暴走婆、真紀子氏、私は好きだ!

2012.11.11.14:27

暴走婆として真紀子氏、マスコミからぼろ糞に叩かれている。ある意味、叩かれやすいキャラクターではある。

私が好きだった、真紀子の父、田中角栄の全盛期時代、この娘の真紀子、角さんの夫人に代わり、ファーストレデイとして国外でも有名だった。

これは、角さん自身もそう思っていたであろうが、真紀子氏も男に生まれていたら、もっと違った人間というか、もしかして角さん以上の大物政治家になったいた可能性がある。

角さんの名言、数は力である。その通り、民主主義とは大多数の論理で動く、愚民政治でもある。

当時、角さんの周りに馳せ参じた陣笠代議士、代議士見習秘書、大物官僚退職者,たくさんいた.角さん、金権政治家として後に指弾され、首相を引いたが、キングメーカーとして影響力を保持した。いわゆる、闇将軍、

娘の真紀子は、父の秘書,兼、世話係りとして父の世界を内側から見ていた、父のお陰で代議士になれた者、父の動きで上級官僚になれた者、父のお陰で政治権力や利権にありついた政治家、ここに集まった有象無象の人間共、この流れを汲む人間、現在の政治家でも何人もいる。

娘の真紀子、父の元に集まった沢山の野心家集団、その人間達を見て育ちながら、何にも学無かった、父の角さんがどんな手を使って人心把握し、操縦したか、何にも学ばず、ただただ、父の権威と権力にへこへこする人間の上辺しか見ていなかった。

結果、鼻っ柱の強い、我がまま暴走婆として、マスコミで叩かれる存在になってしまった。


ただ、この真紀子氏、政治の暗闇と言うか、裏面世界はよく知っているはず、今でも自民党の流れを汲む、政治家、奇麗事をいっても、角さん門下の駆け出し時代や、権力階段上る途中での裏話や秘密に話、それこそ、墓まで持って行く話、五万とあるだろう。

だから、誰だって真紀子史の恨みを買いたく無いわけ、唯一、恨みを買った男、政界の変人と言われた男、小泉元首相、彼は徒党を組まず、いわゆる金で派閥を作るタイプの男ではなかったから、流石の真紀子も攻撃しようがなかった。


今回、暴走婆と叩かれた新規大学の認可を認めなかった件、結局、官僚や官庁、政治家の圧力で前言を翻したのはお粗末だったが、私はこの措置、間違ったとは思っていない。

それには理由がある。

その理由は真紀子氏が指摘した事も勿論あるが、一番の問題はこの地方の3流駅弁大学、生徒、学生の問題である。


この話は前にも記事にした事がある。

大学、と言っても結局商売、生徒が集まらなければ経営は成り立たない、少子化で師弟は減り、内容は駅前3流大学、ではどうやって経営を成り立たせるか、ここが問題。

それは中国からの留学生、受け入れ、とにかく書類が整っていればナンでも良い、留学生には奨学金もあるそうだ、大学には国からの補助金もでる。


中国は偽造大国、闇社会の泥棒だろうが黒社会の組織員だろうが、書類上は立派な留学生、こいつら日本で大学生の身分を使い、実際には犯罪者、それは警察が検挙した中国人犯罪者の内、この元留学生、それこそ、たくさんいる。

知っている方は分かるが、中国人、粗暴で凶悪、簡単に人を殺す民族、こんな民族、あちこちに増えてきた、コンビに店員、秋葉原の従業員、地方の酪農や零細町工場、元々は留学生崩れというか最初から隠れ蓑、

とにかく、馬鹿なミンス政権、これからも中国人留学生、受け入れ拡大だと!それも奨学金のおまけ付き。

だから、真紀子氏、この点で認可をしないといえばよかったのだが、!!

だが、真紀子氏、そこまで勉強していないし、中国では、井戸を掘ってくれた恩人の娘、ちやほやされているから中国には甘い。


好きなタイプの人間だけに、キチンと勉強してくれれば良いと思うが、このまま暴走婆で終わってしまうのか、残念ではある。


おまけ記事

白人や黒人の中には、とにかく東洋人が好きという人間がいる。これは趣味嗜好の問題だから別にいいが、面白い現象がある。

特に白人、カップルの東洋人、これはタイ人だったり比国人が多いが、連れの女性、明らかにお猿顔、日本人の感覚で見れば、何故?というカップルが多い、私はこのような女性を選ぶ美的感覚がおかしいと思っていたら、実は、そうではなく、この顔なら自己主張も強くなく、浮気もしないだろうと判断らしい。

また、これらの東洋人好きの男でも、中国人女性とは一緒にならない、これは断わっておくが、北米生まれの中国人女性ではない。

本土から来た中国人女性、まあ、器量はともかく、性格は最悪、文句は最大、要求は過剰、愛より金が全て、ましてや白人女性、本土系中国人男性、異星人と言っていた。それ程評判が悪い。当たり構わずタンは吐く、喰い方は下品、大声で喋る、社会的常識はない。

もう直ぐ、カナダも国として中国人の移民政策が変わり、中国人移民の制限が始まる、私とすればやっと気づいたかと思うが、いずれにしても嬉しいニュースである。

草食系日本人男性に警告、どんな事があっても中国人女性とは結婚しては駄目、蟷螂のメスと一緒、いずれ食い殺されます。

これは本当の話、日本にいた頃、実際に見ています。この話はいつか機会があったら書きます。ある菓子メーカーの創業会長夫妻、息子に社長を譲り代代わりしたのはいいが、この馬鹿息子、よりによって中国鬼嫁と結婚,この鬼嫁に全てを支配され、この創業者老夫婦、まるで掃除の番の夫婦扱い、それでも嫁の脅しでへらへらする息子、哀れ、、、この鬼嫁の名前、角田美代子、、、違ったね!!

詳しい話は又今度!!

又、脱線してしまった。

スポンサーサイト

comment

Secret

No title

2012.11.12.03:07

暴走おばさん(笑)

いつも話題提供してくれますね。
今度は朝鮮学校の無償化。
今後の成り行きが見ものです(笑)

中国人嫁に関しては全くの同感であります。
そして黒人社会でもナンデ???って日本人
女性を連れて歩いていますが同じ理由なのでしょうね~(笑)

プロフィール

わがまま、親父

Author:わがまま、親父
FC2ブログへようこそ!

カナダ、トロント近郊に住む、死に損ないの爺いです。余命わずかなので勝手な事を書き散らしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
わがまま親父の独り言、カナダで生きています。
わがまま親父の独り言う、カナダで生きています。
わがまま親父の独り言、カナダで生きています。
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR