キューバ

2013.09.03.01:03

IMG_1269.jpg

ハイ、、お待たせ””、、、誰も待っていないか??〔笑い),,

それはともかく約1週間近くのキューバ旅行、無事に帰ってきた。

キューバ、観光的、施設的にはこんなものかな、そう思っているが、いくつか、ナンだろうこれは”と思う点もあった。

その1つにキューバの通貨の交換率、こちらから持っていったのはカナダドルとアメリカドル、交換レイトが高かったのはカナダドルで結局アメリカドルは交換しなかった。

まず、キューバ、観光客用のキューバペソと一般キューバ人が使う人民ペソがある。

例、カナダ10ドルでは8,8キューバ観光客用ペソになる、人民ペソには交換できない、それにしてもこの交換率、恐ろしく低い、キューバの生活から考えれば、まるでボッタクリである。

その観光客用ペソで買える物、値段はカナダと変わりはない。

キューバ、この国唯一の輸出産業だった砂糖産業、冷戦時代はソ連が国際取引値段よりは割高で買ってくれたこともあり、キューバ経済、なんとか持っていたが、ソ連崩壊後、キューバの砂糖産業は国際的には通用せず、もう産業と言われる業種はなくなった、その結果、国策として今や唯一のキューバの産業となった観光、、、、これしか外貨を稼ぐ道がないのだ、つまり、2重通貨制度、、まあ、しょうがない部分もある。

キューバと言う国、他のカリブ海諸国同様、植民地の歴史を持つ、住民の多くはヨーロッパから渡ってきた一攫千金を夢見る業突張り連中と彼が連れてきた黒人奴隷の子孫、一時期アメリカ植民地時代のアメリカ人との混血、これらが現在のキューバ人、

社会主義国としての政治制度、辛うじて残してはあるが、経済的意味ではもはやまったく機能していない。たまたまホテルの玄関前で客待ちしていた運転手と話したが、この国には多くの国民が不満を持っている、そう言っていた、だが、それを公に語る事はできない、それは未だに秘密警察があり言論は自由ではなく、下手をすれば文句や不穏言動の持ち主はいつのまにか消えてしまうらしい。

ただ、国民としては国から最低限度の配給制度(完全無料ではない)があり、貧乏だが飢えで死ぬ、そんな事はない、しかし、裁判官だろうが医者だろうが彼ら所得は制限され、金持ち階級にはなれないそうだ、ただそうは言っても多分、いくらでも抜け道がありそうで、その辺はただの観光客では分からない。

現在もアメリカとは国交が無く、経済封鎖を受けている為、国としては欠乏状態で、とにかく物が無い、走っている車の多くは革命時にアメリカ人が棄てていった車がまだ現役で動いている、、、ハバナ観光で付いたガイドがキューバの車メンテナンスは魔術師だといっていた、それは1950年代~60年代のパーツ、すべて手作りで維持してるといっていた。

リゾート施設と一般の街、そしてハバナ、その機能と施設、全く異なる、行ってみたかったハバナだったが正直いってがっかりした、過去の歴史に生きた街、建物は薄汚れ、崩れかけている建物も珍しく無い、インフラ機能はうまくはたらいておらず、トイレがあっても水が流れなかったり、多くのトイレには紙はおいていない、、、、、

街には所謂商店街というものは全く無く、勿論デパートなんてない、これは小さい街も同様であったが、とにかく人々がただ佇んでおり、何をしている風でもない。

これは国内には軽産業、重産業が無く、多少あったとしても外国からの援助ひも付き、従って大学を出ても就職する企業は無く、物を生産する工場も無く、仕事不足、物不足は甚だしい。

一般的キューバ人の月の収入、30ドル前後、仮に金があっても買う物がない、また、我々が当たり前に使っている家電製品、これはキューバ人にとってはまだ高値の花であり、その多くが中国産であった、例によってメイドインチャイナ、品質は最低、直ぐ壊れる、部品はない(笑い)

私は日本人、日本人である事に誇りを持っているが、キューバにおいてはその誇りも崩れた、キューバ人にとって東洋人とはチーノであり、コリアン、私を見て多くのキューバ人が、チーノ、ニイハオと声をかけてきた、、、、
頭にきて俺は日本人だといっても、何?????,ハポン、???,何処の国、?,あんだあ~,,,こんな感じでまったく何の関心もないようだった。

そういえば、日本人には全く会わなかった。

私がチーノとキューバ人から呼ばれて腹が立ったのには理由がある、それはキューバ人が使うチーノ、これは中国人をスペイン語でいうが、実は裏の意味があって実際には蔑称である。
つまり、黒人をニガーと呼ぶ、同じ意味がある

キューバ人、たいした事の無い人間の末裔でありながら妙なプライドはあるらしく、その証拠に私達一行(これは私と一緒にいった比国人友人、これについては後で書く)がリゾート近くの小さなダウンタウンのバス亭にいたら、通リすがった太った黒人のおばちゃんが私達を指指し、大声でスペイン語で悪態をついていた。

それが何故、悪態と分かったか、、それはフィリピン語であるタガログ語、スペイン語と共通する部分があって全部ではないが言っている意味は分かったからだ、

多分、こんな意味だった、中国人は、お前達は臭い、この国から出て行け、、根っこにはキューバと言う国を理解せず、傍若無人と振舞う中国人に反感があったのだろうと思う。

そうは言っても滞在したリゾートに於けるキューバ人従業員、皆、愛想が良く、従業員教育しっかりやっていると思った。

まあ、一般的にリゾートにおける白人系客、ヨーロッパ系人種、ケチである、このリゾート、飲み物、食べ物、全て無料、場所によっては24時間スナックもある、チップは不要となっている、だが、そこは気持ちの問題、私や私の友人、チップでよくしてくれればたいしたお金ではない、そう思っているが、白人系、チップを払っているのを見た事がなかった。

リゾートに職を持っているキューバ人従業員、彼らは幸せである。この件についてはまた改めてかいてみたい。

今日はとりあえず、キューバという国について書いてみた。
スポンサーサイト

comment

Secret

Re: No title

2013.09.07.06:58

ヨッシーさん、今日は、コメント有難うございます。

ご提案通りにやってみたいのですが、なにせスペイン語ができません。

タガログ語なら言えるのですが、アコ,ヒンデイ、チーノ、タラガ、アコナマン、ハポン、OKカナ””

管理人のみ閲覧できます

2013.09.03.12:37

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: お疲れ様でした。

2013.09.03.10:47


がんこじじいさん、今日は。

一般キューバ人、なかなか政治的な話しはしませんが、実態経済は亡命キューバ人からの送金で暮らしている方が多い、、、フィリピンとよく似ています。

ただ、海外からの投資、これは産業、工業のインフラがない、だからだれもキューバに関心が無い、ある意味可哀相な国、、、多分10年後も変わらない国だと思いますね。

Re: No title

2013.09.03.10:35

> おかえりなさい。
>
> 無事の帰国何よりです。
> 親父さんのこと・・・色んな出会いが
> あったのでしょうね。
>
> お疲れさまでした。

Bossさん、有難うございます。

キューバ、フィリピンと似ているようでもあり、でも私はやはりフィリピンの方が断然好き、、、流石、社会主義の国、おかまは見かけませんでした。

お疲れ様でした。

2013.09.03.06:46

 理想と現実の相違は恐らくそんなものでしょうね。
いくら偉そうな理想論を言っても現実に一国だけではなかなか生活は困難なものです。
日本も外交力をしみじみと磨かねばなりませんね。
親父さん渋いですね!

No title

2013.09.03.05:03

おかえりなさい。

無事の帰国何よりです。
親父さんのこと・・・色んな出会いが
あったのでしょうね。

お疲れさまでした。

プロフィール

わがまま、親父

Author:わがまま、親父
FC2ブログへようこそ!

カナダ、トロント近郊に住む、死に損ないの爺いです。余命わずかなので勝手な事を書き散らしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
わがまま親父の独り言、カナダで生きています。
わがまま親父の独り言う、カナダで生きています。
わがまま親父の独り言、カナダで生きています。
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR