参ったなあ2.

2013.12.24.14:12

IMG_1376.jpg
写真、お隣のジミー宅、折れてしまった木。



我が家は無事だがトロント市内、まだ相当数の家屋が電気が通じていないらしい、トロント市長ロブフォード、市長舎に泊り込んで何時でも広報しているが不安は消えない。

このロブ、フォード、つい最近までアルコール中毒とドラック吸引の疑いで議会やマスコミで散々叩かれていた人物、そんな時に良い風が吹いた、

行政の責任者が不眠不休で一生懸命、この辺がへたれの東京都前知事の猪瀬サンと違う所、


私もカナダに移住して12年余り、こんなアイスストーム、見た事がない。
とにかく、樹木が雷に打たれたように幹が裂け、その枝が電線を直撃、断線、一体どの位の被害がでているのかそれさえ分かってはいないらしい。



陰謀論者が言う、地球の終わり、あるいは教会でいうキリストの再臨、確かにそのような兆候はある。


現在、外の温度は氷点下12度、体感温度で言えば氷点下20度、前にも書いたがカナダ天然ガスがでる国、そのお陰で
家、集中暖房システム、だがそれも電力が有っての話し、

そこで思うのだが、人間いざという時に備えて最低限度の生活防衛する時期に来たかもしれない。


そのような運動、実際にある、、、、自営自作、田舎暮らし、食料確保、、、この話し、私の母の戦時中の話しとダブル
戦時中、銭があっても実質的には物物交換の時、紙幣なんか意味をなさない。


今の所、治安は維持されている、だがこの状態が何ヶ月も続けば、綺麗事は吹っ飛ぶ、


人間である以上、東洋人であろうが白人であろうが同じ、そう思うが、日本人は違うようだ、?

ある政治ブログで日本人の民度の話しはあったが、、、、、、言わずに置こう。


先ほど、買い物に出かけたが冒頭の写真もそうだが実際の被害は相当大きい、特に樹齢の古い木は殆ど折れたり裂けたりしていた、駐車していた車に折れた大木が当たって車も大破、一番の問題は商売でコンピューターを使っている人や会社の人たちであろう、テレビでは消防長官が蝋燭による火災の発生に注意、なんての発表もあった。

クリスマスシーズン、大きなモールや商店のダメージは大きいと思う。

今夜はクリスマスイブ、暖房もない寒い部屋でイブを迎えなければならない人達、誠に気の毒ではある。まだまだ復旧には時間がかかりそうである。


とにかく、メリー、クリスマス、ハッピーホリデイ、今の季節、こちらでは皆、そう言います。
スポンサーサイト
プロフィール

わがまま、親父

Author:わがまま、親父
FC2ブログへようこそ!

カナダ、トロント近郊に住む、死に損ないの爺いです。余命わずかなので勝手な事を書き散らしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
わがまま親父の独り言、カナダで生きています。
わがまま親父の独り言う、カナダで生きています。
わがまま親父の独り言、カナダで生きています。
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR