私の自殺、何故失敗したか。

2012.05.12.12:15

IMG_0609.jpg
掲載の写真は、ちょい前昔のムスタング。


最初の自殺挑戦は中学2年生だった、成績はトップクラスだったが、とにかく、貧しかった。今考えれば方法はあったのだと思う,しかし、その時は、進学校に入れるか、入っても授業料払えるか、下には弟、妹もいる、自分だけ、好きな道、進んで良いのか、母の苦労は知っている、弟や、妹の為に、中卒で働くべきだ、しかし、クラスには自分よりも馬鹿がいる、何故、私だけが、進学できないのだ!!

薬局で大量の睡眠薬、学校の休み時間に飲み、気がついたら、2日後でした。母は枕元にいましたが、何も言いませんでした。そのときは直ぐの胃洗浄で助かったそうです。

こんな事件起した人間、学校には戻れません、結局、親類の世話になり、その後の人生が変わりました。


2度目、妻との新婚生活時代、有る時、妻と同時進行で付き合っていた女性がいました。結果的に妻を選び。彼女は捨てました。非常に自分勝手、汚いやり方だった。多分、本当に愛していたのは彼女かもしれない、

その彼女とある場所で偶然に会いました。彼女も私を忘れるため、会社も変え、努力したそうです。
こんな事はやってはいけないと思いながら、又、始まった付き合い、精神的ににっちもさっちも行かなくなった。

そんなある晩、突然死にたくなった、酒は多量に飲んでいた、睡眠薬も飲んだ、気がついたら、左手の手首から大量の血が噴出していた。

そのとき、なかなか、風呂から出てこない、私を心配して、妻が様子を身にきた、悲鳴を上げた、直ぐ、病院へ、

医者は言った、馬鹿は事をしたが、手首の筋は切れていなかった、手は動かせるそう言った。


結果的に私の自殺は未遂に終わった。今、考えると、刹那的な自殺決行、根性が入った自殺願望者ではなかった。とは言え、ちょっとのずれが無ければ、今の私がいない、それも事実。


その後、死ぬ事は止めた。

それから、何十年、こうやって、酒を飲み、酩酊状態で毎晩、つまらぬ記事を書く、阿呆親父がいる。この人生の仕上がりの仕方、予想はできなかったが、悪くはない。


この話も自分の中では、いつかは書きたいと思っていた事。でも、まだまだ、叩けば、埃の出る体、色々あります。

ま、今宵はこの辺で、

明日もできあがったら、又、書くかな。
スポンサーサイト

comment

Secret

No title

2012.05.15.09:56

VRAIさん、ご返事遅くなりました。

寝込んでいました。

VRAIIさんの別の部分、改めて知りました。

No title

2012.05.12.21:29

私も自殺経験者の1人です。
気がついたら、胃洗浄されてた。
親父は何も言わなかった。

理由は失恋。
今考えれば、それほどの女性でもなかったと思うだけど・・・
当時の自分の中では運命の人。(笑)
彼女の心に自分という存在を刻み込めればよいと思ってた。

私の友人にも自殺者が2人います。
今でもその理由はわかりません。

ただ、私の場合、生きていて良かったなとは思ってます。
その後、何人、素晴らしい女性とめぐり合ったことか・・・(笑)
プロフィール

わがまま、親父

Author:わがまま、親父
FC2ブログへようこそ!

カナダ、トロント近郊に住む、死に損ないの爺いです。余命わずかなので勝手な事を書き散らしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
わがまま親父の独り言、カナダで生きています。
わがまま親父の独り言う、カナダで生きています。
わがまま親父の独り言、カナダで生きています。
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR