マニラでどんちゃか!!

2013.01.22.22:51

バタンガスからの帰り、パサイにある妻の従兄弟宅に寄った、泊まっていけといってくれたが、家を改装中、そんな訳で急遽、予約してあるマカテイのニューワールドホテルに前倒しの一泊を依頼するが、何と、私達の予約そのものが存在しないとあった。

これには慌てた、後にこの原因、妻がカナダからコンピュータで予約したローカル代理店の連絡ミスとわかったが、このために国際電話何本もかけるハメになってしまった。

無事予約確認もとれたが、前泊は通常料金だと言う、8千8百ペソ、まあ、しょうがない。

マニラのホテル、いくつか泊まった事があるが、このニューワールドホテル、まあまあのホテル、悪くはないがなにか無機質な感じのホテルだった。IMG_1016.jpg
ホテル外観

IMG_1014.jpg
喫煙が出来る中庭、鯉が泳いでいた。


ホテル滞在が早まったので早速、ブログでお世話になっているキラさんに連絡(因みにキラさん、ホテルに隣接す素晴らしいコンドミニアムにお住みだ)

で、その日の夕方、急遽、居酒屋大虎で一杯との話、キラさんの高級乗用車で送っていただいた。

着いて驚いた、そこにはかの有名なロクデナシひろしさんがいらっしゃった。そして、初めてお会いするBoss,Kさん、皆さんに会えた嬉しさもあり、直ぐに宴会、そこに偶然、飛行機のトラブルで帰国が延びた、マー暴さんやBossさんの友人も登場、喋る、飲む、喋る、で盛り上がり、で、次ぎはひろしさんご提案の負傷兵探し、(この負傷兵の意味がひろしさんのブログを見れば意味が分かります)

で着いた所は秘密の花園、美しい元男性のお店、この時点で皆さん、既に出来上がり状態、私の横についたナントカ嬢、見た目は完全に美しい女性、竿もとってあり体も女性だと強調していた、見る?と言われたが丁寧にお断りをしたが、彼女というか彼、自身の性的違和感を感じたのは小学低学年の時だと言っていた。IMG_1015-001.jpg

私もこの時点ではもうプッツン状態、ふらふら外にでて相方の女性や隣の美容院のバクラ嬢とへらへら会話、心配して見に来て頂いたBossさんには迷惑をかけてしまった。

結局、この後、1~2軒梯子をした思うが記憶は定かではない。


ひろしさん、キラさん、Bossさん、その節は本当にお世話になりました。改めて御礼、申し上げます。

上に上げた方々、すべて、ブログ繋がりの方、ブログで知り合わなければ、お会いする機会も無かった方々、その意味ではブログの世界、面白いと言えば面白い。

ブログの世界、私の場合、顔出し記事で書いているが、一般的には顔出しはされていない、、そのため、コメント通してのやり取りはあってもどんな風貌でどんな方かは想像で描くしか無いが、この場合、お会いしてその想像と一致するかどうかは面白いところである。

又、記事で面白おかしく書かれている方であっても、実際にお会いしたら腰は低く、相手に対しての気遣い、思いやりの深い方だったり、その書かれている文章とはギャップの有る方だっだり、千差万別である。

私の場合、根が酔っ払い、飲むと直ぐ地が出てしまう、我がまま親父から阿呆親父となる(笑い)。

実はこの2日後も先のメンバーで出来上がり、マニラの夜、徘徊した訳だが、最後に行き着いた通称、暗黒喫茶で例のふらふら病が出て、気がついたらこの店の経営者、強面の屈強な比国人ボデーガードに囲まれた、白人経営者と差しで飲んでいた。

私のその時の服装、パーテイ帰りという事もあったが、シルバーのスーツ、シルバーのタイ、薄めのサングラス、見た目はヤクザ、白人店主も私にたいしてはその筋の人間と思ったのだろう、色んな話を聞かせてくれて面白かった。

彼、アンタッチャブルの世界に住んでいる人間だが、彼の話す英語、英国の大学訛りの英語で不思議に思い、聞いてみたが、答えを曖昧にして笑っていた。
だが、彼の英語、確かにイギリスの高等教育を受けた英語、自身、現在の状況に恥じる部分もあったのかもしれない、唯一、彼が語った自身の話は妻をその昔癌で無くした、そんな話だった。

これは私の想像だが、ここフィリピンで夜の社交場、暗黒喫茶のオーナーになるまでは相当なドラマがあったのだと思う、今でも香港の地下社会とは協力関係があるといっていた。

とにかくこのオーナー、目つきが鋭く、周りの屈強なボデーガードも直立不動でびびっていた。

最後は硬い握手をして再会をちかったが、マニラに来る数多くの日本人旅行者で暗黒喫茶の真のオーナー、白人店主と差しで飲み、話をしたのは私ぐらいしかいないと思う、、、、まあ、飲むと阿呆の私だが、その阿呆さで面白い体験ができた。

因みに暗黒喫茶とは、これはロクデナシひろしさんか、大虎の大将かのいずれかがつけた名前で、昔はLAカフェ

と呼ばれた、バー、場所はマラテかな?、、、一夜の快楽を求めて男女が集まる場所、そういえばお分かりになると思う。

ここには一夜のパートナーを求めて、果てはマニラの田舎から、たくさんの女性がやってくる、どの女性も自分を気にいってもらおうと必死だ、皆、生活がかかっている。

この場所、一応、自由恋愛の場所、お店は関知してはいない、

ここにやってくる男達、多種多様、得たいの知れない白人から、黒人、日本人、韓国人、金に綺麗なのは勿論日本人、ケチなのは貧乏白人、最低は例によって韓国人。

ここで一つ面白い話を書いてみたい。

この話は以前にも書いたが、白人が好むフィリピン女性のご面相について!

どうゆう訳か白人男性、猿顔、はなぺちゃ、色黒、チビの女性がお好きなようだ、この暗黒喫茶でも貧乏白人に群がっていたのは、ひろしさん命名の所謂、負傷兵もしくは敗残兵の女性達、どうやら白人の好みを知っているらしい、このような光景、タイのパタヤビーチでも見かけた。

前から不思議に思っていたが、いつかサンバレスに住むSATORUさんからこの理由について、次ぎのような解説を頂いた。

つまり、白人からみるとこの不細工なフィリピン女性を持てば、酷すぎて他の男性が手をださない、反面、フィリピン女性は相手が白人であることの優越感から周りに自慢もでき、それはそれで上手くいくのだそうだ。よく解らない男女の組み合わせもある(笑い)

まあ、もっともフィリピン女性に限らず南国女性の実質賞味期限は短い、可愛い、綺麗、素敵な女性もその旬の時期はあっという間、顔は直ぐババリータ、おなかはチェ,デバラ、そうなれば美人もブスも最後は同じ。

しかし、そうは言っても、最初からブス専!日本人の発想では考えられない。

此処に来る女性、貧しいが大概の女性は綺麗な英語を話す、つまり高等教育は受けている、だがその教育が何の役にも立たない現状がある。

時々、ブログ上で器量の狭い、人道論を吐く人間がいる、私はそいつらを偽善者と呼ぶが、日本人、そんな所で比国の貧しい女性、食い物にしてはいけない云々、この手の人間、綺麗事言う割りには比国社会の本当の事は解っていない。

まあ、考え方は人それぞれ、自分の意見が正しいと思えば、自分の中でしまって置けばよい、そう思う。
スポンサーサイト

comment

Secret

No title

2013.01.28.04:24

マー暴さん、とんでもない、綺麗な奥様にもお会いできました。

あんな綺麗な奥様お持ちなら、負傷兵は必要ありません(笑い).

また、比国へいかれるときは、ブログで発表してくださいね。

上手く都合がつけば、又、現地でお会いしましょう。

Re: No title

2013.01.28.03:44


奈緒ちゃん,頂いたネクタイとハンカチ、カフスリングのセット、素敵でした!!

ましてや、大好きな美人から頂いた物、爺いの宝にします(笑い)!!

元男性、男性器を取って、女性器に改造、何”見てみたい?

私の意見、見ないほうが良い!!ブラックホールです!!

Re: No title

2013.01.28.03:38


Zenさんってミスターレデイにもてるタイプかも!!

そうですね、ブログの世界、逆にいえば通常のしがらみのない世界、相性だけの世界、合う合わないがはっきりします。

又、ブログで書かれている文章でも人間性が出ます。

私はZenさん、善さんだと思っていますよ!!

Re: No title

2013.01.28.03:31

Bossさん、お守りしていただいて有難うございました(笑い).

もう一つ。余り飲めないお酒、勧めて済みませんでした。

それにしても楽しかったですね””

No title

2013.01.25.16:43

こんにちは、孝ちゃん親父さん

マニラでどんちゃか楽しさが伝わってきます^^

ネクタイしていってくださって嬉しいです!

わたしは元男性のオネエの体がどういう事になってるか

見てみたいです!

No title

2013.01.24.12:56

イイですねードンチャカ(笑)
フィリピンには本当にきれいな人がいますからねぇ
僕は2度ほど犯されそうになりました未遂ですよ(爆)

僕がブログをはじめたのは日本との情報交換と
日本の友人が欲しかったからなんですが
バーチャルな世界に本当の友情はあるのかとも思っていました。

しかし今はこうしてわがまま親父さまと出会い
そしてBOSS Kさんやまー暴さんが声をかけてくれ
これもブログをやっていなかったら出会えなかったと思っています。
本当に感謝です^^

No title

2013.01.23.07:51

おはようございます。

先日は、いきなり小隊を引き連れ押しかけてしまい
申し訳有りませんでした。

僕もブログの世界って、奥が深いと感じております。

また機会が、有りましたら宜しくお願いいたします。

No title

2013.01.23.00:28

親父さんには申し訳ありませんが
あれで2日間得した気分になれました(笑)

確かにブログでの出会いですが
最後は会ってみての相性。
僕はお逢い出来て光栄でした。
またどんちゃか!やりましょうね(笑)

楽しかったなぁ~
プロフィール

わがまま、親父

Author:わがまま、親父
FC2ブログへようこそ!

このブログで書かれた記事とコメントの転用を禁じます。
違反した場合は法的手段を講じます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
わがまま親父の独り言、カナダで生きています。
わがまま親父の独り言う、カナダで生きています。
わがまま親父の独り言、カナダで生きています。
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR