スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小保方晴子 騒動記

2014.04.14.00:57

この2~3日、やっと春らしくなってきた、まだ木々のつぼみは小さいが近所の森では小鳥達のさえずりが朝早くから聞こえてくる。多分、本格的な春は来月になりそうである。いつも思うがカナダの春の訪れ、本当に遅い。

さて一部の読者の方にご心配をいただいている私の調子であるが、実はあまりよくない、いずれ時期をみて精密検査を受けようと考えているが、、、、、


症状とすれば体中にあった湿疹は消えたが皮膚が赤く斑模様となって消えない、全身のかゆみも消えないがこれは老人性感想肌ではないかとの指摘もある、皮膚の赤色斑は糖尿病からの皮下毛細血管の血流の循環の悪さからと思う。

とにかく全身倦怠感が強く、食欲も湧かない、無理に食べても直ぐお腹がいっぱいになり食べられない、そんな事もあってこちらで言うコンジー、いわゆる中国お粥なるものを食べている、その結果体重も5Kくらい減ったようだ。

思っていた以上にお迎えの時期が早く来ているらしい(笑い),,,,,いずれにして自業自得、文句は言えない。




さてタイトル記事にあった小保方晴子、騒動記、まだ尾を引いているようだが、、私の前回の記事にコメント頂いた方の論評を見ても概ね、女性は彼女にたいし厳しい見方をしているし、男性は比較的同情めいた部分もあるようだ、これはマスコミなどの論調でもにたような傾向があるようである。

私は男性なのでかくも女性が彼女に対し厳しい見方をするのかよく分からない部分もあるが、反面男性が彼女に対しややもすれば同情的な見方をする、それは多少分かるような気もする。

多分、彼女の見てくれ的な部分もある、不細工ではないし男が関心を寄せる容貌を持っている、さらには才媛でもあるし、家柄も良い、また今回、持ち上げられ一躍ヒロインから地に落ちた偶像となり孤立無援の状態になってしまった、そんな部分もある。また彼女が主張するように新万能細胞STAP細胞があったのかもしれない、そう信じたい向きもある。


私は科学者でもないし、この分野生物学や細胞関係分野などの知識はない、したがって彼女が大学博士論文やネイチャーの寄せたSTAP細胞論文の真偽については論評は出来ない、関係者、科学者、それぞれの分野での専門家が指摘してる論文作成段階での捏造、不正であるという意見には正直いってよく分からない、確かに彼女自身が自身の行為に対し稚拙であったとかやってはならぬ事をしたと認めているので外部からみれば捏造、不正行為になるのかもしれない。


私は今回の騒動、科学的見地よりも何故まだ名もなき若い女性研究者が世紀の大発見、そうやってマスコミに登場、もてはやされ、もしかしてノーベル賞も?,,,,とまでいわれた人物があっという間に犯罪者のように引きずり出され、まるで大陪審のようなマスコミからの真相究明という名の断罪をうけたこの経緯に興味があってその観点からこの記事を書いている。


私が思うに、この事件というかこの騒動というかこれは単に彼女の論文に捏造や不正記述や、ある意は作成に当たって作為や悪意があった、そんな事よりももっと大きな力が働いた、そんな気はする。

私の記事にコメントを頂いたVRAI先生も言っていたが、彼女の主張が正しいのかあるいは何かの大きな思惑があって彼女の存在を抹殺しようとしているのかいずれ後何年かではっきりするはず、彼女が詐欺師でほら吹きなのか本当はやり方は稚拙で研究者倫理から外れていが実際にこの新万能細胞に成功したのか、仮に彼女は後者であった場合、彼女をつぶすメリットが何処の誰にあるのか、つまりそこまで深読みができるくらいにこのSTAP細胞が今後の世界に与える影響が大きいからであり、それに伴うパテントや権利、商権を考えればその規模はそれこそ何千兆では利かないであろう。

現在ノーベル賞を授けるノーベル財団も実は、その受賞対象になるような研究と人物が毎年少なくなってきており審査が大変になってきている、そんな話を聞く、

大昔の話になるが、禿げで又毛が生える薬、バラの花でマリンブルー色の花の色、これが出来たらノーベル賞が取れるといわれて久しいが未だに発明発見されていない。だがこの話、もし本当になればこれも巨大な利権となる。

細胞学の分野、生命科学、生命発生から老い、死までつながる、ある部分神の領域でもある、関心は誰にでもある。実際に陰謀論ではクローン技術では人間作れるところまでいっているという話もあるし、老化を抑える技術もあると聞く、脳以外は代替がきく、そんな話もある、





私は前回の記事で彼女のキャラクターについて少し書いた、それはあの記者会見でとった彼女の態度、多少の弁護士との質疑応答練習はしたとしても、涙の見せ所、言葉の一瞬のためらい、選択、答えの切り替え、これが訓練された演技ではないとすれば確かににしたたかでたいした女性だと思う、見てくれ、ちょっと男心をくすぐるおぼちゃんではない。

学問上の才能ではなく、もっと本能的なタフな才能があるのだろう、(これは決して褒めている訳ではない)

ネイチャー論文共著者、共同研究者でもあった現、山梨大学教授、若山照彦氏の内部告発、STAP細胞論文の取り下げ勧告運動、そして小保方晴子ユニットリーダー持ち上げの最大の支援者だった笹井芳樹理研副センター長、彼らの変節、バッシングの共同歩調、理研内部の小久保叩き、これらは単に学問上の倫理感や不正義に対しての怒りだけであろうか、週刊誌報道では男と女の関係もあったみたいな話もあったがまあ、下衆のかんぐり、どっちでもいいではないか!!

勿論、学者世界、象牙の塔どうかはしらないが、そこは人間社会、嫉妬や恨み、ひがみもあるだろう、足の引っ張りあいもあるだろう、

だが今回、マスコミまでひっくるめての大騒動、小保方晴子をつぶすのか、彼女の研究成果を無しとしてしまうのか、それともその両方なのか、そうだとすればその目的とメリットは何処の誰にあるのか、声高に社会正義や倫理を叫ぶ、私はそんな風潮になんらかの違和感を感じている。


小保方晴子、ただの玉ではない、その何と表現すればよいか悩むが、雅子妃スペック頭構造というか、勿論アトピー学歴ロンダリング雅子妃よりは数段賢いが、その意味ではこのまま潰れて欲しくはない。

本人曰く、すべての情報は研究ノートではなく私の頭にあるという、もし彼女が詐欺師でもなくほら吹きでもなく、色仕掛けで男性研究者を取り込む才能がある、なしに関わらず、本当に彼女がやれるとすれば、彼女は買いである。先行投資の対象になりうる。

世の中にはとてつもない金持ち、団体が存在する、仮に彼女が今後、理研や日本の研究フィールドからほっぽり出されてしまいもう日本に居場所がないとすれば、もしかしてお呼びがかかるかもしれない。

科学者や研究者の間では糞味噌の彼女、また、同じ同性からは袋叩き状態の彼女、さてどうする(笑い)




私が超金持ち爺いでこの世に未練が一杯あって、まだ女性に興味があるならば、私財を提供して晴子ちゃん、好きに研究をおやりという(笑い)

金が何兆あろうがあの世には持ってはいけない、ならばもしかして彼女の研究成果で若返る、寿命が延びる、であれば金は惜しくはない、と思うが、私自身、残念ながらただの年金爺、お呼びじゃない。

こんな奴がいるかもしれないという与太話、また女性読者からお叱りは来るかな(笑い)


追記、情報では理研が小保方氏と1年の雇用契約、身分そのままで結んだとの話があった。これも解せない話、外へ放っぽりだしたくないのか、理研に縛りつけておきたいのか、組織として今回の措置、どうも腑に落ちない。



追記2、読者のやまのこさんからの???にお答えする訳ではないが、私個人としてはあの手の顔はお気に入りからは外れている、と申し上げておきます。



追記3.爺いの与太話として書いたら、実際にヘッドハンテイングとしてオファーが来ているそうだ。
4月14日、小保方晴子理研ユニットリーダー顧問弁護士、三木秀夫氏の話として外部の学術研究者、組織等、複数のヘッドハンテイングの誘いが入っているとの事、勧誘の主は科学者や別ジャンルの学者もあるとの事。
(別ジャンルの学者って何だ?)
スポンサーサイト

comment

Secret

Re: No title

2014.04.20.15:29

Kavitaさん、今日は。

アカデミックな世界もテレビワイドショー化した、そんな処でしょうかね!

お迎えが近い、そういって20年も生きた、そう笑われないように頑張ります(笑い)

何時か何処かでお会いしましょう、それには大賛成します。でも早めにね!!

Re: タイトルなし

2014.04.20.14:47


YUKIさん、内緒コメントでなくて大丈夫ですか(笑い)

おぼちゃん、男性関係、だらしないかどうかは知りませんが、男を操るつぼは知っていそう。昔、銀座の小規模クラブでこんな感じの女性、たくさんいましたよ!!

2014.04.19.01:47

本人達にしかわからないですが、男社会で働いている女は得てして男関係だらしないと噂されますな。

そういう女目線では、公衆の面前では泣いてはならなかった。

この様に女性陣に嫌われる。

でも、色んな所からオファーもあり、自分も研究成果に自信があるのなら、こんな
風評に負けずに頑張って頂きたいです。

職種は違えど、似たような境遇で頑張っている女性陣も沢山いるのだし。

親爺殿のいう通り、成功すれば、世紀の大発見なのだから。

管理人のみ閲覧できます

2014.04.17.01:24

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

2014.04.16.22:13

KUONさん、くたばれおぼちゃん、、ですか!!

過激発言ですねえ^~(笑い)


くたばる、私の場合はまだのようです、でもそんなに長くはないと思いますよ!!

くたばる前にもう一度お会いしましょうね!!

No title

2014.04.16.22:03

やまのこさん、おぼ菌感染ですか(笑い)

本当に彼女、嫌いなんですね!!!

ハハ^~、誰か庇ってえ~~     若干、庇いたくなる親父も世の中にいますが、私は我がまま親父ですが、阿呆親父ではありません。と、本人はそう申しています(笑い)

管理人のみ閲覧できます

2014.04.16.21:54

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 私、親父さまに注意しちゃうわ❗️

2014.04.16.21:51


お母さんへ、

ご心配頂き本当にありがとうございました。、、、、、、不肖の息子で申し訳ありません(笑い)

内緒コメントですので詳しくは反応できませんが、仰る通りにしようと思っています。

Re: No title

2014.04.16.21:46


じゅごんさん、はじめまして、ご訪問とコメント、ありがとうございました。

内緒コメントなので、、、、、、、、

おせっかい、感謝致します(笑い),宜しければ又お越しください。

管理人のみ閲覧できます

2014.04.14.19:30

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

2014.04.14.15:32

このコメントは管理人のみ閲覧できます

やまのこ

2014.04.14.14:15

アノ場でひらひらワンピースを着るような
くるくるカールにあのメイク。
はは~
丸見え! 誰か庇って~~

潔くないのです。
私は格好イイ女性が好きです。
歯を食い縛る、負けず嫌い。
土下座するぐらいの「芸」があればね。

お体ご自愛くださいませ。オボ菌にご用心あれ^^

おほほ。

2014.04.14.08:40

わがまま親父さま。

おはようございます。

私は女族なので、あの方には生理的に拒絶反応、ですけど。感情的に「フン」っなのですけど。いやみ100パーセントで「うまいわあ」なんですけど。

・・・こう言ってどう思われようがそれが私の事実、なんですけど。

確かに才能おあり。泣いて引っ込む、あるいは引っ込まされる「たま」じゃない。逆に言えば、ばあちゃん女族の私も異なる族に対しては超絶「めんくい」、そこのとこはもう、どうしようもない、感はあります。

>>私が超金持ち爺いでこの世に未練が一杯あって、まだ女性に興味があるならば、私財を提供して晴子ちゃん、好きに研究をおやりという(笑い)<<

こんなことしゃらっと仰る我がまま爺さんには、だは~っと笑っちゃうしかないですね。あほや~と言いつつ、わかるわ~、って。

うまいこと騙されてあげる、いい爺ですねきっと、オボちゃんみたいな方には。あっち向いて「べー」でも、こっち向いて「にこっ」。騙されろ、そして喜んでろ。けっけけ。

わははのは。いえ、おほほの、ほ。

くたばれ、オボさま。でも、くたばらないのね、あの方は。

我がまま親父さんはまだ、くたばるのはダメですよ。そう簡単にはくたばれませんよ。死ぬまでは、そこそこ元気でいませんと。

お大事になさって下さい、本当に。

送信しま~す。

プロフィール

わがまま、親父

Author:わがまま、親父
FC2ブログへようこそ!

このブログで書かれた記事とコメントの転用を禁じます。
違反した場合は法的手段を講じます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
わがまま親父の独り言、カナダで生きています。
わがまま親父の独り言う、カナダで生きています。
わがまま親父の独り言、カナダで生きています。
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。