ブログって何?

2012.10.31.11:58

世の中には逸れこそ、星の数ほどブログと呼ばれるものが有るのだろう、私のこの下らない独り善がりのブログもその一つになる。

私のこのブログ、一応カテゴリーは海外在住ブログになるが、その割にはそれらしい情報はない。

今の関心事は日本の行く末、日本から去った人間が何を今更、そういわれてもしょうがないが、この思いは長く祖国を離れ、海外に暮らしてみれば、何故そのような思いにいたるのかが分かる。そういう説明でしか言えない。

理屈ではない。

私が住むカナダという国、117の国からの移民で構成されている、実際、私の近所の住宅街でも色んな国から来た人間が住んでいる。

とは言え、この国に生まれ3世4世になれば、完全にこの国の人間であり、先祖の文化、伝統を守る家庭に生まれたとしても、もうカナダ人であり、カナダを愛し、誇りに思う、愛国者になる。

その意味では私は日本からの移住者、祖国の思いは引きずっている。

そんな訳で、おそらくこれからも、祖国日本を思い、憂い、心配し、しかし、どうにもならない事もわかりながら書き続けていくのだろうと思う。

さて、冒頭で独りよがりの記事と書いた。

この事は最初にブログ始めた時に思った事で、独りよがりだろうが、何で有ろうが、自分が本当にそう感じ、そう思った事で記事を書く事に何の躊躇いがあるのか、それが結果的に間違いや誤りで、そのために他人に迷惑や不快な思いをさせたなら、それは素直に謝罪すればよい、だが、そうでなければ自分自身で誤魔化し、自己規制する必要はない。

このようなスタンスのブログ、だから、我がまま親父の独り語、そんなタイトルになった。


私もたまには他人様のブログ、時々、訪問させて頂く。

逸れこそ、趣味の世界ブログ、動物ブログ、旅のブログ、食べ物ブログ、政治経済ブログ、色んなブログがある。
書き手も非常に専門的に勉強されている方もあれば、私のように思いつくままに書き殴っている方もある。

私はその中でそれらのブログの何に惹かれるのか、考えてみた事がある。

それは脚色されていない事実、裸の自身の声、真の優しさからくる他人への思いやり、玉にこういう方の書かれたブログに巡り会う事がある。

このようなブログに共通しているのは、その時点では読み手を意識されていない。と、思う。

例を一つ挙げれば、この私のブログに時々寄稿されるZenさんのブログ、構成は写真のキャプションとであるが、この写真が素晴らしい、何気ない日常ではあるが、その写真には映し手の人間性がでて、その心根の優しさ、人間や全ての生き物を幾つしみ、愛する無垢で純粋な思いが滲み出て、特に子供を撮った写真が素晴らしい。

私は写真の専門化ではない、だから、アングルや構成なんて事はわからないが、彼の写真と写真につけた彼のさりげないコメント、とても心に響く、私みたいなひねくれ者でもそうだから、彼に寄せられるコメントみていると、皆、そう感じているようだ。

人間には隠されたた才能を持った方があるかもしれないが、私は彼にその種の癒し能力があると信じている。

もう一つ、ペット関連ブログ、私も老犬を飼っているが、私などと比べになら無いほど、動物に優しい人がある。
それはいわゆる動物シエルターから、棄てられた犬や猫、虐待された動物を費用をはらって譲り受け、そのような動物に全身全霊で愛情を注いでいられる。

これは単に動物好きだからといって、出来る事ではない。

私はこういう方には素直に頭が下がる。持論である人間性悪説を取り消したくなる。


最近、嬉しい事があまり無かったが、一つ嬉しい事があった。

私がブログで何回か紹介した、HN,ロクデナシひろしさんのブログが復活した。彼の事は比国関連ブログのかたであれば、お会いした方も有れば、コメントやり取りされている方も多い。

いみじくも彼が復活の弁で述べていたが、初めて自身の心の本音を語った、そう思った。

この方、自身の自虐ネタ、下半身ネタで笑わし、おちゃらけ記事で読者のうけを取っているが、実際にはサービス精神旺盛でとっても人に気を遣う方で、今まで生きてきた苛烈な人生でありながら、何故、そうなれるのか、多少私なりに思いはあったが、今回のコメント読んで、やはり、そうだったのか!そんな思いがした。

この方は私なんかよりずっと深い哲学をお持ちだ!それはアカデミックな学問ではなく、苛烈な人生から学んだ自身の哲学、生き様、そして自身の裸を晒す勇気、

私はもう老い先短い、ひねくれ我がまま老人、嫌いな事も沢山あり、いまさら、変える積もりはサラサラ無いが、しかし、素晴らしい人間にはブログを通じてまだ、巡りあえるかもしれない。

ただ、問題は私が相手に対して抱く、深い敬意と尊敬の念が、相手から見た私が私がろくでもない、わがまま爺糸映り、残念な対面になる可能性、それがある。

最近、感情表現力が弱り、心も感情も乾いてしまっている、怒りも有るが、醒めた目で見る事が多くなった、これが老いという事なら、まさしく、老い真っ最中、

まあ、良いでしょう、生まれた時も1人、死ぬ時も1人、黙って旅だてばよいだけ、


しかし、飲みたいなあ~、あの出来上がって、ふう~という気分、もう駄目なのか?

スポンサーサイト

comment

Secret

Re: No title

2012.11.01.13:37


Bossさん、だって私、一心君の祖父ですよ!!

マニラで孫に会ったら、何か買って上げたいな!!

そうだ、私がマニラにいる間に大袈裟じゃない程度で、教会での洗礼式、やれませんか!

多分キラさんなら喜んで参加してくれるはず、オカさんと相談してみて下さい。

私の勝手な希望、男、邦人男性はバロンタガログの正装で、女性はドレッシー、カジュアルは駄目、教会だけの費用であればそんなにかからないはず、

大袈裟にすると比国サイド、訳の分からない、その他大勢、内緒にしましょう!!

Re: No title

2012.11.01.13:24


MTさん、ご無沙汰、お元気ですか!!

例のヒロさんの投稿ページも読めるようになり、MTさんの投稿もチェックしています。

時々、例の偽娘さんへの溺愛ぶり、笑っていますが、!!

そうですね、私も美味しい焼酎、飲みたいですね、先日、義理の弟、私の主治医ですが、家に来たので、思い切って聞きました。

本当に飲めないのか?

彼曰く。医者としては飲んでも良いとは言えない。しかし、気持ちは分かる、で、少しくらいならとの話に、すかさず、妻、駄目駄目絶対駄目、、、、、、

私、私の余命が5年なら、4年で死んでもいい、だから飲ましてくれ、本当はそう思っています。

飲めない事がこれほどストレスになる、吃驚した。

Re: 老い…

2012.11.01.13:10


キャシーさん、過分なお褒め、有難うございます。

独りよがりでいいたい放題ブログ、でも正直に書いています。

私、肉体的老い、これは余り気にしません、まあ、女性にそんな事はいえませんが!

ネット、ここはバーチャル空間、時々コメント頂きながら、キャシーさんてどんな方?想像しています。

私の勝手な想像、キャシー=ジャンヌダルク、そんなイメージです。(笑い)

Re: No title

2012.11.01.13:01


ねずみ男さん、コメント有難うございます。

ひろしさん、私、この方に会うため、トロント、シカゴ、成田、アキノ空港と長時間のフライトを経て比国に行きました。

でも、そんな旅、無駄ではなかった。

男が男に思う素敵さ、それって実際に有りますね。ただ、他人を喜ばせる、他人に非常に気を配る方で、それは楽しい時間を過ごしましたが、それが本人の実相かといえば違う気もしました。

こんな事を書いて良いかどうか、私は彼に魂の純粋さ、無垢さを感じました。ある意味こんな方も珍しい。

又、お会いしたいと思った人物でした。

ところで、ねずみ男さん、大会社で、もしかして佐官、将官、?

私、以前記事にしたサラリーマン時代の研修で、以外といわゆる縦社会組織に向いていた事が分かりました。

生まれ変わったら、防衛大首席で卒業して、、、、、ま、夢、としておきましょう(笑い)。

Re: ふるさとは遠きにありて思ふもの

2012.11.01.12:41

> こんばんは。
>
> 考ちゃんさんもブログ復活ですか?(笑)

此方の時間で、同じく、今晩は!

キラさん、本格復活ではありませんが、記事を書く億劫さは少しはなくなりました。

でもこうやって自分が好きな方から便りが貰える、嬉しいです。私もキラさんみたいに誰からも愛される、優しさと穏やかな人格、羨ましいと思いますが、今更、どうにもなりません。

比国の邦人社会は住んだ事がないので分かりませんが、SATORUさん、いわく、比国の邦人の方は個性が強く(良い意味で、笑い)付き合いが難しいとの話も聞きました。

私の場合、邦人と言えば、教会の信者の日本人だけ、彼ら、余りにも善人と言うか、宗教浸かりというか、我がまま、ひねくれ者の私とは波長が合いません。

ひろしさんと会いましたか!

ご自分のブログで認知の件があり、その事があっての休刊と思っていましたが、それにしてもひろしさんも立派ですが、奥様も出来た人、

一月に義理の弟のミッションでヌエバアシハに行きますが、その時にはひろしさんのお店にも寄りたいと考えています。

キラさんにもまもなく会えます。

その節は綺麗な奥様や子供達、そしてワンコ、紹介してくださいね。

ふるさとは遠きにありて思ふもの

2012.10.31.22:09

こんばんは。

考ちゃんさんもブログ復活ですか?(笑)
それは体調が、少し良くなってきた事と思います。
無理せず、私みたいに勝手気ままに書きたい時に書けば良いと思いますヨ。(笑)
もっとも私のは特化していて、もっぱら老後の時の為に、自分の日記用に書いていますが。(笑)

日本を出て初めて、日本の素晴らしい面も再認識しますし、逆にもどかしさも感じます。
日本を離れると、かえって日本の事がよく見えますね。
そうは言っても、海外でも交流は邦人社会が主流ですから、異国に居る感じも薄れますが。(笑)


ヒロシさん、本当に正直で真面目な方ですね。
私も素晴らしい人だと思います。
今までのご自分が歩んできた経験が、ヒロシさんの人格を形成したと思います。
先日、近所でバッタリ会って、相変わらずとても元気そうなので安心しました。

No title

2012.10.31.21:44

元刑事さんのブログで「イケイケロクデナシひろし」さんのブログを知り、夢中で読み始めたら、いきなり休刊で残念に思ってました。
私は 佐世保で勤務したこともあり、懐かしさも感じていたので再開されて喜ばしく思っています。
この方の凄いところは、長崎での肉体的努力もさる事ながら、!東京に出てきて、成功を収めるために知的に血の滲むような努力をされたことが伺える事です。それをさりげなく面白おかしく表現されていることに、元々の知的能力の高さを感じます。

わがままおやじさんのブログも痛快ですよ。また、我が社の宣伝もさせていただきます。

最後に、支那の軍事委から対日.対米強硬派が少数派になった事は、まだまだ彼らも己の実力を認識できる能力を持っていたということでしょう。後はバブル崩壊と反中共暴動が活発化しながら、日本に押し寄せることなく、衰退してくれることを望むのみです

老い…

2012.10.31.21:35

老い、という物は自覚しながら戦うしかないもので戦ってる時はまだ元気なんだ!と思うようにしています。私は、まだ女である自覚もありますもんで顔のシワやタルミに対しての戦いもあり…ふぅ。
親父様のブログは国家を憂う強い気持ちだけでなく、何かしらブログでしか知らないのに生き様に魅力を感じ、元気にさせて頂いています。きままこそ、人間らしさであり書きたくない時は書かず、伝えたい時は本音で伝える…大げさでなく今私の一番の楽しみが親父様のブログかな?

No title

2012.10.31.19:14

おはようございます。復活しましたね。あまり無理をせず気が向いた時に書いてくだされば良いと思います。

先日ニュースでカナダで地震!直ぐに場所を見ましたが反対側でしたので、安心しました。

BOSSさんこんばんは! 早朝の更新お疲れ様です。

孝ちゃんさん、飲めないのは辛いですよね。私も先日ドックの検診を受けましたが、結果はどうなりますか?

来年までに美味しい焼酎探しておきますからね!!私は芋焼酎が駄目なので麦か?米ですが!

No title

2012.10.31.12:55

日本を離れて初めて知る日本。自分自身も気が付かなかった
日本への想い・・・ってのはありますね。
僕が叫んだ所でどうなるものでもありませんが
日本に住んでては気が付かなかったでしょう。
それを気が付いただけでもアリだと納得させています。

しかし親父さん。老いを語るのはまだ早すぎますよ!(笑)
僕もひろしさんの更新にホッとした1人です。
プロフィール

わがまま、親父

Author:わがまま、親父
FC2ブログへようこそ!

カナダ、トロント近郊に住む、死に損ないの爺いです。余命わずかなので勝手な事を書き散らしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
わがまま親父の独り言、カナダで生きています。
わがまま親父の独り言う、カナダで生きています。
わがまま親父の独り言、カナダで生きています。
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR