スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相撲は格闘技だと思っている。

2017.11.22.13:21

相撲世界での横綱日馬富士が、同じモンゴル出身の格下力士への暴力を振るった、その事に対しての連日の過剰報道、多少違和感を感じるので書いておきたい。

私が始めて相撲を実際に見たのは私が小学生の頃、何年生かは忘れたが、当時、炭鉱で盛んだった夕張に相撲の地方巡業が有った、初めて見る力士達、その大きな体に驚いた、取り組みは覚えていないが、興奮した事は覚えている。

後年、勤めていた会社で国技館の升席を年間で買っていた事があった、それは得意先接待の一環として会社として大事な得意先を簡単には見られない升席でもてなす事により、次なる発注につなげたい、そういった主旨であったが、そのような流れで私も営業マンだった関係で何度かこの両国国技館で生で相撲を観戦した事がある。

ボクシング、これは私がある美術系出版社の倒産に関わって知り合いになった、経済ヤクザ(当時竹下総理の屏風事件の関係者)にちょい可愛がわれ後楽園ボクシングのリングサイドの席を提供してもらった事があった。

4回戦ボーイという言葉がある、つまりランキングに入るために殴りあう初歩のボクサー、はっきりいうがこのクラスではテクニックなんかない、要は根性で喧嘩そのもの、私はその様子をリングサイドで見学していたので良く知っている。

リングサイドで観戦していれば血や汗が飛んでくる。

一方、相撲世界、その昔は親方が稽古の際、竹刀をもっていい加減な稽古だと判断すればその竹刀で滅茶苦茶に弟子を叩いて気絶寸前にも至る事もあった。
また、相撲世界では先輩力士が可愛がると称して、過剰な稽古をつける当たり前の世界である。


ある意味、相撲も格闘技の世界、簡単に云えば商売としては興行である、ボクシングにも相撲にもその興行を支える筋がある、ある方がその昔,大相撲の韓国巡業を請け負った事があった、詳しくは書かないが政財界、やくざ稼業、プロモーター、たにまち筋、あらゆる筋を調整して成り立つ興行であり、決して表世界だけでは成り立たない。

また、相撲の世界、贔屓力士に対してのごっつあん、いわゆるたにまち筋から提供される数々のサービス、すべて無料のごっつあん、たかり精神、受け取る方も差し出す方もなんとも思わない当たり前の世界。


今回の事件報道で、何の勉強のしていない阿呆記者が、しょうもない質問をしていた、暴力はいけないと思います、馬鹿野郎、それは興行、その暴力、格闘技によって人々の憂さを晴らす昔からあったガス抜き、それが全く分かっていない阿呆。又、チンピラ芸能人や屑芸人風情がどうたらこうたら批判しているが、知らない世界に分かったような事をいうな、この阿呆ども!!

これは私の個人的意見、

今回の事件、相撲教会内ではまあまあ、で済んでいた事をマスコミに漏らし大騒ぎにしたのは貴乃花親方、

根っこは理事長選挙で敗れた事にある、この男、昔、結婚寸前だった女に対し、嫌いになりました、と言ってあっさり捨てた、(宮沢りえ)そういう精神性にある、私はこういうつまらん人間は受容出来ない。


そして何より、暴力はいけない、そう言った阿呆意見がまかり通る世の中、何をもって暴力というのか、なにも腕力だけが暴力ではない、それさえ分からずに批判する馬鹿が多すぎる。


続き、

つまり何が言いたいのかと言えばこのような格闘技の世界、とにかく強い事が絶対の条件、ボクシングでいえばチャンピオン、相撲でいえば横綱、勝負に負けたら終わりの世界、確かにその道での王者になれば品格を求められる事もあるだろうがそれは絶対の条件ではない。

では品格と礼儀正しさがあれば横綱になれるのか、そんな訳はない、現に歴代の横綱の全てが品格と風格をもっていたか、結局は本人の自覚次第、

このような世界では当然絶対的な上下関係はあるし、その世界で飯を食っている人間はその事はよく分かっている、それらの掟を破れば制裁される事も分かっている、だから殴った方も殴られた方も仲間内では話はついていたのだが、それを何故、大袈裟な診断書まで用意し刑事事件まで大騒ぎ騒動にしたてたのか、

モンゴル人力士の間でのけじめにつけ方、ある意味そういう見方もできる、それを何故?

それはこの貴乃花親方という人間が相撲協会という組織の中で権力闘争に負けた恨みから出発している、私はそう思っている、ある意味、相撲協会に対しての意趣返し、

格闘技の世界の人間がいわば素人に暴力を振るった、それは許される事ではないが格闘技世界での上下関係で生意気な人間にけじめをつけた、それだけの事になぜ大騒ぎをするのか。

横綱とは心技一体の存在であるべき、とにかく世の中には綺麗ごとを言う人間が多すぎる、そんな気がする。

相撲は日本の国技であり、神事の世界でもある、そういう見方も否定はしない、だが、実際には階級上位には多くの外国人力士がいるし、横綱に至っては4人の内3人までモンゴル人で占められている、つまり国技とは言っても外国人力士に支えられていると言ってもいい、私の言うように相撲は格闘技であるの言い方は馴染めないという意見もあるだろうが、これが現実なのだ。

朝のニュースで相撲協会理事長が貴乃花親方を呼び、貴乃花部屋の被害者とされる貴の岩(モンゴル人力士)を相撲協会からの事情聴取に協力してほしいとの要請、しかし、貴乃花親方はこれを拒否したとあった。

大横綱、必ずしも偉大な親方になれるとは限らない、貴乃花親方、いずれ大相撲の世界から追放されるような気がする。




スポンサーサイト

comment

Secret

Re: No title

2018.02.19.08:54

ケンさん、返事が遅くなりましたね、御免なさい。

日本の国技だとする大相撲、そしてそれが神事だとする考え方、私はそれ自体を否定する気持ちはありません。

ただこの大相撲、裏から見る、そしてその実態をよく知っているので建前論には乗らないだけです。


相撲は興行である、そういう見方に立てば今回の茶番劇がよく分かります。

No title

2018.02.07.03:48

私などの駄文に態々返信を頂いた事に感謝します。

貴乃花親方が変人の一種なのは私も認めます。

ただ、彼が求めているのは日本の国技たる大相撲から
暴力と八百長をなくす事、至ってシンプルなのです。
大相撲の興行としての性質はわかった上で申し上げますと
私は日本人として大相撲をまだ見捨てたくない。
なんとか変わって貰いたいと、そう思っております。

Re: 残念

2017.12.21.04:38

ケンさん、親父を見損ないましたか!!、私はその程度の男ですよ(笑い)

ただ、私の記事は相撲を国技、神事、伝統という事よりも、これはあくまでもお客あっての興行である、そういう観点から記事にしたもので、その意味ではこのようなごたごたの真偽は実はどうでいいのです。

ボクシングやプロレス、客を入れての興業、いくらでも八百長話もあるし、相撲の世界も星の貸し借りや年寄株の譲渡、部屋の引継ぎ、いくらでも似たような話が有ります、こういう事も含めての伝統だと思っています。

相撲は日本の国技といったところで、外国人力士を相撲界に入れた時点で国技としては終わっていると思っています。


貴乃花、私はこの男が昔から嫌いだったのと一時新興宗教みたいな物にのめりこんで洗脳された事が有ったり、オカシイ男とおもっています、もう一つ、日本の伝統的世界、歌舞伎にしても相撲にしてもその内部でしか通用しない理屈や決め事が有る筈、勝負事と一緒ではないが、そういう流れに逆らう、それは潰されると思いますね!


残念

2017.12.17.23:29

親父さんの文章は100%全て同感で「よく言ってくれた!その通り!」
って感じだったのですが、今回の相撲騒動への感想は180度違っていたので
非常に残念です。

角界がモンゴル力士に支えられたのではなく、モンゴル力士に乗っ取られた

が正解のような気がします。

今まで、不自然な事が多すぎでした。
白鵬がトップに上り詰めてから
他のモンゴル力士が横綱挑戦すると他のモンゴル力士から全勝で
あっさり昇進。

稀勢の里が調子がいいと前半取りこぼしたモンゴル力士が稀勢の里と
優勝を争っているモンゴル力士にあっさり負けて決定戦を回避
しかし稀勢の里には目の色を変えてぶつかって行くモンゴル力士

白鵬はモンゴル互助会に協力しないガチンコの稀勢の里を目の敵にしており
稀勢の里が日本人ファンから応援される事も嫌っていたとか。

貴ノ岩はガチンコの貴乃花親方の元で育てられ、白鵬たちとは
つるもうとしなかった。で、初めて貴ノ岩が白鵬に挑戦し、貴ノ岩が
勝った事により稀勢の里の優勝=横綱昇進が決まってしまった。

これはモンゴル互助会としてはあってはならない事で初場所後
何度も貴ノ岩を呼び出したが断られていた。
そこで貴ノ岩の出身校の飲み会に3横綱が突撃、白鵬が説教

これに貴ノ岩が「もうそんな(八百長で星を回し合うような)時代じゃないですよ」
と答え、日馬富士激怒→暴行→白鵬は止めない

貴ノ岩は何の落ち度もないのに場所を休場、今後もどうなるかわからない
状態にされてしまった。しかも協会は握りつぶすような動きをした。
貴乃花親方が怒るのは当たり前、なぜ貴乃花親方や貴ノ岩が非難されるのか
全くの意味不明です。

はっきり言って、親父さんを見損なった・・・までは言いたくないけど。

お返事有り難うございます

2017.11.28.17:21

親父様、お忙しい中お返事を賜り誠に有り難うございます。

私も相撲ファンの端くれですから、江戸時代の相撲が如何なるものかは僅かなりとも承知しているつもりです。当時は看板力士にはなるべく勝たせるようにしていたという説も有る程ですので、推して知るべしでしょう。それに、凡そ興行という名の付くものにヤクザが欠かせなかった事は存じております。父からこれまで見聞きしたという裏社会の話を聞いた事もあります。

私があえて裏事情を排して、建前を前面に出すコメントを述べましたのは、偏に表側から見るとこうなる、という事を申し上げたまでです。失礼の段は平にご容赦下さいませ。

或いは、モンゴル人同士の諍いはモンゴル人同士でけりを着けさせ、親方衆はそれに一切口を出さないで丸く収める。そういう選択肢もあったかも知れません。しかし、巡業部長がたまたま相撲界の改革を目指す貴乃花親方だったのも運命でしょう。貴乃花親方が被害届を警察に提出する決断に至った事を責める気にはなれません。但し、親父様の物の見方は決して誤りではないと思います。

駄文を長々と連ねてしまった失礼につきましては、どうかご容赦下さいませ。それではこれで失礼致します。

Re: 私が思う事

2017.11.27.23:31

まゆゆフアンMMさん、コメント有難うございました。

仰っていることは間違っているとは思っていません、多分、多くの日本人はそう思っていると思います。

ただ物事には建前という事があります、また、どんな世界でも裏の事情や影の世界もあります、そういう裏社会から見れば物事身かたは変わります。

大相撲も江戸時代は全く興行世界そのもので、その興行もやくざ世界が取り仕切っていましたし、力士自体もやくざと変わらない輩も相当いました。こういう世界、ボクシングもそうですがこの世界で喰えなくなった人間の行先をご存じですか?

私にも若い時のやんちゃ時代があり、多少の裏社会での経験やその筋での興行関係の人達の話や姿も知っています。その意味で物事の裏側からの見方を書いただけであり、こういう見方もあると書いただけの話。

そう言う事なのでご理解下さい。

Re: じゃくにくきょうしょく

2017.11.27.23:15

ウナさん、毎度!!!!

泥酔して記事を書く、その結果、書いた記事も過去の記事も飛んでしまった、まあ、世の中、間違いと基地外はいくらでもあると言い言でしょう(笑い)

長く逢っていなかった友との再会記事、良かった、私には親友と呼ぶ友もいなかったでの少し考えさせられました。

さてウナさんご存じのように私は建前ときれいごとが大嫌いの人間で、従ってある意味物事に対する見方も場面によっては厳しい見方をするときがありますが、それはあくまでも私の個人的見解、それが正しいと言っている訳ではありません。


ただ、感性や生き方、考え方の全く違う人間とは無理して付き合う必要はないと考える人間であり、特にそれが酒を汲む交わす相手であればなおさらです、その意味ではウナさんは私にとって数少ない友人だと思っています。

再会が楽しみです。

Re: No title

2017.11.27.22:52

> 相撲は格闘技ではありません。神技です。言葉たらずですが、何卒意を汲んで下さいませ。悪意からのコメントではございません。


南国通信さんへ、コメント有難うございます。

勿論、仰る通り悪意からのコメントとは思ってはいません、ただ、実際に大相撲の海外巡業に責任者として関わった方をよく知っていてその方から詳しい業界の内容を聞いています。

大相撲の建前上の国技、神事、心技一体という概念も承知はしていますし、それを信じて応援する事も承知していますので考え方が違うという事で非難はしません。

Re: 良かった...

2017.11.27.22:40

> こんばんは^^ いや、おはようございますですね(^-^)/
> まずは、ほっとしました...またなにかに巻き込まれたのかと心配していました。
>
> 蔵前国技館そばの中学でしたので、学校の行事として行きました。
> 台東体育館もプロレス会場として、ジャイアント馬場さんなど全盛期
> で、あの頃は街も人も活気がありましたね。
>
> 親父様も私もですが、一時代を経て、最晩年に向けて、どう人生に決着つけたいのか!どう死にたいのか‼︎ 模索しているような⁈
> 生かされて生きる歓びに感謝しろと言われても...混迷してます(笑)
>
> 親父様もお元気で(^-^)/ 私も私なりに元気でいます( ´ ▽ ` )ノ



ツグミさん、相変わらず飲んでいますか??

ウナさんブログで、ウナさんとの掛け合い漫才みたいなコメントのやり取り、楽しませてもらっていますよ!!

大相撲騒動、見方はそれぞれですが、いろんな事を知ってくるとその世界の裏が見えて建前上の話は信じられなくなります。でも
それらの建前上の事を信じている人達については非難はしません。

人は信じたい事を信ずる、それでいいと思っています。

私が思う事

2017.11.27.18:10

親父様、お久し振りです。

相撲界がきれい事だけでは成り立たないのは承知しております。また、厳しい稽古でこそ強い力士が生まれ育ち、その中でも特に心技体に優れた者が横綱になれる事も。しかし、相撲は神事というのが建前です。現実では格闘技ではありますが、建前を忘れては身も蓋もありません。

また、高校の体育の授業でほんの少しだけとはいえ剣道に触れた身としては、叩くにしても竹刀を使う事は止めて貰いたいと思います。相撲を格闘技としても素手でやり合うのですから、どうしても叩きたいのなら素手ですれば良いのです。

竹刀とは文字通り竹で刀を象ったものです。剣士が心身の修行に励み、そして他の剣士と切磋琢磨するためにあります。鞭代わりに無闇矢鱈に相手を打擲するためのものではありません。

そもそも相撲界ならずとも「可愛がり」とは厳しい練習や稽古のみを意味する訳ではなく、集団リンチをも意味します。それで近年には死者も出ております。高校での指導や体育系の部活動でも自殺者や負傷者が出る始末です。それでも懲りる事なく、今回の事件に至っております。

同郷の横綱に勝ってはならないしきたりなど有ろう筈がありません。格闘技ならば、実力で下位の力士に勝てなくなった横綱は潔く引退して土俵を去るべきです。ましてやモンゴル人が初めて相撲界に入門してからまだ日も浅いというのに、勝手に自分達だけのしきたりを作って気に入らない力士をリンチする事は許されないと思います。

今回の場合、貴ノ岩関は決して軽くない痛手を負い、最早相撲協会だけの問題ではなくなっております。まして今や相撲協会は公益社団法人です。このような事件を内々で揉み消す事は断じて許されません。話によれば、貴乃花親方は相撲協会から被害届を取り下げるよう強要されたとの事です。もし被害届の提出よりも先に相撲協会に報告していたら、事件は闇から闇へと葬り去られていたでしょう。私は貴乃花親方の今回の行動を支持致します。

彼の現役時代の宮沢りえさんへの仕打ちは許されない事ではありますが、今回の件とは別の話です。今問題にすべき事ではないと思います。

長々と駄文を連ねてしまった失礼につきましてはどうかご容赦下さいませ。それではこれで失礼致します。

じゃくにくきょうしょく

2017.11.26.19:19

引退後なら判るが
対戦相手と酒を吞む?
有り得ない

殿!、もとい親父殿ご無事でなにより
聊か心配になりましたです、はい

新聞が売れていいかもしれませんが
あんな、痴れ者に触ってはいけないと思います
この騒動ではみんながみんな
ババを引きます

『森友』の夫婦のように
(拘留は延長となりました)
とほほ



親父殿には
お風邪などを召されませんよう
神社へ行くたびにお願いしております
また、お酒も浴びるほど召し上がってください

(酔ってなんぼ潰れてなんぼの世界の住人でしゅ)
(おいらも殿も)

鍛え方が違いま酒
殿なら大丈夫・・・・
あはは。

No title

2017.11.25.05:28

相撲は格闘技ではありません。神技です。言葉たらずですが、何卒意を汲んで下さいませ。悪意からのコメントではございません。

良かった...

2017.11.22.19:18

こんばんは^^ いや、おはようございますですね(^-^)/
まずは、ほっとしました...またなにかに巻き込まれたのかと心配していました。

蔵前国技館そばの中学でしたので、学校の行事として行きました。
台東体育館もプロレス会場として、ジャイアント馬場さんなど全盛期
で、あの頃は街も人も活気がありましたね。

親父様も私もですが、一時代を経て、最晩年に向けて、どう人生に決着つけたいのか!どう死にたいのか‼︎ 模索しているような⁈
生かされて生きる歓びに感謝しろと言われても...混迷してます(笑)

親父様もお元気で(^-^)/ 私も私なりに元気でいます( ´ ▽ ` )ノ
プロフィール

わがまま、親父

Author:わがまま、親父
FC2ブログへようこそ!

このブログで書かれた記事とコメントの転用を禁じます。
違反した場合は法的手段を講じます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
わがまま親父の独り言、カナダで生きています。
わがまま親父の独り言う、カナダで生きています。
わがまま親父の独り言、カナダで生きています。
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。