KUON女子会。

2014.05.19.03:57

私のこのしょうもないブログにいつもコメントを頂いている方でKUONさんという方がある。

この方の書かれる文章、才があり語り口は上品、さらにユーモアやウイットもあり、和歌もたしなまれる女性である。そんな事もあって興味をひかれ、今年の2月に彼女に会いに行った。

この時の顛末は過去の記事を読んで頂ければお分かりになると思うので省くが、結論から言って、素敵な女性だった。

以来、個人的なやり取りも含めておつきあい、頂いている。

彼女からは労り、思いやり、心配の言葉、そして玉には叱咤激励(場面によってはお叱り)も頂いている、私にとっては本当にありがたい女性だと感謝している。

だが、実際はこの方、ご自分の人生でも相当辛酸をなめ、ご苦労を重ねながらもご自分で事業を切り回す社長さんでもある。、、、、だからこそ、この方の語る話には説得力があり、また人の話をよく聞く聞き上手でもある。

紹介が遅れたが彼女は、今日も元気でいましょうね、久遠のKUONというブログをご自分でやっておられる、主に皇室関係ブログのジャンルにはなるだろうが、そこにはとどまらず、いろんな素敵な話とその文章力で読んでいて面白い。

女性でありながらここまでの書き手、たいしたものだと思う。

さて、私が彼女の眼にどう映っているか、想像はつく(笑い),、、、、、、それはともかく、彼女の主催するブログの常連コメント投稿者の方々が集い、この度KUON女子オフ会なるものが催されたらしい。


私も近くに住んでいたら、オブザーバーという形で参加したかった(笑い)、、、、、、、、、、ま、冗談ではあるが、多分、楽しい交わりだっとは思われる。


私は自分でブログをやっていて良かったと思う事は、今まで何の接点もなかった人に会う事が出来たこと、また快く会って頂いた方、初対面でもありながら何の違和感もなくお会いできた事、これこそがブログの力ではないか、そう思った。
実はこれって考えてみれば相当不思議な話ではある。
ネットというバーチャル、仮想現実空間で知り合う、お互いに生き方も考えも年齢も性別も違う人間が、自分と何かの共通点や趣味や思考過程、よく解らないが波長が会うとでもいうか、そうやって出会う、こんな事ネットでもなければありえない話。

この話、うまく説明できないが、例えばこんな感じ、つまりネットという仮想現実の世界で見ている人物の世界、空間、景色の中にある日、その中に自分が存在している、そのいつも見ているシーンの中に自分がいる、そしてそれを認識している自分がある。

この話、初めてネットでいつも関心をもっていたブログのブログ主を訪ねた時、味わった経験だった。そんな経緯経験もあって会ってみたい人がいればそれこそ地球の裏側まで行ってしまうという変わった癖を持つ私だが、、


実はブログでは書かなかったが、私のブログによくコメントを頂く2人の女性にも日本に帰った際、お会いしていた。
1人は、離婚したし何となくブログなんか始めてみる、糖分ラブさんという方、もうお1人はフランス人と結婚しました、MGBさんという方、

この方達もコメントと彼女達のブログを訪問させて頂いて、是非お会いしたいと思っていた方々であった。

糖分ラブさん、彼女のブログ、飾りがなくて面白く、時にはほろりとさせられる癒し系、ちょいお笑い系のブログ、片やMGBさん、このMGBのHNは彼女の日本語名と夫のフランス語名との頭文字であるが、この方の書く文章も知的で格調あって文章構成力もあり本物のプロの文筆家、そう思っていたら実際にそうだった。MGBさん実際に南フランスに住んでおられる。

このお2人とも初対面ではあったが、コーヒーから始まりラーメン、最後は私の我がままで有楽町の焼き鳥屋までお付き合い願い、楽しいひと時を過ごさせて頂いた。
こんな事を書くと怒られるかも知れないが,糖分ラブさんは可愛らしく、MGBさんはお洒落で妖艶な女性であった。
しかし、現実にはこのお2人も厳しい人生を歩んでおり、それでも前向きに生きており、ヘタレの爺いには頭が下がる女性達であった。

このお2人に共通しているのは私との間には何の共通項もないことである、ラブさんは政治や思想的な話は一切書かれない、MGBさんに至っては社会認識や政治思想は私とは真逆の立場でもある、それでも女性、人物として興味があった。そのような意味でこれからもお会いしたいと思っている何人かの人物がある。



さてKUON女子オフ会の話に戻るが、ここに集う女性方、その多くは今の皇室の在り方、特にナル盆暗殿下、雅ごん妃殿下に対して批判する方々でもある、まあ、批判されて当然、むしろそれでも足りない位だと私も思うが、このような思いにかられる方々、思想や思い入れが同じの同志、このような集まりやオフ会、もっとあっても良いし、あるべきだと思う。

私もKUONさんにとって頂いた奈良の風格ある時代のお宿で、KUONさんと色んなお話をしたが、楽しかった、それはお互いに考え方や共通話題もわかっており、それこそ、その話題で言いたい放題、まあ、私の場合、出来上がっていたこともあるが時間経つのも忘れる位盛り上がってしまっった。
IMG_1471.jpg


KUON女子会、これからどのような発展をたどるのか、男は乗せない女子戦車隊なのかは知らないが、もし、お許しがあればオブザーバーとして部屋の隅に引っこんでいますので是非参加させてほしい。どうだろうか??

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

KUON女子オフ会メンバー一同、、、、、、イケメン壮年、洒脱初老男性なら考えても良いが、アル中、死に損ない爺いはねえ~、、、後、時々鬱になる弱気男もねえ~、、、、、、演歌やシャンソン唄えるの?、、、、、、、社交ダンスは?、、、、、、、

私、、、、、、、、、、、、,ごもっとも!!,、、、、反論できず(笑い).
スポンサーサイト

comment

Secret

管理人のみ閲覧できます

2015.02.13.10:40

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

2015.01.28.02:03

初めまして、久遠の娘です。
母のページから飛んできました!
母のことを褒めていただき、すごく嬉しいです、これからも、
応援どうぞよろしくお願い申し上げます!

Re: ピーン💡

2014.05.23.11:21

> 「頭におリボン🎀」...ではなく、
> 「胸にリボン」
> 『KUON ぢょし (オフ) 会.北米大陸支部長』として堂々と、なんて

> いかがでしょう?

こよりさん、KUON女子会、北米大陸特別代表では駄目????,,,,判断はオーナーに任せますが!!

Re: タイトルなし

2014.05.23.11:17

ラブちゃん、内緒コメなので返事はそちらでね!!

Re: No title

2014.05.23.11:16

みっちゃん、??,,,,ありがとう。、、、、解る人は解る、コメント返しでした(笑い)。

No title

2014.05.19.22:51

…体調バッチリでなくていいから、来て下さるだけでいいから、それでいいから、おいで下さい。

って。まだな~んにも、決まってないけど・・・ひどいこと言ってごめんなさい、でした。

ピーン💡

2014.05.19.16:59

「頭におリボン🎀」...ではなく、
「胸にリボン」
『KUON ぢょし (オフ) 会.北米大陸支部長』として堂々と、なんて
いかがでしょう?

No title

2014.05.19.16:39

こんにちは、親父さん。

KUONぢょし会のご紹介、ありがとうございます。

親父さん、元気そうになられて・・戻られて、大変うれしいです。ありがとう、元気に戻って下さって。活力湧きます。

ぢょし会でも親父さんの話題出ましたし。皆さま、同じ方向を向いて語る喜びに満ち溢れて、また会おう気運盛り上がっていましたし、可能ならおいで下さ~い。来て下さ~い。

ぢょしじゃない、ううむ、・・・おリボンつけて頂くか、甘いデザートまでお付き合いいただくか、それまでに条件を考えて・・・ん、無条件でってことになるのですね、きっと。皆さん、お帽子はかぶって来て頂きたいですって。

一瞬たりとも口の動きの途絶えることを許されないがごとき渦中に、自ら飛び込んで来られるのですから、体力勝負です。体調バッチリでおいで下さいますよう・・・って、今、まだ何の予定も無いのですが、とにかく、体力つけて来いやあって、感じですかしら。失礼な申しようですみません、でも現実に、しゃべりっぱ、ですから。

国の外からご覧になっている、国を愛する男性の声を、お聞かせください。そして、ほかのことなども、少しは、

語りませう。本気で正気で遊びまし・・・ひとときを共にして下さいね。

    遊びを せんとや 生まれけむ・・「梁塵秘抄」にも、かくのごとく。

管理人のみ閲覧できます

2014.05.19.16:05

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

2014.05.19.07:58

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

わがまま、親父

Author:わがまま、親父
FC2ブログへようこそ!

このブログで書かれた記事とコメントの転用を禁じます。
違反した場合は法的手段を講じます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
わがまま親父の独り言、カナダで生きています。
わがまま親父の独り言う、カナダで生きています。
わがまま親父の独り言、カナダで生きています。
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR