本当かな?2.

2013.12.21.15:23

先に書いた北朝鮮NO2張成沢氏の失脚、そして処刑、その処刑に関して、機関銃でバラバラ、火炎放射器で、あるいは香港報道、実は腹を空かせた犬に襲わせた、色んな報道があったが何故そこまで憎悪しなければならないのか、正直言ってよく理解できなかった。

先ず張成沢氏、過去に失脚した事がある。2004年、これは金正恩の父、正日の後釜問題で選択を誤り、失脚した。だが2006年、復活、これは中国政府からの強い圧力があった模様、しかし、それとは別にこの張成沢氏、ピョンヤンでが3大女遊び人の1人として知られた人物、当時から金正日の最も愛した妹とも別居状態であった。

金正恩、3代目、実はこの男、北朝鮮の次の指導者としてはダークホースだった。この擁立には父であった金正日の事前の根回しと政治的配慮が働いていた。その意味では義理の叔父に当たる張成沢、後ろ盾と言っても実際には役に立っていない、
ちょっと前に金正恩の元恋人、ポルノスキャンダルで関わったとされる人間が機関銃で射殺された、この事に関して金正恩の夫人もこの処刑された張成沢と愛人関係にあったのではないか、北朝鮮ウオチャーの間では噂になっていた。

自身の実の叔母の夫、自身の擁立には忠誠を示さなかった男、女遊びの男、もしかして自分の妻とも関係があったかもしれない男、これは張成沢の敵対する忠誠組にとっては良い機会、諫言には絶好の機会、所詮は3代目、てな所で国家の敵
、これが真相ではないか、つまり個人的な憎しみがさせたそう思っている。

北朝鮮、以前に書いたがこの北朝鮮にパイプを持つ日本人がいる、アントニオ猪木、これは北朝鮮から金をもらって動いている阿呆だが、もう1人、デヴィ夫人、彼女の場合は多少事情が異なる。

彼女に関しては私は過去に幾つもの記事を書いた。

その理由は直接の面識は無いが、関節的にはよく知っているからである・

私の世代、いわゆる団塊の世代で作家の梶山李之を知っている方は多いと思う、私も大好きな作家であった。彼はトップ屋と呼ばれ出版社系の週刊誌創業に名を馳せた,特に週間文春創設には深く関わった男であった。

彼の数多い著作の中で生贄という本があった、これは当時のインドネシア賠償汚職に関わったデヴイ夫人、事、本名,根本七保子を小説という形で作品にしたものだった。
bf873af2.jpg

父は麻布霞町界隈の大工、弟が1人、赤坂のコカカバーナでホステスをしていた、当時は評判な美人ホステス、NO1だったと思う。

梶山李之という作家、徹底的な取材で有名で名前こそフィクションであったがこの小説に書かれた話しは本当である、つまりインドネシア賠償利権で当時の悪党だった児玉や商社、政治家により当時のインドネシア大統領、スカルノ氏に妾として献上された、その妾生活を何年か続けた後、大統領と共に帰国した際、狂言自殺を図り、慌てた大統領から第夫人の地位を得た、そして日本側、利権側窓口になった。

この第3夫人の地位で当時の北朝鮮の金日成と交流が始まった、つまり彼女にとって北朝鮮の金ファミリーこそが彼女を正式に大統領夫人として遇してくれた、そういう国なのだ。

彼女、インドネシア賠償利権、裏の裏まで知っている、その利権で金も相当持っている、その意味では彼女の親友、イメルダマルコス夫人、元イラン、ファーレビ国王妃、皆、それ相当の利権で大金持ちになった人間達、


いまある現在、それは過去からの繋がり、それは現象だけみていては分からない。

例えば皇室問題、広飲み屋ウスラ皇太子殿下、アトピー適応障害雅子妃殿下、もう、盆暗と性悪女、ネットではもう皆が知っている話しであるが、巷では眞逆の話しが週刊誌、テレビで報道されている。

つまり、はっきりいえば梶山李之氏が活躍した真相は如何に、そのようなジャーナリズムはもはや存在しない。マスコミ記者は記者クラブ制度により、そこで流された報道を垂れ流す飲み、それ以外は金と洗脳、自虐史観の阿呆ばかり、とは言え、未だに、テレビ、新聞、の報道を真実と思う読者も多数、これらの報道、加工、修正、偏向されているとは全く思っていないお花畑、読者、

東京都知事、猪瀬が辞任、まあ、彼も下らない男だったが、その後釜を狙って、ハゲのそのまんま東とか、山本太郎が次の知事選で名乗りをあげるのでは?そんな話しがあるが、、、、、とにかく東京都都民、彼らを当選させるかもしれない英知(?)を持っている。一方、首相の安倍さんはサッカーの川渕氏を担ぐような話しがあったが、この男、スポーツ利権の亡者、ビビン婆久子妃との関係も取りざたされている悪党、韓国大好き男、安倍さん馬鹿嫁の影響か?,,,,


結局の所、人は金で動く、馬鹿は思想で動く、阿呆は洗脳で動く、まあ、今の日本、そんなところなんだろうな!!!!


余談
フィリピン通の方で有名な方、根本のママ、事、根本タイ子さんがある、彼女、その昔日本にいたフィリピンバンドマン追っかけ女性のはしり、男を追って比国に来たが夢破れたが比国に留まる事を決意、その後苦労したが今では比国在住日本人社会では有名な存在。彼女のお世話になった方も多いと思う。これも大昔の話し、当時の有名女優で淡路恵子がいたがその初めの旦那、ビンボー、ダナオといった、出はフィリピン人バンドマンであった、そして、デヴイさんの昔の彼氏、赤坂のクラブ歌手であったフィリピン人、私の友人が彼の友人、そういう訳で良く知っていた。



根本のママ、その彼女といつだったかこんな話しをした事がある、それは赤坂にあったコカカバーナというクラブ、そこで当時のデヴイさんとNO1ホステスを競っていたホステスさんが何と根本のママの友人だっという話し、

もし、あの時スカルノがデヴイさんを選ばずこの彼女を選んでいれば、、、、、そんな話しをした事を憶えている、根本のママ、イメルダマルコス夫人の事も詳しかった。

昔の話し、どこかで繋がっている。
スポンサーサイト
プロフィール

わがまま、親父

Author:わがまま、親父
FC2ブログへようこそ!

このブログで書かれた記事とコメントの転用を禁じます。
違反した場合は法的手段を講じます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
わがまま親父の独り言、カナダで生きています。
わがまま親父の独り言う、カナダで生きています。
わがまま親父の独り言、カナダで生きています。
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR