愛犬ブラッキー、フィリピンだったら、喰われていたそうだ。

2012.05.15.06:22


掲載の写真、愛犬、そして老犬、ブラッキー。


風邪の為、2日寝込んだ、カナダへ移住して10何年になるが、始めての事だった。何せ、酒びたりの毎日、肝臓も弱ってきているのであろう。咳と鼻水、全身の倦怠感、関節の痛み、参った。

記事の更新、暫く休もうと思っていたところ、VRAIさんの記事に犬を食べる話があった。

現在、犬を食べる食文化もっている国、朝鮮、比国、ベトナム、そして、シナ、尚、シナは四足(机以外)は何でも食べる。たまには人間も食べる。(食人文化 中国と検索すれば沢山でてくる)


このシナの食材市場、何と犬の干物が売られていた。

食文化、風俗、文化の違いと言ってしまえばきりがないが、犬は食うなよ、ある比国系ブログで、こんな話が書かれていた。

筆者、日本人が可愛がっていた犬がいた。ある朝、起きたら、その犬がいない、胸騒ぎがして家人に尋ねたそうだ。そうしたら、妻の母が、犬を集めていた男(食料として)にたった500ペソで売ったそうだ。

私はどちらかというと、比国人擁護派だが、こんな家族は叩きだす。ペット、家族として飼っている事を知っていながら、売ってしまう無神経さ、呆れるばかり、

これもあるサイトで見た、朝鮮人が犬を殺している。食料とする為であるが、殺し方が酷い、めちゃくちゃ、虐めながら殺す、これは、朝鮮人、こうする事によって肉が旨くなると信じているから、キチ外としかいえない。


人間 食物連鎖の頂点にいる。雑食性の生き物、何でも食べる、だけど、犬は食うなよ!!


最近、ハリウッド映画、地球外生命体の地球攻撃の映画、沢山作られている。たかが映画の話だが、もし、その地球外生命体が、人類、人間を食料として、来襲したのであれば、人類はそれこそ、無尽蔵、何十億もいる。

話が飛躍したが、とにかく、犬は食料では無い。喰わないでくれ!
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

わがまま、親父

Author:わがまま、親父
FC2ブログへようこそ!

カナダ、トロント近郊に住む、死に損ないの爺いです。余命わずかなので勝手な事を書き散らしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
わがまま親父の独り言、カナダで生きています。
わがまま親父の独り言う、カナダで生きています。
わがまま親父の独り言、カナダで生きています。
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR