T P P 2

2013.03.15.08:47

このTPP,余りにも範囲が広くて、それぞれの分野での利害関係や利権、既得権、メリット、デメリットがあり、又、官庁や政治家、支える関係団体、出身指示母体で意見が異なる。

私のような経済音痴が語る事さえ、おこがましい程、複雑である。

ただ、全体的に見ればTPP推進派の意見には組しないが、だが、いずれ、TPPには参加せざるをえない、だろうという意見は、先の記事に書いたし、理由も書いた。

色んな問題があるのは承知しているが、私が一番問題としているのは農業問題である。

TPPが締結されたら、間違いなく、少数の限られた農家以外、日本の農業は潰れる。少数と書いたのは例えば超ブランド米農家、これらは特殊購買層があって生き残れるが、それ以外は無理だと思う、

日本の農業、実際に支えているのは、年寄りである、又、多くが零細である、仮に政府補償をつけて一時的に保護したところで、一変、農業人口や農業地が潰れてしまえば、復活は難しい。特に米の田んぼ、


この問題は国としての食料自給率の問題、食料戦略からの安全保障論も絡み、よく考えなければならない。

この問題は以前のブログで何回も書いた事が有る。それは、いずれ、近い将来、必ず、世界的食料危機が来るという事、もう一つ、遺伝子組み換え農産物、これは、その種子、あるいはその種子によって生育された農産物、また、遺伝子組み換え用種子に合うよう改良された、ラウンドアップ、土壌改造剤、使うざるを得ない状況が有るという事。


先ず、世界的食料危機、現にアフリカでいくつも起こっている、理由はいくつもあるが、これは世界的人口問題と関連していて、簡単ではない、更に国としての食料自給率、農業政策もある。

人間、生きていく為には食べなければならないが、自国でそれが調達できない、輸入に頼る、金で買う、ところが、世界的に食料が不足すればこれは金では買えない。

この危機、必ず来る。

もうひとつ、これも以前に記事に書いた。

私が好きで読んでいるブログがある、それはフィリピンで農業をやっている青年のブログ、というのがあるが、彼のブログ記事にあった話。

彼、フィリピンのミンダナオ島の田舎で農業をやっている、色んな農作物を手がけているが、こんな記事があった、それは世界的農産物種子、飼料会社のモン、サント社製の種子、この種子は遺伝子組み換え技術で作られた種子である、別名、自殺種子という、

この種子、生育も良いし、病気にも強い、だが、この作物から採れた種子、次ぎの年、畑に蒔いても決して生育しない、一代で終わり、だから、自殺種子と呼ばれる。

例えばコーン種子としよう、フィリピンのミンダナオ島の田舎、このような種子しか置いていない、コーンを植え付けしたければこの種子を買うしかないのだ、そう書いてあった。

この話も陰謀論ブログでよく話題になる話、それはケムトレイル、見た目は高空を飛んでいるぜジェット機の飛行機雲、だが実際にはこの雲、科学薬品、極小の金属粉が成分、これを大量に散布している

e0171614_1251668.jpg

これがケムトレイル、ただの飛行機雲ではない。誰がやっている?、、実はそこが解明されていない、実に不思議。

この目的は色々あるが、その一つに畑の土壌改造、つまり、ある特定の種子にしか反応しない、仮に自然界で取れた種子を蒔いても発芽しない。、これは空中から散布された物質が雨で土壌に沁み込み土壌が化学変化を起こす為である。

その他の目的、新種のインフルエンザ,新種のウイルス病、つまり、製薬業界がワクチン開発や新薬特許で儲かる為、色々。


食料に限っていえば、世界の食料政策、実はコントロールされているのだ、

このモン、サント社、アメリカにある巨大世界的複合企業で、経団連会長、狆クシャの顔をした米倉の出身母体の住友化学と密接な関係がある、だからこの米倉TPPに積極的だ、そうかもしれないが、要はこの世界的食料危機問題、計画されている、だから、必ず来る。

日本の農業、これだけはTPPから外してもらいたいが、これは政府が決める事、どうにもならない。

そこで提案、これからは是非、個人で自給自足の生活ができるよう準備を始めて欲しい。

田舎の畑の休耕地を借り、必要な農作物を自分で作る、種は自然界で取れた物を保存、肥料は有機肥料、これからは食料、自衛しなければならない時代が来ると思う。試しに明日から、家庭菜園!!


TPP,実はこのよう問題も内包されている。経済から外れた話になってしまったが、それでも何かの役にたつ、そう、考えて記事にしてみた。

スポンサーサイト

comment

Secret

No title

2013.03.19.03:48

Vさん、今や人間、完全に神の領域、侵しています。

最近の遺伝子工学、生物学、自然界にはない生物、生み出しています。

キメラ生物、ご存知ですか、これは人間の細胞と動物の細胞を掛け合わせて作った、新生物、将来は人間の臓器移植に使うそうです。

まあ、考古学のザカリア博士の説によれば、人類は神の創造ではなく、エイリアンと類人猿との合作らしいですが!

人口削減政策の一環、その通り、よくご存知ですね、彼らに言わせると地球規模の最適人口、今の半分でいい、またその内訳、黒人、黄色人種はいらないそうです。


ま、とりあえず、生き残る為、自給自足からはじめましょう!!

No title

2013.03.19.03:33

ねずみ男さん、私も記事にかきましたが、基本的にはこのTPP,反対の立場です、

日本にとっていい所は無い、しかし、アメリカの意向には逆らえない、そんな観点から記事を書きました。

逆らう者は、過去には田中の角さん、最近では中川昭一のようになります、知る人は知っていますね。

No title

2013.03.16.00:29

本当、食料全部輸入に頼ったらアウトや。
それこそ、すべてアメリカのいいなりになるしかなくなる。
あたしもあの種子の話聞いたときぞっとした。
もう神の領域侵しとる。

やっぱりあれ?人口削減政策の一環?

あたしも思う。自給自足できたらと。

No title

2013.03.15.20:10

こんばんは!
TPPについては、私は反対です。しかし参加せざるをえないでしょうね。
この問題については、今は古巣の経産省に戻った中野前京大准教授の見解が分かり易く秀逸だと思います。
3.11の直前に仙台でお会いして、この問題を初めて知り話を聞いたら、私の母校のOBで自殺したと言われる松下金融大臣(当時経産副大臣)は、地元ではTPP反対を言いながら中央では、賛成だったと聞きました。所詮、政治家は選挙に通れば良いのであって、あとは勝ち組になれれば良いのでしょう。

TPPについて、ご参考までに
http://blog.livedoor.jp/amenohimoharenohimo/archives/65771051.html
プロフィール

わがまま、親父

Author:わがまま、親父
FC2ブログへようこそ!

このブログで書かれた記事とコメントの転用を禁じます。
違反した場合は法的手段を講じます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
わがまま親父の独り言、カナダで生きています。
わがまま親父の独り言う、カナダで生きています。
わがまま親父の独り言、カナダで生きています。
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR