映画、47,ROUNIN.

2014.01.07.03:10

私は映画が大好きで平均週に1度は新作の映画を見る。そんな訳で先日も新作のハリウッド、ユニバーサル映画、47.ROUNINという映画を観た。

何故、この映画を観る気になったのかと言えば、タイトルのROUNINに惹かれたからであった、ROUNINすなわち浪人、日本に関する映画と思ったからだが、見終わった結論から言えばまるで漫画のような荒唐無稽で駄作であった。

この映画、3D大作でシニア割引でも11ドル、久しぶりに勿体ないと思った映画だった(笑い)
img20111217230128430s.jpg
この映画の原案になったのは忠臣蔵、47、ROUNINとは赤穂浪士四七士の事であった。

T0010721.jpg
主演はキアヌー、リーブス
T0010721a.jpg
助演は真田弘之、柴崎コウ、、、、

346791_005.jpg
この写真、女性は柴崎コウ演じる浅野匠の娘、騎乗しているのは中央が時の徳川将軍役の朝鮮人俳優、右が吉良上野役の日本人俳優、映画のワンシーンである。

ハリウッド映画の日本物映画、色々観たが、まともだったのはトム、クルーズ主演のラストサムライ位、これは西郷隆盛の西南戦争を歴史的素材として脚色された映画で映画としては良く出来ていたと思うが、このROUNINは本来の忠臣蔵とは多少ストーリー的には似ているが呆れる程、衣装や解釈が出鱈目で日本人が観たら、ナンじゃこりゃ、と言うほどの酷さだった。

ストーリー、簡単に書くとキアヌー演じる天狗との混血児が赤穂家に拾われ赤穂家で育つ、その後、赤穂家の領地を狙う吉良家が将軍が望む観覧試合に赤穂家の武術者が吉良家の計り事で試合に出られず、キアヌーが替わって出たが本物の武士ではないと解り将軍の怒りを買い、赤穂家断絶、御取り潰し、家来は浪人となり、その後彼らは殿の恨みを果たすため復讐する、、まあ、こんな話し。

先ず、この映画のコスチューム、着物だかなんだかよくわからない衣装、大体何故着物のにフードがついているんだ?、又、描かれている背景、中国だかチベット風、また、何故、この赤穂浪士が討ち入りしたのかは要は復讐、なんともはや酷い解釈であった。

こんな下らん映画と思ったが案の定、この映画175億円の赤字になる模様、


ハリウッド映画、この映画産業に従事する方々、その多くはユダヤ人が多い、彼らが作る日本人、日本の歴史を素材にする映画いくつのあるが、しかし、余りにも日本という国や文化伝統、本当の意味で解って作っているとは思えない。

これは逆に言うと日本人の多くが日本人から見た白人をひとくくりにして白人と呼ぶ、同じ事かもしれない、、、、、
この話し、一つの参考例として書くが、日本から語学研修としてくる日本女性、その内の何人かがいわゆる白人男性と結婚してカナダに残るケースがある。

白人と呼ばれる人種、先祖はヨーロッパ系、英国系、スコットランド、アイルランド、北欧系、ドイツ系、ラテン系、ロシア系、それらの人種が混血して白人種と呼ばれるが、実際には見た目、日本人には良く解らないと思う。私は今では顔を見れば何系だかある程度わかる。

この話し古い話しで恐縮だが、戦後進駐軍で来たアメリカ軍兵士、日本婦人と結婚したケースが沢山あった、いわゆる戦争花嫁、彼女達、アメリカ人白人と思って結婚したが夫と夫の故郷へ帰って相当苦労した話しが一杯あった。
(野球の野村監督夫人であるご存知サッチー事、佐知代夫人、野村監督以前には元米軍兵士と結婚していたが彼女の場合は出会いが特殊、知っている人は知っている話し、それを隠す為にコロンビア大学卒なんて経歴詐称をしたが、この辺は皇大使妃アトピー雅子と同じで、下賎の出はやる事が似ている)


ま、とにかく、それは見た目白人であってもそのルーツや社会的身分が全く違う、そのことを知らなかったことにあった。

例えば、見た目白人でもプエルトリコ系や東欧諸国からの移民末裔、貧乏白人と呼ばれる層が当時のアメリカには沢山いた、彼らは社会の貧困層、故国に帰れば貧乏人、それでなくとも男達の連れ帰った妻はつい最近まで敵国であった国の女性達、彼女達の生活が悲惨を極めた話し、沢山残っている。

この話し以前にも記事にしたが私が少し面倒をみた沖縄からワーキングホリデイビザできた若い女性がいた、彼女、カナダに残りたく、白人カナダ男性と結婚してカナダで結婚ビザを取得する道を模索していた。

暫く音信がなかったが有る時日本人のお正月の寄り合いに、結婚したとして夫を連れてきた、旦那、見た目白人、しかし、何かが違う、それで良く話しを聞いたら、その旦那、なんとイラン人、宗教はイスラム教、私達は馬鹿な選択をしたと思ったがその時には言わなかった。

しかし、それから半年後、次の集まりの時、彼女は1人でやってきた、案の定結婚生活に泣きが入っていた。そりゃそう
である、イスラム教では女性の位置、特に家庭では家長に従うざるを得ない。離婚したいといっていたがそれも許される筈もなく一生苦労する事になる、馬鹿な女と思うが自分で判断で招いた結果、しょうがない。

話しは映画に戻るが、ヨーロッパ人や北米人親日家や日本通と言われる人々も有るが、真の意味で日本の文化や伝統習慣を理解している人々は少ない、先日もあるカナダ人から日本人の多くは仏教徒でしょう?と言われたが実はそうではなく、日本の今は葬式仏教で真の仏教徒は少ない、同様に多くの日本人は無神論者ではないが特定の一神宗教を信じる者は多くないと説明したが解ってもらえなかった。この話しどういうわけか中国人、朝鮮人には質問しないようだ!そこが不思議なのだが、、、、、

中国人の宗教、拝金教、朝鮮人宗教、嘘も100回言えば本当教、火病教、という事を知っているのかな〔笑い)

日本人の多くがお正月に神社に参拝、家内安全、五穀豊穣,商売繁盛を願う、確かに八百万の神に願うが、これは私達日本人の文化や伝統しきたりとしてであるがこれは宗教概念でいう宗教とはちょっと違う、日本人には当たり前のこととして解るが外国人にはけっして理解はできない。

日本における武士道、例えば切腹、これは日本人が持つ恥の文化、そこからきているのであるが恥の文化を持たない異国人には解らない。この武士道、映画でも似たようなニュアンスとしてあったが何故腹きり覚悟で討ち入りしたのか、映画の中の台詞では英語でリベンジとあった。これだけでもこの忠臣蔵という物語をわかっていない。

臣下として主君の恥辱の汚名を晴らし、加えて当時の幕府の御政道を正す、それが忠臣蔵という史実にあった話を元にして今に伝えられ多くの日本人が好きな話しとして現在まで伝えられている訳だが、この映画ではその大事な点がすっかり抜けていた。

武士道、この意味実際には多くの日本人、何となく解ったような気でいるが本当の意味で解っている人は少ない、この武士道と似た意味では中世ヨーロッパの王国貴族社会に於ける騎士道があるが、これは基本的には武士道とは異なる、それは王侯と騎士、臣下ではあるがそこは相互契約に基づく関係、あえていうなら戦国時代の主従関係、徳川時代になってからの武士道とは異なる、と思っているが専門家ではないので断言は出来ない。


封切り初日で沢山の観客があったが、日本という国、日本人、多分奇妙な人種として映っているのだろうと思うと情けなくなった。

日本人俳優がハリウッド映画に進出するのは嬉しいが、こんな下らない映画なら出演する必要なしと思うが、そこは俳優稼業しょうがないのかもしれない。

175億円の赤字、ざまあみろ、この映画の監督、もう2度と及びがかからないだろう、馬鹿野朗こんな下らん映画をつくりやがって、!!


追記

長らくコメント欄閉鎖やコメント承認制をとりご迷惑をおかけしてきましたが、何とか試行錯誤の結果、コメント欄復活いたしました。
スポンサーサイト

comment

Secret

2014.01.10.07:48

おはようございます。

47……も、やはり、そんな内容でしたか。
年末に封切りされた市川海老蔵主演の(利休にたずねよ)も、かなりバッシングの対象で集客は悪い様です。

海老蔵さんだけでは無く、日本貶めに映画に、日本伝統の歌舞伎役者が出演。

台本読んで(こんな内容、承服しかねます!)と突っぱねる役者、いるわけないですよね。

Re: 2014年

2014.01.09.04:26

> 新年おめでとございます
> 幸多き年となりますように
>
> ようやくご挨拶ができました

幸さん、こちらこそ、ご訪問頂き、又、コメントも頂戴して親父は嬉しい、、、です(笑い)

幸さんのライフスタイル、ある意味私の理想とするところ、晴耕雨読、幸さんの場合、読ではなくビデオ洋画鑑賞かな、
話しは変わりますが、最近ある牧師から頂いた本、犬から聞いた素敵な話、山口花著、東邦出版、この本を読み始めて数頁で本を閉じてしまった。
理由は余りにも切ない話しで涙が止まらなくなりそれ以上読む事が出来なかった、幸さんのリーチ君の思い出と私のブラッキーの思い出、重なってしまった。でも犬好きには良い本だと思います。

いつか、大ちゃんや空君に会えるといいな!!

Re: No title

2014.01.09.04:12

> 謹賀新年 いつも拝読しています,
バレッサさん、ご訪問有難うございました、そしてご無沙汰でした。

日本人が何かの折、神社仏閣に祈りを捧げる、これは古代から続いてきた自然にあるあらゆる霊に感謝、祈りを捧げるという事で宗教ではないのですが、一神教を信じている者達にはその辺がわからないようです。

私も学徒動員で特攻隊で散った学生の遺稿集を読んだ事がありました、父上様、母上様、そして兄弟姉妹にあてた最後の別れ、泣けましたね。

私はそんな彼らが眠る靖国神社に参拝、当然だと思っていますが、世の中には馬鹿な人間もいてこまります。

私も戦争には反対ですが、それでも日本人たるもの毅然とあれ、そう思う人間の1人、だがこういう人間段々いなくなりました。

Re: No title

2014.01.09.03:57

>  新年おめでとうございます.

ねずみ男さん、こちらこそ今年も宜しくです。仰る通り日本人としてどう生きるか!最近はわたしも少し変わってきた、そう思います。残念ですが、""

Re: No title

2014.01.09.03:53

かよさん、内容、状況はよくわかりました。

状況が改善した折には是非お出かけ下さいね""

2014年

2014.01.08.11:01

新年おめでとございます
幸多き年となりますように

ようやくご挨拶ができました(笑
カナダ、それにアメリカ中西部と北東部の広い範囲で大寒波による被害が多発しているようですね。 私など想像すらできない寒さ(氷点下以下がもうすでに??)の中、停電などしたら凍死するのでは...などと気にかかっています。 ← 我が家の暖房は電気だけですから^^;
親父さんお住まいの街でもこの先平年通りの冬が過ごせますようにと願っています。

昨年、日本でも最高気温、それに最高積雪量とも記録更新しました。田舎暮らしをするようになってから自然現象(特に降雨量・日照時間等)気になりだしたのですが世界規模で見てみると大規模災害が多発しているように思います。 これも原因の一端は人間が自然環境破壊を続けている報いだと思うのですが悔い改める国も人もいないのが現実...
自分の首を絞めてることも承知の上で利便性やら国益を最優先するばかりの人間って他の生物からすれば本当に害虫でしかないでしょうねぇ。。

新年早々愚痴ってしまいましたが、キアヌ好きですv-10
我が家でも映画は好きで殆ど見てますが(隣がビデオ屋さんでした)外国人が描く日本でまともな映像は見たことがありません。。
親父さんが言う白人も多種多様と同じでアジアもどこがどこだか分からないのでしょうね。 ← 日本人役は殆ど中国人だし(- -)ヤメレ!...

No title

2014.01.08.07:44

謹賀新年 いつも拝読しています。今回で3回目ですか?今回も感動しまして、ついつい・・・。私も、葬式仏教だと、常日頃感じていました。納税の義務もなく究極のビジネスモデルかもとも感じております。個人としては、必ずある人生の苦しい時に、メゲズに生き抜くのが仏教の存在かと考えます。また、住んでいます地区にも神社がありますが、ここ数年価値観や思想の持ち方に変化があるように感じています。ミドウェ海戦の米国の将軍のリミッが、その後激戦地のペレリュー島を訪れ、碑文を残していますが、それを見ますと、まさに出雲大社から伝わる価値観では、と思いました。敵兵である玉砕した日本兵に対し一番初めに、最大の敬意を表し、次に島民そして、最後に自身の部下に敬意を表しています。このまつり方が、古来からの日本の神道ではないでしょうか。一方だけに敬意を表するのはなく、しかも本体ではなく、相手方を、より大きく祀るのが、私めは日本の神道ではと思います。茨城、霞ヶ浦航空隊の最後の隊長は、当時一番若い18歳の搭乗員を残し沖縄へ、彼は、1機で来る日も来る日もB29の編隊に戦いを挑み、ついに1機撃墜します、撃墜された唯一母国へ帰還した搭乗員が、日系人や日本人移民の名誉回復運動をした方が、その方です。数年前に茨城を訪れ、彼に面会しています。戦闘後の彼の行動・態度に感銘を受けての内容でした。彼は、取材には応じなかったが、伝わる行動などは、まさに神道ありでした。

No title

2014.01.07.21:38

 新年おめでとうございます.

 正月は、酒を飲みながら鬼平犯科帖を視ていました.
 鬼平は日本人にとって理想とする侍像だと思います.そしてそこに出てくる様々な人間模様、侍も町人も人それぞれ様々な因果を背負い生きている.

 本来の日本人がいかなるものかを外国人が学ぶ教材にして欲しいですね.
 残念なのは、今の日本人が、それを忘れて私のように刹那的に生きている事だと思います.

管理人のみ閲覧できます

2014.01.07.11:25

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

わがまま、親父

Author:わがまま、親父
FC2ブログへようこそ!

このブログで書かれた記事とコメントの転用を禁じます。
違反した場合は法的手段を講じます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
わがまま親父の独り言、カナダで生きています。
わがまま親父の独り言う、カナダで生きています。
わがまま親父の独り言、カナダで生きています。
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR