人生のターニングポイント。

2013.10.24.23:21

来年66歳、ベビーブーマー、団塊世代の爺いの私、頭の髪は薄くなり、白髪になり、歯はガタガタ、顔は染みが増え、3本足の真ん中は長い糖尿病で使い物にならず,酒びたりの生活の結果、内臓臓器は赤信号、、、、それでも、なんとか生きている、生きているがそれが特に嬉しいと言うほどの生きがいもないが、、、

サラリーマン生活での地位もまあまあ、そこそこまでいったし、その後、カナダに移住し生活に困っている訳でもない、その意味では私の上がりの人生、悪くはない、と思ってはいるが、

振り返って私の過去を見た場合、いくつかのターニングポイントはあったと思っている。

私は若い時から鬱病の持病があり,その結果2回の自殺未遂があった、一回目は早い発見で助かった、2回目は妻の早い処置で軽傷ですんだ、交通事故に遭って2回程入院生活を余技なくされた、一回目は横転した車の下敷きになり鎖骨、あばら骨骨折2ヶ月入院、2回目は大型ダンプの追突で首頸部捻挫、1月の入院、、、、、、、、、、、、、

人生にもし、という事があったとしたら、死んでいたかもしれないし、障害が残った体になっていたかもしれなかった。

また大きな意味では妻とであった事、だが交際中、10歳も歳の離れた彼女が出来、結婚を迷った事も有った、妻に選択を迫られ、結果、妻を選んだ訳だが、これももし、あの時、若い彼女を選んでいたら、、、、、、、、、、

カナダに移住、これはカナザ移住前に妻の故国であるフィリピンに移住を考えていた、そのためにフィリピンで土地も買ったし、それなりの投資もした、だが妻の反対で結果としてカナダ移住に決めた。、、、、、、、、、、


こうやって書いていると、私の過去の人生に於けるターニングポイント、いくつだけでは済まないようだ(笑い)

註””,一つ書き残しがあった。
それは初めて訪れたフィリピンの旅だった、当時23歳、見た目、明らかに観光客、何処かのレストランで知り合った自称UPの大学生、ガールフレンドを紹介すると連れ込まれた場所、実は売春窟、気がついてドアの隙間から必死で逃げた、3~4人が必死で追ってきた、彼ら喚きながらナイフのような物を持っていた、多分、段取りで経費が発生したいたのであろう、金を払えと大声で叫んでいた、、、、、大通りで上手くタクシーがつかまッタ。幸運だった、、、、、この場合ももし、あの時、おかしいと気が付かなければマニラ湾で浮いていたと思う。
これ、本当の話。




で、もし、今の妻を選ばないであの時出来た若い彼女を選んでいたとしたら、どうなっていたのだろう?

子供もあって、もしかして孫も出来ていたかもしれない、、定年まで勤め上げ、今頃は孫のお守りの爺様だったかもしれない、あるいは歳の離れた妻に邪険にされて落ち葉爺いであったかもしれない。(笑い)


もし、カナダに移住せず、フィリピンに移住していたら、財産を使い果たし、困窮在留邦人になっていたかもしれない、,,,

この話し、、、日本のモテナイ中高年や、団塊世代バツ一痛い親父が、歳若いフィリピーナに嵌って南国で楽園生活、なんて馬鹿な夢見て金の切れ目がサヨナラで、マニラで乞食をやっている元、エリート、います。

後から文章を追加した為、文意が繋がっていないが、、、、、、、




その意味では人生の選択枝、幾つもあった訳だが、そう言っても結果的にその事に熟慮して選んだ訳ではなかったし、その時の流れで決めただけで安易な部分もあった。


はっきり言って今の私の境遇、努力して築いたものではない、偶然が上手く働き、周りの者によって支えられてきた、そう思っている。


幸せの基準、私にはそれがどういうものかはよく分からない、が、不幸せ、これは分かる、だから不幸せではないのが幸せではないか、そう思うがどうだろうか?

そう考えると私の今の生活、不幸せではない。

好きなように生きているし、ブログで好き放題の事も書いている(笑い)まあ、悪くはない生活である、、、、、運が良かった、そうかもしれない、、、確かに懸命に努力し頑張って生きているのに報われない、それはある、それは不公平ではないかといってもしょうがない、世の中、そういうもんでしょう。


人生の邂逅、、、それをするのはまだ早い?,,だが、もう充分生きた!遺言書も書いた、資産分与、財産分与も書いた、死後の段取りも決めている、墓も要らないし、葬式もいらないと伝えている。

死後、天国に行ける?、、、それは無いと思う(笑い),,,ただ、妻を含めて教会関係者は早く洗礼を受けて共に天国で暮らしましょうとは言ってくれる。ありがたい事だとは思うが!


私が書くこのブログに対し、辛口だという批評がある(批判ではない),,,私はどの部分が辛口に当たるのかはよく分からないが、書く内容については時たま、これはコメントしようがないな、と私自身思う事はある。

その証拠に全くコメントがつかない記事もある(笑い)、、、

これはいつか飛んできた便所の蝿、(荒らし嫌がらせコメント)にも書いたが、私の書く過激、トンデモ記事、いわば確信犯で書いている、中でも偽善者ぶった人間は大嫌いなのでそういう人間に対しては糞味噌に書く。同じく綺麗事を言う奴、たいした事の無い人間のくせに偉そうな事を言う奴(それはお前だ),,そうかもしれない、、これはやぶへびだった(笑い)



ま、とにかく、私の場合、残りの命、そんなに長い訳ではないし失う物もそんなに無い。この野朗と思う人間があったとしてもわざわざカナダまできて危害を与える人間もいないと思う。ましてやある意味、拾った命でもある。惜しくはない。


たまたま、今回、人生のターニングポイントといったテーマで記事を書いてみたが、人生、玉には立ち止まって過去を振り返ってみるのも必要かもしれない。そうは言っても私自身、多分これからもこのブログにおいて相も変わらず下らない記事を書き続けていくだろう。



ブラッキーも亡くなった今、長い旅も可能になった、そんな訳で来年2月、日本、フィリピン、もしかしてタイ、ベトナムにもいくかもしれない。

ある日を境に更新が途切れた、、、、タイあたりの貧民窟でくたばっているかもしれない、、、それはそれで本望、何処で死のうと死ぬ事には変わりはない、、、、

腹上死!!!,それだけは有り得ない(笑い).
スポンサーサイト

comment

Secret

Re: まだまだ活躍してください

2013.10.26.12:30


ひろこさん、コメント有難うございました。

個人的にメール差し上げました、、届いていますでしょうか??

さて、教会の話し、私も子供の頃はカソリックの教会でした、洗礼は受けてはいません、その後妻と結婚し、妻の信じる教会に通っています。

プロテスタントで再臨派教会、通称SDAといいます。ここでも強く洗礼を勧められていますが、カソリックの幼時洗礼と違い、教義的に私には敷居が高く、まだ受けてはいません、、、洗礼の証、それに酒、タバコ、ある種の食品、規制があります。

また、ワンコの話しなど、カナダお住まいといい、共通点がありますね!

下らない事を書き散らしているブログですが、宜しければ、また、お越し下さい。

Re: No title

2013.10.26.12:11

>  来年2月来日の予定ですか?
> 時間があればお会いしたいですね。
> 常陸の国にいますので東京は近いです。

がんこ爺いさん、私も是非、お目にかかりたい、そう思っています。

そうですね、上野あたりで一杯やりますか!!!帰国が近くなった段階でメールで日本の自宅の電話番号、送ります。

Re: そのままでいいよ~♪

2013.10.26.11:54


PATTIさん、赤ワイン飲んで、、PC,,,,私も以前はよくやってました、私の場合はジャックダニエルと山羊のチーズ、これ臭いけれど旨い、そんな訳で昔の記事を読むと赤面のいたり、、、、

悪ささえしなければ、、、、、もう悪さをする元気もエネルギーもありませんよ(笑い)

ハイ、、応援有難うございました。

Re: 初めまして!

2013.10.26.11:47


やまのこ山さん、コメント有難うございます。

私がブログをはじめたのは2年半位前、当時はカウンターも設置せず、一年位してからの設置でした、その時点でも訪問者は殆どいませんでした。

こんなにアクセスがある、、まさに驚きです。

ところでやまのこ山さんのブログ、私はとても面白い、と思っています、なんというか記事の視点と切り口が上品で、だが鋭い、、、KUONさんのブログ同様、素敵です。

同じ皇室記事でも私の書く下品さとは違う、、、これからも応援したいと思っています。

外国の経験がない、、、、それは思ったら吉日、、飛行機に乗ってしまえば着きます、7月のカナダ、素敵ですよ、我が家からピアソン空港まで30分、いつでも迎えにいってあげます、いつか初外国、カナダ、いらっしゃいね””

管理人のみ閲覧できます

2013.10.25.11:34

このコメントは管理人のみ閲覧できます

まだまだ活躍してください

2013.10.25.08:25

はい!わがまま、親父さん 
私もあと3ヶ月ほどで67歳になります。私の場合は日本を発ってカナダに来たのは40年程前、その内8年はイタリアでした。

本当に人生色々な事がありますね。今、私も残こされた人生を淡々と送る事にしています。運が良いのか悪いのか、分かりせんが[肺癌もどき」があります。でも今の所1cm未満から動いておりませんので大丈夫なようです。

毎週、1,2回3、4時間の庭掃除に励むことにしています、と言っても350坪程の土地を管理出来かね、又、住宅街ですのなんとなく気が引ける事もありますが眼を半分だけ瞑っています

私は日本にいた時カトリックに改宗していますが、頭の中は如何やら、日本古来の神道のようです。幼少の頃より神様、仏様、そして昭和天皇、皇后のお写真が身近に有りましたから。でも、私自身亡くなるときは神様の腕の中と信じて疑いません。

「ブラッキーも亡くなった今、長い旅も可能になった」 そのお気持ち良く分かります、私には後一匹小さなー桃ーがいます、今13歳半です。
愛する生き物をおいて旅行するなどとても出来ない事です。
多いとき8匹の犬がいました。大型はラッキーだけでした。ラッキーはたった8歳半でしたが、あとの子達は約13歳から15歳までの間に昇天して居ります。小型犬の平均寿命でした。

桃は、13歳半で眼も耳も多分に衰えて来ています、貴方のブラッキーが貴方の元で20年の歳月を過ごせた事は何んとも素晴らし事で、殆どの中型犬はブラッキーの様な長い人生を送られないのではないでしょうか。ブラッキーは最後問題があったかも知れませんが私は彼女が幸福な長い人生を全うしたと感じております。

私が、色々な所にコメントをし始めたのは偶然に貴方のブログを見つけたからで、それもあの悪名高き?ご夫妻のオランダ訪問からです。
約30年以上日本語で書く事などありませんでしたのでーいつも電話ー
日本語を書くのに手間が掛かり、句読点も曖昧ですがお許し願います。

No title

2013.10.25.06:51

 来年2月来日の予定ですか?
時間があればお会いしたいですね。
常陸の国にいますので東京は近いです。

管理人のみ閲覧できます

2013.10.25.03:03

このコメントは管理人のみ閲覧できます

初めまして!

2013.10.25.00:37

アクセス140万超えって凄いですね。
おめでとう御座います。
私も先ほど取り付けました。
1日何人の方が見て下さるのか分かりませんが~

臆病で外国へ行った経験がありません
そこで、親父さまのお話を読んでいると気分はカナダ!
コメありがとうございました。また来ます。

プロフィール

わがまま、親父

Author:わがまま、親父
FC2ブログへようこそ!

このブログで書かれた記事とコメントの転用を禁じます。
違反した場合は法的手段を講じます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
わがまま親父の独り言、カナダで生きています。
わがまま親父の独り言う、カナダで生きています。
わがまま親父の独り言、カナダで生きています。
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR