2軒先のお隣、売れてしまった。

2012.05.02.01:59


掲載の写真、2軒先のイタリア人の家


暫く前から売りに出されていたイタリア人の家、今日の朝、見たら、ソールドアウトになっていた。

売り出し価格、7千200万ドル、この家にはイタリア人の夫婦が住んでいたが、今年の初め、旦那が突然亡くなった。そこで残された奥さん、この家を売ってコンドウミ二アムに移るといっていた。

この写真でもわかると思うが、この家は角地に建っている、カナダではコーナーロットという、価格も角地でない我が家に比べれば1割り程高い、ただ、住宅面積は、我が家とはそんなに変わらない、

この家は我が家と同じ時期に購入したと思う、従って、購入金額は4千万ドル前後、それが10年経って7千200万ドル、カナダの住宅は中古になっても値段は下がらない、むしろ、上がる。

多分、新築でもこの手の土地、建物だと同じ価格だと思う、この家は地下室リノベーションしてあるから、その分お買い得だ。

カナダの人間にとって家は一生の物ではない。買い替えて財産としての価値を上げ、人生の最後はそれを売り、そこそこのコンドウに移り、優雅に暮らす。子供に財産を残す、そういうケースは少ない。それより夫婦で晩年を楽しむ、その生き方が一般的である。

只、アジア人は違う、特に比国人は親と同居し、親の面倒は見る。まあ、それぞれ母国の習慣の違い、どちらが良いとか、悪いとかの問題ではない。

私としては、親は子供に財産は残すべきではないと考える。まあ、途中で死んだ場合は別だが、金は元気な内に使った方が良い。共に夫婦で築き上げた財産、晩年好きな贅沢をして、あまったら、残せば良い。子供には子供の人生がある、この考え方、欧米、白人に多い。

昔、日本にいた時、会社の同僚の父が亡くなった、彼は3人兄弟で、兄弟間の仲も悪くはなかったが、父が死んでちょっとした財産が残された、主に土地だったが、この財産をめぐって兄弟喧嘩が起きた、原因はそれぞれの連れ合い、すこしでも夫の分け前、分捕ろう、夫に知恵をつける。最後はこの兄弟、行き来もしなくなった。

財産が無ければ、こんな事にはならなかった。

人間、生まれて来た時も裸、死ぬ時も裸、それで良い、命以外はあの世に持っていけぬ。

スポンサーサイト

comment

Secret

No title

2012.05.03.23:14

MTさん、返事遅くなり、御免なさい。

話は変わりますが、HIROさんの掲示板、読めるようになりました。

以前は幾らアクセスしても駄目でしたが、、、、、、、

常連の皆様に加え、新しい方も増えたご様子、和気藹々で宜しいですね。

カナダの住宅も昔から比べると、高くなってきたと思います。

ただ、7200ドルでは無理だと思います(笑い)。

No title

2012.05.02.05:33

こんにちは!日本は午前5時過ぎです。今日はどうやら雨になるようです。
最近痛ましい交通事故が引っ切り無しに起き心が痛みます。孝ちゃんさん、私も母親っ子ですから80歳を過ぎ老いた姿を見ると寂しくなります。

お互い母は大事にしましょうね!

ベトナムは娘が仕事で行ってすっかり魅せられてきました。帰りには三着のアオザイをオーダーして来て結婚式などに着ていますね。絹で一着3万位だったようです。色っぽく感じて良いですよね。

孝ちゃんさん、カナダの住宅高いですね。私だと7200ドルなら何とか買えるのですが!(爆)


プロフィール

わがまま、親父

Author:わがまま、親父
FC2ブログへようこそ!

このブログで書かれた記事とコメントの転用を禁じます。
違反した場合は法的手段を講じます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
わがまま親父の独り言、カナダで生きています。
わがまま親父の独り言う、カナダで生きています。
わがまま親父の独り言、カナダで生きています。
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR