ブラッキーとの別れが近い。辛い

2013.07.11.03:33

IMG_1172-001.jpg

今日の朝、起きたらブラッキー居間で倒れていた、昨日から下痢が酷く、心配をしていたが倒れていた付近で又下痢をしたらしく、相当弱っていた。

朝方、かろうじて歩きはしたが、先ほどからベットに横になったまま、身動きしない、

普通、手を叩くと反応するがそれもなくなった。

この様子ではもしかしたらこのまま逝ってしまうかも知れない。ある程度覚悟をしていたが、実際死期が近ずいているのが分かる。

知り合いの動物医に間接リュウマチの薬と下痢の為の抗生物質処方してもらうが、もう、薬飲み込む元気もない。

仮に持ち直したとしても寝たきりになると思う。


もう病院には連れてはいかない。

後、残された命、どの位なのだろうか、、、、、その最後の日まで付き添って上げたい。それがこのブラッキーから愛と癒しを貰った飼い主の務めだと思っている。

こんな訳で週末に予定していた義理の妹が住む、アメリカとの国境にある町、サーニャに行くことをキャンセルした。


今日から、ブラッキーの側で寝る、、、、知らない間で死んでいた、絶対これはしたくない。

でもブラッキー、逝ってしまったら、相当落ち込むと思う。、、、辛い。


思い起せば私が45才の時、会社の近くに子犬差し上げますとの看板が出ていた。そこは農家で生まれたばかりの子犬が7匹いた。

父はラプラドールの黒、母はイングリッシュセッターで真っ白だった、生まれた子犬、3匹は真っ白、4匹はブラッキーと同じ、私は白い子犬が欲しかったが、それは駄目と断わられ、じゃあ、おいでと呼んだら真っ先に飛んできたのがブラッキーだった。

小さい時はピーピー泣く甘えん坊で臆病な犬だった、でも思ったよりは利口な犬で人間の言葉を直ぐに理解した。

日本にいたときは庭で飼っていた、ちょうど今頃の季節になると庭中に穴を掘り、顔を泥だらけにしていた。

猫が天敵で弱い癖に威嚇したりしたが、猫に反撃をくらうと直ぐに逃げる弱虫、野菜が好きでよく母が買ってきて土間に保管していた白菜なんか、半分くらい齧っていた。


私がつまらぬ意地で会社を辞めざるを得なかった時、その後悔と自分の阿呆さを酒の力を借りて飲んだくれていた時、このブラッキーがじっと私の愚痴を聞いてくれた。

ブラッキー、カナダの移住時、一緒に来た、シカゴの空港で乗り換え時、ブラッキーもケージに入ってゲートにやって来た、その時、私の姿を見たのか、悲しそうな声で泣き続けていた。その声に乗客が驚いてとても恥ずかしかった記憶がある。

暫くは義妹の所に居候していたが一年後、現在の住居を買った、それからは酔っ払ってはブラッキーと一緒にカウチで寝たりする事もしばしば、年中、私の股に挟まって寝ていた。

妻が時々怒って、ブラッキーと怒鳴ると、すまなそうな顔をして自分のベッドに戻った。

妻はブラッキーの事を私の尻尾と呼ぶ、それは家の中、私が動くと必ずブラッキー、後についてくる、

ブラッキーの餌、これは私がいつも味見をしてから上げていた、グルメ犬であった、タマに妻が残り物などやっても知らん顔をしていた。

去年、ブログにブラッキーとの最後の夏、という記事を書いた、ちょうど今頃であった、その時も相当弱って歩く事も出来なく、排尿排便のコントロールが出来なくなってしまっていた。IMG_0827.jpg
IMG_0747.jpg
IMG_0748.jpg

それから1年、何とか保った、そこで今年もそのペンシルバニアにある犬も泊まれるリゾート、ブラッキーと一緒に出かける予定だった。



ブラッキーとの思い出は数々ある。なにせ20年の付き合いである。

ブラッキー、血統書もない駄犬、だが私にとっては娘であり、家族でありかけがいのない存在だった。

その存在が消えようとしている、願わくは寝たきりでもいい、もう暫く生かして欲しい。、、、、、、、、、

人の為には祈らない私だが、ブラッキーの為には喜んで祈りを捧げる。
スポンサーサイト

comment

Secret

Re: 分かります。

2013.07.15.23:59


がんこじじいさん、コメント有難うございました。

猫でも犬でもそうですが、自分に懐いて愛情を示してくれた、そのような動物達との別れ、辛いですね。



記事、欠かさず読んでいます。畑仕事、熱いようなのでお体、察しさわりがないよう、お気をつけて下さいね。

Re: No title

2013.07.15.23:54


Zenさん、、、そういえばzenさんも動物好きでしたね”

ブラッキーの場合、犬なんですが私にとってはそれ以上の存在、でも人間もそうだがいずれ老いる、しょうがないですね”

残された時間、大事にしたいと思っています。

Re: No title

2013.07.15.23:50

糖分ラブさん、ありがとうね”””

落ち込んでいる時、ラブさんの記事を読んで癒されていましたよ(笑い)

今度、東京で会ったら、美味しいラーメン屋さん、一緒に食べましょうね!!

Re: No title

2013.07.15.23:47


カーニャさん、コメント有難うございました。

カーニャさんも記事で見る限り体調気分も回復したようで安心しています。

ワンズもコスモ星人も元気なようで、そして優しいデン熊旦那、、、、、、、

ブラッキー、少し、持ち直しましたが、、、、、でもそう長くは無いと思っています。命が尽きるまで側にいてやりたい、今はそれしかありませんね!

Re: No title

2013.07.15.23:40

>
> 心中お察し致します。

Bossさん、有難うございます、、、、そうはいっても私もBossさんのことも心配、、、、私の事故同様、時間が解決してくれると思ってはいますが、、、、、、


近況、宜しければ、メールで知らせて下さいね””

Re: No title

2013.07.15.23:36


色んな事がまとめてドーン、、、、そうなんですよねえ~

まあ、人生、こういう事もあります。、、、耐えるしかないですね。

KUONさんの記事、かかさず読んでいますよ”,,,私も参戦したいがもうちょっと時間がかかりそう、、、

Re: No title

2013.07.15.23:32


イブママさん、おかげさまでイブママさんの祈り、通じたようです。

なんとか持ち直しました。

私夫婦には子供はいません、ですので犬といえども家族の一員、妻と二人、今回、覚悟をきめました。

いずれ逝きますのでその準備も考えています。

温かいコメント、感謝いたします。

Re: No title

2013.07.15.23:25


ブルーパルメザンチーズさん、初めまして、そして温かいコメント有難うございました。

少し、持ち直しましたので、まだもうちょっと一緒にいられそうです。

宜しかったら、また、お寄り下さいね”

Re: タイトルなし

2013.07.15.23:22


achabi さん、同じく初めまして”

優しい思いの文章、気持ちは充分頂きました。有難うございます。

なんとか持ち直しましたが、いずれ、時期がきます。それまでは大切にしたい、そう思っています。

またお暇がありましたら、この拙いブログではありますが、お寄り下さいね。

Re: タイトルなし

2013.07.15.23:16

 こと葉さん、事故の時もそうでしたが、このブラッキーの件も含めて、温かいお言葉、感謝いたします。

いずれもこと葉さんの優しい人柄が出ている文章、親父は癒されています。

今回、駄目かと思っていましたが、なんとか持ち直しました。とはいっても後は限られた時間があるのみ、命ある限り、大切にしたい、そう思っています。

Re: その後いかがですか

2013.07.15.23:11


ヨッシーさん、温かいコメント有難うございました。

ヨッシーさんも愛犬なくされましたか!,,,,,,,,,

私もこの犬、命ある限り、見届けたいと思っています。安楽死はさせません。

管理人のみ閲覧できます

2013.07.15.19:47

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

2013.07.14.10:41

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

2013.07.12.22:41

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013.07.12.22:21

初めまして。
ブラッキー、たくさん沢山感謝してると思います。最期を迎える時に、そばにいてあげる事が、どれほど安心感を与えてるか…。そばにいてあげられる事が、どれほど幸せな事か…。願わくば、1日でも1秒でも長く命を保てる事を祈ります。

No title

2013.07.12.21:31

今までROM専でした。初カキコです。

親父さまとブラッキーが少しでも長く一緒にいられますように。

No title

2013.07.12.19:41

こんばんは わがままオヤジさん。
残してくださったお言葉にブラッキーちゃんの様子が
綴られていたので、胸がしめつけられそうでした。
いつか いつかは先に旅立ってしまうかもしれないと
心の奥で覚悟していても
長年 連れ添っている大切な家族ですもの
具合が悪ければ自分の身を切られるような思いになりますね。
深い愛情の中に包まれているブラッキーちゃん
1年乗り越えた強い力があるのですから
奇跡を信じましょう。
遠くから祈らせてくださいね。

No title

2013.07.12.08:51

いろんなことが、まとめてド~ンと。

親父さん、何も言えませんが。

No title

2013.07.12.04:46

親父さん。
ブラッキーは世界一幸せだと思います。
そのブラッキーちゃんは親父さんのことを
心から感謝と心配してると思いますよ。
辛いですが心配ない!って態度で
接してあげて下さい・・・と言っても
辛いし心配ですね。

心中お察し致します。

No title

2013.07.11.14:46

親父様

大切な家族を失うかもしれない...
とても とても辛い心境だと思います。

家の犬が 持病の発作を始めて起こした時以来
一分でも一秒でも 彼と長く一緒にいれる事に
感謝するようになりました。

ブラッキーちゃんも 親父様が側に居てくれる
そして 話しかけてくれる それだけで
もう十分幸せだと思います。
犬は 飼い主の気持ちを良く理解してくれるから。

ブラッキーちゃんが また親父様のお酒に付き合ってくれるよう
私も心からお祈りしております。

No title

2013.07.11.08:14

別れたくない…1日でも多く一緒にいたい!

きっとブラッキーも親父さんと同じ気持ちだと思います…
親父さんの気持ちブラッキーもタクサン感じて頑張ってくれてるのだと思います。

親父さんとブラッキーが幸せな時間を少しでも永く一緒に過ごせますように…

No title

2013.07.11.06:02

先日メールにも書きましたがブラッキーのことが心配でした。
自分も日本にいた時もフィリピンにいた時もいつも動物たちと一緒で
赤ちゃんの誕生から他界していく姿を見てきて命の尊さや愛情・優しさを
教えてくれたのは動物たちでした。
だからブラッキーのそばにいてやりたいおやじさまの気持ちとてもわかります。
自分も同じでした。

ブラッキーはとても幸せだと思います。

分かります。

2013.07.11.05:42

 以前コメントしたかもわかりませんが、自分も小学校から高校にかけて猫を飼っていました。
可愛がったせいで自分にはとてもよくなついていました。
自分の言っていることが判るぐらいの猫でしたが、どこかで毒を食べて来たせいか自宅まで戻って庭で死んでいました。
真冬のことで体には霜が降りて、硬直していました。
裏庭の木の下に穴を掘って埋めましたが涙が止まりませんでした。
それ以来猫は飼いません。
プロフィール

わがまま、親父

Author:わがまま、親父
FC2ブログへようこそ!

このブログで書かれた記事とコメントの転用を禁じます。
違反した場合は法的手段を講じます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
わがまま親父の独り言、カナダで生きています。
わがまま親父の独り言う、カナダで生きています。
わがまま親父の独り言、カナダで生きています。
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR