どうやら、私の脳、全部は溶けなかったようだ!!

2012.05.04.02:30


掲載した写真は、カリブ海、バージン諸島、丘の上から見た風景。


以前に記事で,私が前庭に作ったミニ日本庭園に赤く色を塗った、鳥居の写真、貼り付けた。そして、この鳥居。ユダヤ人には判ると記事に書いた。

それについて書いてみる。

古代日本、京都平安京を作った一族、秦一族、大陸系渡来人、全国に神社を建てた一族、因みに、平安京、へブライ語では、エル サローム、現在のイスラエルの首都エルサレム、となる、

この一族、景教(ユダヤ教、原始キリスト教)を持っていたとされる、私もその1人だが、彼らは失われたイスラエルの民ではなかったか!そう思っている、それは古代ユダヤ人はアジア人、現在のユダヤ人とはDNAでは繋がらない、現在ユダヤ人とは民族ではなく、ユダヤ教、ユダヤの律法書、タルムードを信じる民を指す。

さてユダヤ教は色んな祭りがある、過ぎ越しの祭り、シオンの祭り、このシオンの祭り、京都の祇園の祭りに繋がる。祭りで引かれる、山車、そこに描かれている絵をみれば判る、古代の中東の世界、

では、赤く塗られた鳥居と過ぎ越しの祭りと、どう繋がるか。

過ぎ越しの祭りとは、旧約聖書、脱エジプト記、モーゼがエジプト脱出の際、エジプト王、ファラオが妨害した、そこで神はお怒りになり、モーゼに言われた。

私は罰の為に、エジプトの全ての初子を撃つ、戸口に印の無い家には災いを臨ませると、そこで、ユダヤ人は戸口の柱に、子羊の血で赤く塗った。

その結果、死を運ぶ天使はユダヤ人の家を、過ぎ越していった。これが過ぎ越しの祭りの由縁である。

日本の神社、この秦一族が建てた、日本の神社、ユダヤ教の幕屋と配置、構造が同じであり、神輿も幕屋に祭られていた、モーゼの十戒の石板が入った黄金の箱、アークとそっくり、そして移動できるように2本の棒で担ぐようになっていた、同じ構造、神輿の上に飾られた鳥、アークではケルブいうがこれもそっくり。

鳥居も基本的には赤く塗っている。

此れが、ユダヤ人が私の作った、赤く塗られた鳥居の意味が判る訳である。只、ユダヤ人は異教徒に対し、タルムードの律法書で厳しい戒律があり、余計な事は語らない。だが意味は判る。

余談だが、日本に伝わる民謡の合いの手、意味不明だが、へブライ語に訳せる。日本語で虎の巻き。ユダヤではツウラー、古代ユダヤ語で書れた巻物を差す。更に長野県 諏訪大社に古くから伝わる祭り,御頭祭りがある、8歳くらいの子供を縄で縛り、神に捧げる、神は赦し、その代わりに動物を捧げる。

この行事、旧約聖書、創世記22章、アブラハムが神の命令を受けモリヤの地で、一人息子のイサクを生贄として神に捧げる、神は赦し、かわりに雄羊を息子の代わりに焼き尽くす献げ物としてささげた。

全く、同じ、そして諏訪大社、守屋山に建っている。つまり、諏訪地方には古代に大陸からやってきた一族があった。その一族は旧約聖書にある、創世記、イサクの話を知っていた。

何年か前にユダヤのラビ(カソリックでは司教に当たる)が諏訪にやって来た、彼らはその地で、恐れ慄いたとそうだ。そこには旧約聖書の世界が伝統行事と残っていたからだ。また、天皇家の紋章、菊の御紋章、イスラエルのソロモン神殿に彫られている。歴史とは面白い、そう思う。
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

わがまま、親父

Author:わがまま、親父
FC2ブログへようこそ!

このブログで書かれた記事とコメントの転用を禁じます。
違反した場合は法的手段を講じます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
わがまま親父の独り言、カナダで生きています。
わがまま親父の独り言う、カナダで生きています。
わがまま親父の独り言、カナダで生きています。
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR