賢い人間になる方法、それはテレビを見ない、新聞を読まない事。

2013.11.12.07:14

私は以前に電通の歴史と言う記事を書いた。この記事はこのブログのどこかにまだあると思うが、この記事を書くに当たっては相当調べて書いた。

今はインターネットで検索すれば相当な資料が得られる。この記事を書いた経緯は何故、電通がマスコミを牛耳る事ができるのか!,その理由と目的を書いた。

次に何故、今のマスコミ記者は駄目になったか、それは記者クラブ制度にある、その理由も書いた。

詳しくは私が以前に書いた記事を読んでもらえればわかると思うが、碌な学校をでていない私でさえ、このくらいの記事は書ける、それはテレビを見ず、新聞も読まない、必要な知識は本とインターネットで用が足りるからである。

認識は時代と共に変わる、、、それは大学を卒業してどの分野に就職するか、時代時代の傾向があった、マスコミ産業が時代の脚光を浴びて猫も杓子もマスコミへ、、、もう、その時代は終わった、マスコミ産業、もはや斜陽産業である、、

私が以前に属していた出版産業界、これも活字文化がすたれ、本を読まない世代が多くなり衰退、名だたる出版社、経営危機で斜陽産業となり、もはや見る影も無い有様。

新聞、これは宅配と言うシステムに支えられてまだ余命を保っているが、若い人は殆ど読まないし、記者の劣化や記事の横並び、更に捏造、提灯記事のオンパレードで便所の紙以下、発行部数はヤクザまがいの押し込みで数上では誤魔化しているが、実売で惨憺たる有様、いずれ潰れる新聞社が出るのは時間の問題、

朝日は捏造専門、毎日は輪転機が聖教新聞刷っているお陰で動き、読売はナベ恒の御用新聞、サンケイは財界の提灯記事専門、日経は中国のご用達、、、、今後、どの程度の新聞社が生き残るかどうかは分からないが、まあ、1~2社で充分、

テレビ、一時,創られた韓流番組が幅を効かした時代があったが、もはや、そんな番組、あったとしても今だ呪縛がとけないウスラ視聴者のみ、報道番組はなくなり、碌でもない、俳優崩れ司会者やプロレス中継で絶叫していただけの馬鹿司会者のワイドショウー、ここに出るコメンテーター、偏向左翼か業界ゴロ、方や、ワイドショー、製作費がでないので吉本のヤクザ興行や電通子会社にマル投げ、結果、下らん芸人と創価学会芸能人の屁のつっぱりにもならないお粗末内容、これも余りにもくだらな過ぎて視聴率、下がる一方、

ミノモンタ、自分が散々テレビで他人をこき下ろしてきたが、今や、逆に叩かれている身、因果は巡ると言うか、馬鹿の代表例、ざまあ~みろ。


幾ら、電通が広告を餌に圧力、偏向をかけたとしてもこれらの業界、もはや元に戻る事は無い、恐らく、後何年かで経営の危機を迎えるテレビ局、でてくる筈、間違いない。

では何故、そうなったのか、、、、、それは簡単である、ネットがそれらの業界にとって変わったからだ、ネット、これは以前にも書いたが、その情報、玉石混交、不正確、裏がとっていない、それはある、だが、新聞社やテレビ局にある情報の加工、修正、バイアスはかかってはいない、、、、事件の核心、周辺、関係者(デープスロート)インサイダー情報のように場合によって事実が明らかになる。そうなれば新聞社やテレビ局、必要なくなるのは道理となる、


参考までに日本のメデイアが世論を誘導する為に行なってきた、情報統制の7つのテクニックについて書いてみる

1、攻撃相手にレッテルを貼る

2、スローガンで自国の正義を煽り立てる

3、権威付けで、正当性を強調してもらう

4、権威者、カリスマに協賛(ステイルス、マーケテイング)をしてもらう

5、自分達が味方であると一体感を強調する

6、メリットを最大限に強調、デメリットは矮小化

7、今、これが流行っているとブームを作る

これを見ると心当たりが沢山ある事が分かる、、まあ、、彼らは新聞や雑誌の購読者、テレビの視聴者、どうにも出来る、そう思っていたのだ、””

特に7、、韓流、これに踊らされ、韓国詣でに行ったおばチャマ達(笑い),,,これはまさしく効果はあった。
私の読者でぺ、ヨンジュン、ファンの方、ご免ね(汗)!!!、、言い訳になるが私もぺ、ヨンジュン、だけは好きです。(本当)


話しは変わるが、私が愛読している皇太子夫妻、及び、バックでこの夫妻を操っている勢力、痛烈に批判しているブログがいくつかある、

前にも紹介したが改めて紹介する、6月のシャンプー、まるがさん、BBさんの覚醒記録のBBさん、KUONさんの今日も元気でいましょうね、やまのこ山、のやまのこさん。、ふぶきの部屋のふぶきさんのブログ、いずれの方も舌鋒鋭い、批判記事を書かれている、そして記事に至っては、相当勉強され、添付資料も正確で信用度も高い物ばかり、従ってこれらのブログを訪れる読者の数、少ない方で一日何千、多い方で何万、驚く数である。

そして更に驚く事はこれらの女性書き手のかた、お子さんがいらっしゃる市井の主婦の方々、、、、、、、、、


つまり、新聞やテレビで詰まらん事を書いたり、しょうもない質問をする記者でも敵わない記事を書かれている。

私が書くチンピラ記事とは大違い、、、たいしたものだと思う。

現在、これら主婦であり母でもある彼女らの書く記事で驚く程の女性が覚醒し始めている、いわゆるお花畑であったとされる女性達、だが、女性は男性と違って一旦目覚めれば、その確信は強く硬い、ぶれない、

、、、、、、、だから、女性を敵に回すと怖い、、という事になる(笑い)その意味では私のブログ読者、女性が圧倒的、、そんな訳で気をつけています(汗)



ネットで世論を変える、そこまでの力はネットにはまだないが、いずれその時代はくる、これは一つのアイデアとして書くが、マスコミ、これは広告で持っている、ならば、この広告をだしている企業、ブラックもあれば街金融、犯罪企業もある、それらの企業に対して不買活動を行なう、、、、これは絶対に効く、、、、、、、

例えば産地偽装のイオン、顔白斑化粧被害をだしたカネボウ、花王、反日韓国タレントを使い続けるロート製薬〔理由はこの反日女優、ロート製薬会長愛人),、虫入り即席面のロッテの関連会社,農真だったかな、このロッテのチョコレート、インチキチョコレート(混ぜ物添加物だらけ)、強盗みたいな買収で成り上がり、詐欺商法を繰り返す反日はげ男、孫正義のソフトバンク。創価学会系企業。国内に雇用を持たない中国大好き、在日企業、ユニクロ、この企業、中国反日デモ騒乱時、ユニクロは中国大好きと横断幕を掲げていたロクデナシ、


これらの会社、いくらでも他の会社の製品と代替がきく、これらの広告主、一番困るのは企業業績の悪化、、、

その理由として下らん反日番組のスポンサー、食品産地を偽装、中国の訳の分からぬ魚に日本名つけるスーパー〔イオン)、、だから買わない、、、これらの企業、儲かっている時は聞く耳をもたない。


一方、記事に書いた、タレント供給側の吉本興業、これは山口組系の会社、いわゆる企業舎弟、実は島田神助どころじゃない、チンピラ芸人から企業幹部までみなヤクザとズブズブ、業界では皆知っている話。抱える女性タレントには枕営業をさせるポン引き会社。この枕営業で吉本興業女性タレントを食ったフジテレビ在日帰化人の日枝会長、この野朗、韓国政府から金をもらって韓流ブームを起した張本人、こんな奴が文化勲章だと、役人は馬鹿か!

ついでに書くが、このフジテレビ、この性悪ヤクザ企業の吉本興業の大株主、、昔から興行と名がつく会社、ヤクザが絡むと、相場が決まっていた。

こういうところも、つまるところ、企業の広告費で保っている。



やってみる価値はあると思う。半沢直樹じゃないがやられたら倍返し、、、


例によって話しが脱線したが、、、、朝日の天声人語、ここのボケ、あほたれ社説かなんだかしらないが、もう引退しろ、、、偉そうに上から目線で社会に警笛だ、馬鹿野朗、その前に会社の捏造体質直してから言え””従軍慰安婦、南京大虐殺、捏造した記者、お宅の新聞記者だろう、何、天下の公器、馬鹿を言え、左翼左巻き捏造記事ばかり書きやがって、そんな事より社員の平均給料年1千万以上、ふざけるな~

それから文春、昔は良心的記事で定説があったが、今の週刊文春、汚い金をもらって東宮擁護の提灯記事ばかり、
何だ元皇族だか盗賊だかしらないが例の蜥蜴男のマルチ商法竹田、、、エロルポライターから東宮ヨイショ記事専門になった友納なんとか、、読者は馬鹿じゃないぞう、、、その内、部数がどーんと落ちる、文春も下らない出版社に成り果てた。

まあ、週刊誌、売らんがための記事見出しとは言え、書く記事、お粗末、ま、所詮、床屋の暇つぶし用雑誌、、、こんな出版社、いらん、、、潰れてしまえ~~~


記事タイトルに賢い人間になる方法としたが、結果として賢くにはならなかった、、念の為にお断りしておく。(笑い)
スポンサーサイト

comment

Secret

Re: No title

2013.11.16.03:50


MCBさん、コメント有難うございました。

私もそう思うのですが、この運動なかなか大衆運動にならないんですよね”,,多分、文句は言うが自分は動かない、選挙には行かないが政治や社会の矛盾には文句を言う、同じ、、、、、


結局、今は金が絡まないと動かない、そういう時代ですかね、そんな訳で相変わらず1人で吼えてます。

No title

2013.11.13.22:29

親父さん、こんにちは^^

「不買い運動」大賛成です!!
ひとりでもいまからでもできる「買わない運動」は、大きな力になること間違いなしです!いまのように消費者を馬鹿にはできなくなるはずですから。
プロフィール

わがまま、親父

Author:わがまま、親父
FC2ブログへようこそ!

このブログで書かれた記事とコメントの転用を禁じます。
違反した場合は法的手段を講じます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
わがまま親父の独り言、カナダで生きています。
わがまま親父の独り言う、カナダで生きています。
わがまま親父の独り言、カナダで生きています。
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR