夢。

2012.04.26.11:39

画像 008
掲載の写真、なずなちゃんと愛犬ブラッキー

I have a dream that one day this nation will rise up,,,

故、マーテイン、ルーサー、キング,ジュニア、牧師の演説に出てくる、有名なフレーズである。

人間、誰でも若い時は有った、そして、それぞれ違いはあっただろうが、夢は持っていたと思う。

ささやかな夢、絶対実現させると誓った夢、全く将来が見えない、ただ、若さゆえの時代、それでも、未来は開かれていると信じた時代、誰もが、もっていた夢、少なくとも、私達、世代はあったと思う。


では、私が持っていた夢、それは外国で暮らす、それが夢だった、当時、よく見たアメリカのドラマ、憧れた、しかし、アメリカに行く等、考えられなかった。


で、現在、アメリカでは無いが、北アメリカで暮らしている。夢は叶った。

これは、私は持っていた夢の為に努力した結果ではない。あくまで、偶然の産物、そう考えると、人間には将来に繋がる分岐点があるようだ、だが、現実にはそれが大事なターニングポイントとは、その時は気がつかない。

後で、結果的に、あの時がそうだった、誰しもがそう思う時期が存在する。しかし、人間、後悔先に立たず、その時の判断は異なる、その意味では結果論、理屈ではない。

今、私が面倒みている青年、24歳、とにかく語る夢の数々、正直いって鬱陶しい。でも、昔の自分もそうだったのかもしれない、だから、賛成はしないが、意見もしない。

幼稚すぎる将来の人生設計、批判してもしょうがない、彼の人生、彼が選んだ道をいけばいい、運がよければ夢は叶う、

64歳の団塊爺い、小さい、夢はある。

それは、傷みを伴わないで、ぽっくり、逝く事、まあ、これは夢とは言わないかもしれないが、願いではある。

スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

わがまま、親父

Author:わがまま、親父
FC2ブログへようこそ!

カナダ、トロント近郊に住む、死に損ないの爺いです。余命わずかなので勝手な事を書き散らしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
わがまま親父の独り言、カナダで生きています。
わがまま親父の独り言う、カナダで生きています。
わがまま親父の独り言、カナダで生きています。
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR