペーンガールというのは悪い冗談と言わざるを得ない、第一、ガールとは呼べない年代物、、、、、私は紳士なので罵詈雑言は言わないが、それにしても酷い、誰が紳士だって ?、、、、それは言わない方向でお願いをするとして、
20140525102224716.jpg


では、仮にこのキャンペーン、こんな展開でやってみる。

あのね !私のいうこと聞いてくれたらHさせてあげ~る、こんな事よ、簡単でしょう、といって会員証をみせる、そしてその女の子はこんな感じ。(これはあくまでも参考写真,ネット上の関連記事に載っていただけ、念の為)
81b76f0d-s.jpg

男というのは誰しもが石部金吉ではない、偉そうな事を言っても、下半身人格は別、そういう男も多い、このような男いわゆる事業で成功した男や権力を握った男に共通するが、だからこそ、女性を使ってのキャンペーンは大事な訳である。

この商法というか、形はちょっと異なるがAKB48というのかな,CDをたくさん買ってくれれば握手してあげる、、、だが、戦争ラブ男とHはしない会、CDなんか買わなくともよい、社会主義万歳、安保反対、,北朝鮮万歳、共産党万歳、集団的自衛権容認反対、武器輸出反対をいうだけでHをさせていただける、それもそれこそAKB48クラスの可愛い女の子、

間違ってもこんな女はいない、
Bna17D9CUAA5VFs.jpg
ご存じ韓国、驚異の整形女、キム、ヨナ、(この情報、読者のヨッシーさんから教えて頂きました) 元は不細工、しかし相当酷かったね !




そんな訳で、それこそ、若い右翼は即左翼、中年男は又、社民党に投票し,爺いは口をつぐむ、、、、、かもしれない、そうしないかもしれない、ただ、ああ、美味しかったというだけかもしれない・

それはともかく、素敵なHができて、強制労働に近い過酷な肉体奉仕もない、過労死で死ぬ心配もない。

かくて左巻き左翼プロパガンダキャンペーン、大成功となる、



左翼活動、プロ市民運動、組合運動、これらの活動資金、意外と潤沢である、これは底辺で部落解放運動や在日組織、パチンコマネー、中国や朝鮮シンパからの援助資金、裏活動資金、更には学会資金もある、

ネット評論ではこんな声もあった、だから左翼は馬鹿なんだ、こんなXXXX,XXXXX、集めてHさせないって、良かったという奴はあっても困るなんてあるわけねえだろう,、、、どうせ反政府キャンペーンやるならもっと金や頭をつかえよなあ~

更には、このようなXXXの犠牲になる位なら、俺はあえて戦争ラブ男になってやる、そんな意見もあった、これはちょっと言い過ぎかな、そんな気もしたが、だがいう意味はわかる(笑い)

ネット評論、私もそう思う。

Hを餌に使うなら、賞味期限切れはまずいでしょう、ね、瑞穂ちゃん! 次の品揃えはすべて新品、新鮮でお願いしますね。、、、そうそう、ついでに品質保証書もお願いね!!!!!!なんて言ってみる。

でもねえ~、日本女性、大和撫子、いくら女性が解放された時代、男女同権とは言っても、戦争ラブ男とはHさせませんなんて、それが左翼プロパガンダだとしても、公開の場、さらにはインターネットでやるなんて、それも堂々の顔出し、

慎み、奥ゆかしさ、恥じらい、風情、なんて言葉、日本女性の中ではもう死語になったとは思いたくはないが、、、、


思想洗脳、怖い。



スポンサーサイト

comment

Secret

Re: No title

2014.05.31.07:05

SEーNENさん、始めまして!

ま、そうでしょうね(笑い),,錆びた銃砲、まだ弾丸がでますか,,なら、うらやましい。

Re: ためごろ~!

2014.05.31.07:01

うさのうさみみさん、コメント有難うございました。

為五郎、このフレーズ、若い人には?でしょうね(笑い)

ブX,バX,私は女性崇拝者なのでそのような呼び方はしません(すいません嘘をつきました)

Re: おひさしぶりです

2014.05.31.06:55

> ご無沙汰しています。
>
こちらこそ、PASTORAさん、宗教というのはある種の洗脳、その洗脳次第で信者の方向性が決まります。ただ、創価学会の場合は池田名誉会長の個人崇拝、ある意味宗教の形はとっていますが、集金団体であり選挙マシーン団体

所謂、邪教ではありますが、その呪縛が解けない、これはどの宗教も同じですが、学会は在日、部落、と深くかかわっていて利権や思想とも繋がっていてそう簡単には解体されないでしょうね。

ためごろ~!

2014.05.30.12:06

懐かしいですね あっと驚くためごろ~ 小学生でした私、みんなでためごろう、ためごろうって連呼して遊びましたね(笑)

そのためごろうが久しぶりに出るくらい今回は驚きましたね(笑)
世の中色んな女性がいるものです
ちょっと下に繰ってみたら、まあ麗しい! 綺麗なお嬢さんたち!
こんな女の子だったら殿方みんな喜んで「戦争はんたーい!」とかって突進してしまうに違いない それだけの価値ありそう

ほんと色んな女性が・・・キムヨナ七変化!
あ~そうだったんですか、なるほどね しかし・・ブ〇だなあwww

色んな女性、バ〇でブ〇で恥知らず、おまけにプロ市民で元締めがミズホときたら・・がはははと笑って終わりです(笑)

おひさしぶりです

2014.05.30.02:30

ご無沙汰しています。
S学会のくだらない仕事に付き合わされ、仕事が終わって帰ると共に発熱&嘔吐に襲われ、三日間点滴浸けでした。ギャラは普通でしたが、二度とやるもんか。

学生時代、仕事でミュージカル劇団の音楽を担当するバイトをしました。
みんな、親父さんのいちばん最初に挙げた写真のオンナみたいな目つきをしており、超気持ち悪かった。

親父さんのおっしゃるとおり、わざとらしいと萎えるのが普通の日本人。 
私は勉強のためパリにいましたが、S学会の会員さんは住み辛そうな街でしたね。

No title

2014.05.28.22:49

こんばんは親父さん、二番目の写真の女子が誘惑するなら、わたし、
節操も無く左翼に転向させていただきます(爆)
真ん中にぶら下がった錆びた銃砲を平和利用する為に!

(私冗談がきついのでご免なさいww)
プロフィール

わがまま、親父

Author:わがまま、親父
FC2ブログへようこそ!

カナダ、トロント近郊に住む、死に損ないの爺いです。余命わずかなので勝手な事を書き散らしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
わがまま親父の独り言、カナダで生きています。
わがまま親父の独り言う、カナダで生きています。
わがまま親父の独り言、カナダで生きています。
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR