素人ながら、疑問が残った。

2012.07.15.11:47

先ず、この記事を書く前に、3人の方に言い訳を書いておきたい。

一人はこの拙、阿呆ブログのコメント頂く、元??府警捜査4課、刑事のBossさん、次ぎに私がブログ絶賛する、ろくでなし、ひろしさん、彼の場合、仕事、職業がら、警察には詳しい、最後は最近、コメント頂く、チャリスさん、前職は良く知らないが、法律関係、詳しい。

前段で述べた、お三方、もし、間違っていたら、笑ってください。

では、本文に入る。

私は、こう考える、何故、とっかとして滋賀県警の捜査が入ったか、それは、大津署が下手打った、被害届け3回も受理拒否した。この場合、一担当者の判断ではない筈、警察機構は軍隊と同じ、つまり、この判断はしかるべき、上層部の判断があった。大津署の場合、階級でいえば警視の署長、このクラスの署長は、市の行政幹部と結びついている。多分受理しない、話で、動いた。

この結果、警察は全国民の信頼を失った。当然警察官僚は、慌てた、滋賀県警本部長も慌てた。彼らはキャリアエリートである。当然、監督官庁、警察庁も慌てた、それは国家的に、警察の威信が崩れた、そこで、警察庁から、滋賀県警、何とかしろ、指示がきた。滋賀県警本部長、慌てた、階級警視長、県警のトップ、それで20人体制、専従本部をおいた。

此処で、断っておきたいのは、駆り出された面々、階級で言えば、警部補筆頭に巡査長、所謂、ノンキャリアの警察官、
日本が安全で暮らせる社会、それは警察でノンキャリアと呼ばれる、司法警察官のお陰である。

少し、勉強したので書いておきたい、日本を支える、ノンキャリア警察官、これは警察の格都道府県で採用され、警察学校、後、地方公務員、初任が巡査として採用される。

その後巡査部長としての実績が2年以上これは大卒の場合、短大、高卒、3年~4年以上、の現場経験を経て、やっと、警部補、昇任試験資格が得られる

しかし、実際には、業務がきつく、そんな勉強をしている閑はなく、日々、犯罪を捜査、被害者の立場に立ち、歩きまわる、これが。我々が知っている、警官だ。

だが、一方。キャリア官僚と呼ばれる、人間も警察にいる、キャリアは国家公務員上級職。一種合格者、警察庁採用」、初任は警部補からのスタート、ミスがなければ警視総監、検察庁長官になれる。


色々、書いたが、今回、警察庁が動いた結果、大津署の幹部の首が飛ぶ、それはいいが、今回のこの事件、立件できるのか、検察で起訴できるのか、裁判までいけるのか。

素人ながら、法律運用から言えば、難しいとおもう。

しかし、多く国民は、糞ガキ、親、担任、学校、教育委員会、なにがしかの、ぺナルテイは払って欲しいと思っている。

この際、必殺仕置き人。基金でも作りますか。

私が親ならそうする。


いずれにしても、多くの国民、警察の落とし所,待っているが、あるブログでこんな話があった、事件、校長、責任を感じて、自殺、それにて一件終わり、うがった見方だが、ここまでくれば、そういう話も否定できない。
スポンサーサイト

comment

Secret

No title

2012.07.16.01:42

おかやんさん、貴重な情報、有難う御座いました。

詳しくは公開できませんが、どうぞ、支えになってやってくださいね


No title

2012.07.16.01:38

ひろしさん、コメント有難うございます。

それはともかく、3等兵は止めてください(笑い)

ひろしさんは、私の憧れの人、ひろし少尉でお願いします。


警察関係に強い、ひろしさん、私もそう思っています。拳は振り上げたが、さあ、どう振り落とすか、そんな所でしょう。

ひろしさんもお感じになっていると思いますが、祖国を離れ、異国の地に住みますと、愛国心は強くなります。

日本に住んでいた時は、余り、感じませんでした。

南方方面、戦果、報告、期待しております。(笑い)

No title

2012.07.16.01:28

ねずみ男さん、このつまらん、酔っ払いブログ、ご訪問、有難う御座います。

有益かどうかはともかく、おかしいことはおかしい、そんな事で書いています。

ぞうぞ、又、いらして下さい。

No title

2012.07.15.22:57

孝ちゃんさん、こんばんわ。

昨日の朝、警察に近い人間に話を聞いたのですが、警察・検察共に相当焦っており、本来であれば今まで民事で終わっていた「いじめ」の事件を刑事事件として処分出来ないかと模索しているようです。

以前であれば、地方自治体に依って闇に葬られていた哀しい事案がネットの普及によって世論が騒ぎ、国を動かす形相になってきております。

同じ外国に住む同胞として、祖国に住む日本人以上に日本人としてのアイディンティティを有されている孝ちゃんさんを誇りに思っております。


今後、親と子の絆が深まり、日本の教育制度が見直される事を願ってやみません。


ありがとうございました。

No title

2012.07.15.21:10

 こんな面白いブログ(有益な)があるのを知りました。
 これからも訪問させていただきます・

管理人のみ閲覧できます

2012.07.15.20:18

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

わがまま、親父

Author:わがまま、親父
FC2ブログへようこそ!

カナダ、トロント近郊に住む、死に損ないの爺いです。余命わずかなので勝手な事を書き散らしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
わがまま親父の独り言、カナダで生きています。
わがまま親父の独り言う、カナダで生きています。
わがまま親父の独り言、カナダで生きています。
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR