小保方さんの記者会見

2014.04.10.13:17

男は女性の涙に弱い、そんな事もあって彼女の言い分を聞いていた。

ただ感じた事は弁護士との間で質問を予想して答えを練習というか、質疑応答を積んだような展開だった。そしてこの記者会見で見せた彼女のキャラクターが彼女自身の演技でないとすれば、相当に強い人間に思われる。


この事件の真相、私もよくは分からないがあの劇的な大騒ぎから一転して水に溺れた子犬を棒で叩くがごときバッシング
これもどうかと思うが、持ち上げて叩く、今のマスコミの常套手段といえばその通り,特に彼女の勤務先であった理研、
本来なら彼女を擁護、守るべき組織がとにかく組織防衛の為に躍起となり、彼女1人にすべての責任をかぶせトカゲの尻尾切り全力を挙げた。それがよく見えた事件の流れだった。

 
彼女が記者会見で語った言い訳、釈明、事実なのか真実なのかは分からない、そうなのかなと思う部分もあれば、その釈明は一般社会で通ってもアカデミックな分野では通用しないであろう、そんなところもあった。

ただ彼女が理研の裁定に対し不服申し立てをした、これは分かる、本人も言っていたが本人から入念な事情聴取もせず、強引な幕引きを図る、彼女を売り込み、強いては組織のスターとして目論んでいた周りの人間、とにかく火の粉をかぶらないように必死で逃げている。

この男達の情けなさ、私にはそう映った。


この記者会見である記者が質問をした、その記者は理研の内部に情報提供者がいるようで、その情報提供者の話として
小保方さんに余計な事をいうな、そうすれば理研に席を残す、そのような話があったと聞いたが本当ですか、という質問があった。

彼女はありませんと答えていたが、ありそうな話ではある、こういう話録音でも取っていなければ証拠にはならないし、相手から否定されればそれまでの話、しかし、組織が組織防衛のため隠蔽工作を行う、よくある話ではある。

彼女も言っていたがネイチャーに提出した論文を引っ込める、それは論文の否定、致命的になる、その通りであろう、しかし、彼女のいう通りであったとしてももはや彼女にはどうすることも出来ない。

仮に彼女の言っていた通り論文が捏造でもなく工作でもないとしても、すべては彼女の稚拙な考え方と倫理観の欠如が招いた事、そのこと自体、彼女が負わなければならないと思う。

科学、それも最先端の細胞学分野、少しでも疑いがもたれるような論文では話にならない、これは本人が長い間研究を重ねてきたとか、ある種の大発見があったとかその結果があったとしても、これは論文として検証に値し立証されなければ意味がない。

彼女が理研の裁定に不服申し立てをした、それは事実誤認があった、よく調べていない、本人からも何も聞いていない、い、一方的な裁定である、従って再度調査を要求する、これは分かる、だが、これは法廷闘争ではない、いかに優秀な弁護士であったとしても地に落ちた信用は取り戻せないし、本来なら彼女を守るべき組織が彼女を人身御供としてすでにターゲットにしている。

理研も学会も大学も関係機関も関係者も関わりたくない、責任はないと逃げ出している、またマスコミもあれだけ持ち上げたのにあることないこと書いている。

このこと自体まったく日本的社会体質の典型、



ただ、この小保方さんという女性、その意味では黙って打たれるいるような女性ではない、と思う。

この場合、同じような状況でもしこれが男性だったとすればどうだったろうか、かかる原因が自分にあり、結果、説として正しくても捏造や不正として断罪され組織を追われる、孤立無援、それでも戦うか?

私もある意味組織を追われた人間、このような状況になったとき、周りにいた人間達がどう変わっていったのかよく憶えている。それはその人間がやった事、言った事が正しいとか間違ってはいないとかは関係ない、ある種の流れがあって結局、どうにもならなくなってしまう、そうなると大概の場合、負け犬としてあきらめてしまう。

勿論、そうじゃない人もいるだろうがそれも棘の道、

彼女の場合、戦う道を選んだ、それをどうこう言う積もりはない、彼女が選らんだ道、私としては擁護している訳ではないが、自分でフェイドアウトしないのであれば周りにいた卑怯な情けない男達に一泡吹かせてやる、それも面白いかもしれない。


今後彼女が科学者、研究者としていけるのか、同じ研究を続けていけるのか、それは知らないがネット上でも擁護論はあるし、これから海外においても擁護論が起きる可能性もある。

記者会見で見る限り見た目とは違いかなりしたたかな女性だと思う、多分自分の中に確信があるのだろう。



さて第二幕があるのか、あるとすればどんな展開になるのか、見守っていきたい。
スポンサーサイト

comment

Secret

Re: No title

2014.04.20.15:36


東京のおばちゃんさん、コメントありがとうございました。

おばちゃんさんは擁護派に回りましたか(笑い),,,世間ではおぼちゃん、可愛いという話ですが、親父のタイプではありません。

何!,贅沢を抜かすな!!,はい、そう言われればその通りなんですが!!!!

No title

2014.04.17.00:07

おやじさま

お返事、有り難うございます!!

実のところ、
小保方さんのこともSTAP細胞のことも
詳しくないのですが、
これだけマスコミが叩く=日本にとって大事な人
なのではないかと勘ぐってしまいます。

はっきり言って、
マスコミと一般国民の感覚の乖離が激しすぎます。

わたくし、一応母親ですが
どうも中身が男っぽいところがあり
小保方さんを責められないのです。

というか、頑張ると言っているのだから
ガンバッってもらいましょう。

コピペは、最初に概念を説明するために
何の画像でもよいという認識だったのかなと思いました。

小保方さんが特定の団体の手先でない限り
応援したいです。

No title

2014.04.15.11:52

よたろうさん、コメント有難うございました。

でもよたろうさんのご意見、ちょい可愛い小保方晴子氏の涙の記者会見で見事騙された多くの中年オヤジの1人、、、、、、、という意見もあります(笑い)


でも彼女の周りにいた男共も酷かった、男として情けない。

No title

2014.04.15.11:44

MIKAさん、そうなんですよね!!

あれだけ糞味噌に叩いておいて、1年の雇用延長、再雇用契約、これって何だろう。

理研という名の組織、本当のオーナーは誰?,,,

まさか、日本人以外、日本国以外、、、、、、????

No title

2014.04.15.11:38

うさのうさみみさん、コメント有難うございました。

おぼちゃん、言っちゃいましたねえ~、、STAP細胞20回も作りました。

この辺の妙な確信回路発言、アトピー雅子とかぶるのだけれど、まあ、頭の出来は全く違うので比較はできませんが、

ちなみに私は彼女のファンではありませんよ(笑い)

No title

2014.04.15.11:28

Rendneckさん、仰る通り何ですね、こういう案件本来なら国家プロジェクトになるはずがそうはならない。

国家にとって大事な情報機密がたとえば韓国の企業に直ぐ盗られる、また内部で情報を売るやつもいる。

ただ小保方氏がそこまで考えてか、稚拙でいい加減だったのかその辺は分からない。

真相はまだまだ闇です。

No title

2014.04.15.11:19

がんこじじいさん、貴殿のブログもいつもみさせてもらっていますよ"

この理研という組織、どうなっているんですかね?

理研ではなく利権の巣窟じゃないでしょうか、裏読みすればマッチ、ポンプで利権を狙う、

特に若山という若禿、あいつはあやしい。

No title

2014.04.15.11:12

VRAI先生、記事に先生のコメントも取り上げましたが、まったくその通りですね"

記者会見、先に叩きたいが来て事実の探求や本質論はさておき、日本のマスコミ劣化、著しい。


それはともかく、先生もいろいろ、ありますねえ~~

No title

2014.04.15.11:04

こんにちは、アビさん、

アビさんはおぼちゃん嫌いだ~派ですか!!,,,,,,,,,,,

念のための話は充分に承知をしておりますよ(笑い)


話は変わりますが、昔は夜の世界にこのような女性一杯いたような気がします。

No title

2014.04.15.10:57

こよりさん、コメントありがとうございました。

私もそう思います。

いずれにしても日本の記者、バカ揃い、問題の核心をついていない、呆れてしまいます。

No title

2014.04.15.10:51

東京のおばちゃん、さんはおぼちゃん擁護派?、、、、、、、


仰る事は正論だと思いますが、女性で擁護派は珍しい(笑い)

私も第2弾で書きましたが!,,,コメントありがとうございました。

No title

2014.04.15.10:43

風子さん、コメントありがとうございました。

やはり風子さんも小保方さん、苦手なタイプですか!!!

でも、男の中でもあのような涙に弱い阿呆も多いのですよね(笑い)


私!!.......私は違います(きっぱり)

No title

2014.04.15.10:37

やまのこさん、コメントありがとうございました。

だいぶ、お怒りのようで(笑い),,,,

本の原作者、最近は著者の写真がついていますが、それでもこの本の著者、へ~え、こんな顔をしていたんだ、と驚く事はありましたね!

さて、記事でも書きましたが、おぼちゃん、の顔、私の中では別に~、、

という感じです。

半端な顔

2014.04.13.02:50

映画を観る時は出演者や監督、原作などの好みが影響しますが、
本を買う時は「原作者」の顔は気にしません。
人気が出て雑誌やテレビを見て、驚く時があります!
「イメージ違う・・・・」です。
論文って履歴書のように「写真」が必要なのでしようかね。
科学の分野は「成功の確立の多さ」が条件ですよね、
美人とブスでは「確立の多さ」が変わるわけではないのに~~~
マスコミ各社も可笑しいしオボ女子も可笑しい。
皆さん「お面着装」とか「壁の向こう」なら変わりました?

No title

2014.04.12.15:46

親父様

体調はいかがですか。どうぞご無理なさいませんよう。

小保方さんに関しては私個人はどちらかというと苦手なタイプです。
自分に不都合だとすぐ泣く、涙ぐむ女はそれを武器にしているようでそれだけで信用できません。

ただ今回の騒動では彼女にすべてをかぶせてトカゲの尻尾切りにしようとしているようで、周りの男達の情けなさ、無様さといったら…

この後どうなるのでしょうね。私も第二幕を見守りたいと思います。

ご無理なさらずに。。

2014.04.12.09:48

わたくし、女性ですが
小保方さんのウルウルの目に
「可哀想」と思ってしまいました。

とにかく、小保方さんの服装や私生活よりも
STAP細胞が実現できるかどうかが大切なのです。

小保方さんのツメの甘さをマスコミ等が厳しいのは
そのマスコミが事実とは違うねつ造ばかりしていて
虚像に対して敏感だからなのではと思います。

コピペは、要点を隠す為だったかもしれません。
こんな重要な研究は
余りいろいろな事を明らかにせず
国内で粛々と進めるべきだと思います。

再度、挑戦。

2014.04.12.00:26

こんな ご意見も...。




小保方晴子さんが、STAP細胞の実験に成功し、その細胞を完成させます。 そして彼女が、そのことを論文にします。

ネイチャーに、理研のスタッフとして論文を掲載する場合、理研内部 でも当然のことながら、

実験結果に関しての検証と確信を持ってでな ければ、そもそも

ネイチャーに論文など掲載させません。

ではその論文に、小保方さんがSTAP細胞を作るための手段方法の

全部を載せるかといえば、

答えはNOです。 これはあたりまえのことで、論文結果がまだ
特許の申請もされていな い段階で、全部公開すれば、論文を誰がいつ発表したかなどまったく 問題にならずに、実験結果を
真似て先に特許申請した者が、将来のS TAP細胞による(数百兆円規模の)

利権を得ることになるからで す。

ですから論文はあくまで論文であって、
作成方法は丸裸にはしない。 これは最先端の科学技術分野では、
あたりまえのことです。 実験成功と、公表の問題は、まったく別なのです。

以上、抜粋です。

私は、小保方氏個人より「STAP細胞」の行方が気になります。
平和利用 ばかりでは無い、兵器としての 悪用もあり得ます。
妙な輩に渡らぬ事を 祈ります。

(昨日、投稿しましたら、物騒な事を書いた様で はじかれまして...。)

なんだかね~

2014.04.12.00:08

おやじ様
すこしは体調よくなりましたか?

小保方さんのこと
男が女を見る目と、女が女を見る目の違い・・・違和感が!

私も職種は違えど、かつては頑張って仕事をこなしていました。
各種の提出書類には、間違いがないかどうか
何度も、よく見てすべて確認して提出しておりました。
仕事における基本です。

ユニットリーダーたる小保方さん
今回の記者会見で涙ウルウル
未熟でと切り抜けようとした。

なんだかね~
こういうタイプの女ははっきり言って嫌いです。

歳をとり若い娘に、嫉妬してるのではないですよ(念のためww)

No title

2014.04.11.23:15

申し訳ございません。

自分の書いた内容がイヤになり削除がうまくできなかったので消させていただきました。

どうも失礼しました。


管理人のみ閲覧できます

2014.04.11.20:09

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

2014.04.11.17:38

この事件、なんで騒がれてるのかわかりません。

あるか、ないか、それだけのことで、あれば理研が恥をかくし、
無ければ小保方さんが法螺吹きということだけ。
実証できれば5年後ぐらいに小保方さんがノーベル化学賞受賞で万々歳です。

ネイチャーに発表したから・・・
そんなことは自分のやった結果を報告しただけで、
特許料をとったり、製品化したわけでもない。
博士論文の研究結果をコピペしたと騒いでるけど、それがなんで悪いの?
アインシュタインの相対性理論だって、ニュートンの重力理論の発展形だし、
今時、まったくあたらしい、物なんかでてくるはずもない。
爺いどものヤキモチと足の引っ張り合いで騒いでるだけでしょう。

3年も経てば結果は出る。騒ぐ必要もないと思うのですが…
エイズ治療薬がでたと何回さわがれたことか…
それで開発したと言い出した研究者がここまでたたかれたことはない。

それに何にでもなる万能細胞などその気になれば怪物にもなるわけで、
がん細胞にもなる。こんなものが一般治療用として世に出るためには
20年も30年も掛かる.。
一旦、出した理論を引っ込める必要なんかなにもないと思うんですが…
引っ込めさせて、新しい何かを付け足して
自分の発見にしたい…そんな学者たちの腹が見え隠れするだけです。

組織

2014.04.11.06:16

 30歳の時当時勤務していた職場で自分は“暴力事件”を起こしました。
直属の上司には「首になるかもしれない」と言われました。
結果、降格、3日間の出勤停止、昇給延伸、左遷となって2年経過。
その頃県から出向してきた幹部が“この件は彼に問題はない”と言って、2階級特進となりました。
 県にも大物がいるなと感心すると同時に、我が組織の第三セクター採用の小物との違いを感じました。
 

承認待ちコメント

2014.04.11.03:20

このコメントは管理者の承認待ちです

村社会

2014.04.10.22:40

私も日本の組織に問題があるということに賛成です。
この件を日本では騒いでいるということは知っており
ましたが、記者会見は見ておりません。
客観的に考えて分からないこと。

  この細胞を見つけることは、理研及び日本国の
  経済にも寄与が大きいので、なぜ、国や組織が
  この科学者のサポートをしないのか。
  個人的に問題があるかも知れませんが、科学者には
  癖があるのはあたりまえ。

  彼女が捏造したかどうかはおいといて、科学の理論が
  証明されないのはよくあることで、今回が特例では
  ないと思います。ニュートン力学も現代では大きく
  変わっておりますし、アインシュタインの理論も
  後年になって証明されておりますし。

  小保方氏は理論の自信があるようですが、では、特許
  の方はどうするつもりなのかな。

ふむ、なるほど!

2014.04.10.19:07

親父様、体調はもう万全ですか? どうぞ無理なさらぬように・・・
と、言いつつおぼさん

どこまで本当かは知らねど このおぼさん一部にアイドル的な人気があって熱狂的なファンがいるそうで
おやおや、世の中の殿方ちょっとお待ちあれ 記者会見に違和感感じませんでしたか? ちょっと冷静になりましょうよ
でもね、50の坂を超えたおばさんがこんなこと言うと「ばばあが若くてかわいい頭もいい女子を妬んでんだろ」とか言われそう
剣呑剣呑 ばばあ沈黙(笑)

そこで親父様のような男性の理性的な意見ってありがたい!
この場合、心より頭に響くことが肝心でしょう
「私を信じて下さい」ではないの 信じるのは研究結果だけおぼさんの人格ではありません 科学者が評価されるのはその人格ではなくどこまで真実を追究したかなんだけどなあ
「もう潔くごめんなさいって言ったほうがよかったんじゃないの?」
おばさんうさみみテレビに向かって独り言

おぼさん「STAP細胞あります」って言いきった以上はこれからの道は茨ですよ このお嬢さん大丈夫でしょうか いや、強い女性は大丈夫か(笑)

日本の科学の信用度が・・

2014.04.10.18:17

グログ更新ありがとうございます。 お体はもう大丈夫ですか?

「STAP」細胞、はたしてあるのかないのか、そこが焦点なのですが、小保方さんの、会見では、「ある」、「200回作成した」とのことでした。しかし、200回作成するには、何年もかかる、とおっしゃる科学者もいます。
たぶんこの科学者のおっしゃることに真実があると思います。
彼女の会見を聞いていると、すべてが、感情論になっていて、論理的な答えがまったくなく科学の話をしているという感じがしてきません。
理研は、彼女との契約を1年更新したそうで、 理由はこの問題がまだ解決していないからとのことですが、責任は小保方さん一人、と結論づけたのに、再雇用って、変なことをしますよね。 こんなことしてる間に日本の科学への信用がどんどん損なわれていくのに。 文科省もしっかりしてほしいです。  ああ 情けない・・・。

No title

2014.04.10.16:34

ご意見ごもっとも。
組織防衛のために走る姿が醜いです。
あたら若研究者がまた一人抹消されそうな現状に
日本の頭脳流出は当然だとも思います。
これだけの内容を、理研が知りませんでしたではすまないでしょう。
組織防衛は教育界でも起こります。組織を守ることも大切ですがそのための人柱はだめだと思います。
プロフィール

わがまま、親父

Author:わがまま、親父
FC2ブログへようこそ!

カナダ、トロント近郊に住む、死に損ないの爺いです。余命わずかなので勝手な事を書き散らしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
わがまま親父の独り言、カナダで生きています。
わがまま親父の独り言う、カナダで生きています。
わがまま親父の独り言、カナダで生きています。
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR