呪術。

2013.06.22.01:49

私の知り合いにハイチ出身の黒人男性がある、ご存知かもしれないが、ハイチ、アフリカ奴隷子孫の人々の国、国民の多くが黒人で国としては貧しい国である。

カナダにも黒人が多いが、アメリカ程多くはいなし、その多くカリブ海沿岸や諸島出身者で占められている。

このハイチには有名な呪術がある、ブードゥー教という、

これは鳥の頭や羽、血を使って相手を呪い殺す、災いをかける、教とあるが宗教と言うより黒魔術に近い。

これはおそらくアフリカの黒人部族に有った、シャーマンがやっていた呪術がハイチに伝わり、形をかえて残ったと思われる。

私の知り合いの黒人男性、彼は妻が通う教会の信者、プロテスタント系セブンスデイ、アドベンジストといい、キリスト教、日本語だと再臨派教会だが、それでも、ブードゥー教、効果があると言っていた。

日本でも神道系呪術として、藁人形に5寸釘を打ち込み、相手の死を願う、似たような呪術がある。



アルビノという言葉、英語であるが、日本語だと白子になる。これは先天性遺伝により色素欠乏で皮膚の色が真っ白になる一種の障害であるが、勿論、黒人であっても皮膚の色は白い、この欠陥障害、目にもでて、視力の低下や目の色彩に異常がでる。場合によってはウサギの目のように真っ赤な色になることがある。

以前カナダのテレビ番組でこのアルビノの人々、それもアフリカのいくつかの国でこの人々に起こっている事に対しての番組をやっていた。


それはこのアルビノの人たちが、ある事情によって人々から食べられる存在であるという事だった。

その事情とは、それはアフリカのある国によっては、アルビノの人々は特別であり、その体には特別な力が宿ると信じている、従ってその体を食べるとその特別な力が食べた人間につく、そう信じているのだ。

その結果、アフリカのある国では年間、何十人もの特に子供のアルビノの少年が闇で殺され、食べられている、実際、闇ではあるが卸しも含めた流通ルートが出来ている。

値段は結構する、例えば腕一本、何万円もする。

これは明らかに殺人であるが、犯人はつかまらないし、このアルビノ狩は現在も続いている。

このカナダの番組では、ある黒人の宗教指導者がこのアルビノ少年達を集め、サッカーチームを作り、各地に対戦相手を求め、旅をして、私達は普通の人間であり、特別の力がある訳ではなく、ただ欠陥を持って生まれてきただけ、どうか殺さないで欲しいと訴えていた。

ただ、そうは言っても地方や奥地に行くと彼らを見る目、奇異と偏見に満ち溢れていた。


ボルネオ、今でこそ、いろんな部族民族が共に暮らしているが、部族によっては昔首狩をやっていた先祖を持つ者が結構いる、それもたかが何十年前である。

これもテレビ番組であったが、あるマーケットでお土産物を売っていた叔母さん、実はその先祖、首狩族で男が結婚をしたい、その場合は一緒になりたい女性の家に申し込みに行く時は、首を2つ持っていかなければならなかったと笑って話していた。

日本でいうと結納金にでも当たるのか、、、

このように世界には常識とは異なる価値観の世界がある。これは正しいとか間違っているという世界ではない。

それが文化であり価値観の違いであり、異人種の人間には分からない。


ただし、人間を食料として食う、これは中国人しかいない。

中国人、いまでも堕胎した赤ん坊、胎児スープとして闇で食っている。中国人、飛行機の通路で子供に糞はさせるし、一流レストランで痰や唾を床にするし、犬は干物にして市場で売っているし、大声で喚くし、世界最悪の民族であるのは間違いない。

ある方のブログに香港の一流レストランの話しが載っていた、その中でお客に対してのレストラン従業員の接客態度について書いてあったが、その従業員、客も客と思わず、中国語しか分からない、腹がたってマネージャーを呼べ、しかし、出てきたのは本土系出身の酷い英語をはなす男、、、これも嫌ならくるなといった態度、そこで周りを見たら、お客の殆どが本土系、金はありそうだがいかにも粗野でかっぺ、マナーも何にも無い人間ばかり、まあ、納得されたそうだが、、、、、、

香港、昔のイメージで行くとがっかりするらしい。

中国人、拝金文化、汚職文化、ゴキブリ文化、こういった民族こそ、呪術をかけて逝って欲しいものだ。

そりゃ無理だ、呪い術ぐらいでは効かない、ゴミとして棄てた廃油から油を作り、重金属汚染された魚を喰い、ダンボールで作った饅頭を喰い、豚肉に特殊な液体ををふりかけ牛肉にする、インフルエンザで死んだ鶏や豚、ミンチにして市場にだしたり、、、、、ブードゥー教、なんじゃそれは”


世界最悪であり、世界で最強の民族、、、、、、


最後は例によって中国人、大嫌い文になってしまったが、中国人の本質を知ればだれでもそうなると思う。
スポンサーサイト

comment

Secret

Re: おひさしぶりでございます

2013.06.25.21:36


こと葉さん、わざわざ、ご挨拶、有難うございました。

少し、心配していました。

色んなご事情でブログ、お休み、デも、私も復活しましたので、こと葉さんも時々でいいから書いてくださいね

こと葉さんのブログ、優しさと思いやりに溢れた良いブログと私は思っています。

時々、癒しが必要な親父にとっては大事なブログです。

待っていますよ!!

Re: No title

2013.06.25.21:30


YOKOさん、尾ひさしぶりでしたね、お元気でしたか?

コメント、しっかり、届いてますよ!!

また、いらして下さいね””

Re: こんにちは!

2013.06.25.21:27


びーちゃん、コメント、ありがとさん、

親父は嬉しい””,前にブログで記事にしましたが、びーちゃんの何気ない日常、そこに溢れるユーモアと愛情とちょっと可笑しい愚痴話、関西弁での記事とあいまって、とても面白く、読んでいます。

体重、太っていた時に比べたら20K,激減してしまいました。

そんな事もあって、妻のしつこい勧めで来週から本格的検査が始まります。

まあ、そんなに長生きしたいとは思っていませんが、死ぬのはちょっと早いかな?〔笑い)

びーちゃんのブログ、コメント入れるの遠慮してたけれど、これからいれますね” 

それと一言、旦那さんにもうちょっと、優しくしてあげてねえ~

管理人のみ閲覧できます

2013.06.25.10:28

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

2013.06.24.12:14

このコメントは管理人のみ閲覧できます

おひさしぶりでございます

2013.06.23.22:55

親父さんおひさしぶりでございます♪
ふらっと遊びにまいりました^^
今日は挨拶だけさせて頂いて。
またお邪魔いたします~。

Re: No title

2013.06.23.12:49


がんこ爺いさん、今日は、コメント有難うございました。

イフガオ族もその昔、首狩族でしたか、それは知りませんでした。


仰る意味での輪が大和民族、ただ今、劣化中、私もそう思いますね””

Re: No title

2013.06.23.12:45

え””,,,糖分ラブさん、海外に出た事が無い、ちょっと吃驚しました。

日本の温泉地、もはや、中国人かっぺ、田舎物、キチ外、野放図、こんな観光客でハチャメチャ、おまけに、部屋にあるもの、備品、泥棒、

それでも各地の温泉観光組合の阿呆理事、熱烈歓迎中国人観光客とやっている。

これジャ、本当の日本人、温泉地にはいかなくなる、、馬鹿です。

Re: No title

2013.06.23.12:38


ラピスさん、今日は。

こういう呪い術、信じている民族、人々、まだ世の中には結構いそうですね。

こいいう問題、道徳的とは関係ないので、難しいでしょうね”

No title

2013.06.23.00:17

親父様、アルビノの方たちが好奇の目で見られる事や
差別を受けている事は感じていましたが、
アフリカ南東部では、呪術のために襲撃を受け、殺害されているとは全く知りませんでした・・・。
むごいですね。

カナダのテレビ番組で放送された、黒人宗教指導者の
『私達は普通の人間であり、特別の力がある訳ではなく、ただ欠陥を持って生まれてきただけ、どうか殺さないで欲しい』という、哀願にも似た訴えに、胸が締め付けられました。
『アルビノの人たちに魔術や呪術に伴う特別な力や奇跡はない』・・・・この事が、世界の常識として浸透して、アルビノの人たちが穏やかに暮らす事ができますように。

No title

2013.06.22.23:46

こんばんは☆アタクシは中国に行ったコトありません(実は海外に出たコトもありません(T_T))が…中国人の方に対して「民度が低い」と思ったコトは多々あります↓昔T○Lで働いてた時は海外からの観光客の方を
たくさん案内してきましたが…一番対応に困るのは中国からの団体客でした(泣)

No title

2013.06.22.05:39

 フィリピンのイフガオ族も数十年前ぐらいまで首狩りの習慣があったといいます。
2度ほどいれましたが、彼らは独自の文化を持っていてその代表的な例がバナウェの棚田でしょうか。
“陽のいずる国大和民族”も最近は我が家の付近の道路にごみを捨てていきます。
文化程度、品性、人間性・・最低限ぐらいは守りたいものです。
プロフィール

わがまま、親父

Author:わがまま、親父
FC2ブログへようこそ!

カナダ、トロント近郊に住む、死に損ないの爺いです。余命わずかなので勝手な事を書き散らしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
わがまま親父の独り言、カナダで生きています。
わがまま親父の独り言う、カナダで生きています。
わがまま親父の独り言、カナダで生きています。
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR