日本での朝鮮工作 4

2012.04.14.00:03

今、東南アジアでも、朝鮮音楽、映画 ドラマ、ブームだそうだ。日本もそうだが、これらの韓国コンテンツ制作。海外販売、韓国政府の後押しがある、つまり、費用の半分を政府が持つ、だから、安い、さらに、これら俳優、歌手、プロダクションの搾取が酷く、自殺者が多い、又、韓国女優、韓国ポップグループ歌手、100%整形、元の顔、ネットに載っているから確認できるが、元の顔は不細工、特に男の場合、決して、イケメンではない。

さて、いよいよ、日本の朝鮮工作総司令部、電通について書いてみる。

電通、創業1901年、日本電報通信社として誕生

第4代社長 吉田秀夫のとき、大きく変わった。それは彼が満州国に関わった人材、大量に採用したからだ。

戦犯として公職追放された政財界人、旧軍人、満鉄調査部、満州国通信社の人間達、このことは、若き日の田原総一郎が書いたノンフィクション、電通というと本に詳しく載っている。

前に書いたが、満州国通信社社長、里見甫氏、彼は満州の阿片王とよばれ里見機関として阿片売買で得た、巨額の金で満州国の財政と関東軍を支えた男である、また、戦後政治フィクサーとして暗躍した児玉誉志夫もこの仲間である。

こうしてあらゆる人脈を持った電通、アメリカCIAの後押しもあって、大成長のスタートが始まった。

1953年、民間テレビ放送開始、このときも電通が設立に関与、テレビ局に影響を与える存在となったが、その中でもTBSには密接な関係が出来た。その後、紆余曲折はあったが、日本の朝鮮工作が始まったのは、成田豊という男が電通のトップになってからである。

電通と言う会社、社員はコネ入社が多い、政財界の師弟、有名大企業幹部の師弟、こういう体質の会社である。

さて、この成田豊、今は亡くなったが、生存時、電通の天皇と呼ばれ、長い間、権勢を振るった男である。
生まれは韓国、育ちも韓国、一応、国籍は日本となっているが、噂では帰化系朝鮮人と思われている。韓国政府から外国人として初めて勲章も貰っていて韓国政府との結び付きは深い。

電通は広告、スポンサーで日本のあらゆるマスコミに影響力を持つ、新聞、テレビ、ラジオ、出版社、映画、芸能、音楽関係、電通から干された場合、その業界では生きていけない。その位、強大な力を持つ。従って電通がある意図を持ち、そういう方向にさせたいと思えば、いくらでも可能という事になる。

日本には、約100万人位の朝鮮人、帰化系元朝鮮人がある、補足しておくが、在日がよくいう連行されて来た、差別で苦しんだ、虐められた、では何故、生まれた国へ帰らないのか、北朝鮮はともかく、韓国には帰る事はできる、これは実は理由がある。

在日朝鮮人は韓国では差別される、それは韓国人から見ると、在日朝鮮人は国を捨てた卑怯者として認識されているからだ、そんな国へ帰るより、特別待遇扱い外国人として優遇される国、簡単に生活保護を受けられ、徴兵の義務もない、なにかあれば差別だと騒げる国、日本、居心地がいい。

さて、電通に戻る。

日本にいる在日朝鮮人、朝鮮人系会社、企業、民潭、総連、そして朝鮮宗教組織、朝鮮ヤクザ、これらは全部裏で繋がっている、そして司令部としての電通、かれらが計画している、日本のっとり計画、今、思いどうりになってきている、政治も裏工作成功、中には、日本は日本人だけの物ではない、などと喚く頭がおかしい、ルーピー鳩ポッポもいる、多分後何年かで仕上げが終わる、その時日本は終わる。

余談、電通の歴史を書いた、田原総一郎、この成田の子分、田原の身内が死んだ際、この成田が葬儀委員長をつとめた、またサンデイプロジェクト司会の関口宏、朝鮮関連、歯切れが悪いのは嫁、西田佐知子が在日のため。

海外移住してよかった、つくずく、そう思う。

長く書いた、日本での朝鮮工作の記事、此れにて終了。
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

わがまま、親父

Author:わがまま、親父
FC2ブログへようこそ!

このブログで書かれた記事とコメントの転用を禁じます。
違反した場合は法的手段を講じます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
わがまま親父の独り言、カナダで生きています。
わがまま親父の独り言う、カナダで生きています。
わがまま親父の独り言、カナダで生きています。
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR