2012.12.20.22:33

私には4つ年違いの妹がある。そしてどういう訳か、彼女の生まれた時の記憶が鮮明に残っているのだ。

私が僅か4歳の時の記憶、何故、その記憶だけが鮮明にあるのかは分からない。

この妹に対する私の感情、兄としてより、父に近いかもしれない、それは、まだ、私の中ではいつも私の後を追っていた小さかった妹の記憶が残っているからだ。

私達の両親、妹がまだ、幼い時に離婚した。その後、母も苦労したが、私兄弟も相当みじめな子供時代を送ったが、その影響か、私はその後、学校でも有名な不良になり、妹達にも迷惑をかけたらしい。

妹はそんな事は一度も言わなかったが、そんな事もあって、妹には特別な愛情を感じている。

妹は今でも私の事を、お兄ちゃんと呼ぶ、この私達の関係、そう、フーテンの虎さんの、妹さくら、そんな関係に似ているかもしれない。

妹が10代の頃、アルバイトで稼いだお金でよく、色んな物を買ってあげた、無論たいした物は買ってあげられなかったが、それは彼女がまだ小さい時には、兄らしい事は何ひとつ出来なく、ただ、ただ、ろくでもなく、悲しい思いをさせた、そんな罪滅ぼしだったが、妹は素直にお兄ちゃんに買ってもらったと言って、喜んでいた。


妹が私を愛している、その愛はいつも感じていた、私が妻と結婚し、母、妹、妻と一緒に暮らしていた時、妹の妻に対しての焼き餅は強かった。妻にたいしてお姉さんとは呼ばなかった。妻もその事については良く、こぼしていた。

その妹、自分の結婚式のとき、初めて妻に、お姉さんと言った,妻もその言葉に泣いていた。

妹、いまでも父の事は一切、話さない、話した事はない、その気持ちは兄として理解できる、だから、私も妹の前では父の事には触れた事がない。

何故、私の妹に対する感情が兄としてよりも父に近いのか、それは妹を不憫に思う、そうだと思う。妹もそんな私の感情をよく理解していた。

妹が結婚したいと家に連れてきた、今の旦那、彼、緊張して中々、肝心な話が出来なかった、私はじれて、奥に引っ込んでしまった。そうしたら。妹がお兄ちゃん、ごめんね、又、出直すから、と言って謝った、別に謝る話ではないのだが、結局2回目で彼はやっと、妹サンと結婚させてくださいと言った。

そして結婚、私は父の代わりに妹と一緒にバージンロードを歩いた、涙が止まらなかった、父がいなくて淋しい思いをし、苦労した妹、やっと幸せになれる、そんな思いで一杯だった。

妹の旦那、彼も苦労したとても優しい人間、妹も良い人にめぐり合ったと思っている。

私にはこの曲を聞くと涙がでてしまう歌がある。森真一の人生の並木道、泣くな、妹よ、このフレーズの歌、この曲を聴くと、小さかった頃、妹の手を引いて公園のブランコで遊んだ、それは母が父が余りにも無体な為、愛想を尽かし、家を出てしまい、ただ、黙って涙をためている、妹が不憫であったからだ。



そんな妹だったが、成人してからは、頑張りやさん、幼稚園教諭から園長先生を長年やり、その後は調理学校にいって調理師免許まで取って、最後はそこの先生までになった。


この妹、私が一時帰国で実家に帰ると世話焼きに来る。好きな酒や好きな酒の肴、買ってやって来る。そしていつもの決まり文句、お兄ちゃん、ジャスミンお姉さんを大事にしきゃ、駄目だよ、なんて”今ではどっちが兄でどっちが妹か、まあ、私が駄目兄ちゃんだからしょうがないが”


そして最後は来なくてもいいのに、成田行きのバス停まで見送りにくる、そして目に涙を一杯浮かべながら手を振って見送ってくれる。


妹、私が彼女の事をこんなに思い、感謝して、ブログでこんなを書いている、なんて事は知らない。

でも、私が死んで、彼女がいつか、このブログで書いた記事、読んでくれればそれで良いと思っている。


妹よ、有難う、いつも感謝している、出来の悪い兄だが、それでも愛してくれて有難う。

スポンサーサイト

comment

Secret

Re: No title

2012.12.25.01:36


Vさん、

娘さんがいらしたんですか””、驚いた””文章から察して、まだ、おねえちゃんかと思っていましたよ(笑い)、まあ、冗談ですが!

人にはそれぞれ歩んできた道で、事情があり、他人には分からない思いがあると思います。又、思いがあってもその思いが上手く伝わらない、そういう事もあります。

しかし、愛情があればその思いはいつかは伝わる、そう、思います。


やんちゃのVさん、今日は別の面を発見したVさんでした。

Re: タイトルなし

2012.12.25.01:27


ころさん、心温まるコメント、有難うございました。

人は愛情があれば、相手の欠点や弱さも受け止め、包容してくれる、そういう事で救われる人間もいます。

私も母がいなかったら、今頃は碌な人生を歩んでいたかもしれない。

ころさんも父上から愛されていた、そんな事が伺われる文章でした。今頃は娘の書いた文章みて、そうだよなあ~、なんて笑っていられるに違いない。

ころさんのコメントに乾杯””

No title

2012.12.24.06:21

ちょっとばたばたしとって、なかなか訪問できんかった。

親父さん、いい話ありがとう。
涙でた。。。
あたし、自分と自分の娘の関係と重なって、またもや色々考えさせられた
ました。。。。

どんなに離れとっても、家族の絆って消えることないですね。。。

2012.12.21.22:34

心が和みました~。妹さんも絶対に素敵な方だろうな~って想像してしまいました。

私の父も大変悲惨な生い立ちのようで、母と結婚していなかったらチンピラで若いころに死んでただろうなって、言ってたぐらいの人でした。DV に酒乱で大変な人でしたが、12歳離れた弟には本当に良い兄だったようです。小学校にも弟をオンブをして通学したらしいです。そして、今でも遊びに来ると父の遺影を見て涙ぐんでいます。兄貴のおかげで高校に行けて、今の自分があるって。多くを語らないですが、父が生きていたら話したいことがたくさんあるんじゃないかなって思います。親父様も妹さんとお母様とも時間をたくさん共有できるといいですね。

親父様のblogを拝見する度に父のことを思い出します。007と寅さんをこよなく愛する父でした。お酒大好き糖尿病で、豪快に見せかけて気が小さい父。二児の母になった今の私と一緒にお酒が飲めたら…きっとたくさん相談できるのにな。あ、でも女は缶ビール三本目はダメだったので酔えないかな。親父様ににお付きあいいただこうかしら…なんてね♪

Re: No title

2012.12.21.21:20


Bossさん、Bossさんの生い立ち、辛かっただろうと推察しています。

でも過ぎ去った過去、今は素敵な奥様とハンサム一心君、早く一緒に暮らせるといいですね”

東京で一心君とあったら、写真を撮って、ブログに載せますね。

Re: No title

2012.12.21.21:15


今日は、SATORUさん、

有難うございます。妹の事を記事にしたのは初めてですが、それは、私の気持ちや思いをちゃんと形に残しておきたかった。

こんな話は面と向かっては話せません。

レイ君、バビー、奥様、にメリークリスマス”

会いたいですね””

Re: 泣かせますね!

2012.12.21.21:07


がんこじじいさん、コメント有難うございます。

そうですね、わが妹ながら、よく出来た妹だと思っています。又、私の自宅で独り暮らしをしている母、何かと面倒を見てもらっています。

そんな事も合って、妹には頭があがりません。

貧しかった子供時代、そんな事もありましたが、今でも、兄弟は仲がいい、有りがたい事だと思っています。

Re: No title

2012.12.21.21:00


Redneckさん、コメント有難うございます。

妹の事は初めて記事にしました。面と向かっては中々言えませんが、私の気持ちは解ってくれていると思っています。

お兄さんとの交流、疎遠になったとか、残念ですね。しかし、そこは兄弟、なにかのきっかけで元通り、あるのではないでしょうか”

No title

2012.12.21.18:35

良いお話を読ませていただきました。
2度目を読むには、私には少しつらいですが。

私の家族も、私が2歳ごろ両親が離婚しましたが、
私と兄は父親に引き取られました。

私が海外移住してから、兄弟の交流はほとんど
なくなりましたが、原因は私の気まぐれです。

私達の年少の頃の日本は本当に貧しかった
ですね。

泣かせますね!

2012.12.21.08:12

 ふーてんの寅さんとさくら・・・泣かせますね!
いい話です。
辛い昔があるからこそ今それなりの幸せがあるんですね。
自分も貧しかった過去を貴重に大切にしています。

No title

2012.12.21.02:46

素敵ですね~~・・・・すみません^_^;
こんな言葉しか思いつきません、
妹さんが、この記事を読んで涙するのが想像出来るが故に
気持ちは伝わっているとは思いますが・・・
是非とも読んで頂いて、人生最高の?クリスマスプレゼントになる事を
願っておりますm(__)m
メリークリスマス(^^ゞ

No title

2012.12.21.02:09

涙が出ました。良い兄妹愛ですね。
ご存知の通り僕にはこういった
経験がないので余計感情移入して
しまいます。きっと妹さんも親父さんと
同じ気持ちなんだろうなぁ~と勝手に
想像してまた涙してます。
プロフィール

わがまま、親父

Author:わがまま、親父
FC2ブログへようこそ!

カナダ、トロント近郊に住む、死に損ないの爺いです。余命わずかなので勝手な事を書き散らしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
わがまま親父の独り言、カナダで生きています。
わがまま親父の独り言う、カナダで生きています。
わがまま親父の独り言、カナダで生きています。
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR