男と女の別れかた 3.

2012.09.13.11:01

結婚と言う制度、あえて制度と書くが、これ自体無理がある、だから、神の前で誓ったり、法律で縛ったりしている訳だが、これも当たり外れがあり、当たれば幸せだが、外れれば、悲惨な結果になる。

大体が惚れたのはれたの、へったくれだの言っているは暫くの間だけ、後は現実を受け入れて、妻や夫、父や母の役割としての人生、愛情があったとしても、当然、その質、内容は変化していく。

これはこれで悪い訳ではなく、それなりの幸せなのかもしれない。

問題ははずれの場合、この場合、何処で、はずれと判断するか、その時期が難しい。

よく聞く話、成田離婚、新婚旅行で妻には結婚前、相当男性経験があり、夫はその経験が乏しい、で、妻から、下手糞、もういや、そんな事で簡単に離婚、これはこれで立派な理由。離婚原因になる性格の不一致、これは性生活の不一致が半分を占める、どっかの雑誌に載っていた。

男と女、一緒に暮らせば、お互いに前には見えなかった欠点が見えてくる。

我慢するか、諦めるか、たいした問題ではないと気にしないか、そこは裁量の問題で普通は片がつくが、つまらん相方と一緒になると、これは悲劇になる。脅迫的潔癖症なんて女を貰ったら、人生でそこでお終いだし、異常妄想性嫉妬心持ち、これも人生おしまいの口。

男の場合は、マザコン男やギャンブル狂、怠け者、これも女からいわせれば、知らなかったア~

とにかく、上記のようになれば、一刻も早く別れる事。この場合、財産とか慰謝料なんてケチ名考え方は捨てる事、逃亡でもなんでもいい、とにかく、リセット、それしかない。


この私の拙いブログに時々コメントを頂くカーニャさんがある(御免なさいね、お名前出して)アメリカ西海岸で米国人のご主人と2匹のわんこと猫ちゃんと暮らしておられるが、彼女のコメントにもあったが、アメリカでは元彼、元彼女、元妻、元旦那、別れた後でも友人だったり、この辺の感覚は日本人には? と思うが、これも文化であり、解らなくても致し方がない。

大体が結婚する前にエイズの検査を義務つけたり、離婚を想定して財産分与の諸類を作成したり、結婚自体、契約と考えている訳だから、それで良いが、お互いが義務と権利として互いに暮らす、なんかなあ~

話が少し脱線するが、結婚制度としての一夫一婦制、制度としては世界的に定着しているが、宗教的に一夫多妻を容認しているイスラム教、アフリカの原住民での多妻制度、アマゾン奥地原住民の多妻制度、世界にはまだそのような結婚制度が残っている。

インドネシアの元大統領夫人、デヴィ夫人は第3夫人であった事は有名な話だが、ここでこの妻の序列は実際には意味がない。

イスラム教では妻の地位の序列はない、結婚した順番で地位は公平である。

妻を何人も持つ、ある種の男には夢なのかもしれないが、実際は大変な財力、労力、精力が必要である。つまり、それが出来ない人間、男、一夫一婦制、そこに落ち着く、自然の帰結である。



結婚はともかくとして、男と女、別れ方、自然消滅が一番良いが、そうは上手く都合がつかない。

片方が別れたい、片方は別れない、昔はこの別れない、圧倒的に女だったが最近では男の台詞らしい。ナンじゃ、この現象は、なんでも泣いて縋ったり、後でストーカーになったりするらしい。

日本男児もなんとまあ、情けなくなったものだ。

ところで男の立場で言えば、片方が絶対貴方とは別れない、別れてあげないと言われた時、これは難しい。

この場合、色んな理由があって、純粋に未練がある場合、嫌がらせの場合、その時の状況で処置は異なるが、上手別れるのにはコツがある。

その話は続きに書く。

スポンサーサイト

comment

Secret

Re: 夫婦愛

2012.09.14.10:45


キラさん、約2週間の禁酒を経て、今宵解禁になりました。今現在酔い度。6度位、それはともかく、男と女の別れかたシリーズ、締めはキラさんのコメントに影響されました。

でも、その相手は日本人ではなく、フィリピーナでした。このフレーズです。

Re: No title

2012.09.14.10:37

かしこ期待さん、面白かったですか。

約、半月、アルコール抜きでした。その理由は又、書きますが、所で、私のDNAってなんですか?

管理人のみ閲覧できます

2012.09.13.21:40

このコメントは管理人のみ閲覧できます

夫婦愛

2012.09.13.11:51

お体の調子は如何ですか?
首を長くしてお待ちしてますので、お体ご自愛下さいね。

タイトルと話題が少し飛びますが、私は恋愛と結婚とは別物と考えて居りました。
若い時から色んな女性と付き合いそして別れ、結婚相手は別視線で見てました。

幾ら誰もが振り返る様な美人と結婚しても、せいぜい7年くらいで飽きが来ると思い、結婚相手はその後芽生える夫婦愛や家族愛が抱ける女性と思って居ました。

でも、その相手は日本人女性ではなく、フィリピーナでしたが....(笑)
当時、フィリピーナと結婚するカップルも沢山居て、今ではみんな別れてしまいましたが、浮気性の私がどうして28年間も続いたか不思議です。
結婚する時は勢いで結婚しましたが、昔から抱いた夫婦愛など全然考えず、きっと妻が耐えてくれたからだと今では思って居ます。
何よりは、日本で子供3人育て、すっかり思考が日本人になった事も、大きな要因と思って居ます。
プロフィール

わがまま、親父

Author:わがまま、親父
FC2ブログへようこそ!

このブログで書かれた記事とコメントの転用を禁じます。
違反した場合は法的手段を講じます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
わがまま親父の独り言、カナダで生きています。
わがまま親父の独り言う、カナダで生きています。
わがまま親父の独り言、カナダで生きています。
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR