ある事件があった。

2012.07.23.14:58

会社員時代、ある事件があった、

業界ではそこそこ有名だった、古美術関係の出版社が倒産した。

そこで、債権者会議が行なわれた、倒産した会社に債権を有する、会社、個人が、会社に残った資産をめぐってどうするか、そういう会議である。

一番優先されるのは労働債権、次ぎが金融債権(銀行などの貸し付け金)その他となる。会社自体の資産はたいしてなかったが、会社でもっていた、機関雑誌、商標権、それと社長個人の資産、これが多きかった。

会議は取り分巡り、結構紛糾した。

有る時、その会議に真っ白なロールスロイスにのった人物が乗り込んできた。

彼は、竹下登首相の金の屏風事件で有名になった、当時有名だったXX画廊のオーナーだった。

そこで、彼は個人的貸付をしている、と主張をし、書類も提示した。彼はその出版社の再建を主張した。どんな圧力をかけたかはしらないが、銀行やその他、金融債権者は了承した。旧従業員には雀の涙の退職金を支払った。

問題は他の債権者。我々は会社の再建などはどうでもよかったが、2つに割れた、私はその時、この胡散臭いオーナー側についた、つまり彼はこういった、私につけば、お宅の債権は保証する、だから、私についてくれ、この時は彼の正体は知らなかった。

結局、その会社は彼の物になった。

彼は有名な画廊を経営している、絵画よりも古美術がメイン、古美術を金に換える政界の連金師、後から彼はそう呼ばれた。

後で、解った事、この出版社を潰したのは彼だった、彼は金融機関使い、動かし倒産させた、それは会社よりも,古美術界で名があった、雑誌に有った。この雑誌の権威によって、値打ちが決まる。真贋が決まる、

彼は自分が扱う、古美術に箔をつけたかった。

当時、古美術、骨董、絵画、屏風,額装、巻物、これらの物が贈り物として、政財界でお金の代わりに流通していた。後で買取という仕掛け、これ自体は商行為、上手く。考えた。

このxx画廊の経営者、今でいえば暴力団舎弟企業、このオーナー、もう亡くなっている、しかし、あの白いロールスロイスで颯爽と乗り込んだ姿、いまでも覚えている。

後にご馳走になったことがあったが、とても893の方には見えなかった。最も、私も若く、世の中の裏が見えていなかったが、だが、面白かった事も事実、そういえば、このオーナーから、後楽園のボクシング、リング席のキップもらった事を思い出した。そういえば彼の護衛、ボクサーだった。

スポンサーサイト

comment

Secret

その御方は

2012.07.24.18:29

市内のはずれの高原で別荘暮らしでもしておられるのですね。

山の中腹にあるような場所でして、2年くらい前に帰国した時に
親の軽自動車(ターボ付)でワインディング道路を上りましたら
ターボ部品が焼きついて壊れました、交換で20万円也、合掌!

話かわりますが
八王子スーパーナンペイ殺人事件で新展開です。
トロント在住の中国人が怪しいらしく身柄引き渡し交渉してるとのこと。

No title

2012.07.24.04:04

赤い洗面器さん、彼、長野で隠遁生活らしいですが、まだ、生きていますね。

吃驚しました。多分、相当のご高齢、秘蔵のピカソやシャガール、売りに出したい、そのような記事がありました。

彼、竹下登元首相の側近秘書、青木伊平と仲が非常によかった。

No title

2012.07.24.00:40

赤い洗面器の男さん、私が関わったこの事件、もう30年以上前の話、

多分,亡くなっていると思いますが、よくは知りません。

東大美学部卒、当時はそうかなと聞いていました。

東京大学には

2012.07.24.00:10

美術系学部ありませんね。

「金屏風事件」で検索すると、情報ありますが、RR某氏は、すでに亡くなられているのですか?

No title

2012.07.23.22:59

赤い洗面器の男さん、コメント有難う御座いました。

ハイ、その通り、でも、良く、解りましたね””

彼、東大の美学、卒業と言ってましたが、東大に美学ってありましたか?

一見,紳士に見えましたが,目は鋭かった。

No title

2012.07.23.22:54

Bossさん、この方、合法ビジネス、問題ありませんでしたが、後、竹下登元首相の金の屏風事件で,事件の黒幕として話題になりました。


これは想像ですが、彼、今でいうと待金融、当時は闇金融、やっていたと思います。又、プロボクシング、ジム関係者だったと思う。

それは彼、常に2人のボデイガードがいましたが、2人ともボクサー上がりだった。

管理人のみ閲覧できます

2012.07.23.20:26

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

2012.07.23.18:25

結果的にこのオーナーについて
問題なかった訳ですよね?
先見の明とギャンブル運の強さでしょうか?(笑)
しかし毎度々 僕みたいに貧乏人には想像もつかない
世界ですね~。
プロフィール

わがまま、親父

Author:わがまま、親父
FC2ブログへようこそ!

このブログで書かれた記事とコメントの転用を禁じます。
違反した場合は法的手段を講じます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
わがまま親父の独り言、カナダで生きています。
わがまま親父の独り言う、カナダで生きています。
わがまま親父の独り言、カナダで生きています。
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR