映画 ノア。

2014.03.30.13:32

200.jpg

昨日、最新作の映画、ノア、を見た。

正直な感想で言えばがっかりした。この映画中東でも配給中止と言う動きや、北米でも宗教心の厚い映画フアンの間では98%の人々が否定的だという調査がある。

私もそう思う、この映画の監督、ダーレン,アロノフスキー監督、新しい聖書解釈はいいが、ちょっとやり過ぎだと思う。Noah Movie

これが映画で使われたノアの箱舟。因みに神がノアに命じた船の大きさ、
長さ300アンマ、幅50アンマ、長さ156m、幅26m、黄金分割になっていて現代で言えば大型タンカーに当たる




noah2.jpg

これが現在トルコ領にあるとされるアララト山で見つけられたノアの箱舟ではないか、と言われている船の形をした残骸



ノア、旧約聖書、創世記5章、アダムの系図から始まる洪水によるノアの箱舟、有名な物語である、200809250809_1.jpg

そして創世記、6章に出てくる洪水、この冒頭に出てくるネフイリムと呼ばれた巨人達の発掘された人体骨、世界各地で発見されている、
6章、4節にこうある、これは神の子らが人の娘たちのところに入って生ませた者であり、大昔の名高い英雄達であった

つまり、聖書に書かれている事は神話ではなく事実であったのか?実はこの話し、以前記事にした映画ペルメテウスの話しに繋がるのと、更にはザカリア、シッチン博士の太古の時代に地球に降り立った地球外生命体が、当時の人類祖先のDNAと異星人とのDNAを操作して現人類を創造したという説、話しが似ているのである。詳しくはシュメール文明の楔系文字による古文書に書かれていた。
londres20012.jpg


また、聖書にでてくる洪水、これも以前に記事にしたが、この洪水伝説、世界中の民族に伝説として共通している、従って古代考古学者の間ではこれは太古に実際にあった地球規模で言えば未曾有の大災害、洪水が実際にあったのであろうと言われている。

これも古代考古学者の説によればこの洪水が起こったのは、紀元前2344年頃ではないか、と言われている。


さてこの映画のストーリー、聖書に書かれている内容とは異なる。

聖書ではノアの3人の息子には妻があって共に箱舟に乗り込んだとある、しかし、映画ではノアが助けた娘を養女にした、この者だけがセムの妻として乗り込んだ、更には聖書にかかれていない堕落した人間達の王、彼まで箱舟に乗り込んだ事としている、更にはノアの祖父にあたるのか祖母にあたるのか聖書では書かれていないが映画ではアンソニー、ホプキンスが演じる祖父として登場している。この祖父、映画では重要な人物として描かれているが、聖書ではただのノアの先祖としか名前がない、その名はメトシェラ、

私も映画を見終わって違和感が残ったが観客も同様だった、この映画を作った監督、聖書の新解釈は良いが、話しに整合性がない、場面的にはFXを使ってそれなりに面白いが、この映画がヒットするかどうかは微妙な所だと感じる。

ノアの3人の息子、これが聖書では現在に繋がる各民族の祖先とある。

セム 、、、有色人種系 モンゴロイド系

ハム、、、、黒人種系  ニグロイド 系

ヤアエト(ヤぺト)、、白人系、アーリア系、コーカサイド系



現在、ユダヤ系といわれる人々、これは人種ではなくユダヤ教を信ずる人々の呼称であり、聖書に出てくるセム系の古代ユダヤ人とは異なる、白人系のユダヤ人といわれる人々はアッシュけナージ系と呼ばれる人々で本当の意味でユダヤ人ではない。

聖書世界でのイエスキリスト、ユダヤ人である、従って宗教画にあるような白人種ではない。セム、の子孫、有色人種になる。


では黄色人種といわれる東洋人、これは色んな説があって、ハム、黒人種ではないがセム、ヤペトどちらの範疇に入るのかは議論が分かれる、但し、日本の先住民と言われているアイヌ民族、これは私も北海道生まれでよく知っているが見た目は白人種に近い、多分、ヤペトの流れを汲むと思う。

日本の古代にも色んな異民族が大陸経由でやってきている、日本で沢山の神社を創立した秦族、これは中国経由でやってきた景教(原始キリスト教)を持った大集団だったが、実は古代イスラエルの失われた民族の一つではないか、あるいは天皇家自体が古代ユダヤ民族ではないか、そのような説も有る。この説を日ユ同祖論という。


この洪水、聖書によればノアが600歳の時に起こったとある、そして洪水の後350年生き。950歳で死んだとある。、、、信ずる、信じない、自由である、

ただ、このノアの洪水の話し旧約聖書の創世記にある、旧約聖書、イスラム教でもユダヤ教、そしてキリスト教でも聖書、聖典である。信じる人は聖書通りの解釈をしている、教会の人たちもこの映画評では糞味噌だった。


もしかしてこの映画、前に書いた映画ロウニン47、みたいにコケル可能性がある、さてどうなるか!!お楽しみ。


追記、さて何でも起源の朝鮮人、朝鮮人の起源、セム、ハム、ヤぺテ、何処にも書かれていない、当然だが聖書にも記述がない。確か朝鮮人5千年の歴史ではなかったのか””


私の説は朝鮮人、猿の惑星からやってきた人間に近い猿だったと思う、何故なら典型的朝鮮人顔、猿に近い、そして直ぐキキイーと吼える、隙をみては直ぐかっぱらう、いや違う、それは猿に失礼だ!,,,ま、何でもいいや!〔笑い)

又、来るかな、朝鮮人、、、、、、馬鹿野朗、お前は基地外かだって!!
スポンサーサイト

comment

Secret

管理人のみ閲覧できます

2014.04.02.18:16

このコメントは管理人のみ閲覧できます

制作目的は・・

2014.04.01.08:58

「聖書」や「キリスト」を主題にした映画は、製作者が既存の聖書解釈ではなく、"IF"・・・・もしこうなっていたら?とか、ひょっとしてこういうことが実際にあったのかも?という視点、フィクションを意図的にいれるので、当然信者や聖職者からは反発をかうことになります。
聖書が冒涜されていると感じるのは無理はありませんし、むしろ制作目的はそのあたりにあるんじゃないですか?
映画「ノア」とは関係ありませんが、キリストにしてもブッダにしても人種的にはセム系で見た目は東洋系であったことは、解っているのに相変わらずキリストは金髪碧眼の白人の役者さんを使うのは一種の“歴史ねつ造”ですよね(-"-)。
それにしても、この映画は見終わった後、気持ちが、くら~くなるような予感がします・・・・。

ノアの方舟

2014.04.01.02:57

ノアの方舟、アララト山の件は知っていますが、なぜ確定できないのか不思議ですね。 方舟は箱型だったという説もあるようです。
ギザのスフィンクス、側面が大量の水で浸食された跡があることが、検証されていますが、紀元前2-3000年に、付近に大洪水がありそれが原因とのことですが、その洪水がノアの方舟の洪水ですね。
確かに、世界中に同じ話がありますが、日本、当時の縄文時代洪水はなかったように思いますが、行いの悪い中近東あたりが、ばっせられたのでしょう。
日ユ同祖論は、興味深く、色々な本を読みましたが、在イスラエル大使もいろいろ研究なさっているようで、そちらは、ポジティブな考えをお持ちのように見受けますが、いずれにしても、世界を回って仕事をしてみると、日本的な、経世在民的な考え方は、他の世界にはほとんどありまっせん、ユダヤの10?士族が、カナンの土地から消えて、東宝へ移動したという話は、ロマンがありますね。京都の祇園祭りの練車のマークが、昔のユダヤのマークと一緒とか、日本各地の神社にその形跡が残っているとか、DNA の検査でも、色々日本人の特異な配列が、分かっていますが、研究が進むといいですね。

はじめまして

2014.04.01.01:42

昨年、やっと花畑メルヘン平和ボケ ワールドを後にして、
ネットの世界を旅しておりやす。
おや?
ここは、何やらいい雰囲気のお宿ですねぇ。
失礼してもいいですか?
まぁまぁ、気さくな親父さま。珈琲ですか、すみませんねぇ。
フーフー、ゴックン!いい苦味です。

手前の好物のメニューも、盛りだくさんですよ!
「朝鮮の悪口」「東宮の悪口」「オバマの悪口」「古代史」
に至るまで...。たまりませんなぁ!
腕くんで、「そーだっ!その通り!いい事言ってくれちゃって!」...と、
ひとり言、デッカイ声で言いながら 読んでます。ハイ!

「日ユ同祖論」
以前、ラビ.トケイヤー氏の著書読みまして、それなりに楽しみましたが、
ユダヤ人の方に、「こんな説がある。どう思うか?」と、聞いたら
「It's doubtful.」と、即答!
でも、「日本のカタカナとヘブライ語は そっくりなんだ。」と、
カタカナの「ユ」を書いて、「これで、a と発音する。」
(多分、そう言ってた)...と、教えてくれましたよ。
英語、もし 流暢だったら、伊勢神宮の ダビデの星や、山伏のスタイル
の事、詳しく話してみたかったなぁ。
英語は、“永遠の初心者 ”で...。(恥)

あぁ...、はじめての訪問で長話をして、お仕事の邪魔をしちまいましたか?
どうも、すみません。
でも、また 寄らせてくださいな。
珈琲、ご馳走さん!
キィ〜、バッタン。

No title

2014.03.31.23:26

こんばんは。

ものすごく下らないことを書きます。

以前から、ノアの方舟の話が、もし本当なら、と、うらんでいました。

理由はどうあれ、ごきぶりやムカデのカップルまで、なんで積んだのか、と、ずっと、思っていました。こわいですやん。

管理人のみ閲覧できます

2014.03.31.20:46

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

2014.03.31.20:30

このコメントは管理人のみ閲覧できます

はじめまして。

2014.03.31.20:24

はじめまして。
いつも楽しく拝見してます。

『ノア』不評でしたか。
日本では、6月15日公開です。

洪水伝説には元ネタがあるのは、御存知でしたか?
『キルガメッシュ叙事詩』の中に、そっくりなエピソードがあります。

『日ユ同祖論』面白いですね~。興味津々です。
ゼガリアシッチン氏の「」
プロフィール

わがまま、親父

Author:わがまま、親父
FC2ブログへようこそ!

カナダ、トロント近郊に住む、死に損ないの爺いです。余命わずかなので勝手な事を書き散らしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
わがまま親父の独り言、カナダで生きています。
わがまま親父の独り言う、カナダで生きています。
わがまま親父の独り言、カナダで生きています。
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR