スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雑感

2012.03.24.03:00

数えて見たら、今月は凄い勢いで記事を書いている。何かに急かされているかのようだ。

もしかして、お迎えが近いのかも。

仮にそうだとしても、別に死に対し、恐怖は無い。あるとすれば、死に伴った、痛みと苦しみ、これだけはご免蒙りたい。

最近、愛犬が急に弱って来た、無理も無い、人間年齢でいば100歳近い、今年1年持ってくれよ、と願っているが、こいつに先に逝かれたら本当に辛い。こいつは私にとって3番目の重要な存在、覚悟はしている積もりだが、その時がくるまで、耐えられるかどうかは分からない。

私にとって犬はペットでは無い、無言の癒しを与えてくれる、心の友、昨日、愛犬、家の中で粗相をした、まだ、元気であれば、頭、ごちんとやって馬鹿野朗と怒るところだが、悲しそうな顔をしてうなだれている姿を見れば、哀れで悲しくなる。

いつだったか、獣医に愛犬を連れて行ったとき、白人の夫婦がダンボールに小型犬を入れてやって来た。見ると毛が抜け落ち、よれよれになっていた。だが、まだ、動き、息もしている、この夫婦、安楽死をさせる為に連れてきたのだった。その夫人は泣きながら帰っていったが、私はこういうやり方は赦せない、確かに私が知らない事情があるかもしれない、しかし、まだ生きている。まだ寿命がある。生き物を飼うという事は、その死まで立ち会う、それがどんなに辛くとも、それが長年共に生きてきた命に対しての礼儀だ、そう思う。

だから、私は、自分の犬が、どんなによれよれ、汚く、みすぼらしくなっても、息が有る限り、安楽死はさせないそう、思っている。
スポンサーサイト

comment

Secret

Re: おっしゃるとおり

2015.01.18.14:26

Mさん、内緒コメントでしたが、良い記事というか、、、、このような内容はご自身のブログでも書かれたらどうかな、と思いました。

場合によっては心を曝け出す、時には必要かも!!

管理人のみ閲覧できます

2015.01.16.06:59

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

2012.03.25.13:09

お3人の方、コメント、有難うございます。

お1人、1人にお返事がかけません、お赦しの程を。

No title

2012.03.25.06:29

おはようございます。

僕には猫がいます。嫁が捨て猫を可哀想だと拾ってきて3年。

フィリピンに来るときも手続きやらで大変でした。が 嫁と僕の

仲を取り持ってくれる正に息子であります。

あ!!去勢済だからバクラです(笑)

ペットと云えど家族ですよね!?

僕も大切な家族だと思っています。

No title

2012.03.24.07:27

こんにちは!我が家にもシェットランドが15年、ラブミックスが17年いました。両方とも布団の中で亡くなりました。

二頭とも食事も同じ所、団らん時も同じ所、これが基本でした。家中わんこの匂いがしていました。

掃除機は直ぐに毛で一杯になるし、家の長男、次男、姪二人も、一緒に居ました。他人は汚い!病気がうつる!等と言っていましたが、全く問題ありませんでした。

長男が生まれた時など、赤ちゃんの頃はベビーベットに寄り添って何時も一緒に居てくれたし、おしめを替える度におしめカバーと一緒に持ってきましたよ。

保育園の送り迎えも一緒に行きました。よく犬を枕に寝ていたのを思い出します。

最後になり、見ているのが可哀想だから安楽死!自分が犬の立場になれば同じことを望むのでしょうか?

安楽死!犬が名付けたのか?人間が勝手に付けたのか?分かりませんが、今まで築いてきた信頼関係を一瞬にして無くす行為だと思います。
その御夫人も色んな事情でやむを得ずだと思いますが、今少し看てあげた方が自分の心にも優しかったように思いますね。

孝ちゃんさん、考えを少し変え、ブラッキーの遊び相手として子犬を買って上げる!と言うことも考えてみてください。老後施設などでテラピー犬が活躍しているのも事実ですし、犬には犬同士の話もある気がします。

お早う御座います。

2012.03.24.07:21

安楽死はさせない。仰る通りだと感じます。
我家にも2匹の9歳と11歳の猫が居ます。未だ元気で活発に動き回っていますが、寝る時間が以前より長くなっています。愛らしくて触りたい気持ちを抑えゆっくり寝かせていますが、親父さんと同じ意見で、最後まで看取る気持ちです。人間の都合で命を絶つ事は許されないですね。
プロフィール

わがまま、親父

Author:わがまま、親父
FC2ブログへようこそ!

このブログで書かれた記事とコメントの転用を禁じます。
違反した場合は法的手段を講じます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
わがまま親父の独り言、カナダで生きています。
わがまま親父の独り言う、カナダで生きています。
わがまま親父の独り言、カナダで生きています。
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。