ダークサイド、暗黒面4.

2013.11.30.13:27

実はこのタイトル3で終わりにしたかったが、

案の定、私が書いたようにアメリカと中国のシナリオが見えてきた、

アメリカ国務省、アメリカの航空会社も中国の防空識別圏設定に対しフライトプランを出すべき、しかし、これはアメリカ政府としてはこの防空識別圏を認めたものではない、

何を言っていやがる、オバマが不測の事態を心配して上記のような発表となった、そうじゃないだろう、予め、問題想定集みたいな事を設定してあって、そのシナリオにそって出した声明だろう。

これは私が相当前から書いているアメリカの2重権力構造、アメリカの本当の権力はワシントンには無い、大統領の住むホワイトハウスにもない。

オバマが実際の権力を持っていない、それが図らずも曝け出されてしまった。


今、新しい駐日アメリカ大使としてキャロライン、ケネデイ氏が赴任してきている、氏の評判、父の名声もあり概ね良い、しかし、プロの外交官として見た場合、落第である。まあ、その理由については別の機会に書くが、、、

彼女の父、ケネデイ大統領が暗殺された、この事件、未だに真相は闇の中、映画や本にもなったが以前として真相は藪の中である。

これも同じ事、つまりシナリオが存在していた。


私は先の記事でアメリカと中国、水面下では結びついていると書いた、どうしてそう思う根拠があるか、それはこれも以前に記事にしたが、それはアメリカ政府要人、議会関係者、与党野党、そしてマスコミ、これらの多くが中国のロビイスト活動の顧客であるからだ、

アメリカには中国系アメリカ人、物凄い数の人間がいる、それら全ての中国系アメリカ人が中国に為に動いているとは言わないが、実際には相当いる。

日本人には理解できないがこのロビー活動、政策や立案に相当影響を与える、このオバマ、大統領選挙戦費用、インターネットの寄付で集めた有名な話しだが、この寄付金の5割、小さな小分けした在米中国系アメリカ人からであった、ではこの中国系アメリカ人の金主、それは中国政府、つまり正体を見せないロビー活動、、、、、、、

アメリカの基本的政策は直接アメリカに脅威を与えない、アメリカの利益に関係ない、そういう事にはポーズはとるがアメリカ自身にとってはたいした問題ではない、

この事はどんな大統領がでようと同じ、日本の政治が在日に影響を受けていると同様、アメリカにも陰の政府と呼ばれる存在がある、


その意味では、アメリカを陰で操る勢力にとって日中が戦争状態になる、これは非常に具合が悪い、アメリカが持つ利権、国益に悪い影響を与える、そこでやったのがマッチポンプ、中国の国防防空識別区域設定、B52重爆を飛ばし、で反応がないと次ぎにフライトプラン出すべき、多分次ぎに来るのが、日本政府に対して、取り合え図、一旦中国政府の防空識別圏を受け入れろ、、そう来る、

だが、先の記事でも書いたが、中国、この巨大な国、一旦火がつけば収まりつかない国、小手先のシナリオで収まるかどうか、誰にも分からない、中国の指導者にとっても分からない、それはコントロールしている情報、実際にはコントロールされていない。

中国、ある意味日本以上にネットが盛んな国、そして中国人、現世利益に敏感な国民、政府のプロパガンダ自身に徳と思えば従うだろう、


私はアメリカ、好きな国ではあるが、この国の政策、胡散臭くて信用していない。

田舎に住むアメリカ人、国際情勢、全く関心なし、日本人、要は黄色人種にしてはよくやっている、その程度の認識、この田舎カッペの意見がアメリカの基本的世論、

いずれにしても、アメリカが変節しようが基本的には中国の覇権、膨張主義は止む事はない。これは日本以外に東アジアの国々に起きていること、

平和を宗教とする人間には申し訳ないが、中国と日本、いずれ小規模紛争は起こる、そう思う。


ついでに書いておくがアメリカ大使館、実際にはアメリカの本音を代表してはいない、アメリカの本音、政策を遂行するのは横田基地にある、通称横田幕府、ここには日本におけるアメリカ軍陸海空軍基地指令、アメリカの諜報出先機関、全てが此処にある。

此処には小さいながら空港がありアメリカの高級軍人、政府関係者、出先機関の人間が日本の出国管理関係なく自由に出入りしている、実際のアメリカの政策は此処の情報で決定される。

私はこの場所良く知っている。何回もこの基地に出入りしている。アメリカ空軍の下士官に友人もいたし、横須賀のアメリカ海軍の末端フィリピン人兵士も友人だった。

だから、アメリカの建前と嘘、よく知っている。
スポンサーサイト

comment

Secret

Re: No title

2013.12.02.13:04


VRAIさん、コメント有難うございます、前にも書きましたが、VRAIさんからのコメントは嬉しいです。

さて、中国人という括り、これはその括りでくくれないとする種類の中国人がいる、それは私もカナダに住んでいるのでよく分かります、ただあえて一まとめにするとすれば、それは本土系中国人、こいつらはろくなモンじゃない、それはいえます(笑い)

以前に記事した中国の共産党幹部、彼らの家族、殆どがアメリカ、カナダに既に移住、更にはこの幹部連中、相当な金を海外に持ち出している、偉そうな事を言っても所詮、私利私欲の人間、それが中国人の原点、私はそう思っています。

ですから国の有り方、これも私利私欲の延長、やらずぶったくり、ただそうは言っても巨大な人口と広大な土地と多民族が住む国、簡単には壊れないでしょう。

中国人、心からの愛国心、それは無いと思いますが、閥や血のつながりでのネットワーク、これは凄い、それとゴキブリ並の繁殖力、これも凄い、

世の中、ネットである陰謀論、私もそんな話しが好きでよく知っていますが(笑い),,,しかし、ネットで出てくるようでは陰謀でなくなってしまう、まあ、そうはいっても後から辻褄があうなあ~,,,そんな事もあって一概には否定できないのが味噌なんですが、

もし、マニラでお会いできたら、こんな話しもしてみたいですね(笑い)

No title

2013.12.01.10:17

私は思うのですが、中国人というジャンルの切り方で
中国人というのは=中国国民ではない気がします。

在米中国人、相当な経済力を持っているのは確かですが
中国共産党政権に対し、愛情を持ってるとは思えないし、
行き着くところ、個人の利益。
つまり、アメリカに住んで自分の生活基盤がアメリカにある以上
アメリカの利益のほうに走ると思う。

中国が覇権を拡大し、アメリカに拮抗するようになれば
つまらぬ摩擦も起きる。
日本辺りにやらせて、日中両方が疲弊し、アメリカが儲ければよい。
意識の中のアイデンテティとすれば、
日本より、祖国に肩入れしたいと言うのはあっても
中国が圧倒的に勝ってくれても困る。(笑)

ところでこれを呼んでて思い出したんですが、
ケネディ暗殺の真相が未だに明らかにされていませんが
軍産複合体支配に対するケネディの反逆が
暗殺原因だとする説がある。

別の角度から見たダークサイドですが・・・
するとアメリカは中国とことを、局地的には構えたい。
「遼寧」を瞬時に沈めて見せれば、武器商人はホクホクです。
プロフィール

わがまま、親父

Author:わがまま、親父
FC2ブログへようこそ!

このブログで書かれた記事とコメントの転用を禁じます。
違反した場合は法的手段を講じます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
わがまま親父の独り言、カナダで生きています。
わがまま親父の独り言う、カナダで生きています。
わがまま親父の独り言、カナダで生きています。
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR