私の愛犬、もう長くない。

2012.06.20.13:58

私の愛犬,ブラッキー、今年の9月で19歳に成る、人間でいえば100歳は越えている。

最近、下のコントロールが出来なくなった。

今日も朝、起きたら、うんちとおしっこ、家の中でしていた。おいでと言ったら、私の顔を見ない、案の定、やっていた。

何も言わないで始末した。

散歩に行った、途中で転ぶ、後ろ足が上手く動かない、散歩10分で、疲れている、そして時々、固まっている。痴呆症状だ、耳も聞こえなくなっている、

勿論、覚悟はしている、だが、今の所、食欲はある、

ネットで犬の老化、調べて見た、愛犬のケース、食欲が無くなったてからの死は早いとあった。

今の所、私を認識できる、しかし、いつまで持つか、この何週間で、老いが一気にきた。

痴呆でも、動けなくなっても良い、生きていて欲しい、息を引き取る時は私の腕の中、そう決めている。

しかし、実際、この愛犬を失ってしまえば、私の何かが無くなる、そう思う。


普段は神に祈らないが、今宵は祈りたい。
スポンサーサイト

comment

Secret

No title

2012.07.05.04:12

よしピコさん、この稚拙なブログ、ご訪問頂き、有難うございます。

よしピコさんの話も、せつないですね。

ん~ん、言葉が出ない。

最近、酔って階段から落ち、私がよたよた歩いていたら、自分も不自由なのに、心配そうに私の後を追っていました。

朝おきて、階下のわんこの寝床に行きます。ぴクリとも動きません、一瞬、駄目かな、そう思っていますと

暫くするとヨタヨタと起き上がります。

でもいつかは起きあがらない時もあるかもしれません。

覚悟はしているけれど、つらいなあ~

よしピコさん、又、いらして下さいね

No title

2012.07.05.03:56

備後表さん、コメント見逃していました。ごめんなさい。

おっしゃって頂いた話、よくわかります。

有難う御座いました。

No title

2012.07.04.11:13

動物は自分たちのことを一番知っているのかもしれません。
僕は1年前に10年一緒にいた犬を失いました。

最後は、僕が出張で出かけた
次の日、亡くなっていたそうです。
最後を僕の前では見せたくなかったのかなと
思いました。

前日、家を出る時
調子が悪かったので寝てることが多かったんですが、
その日は、なぜか玄関まで出てきました。
頭を撫でたのが最後です。

最後を送ってあげることもできなかったけど、
逆に実感が無さすぎて、自分を保つことができてました。
そのことをedy(犬の名前です)知っていたんじゃないかと。

No title

2012.06.20.19:06

心の準備をなされてる様ですので少しは軽減できるでしょう。
しかしポッカリと空いた虚脱感はしばらく続きます。
ペットでも家族の一員というのを、我が家の駄犬が逝った時に初めて実感しました。

町内の方が「直ぐ別な犬を飼わないと尾を引くよ」とアドバイス。
無理でした。家族全員がそれぞれの思い出に浸ってました。

立ち直ったのは、オカルト的に、こんな我々の状態は我が駄犬は望んでない、とすり替えたら楽になり、見守ってくれてるのに恥ずかしくないようにと考えたからです。
プロフィール

わがまま、親父

Author:わがまま、親父
FC2ブログへようこそ!

このブログで書かれた記事とコメントの転用を禁じます。
違反した場合は法的手段を講じます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
わがまま親父の独り言、カナダで生きています。
わがまま親父の独り言う、カナダで生きています。
わがまま親父の独り言、カナダで生きています。
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR