改めて自分について書いてみる

2017.07.20.10:22

占い鑑定ブログ(伏見顕正の時を切る、その仲間の片目のダヤン)に色々中傷されているのは承知している、フィリピンで長く暮らし女のヒモだとか、中卒の英語も話せない馬鹿だとか、ま、その他数々の誹謗中傷、心有る方からは相手にするなとか、こういった種類の人間には反論するなとか、そういったご意見も頂いている。

実際、いろんな方がそれは違う、今回、私が承知していた話として掲載をお願いした方のコメントも拒否されたとある、つまり、自分の都合のいいコメントしか載せないブログ、でも結構、信者は多い。

興味があれば訪問してみてください、連日、私叩きに奔走しています。

それはともかく、私自身はそういった誹謗中傷を書かれて楽しい訳はないが、しかし、長く人生をやっていればこんな種類の人間にも会ってきたし、まあ、しょうがないかな、そんな思いもある。

先の記事で私自身が個人ブログを批判した事はない、と書いたが、実は一度だけあった。

それはある男、父が経営する会計事務所を手伝っていた40男、彼が比国に嫁さん探しに行き、今は亡くなったS太氏の世話で娘みたいな若い子を貰った、だが、その嫁にもらった若いフィリピン人娘について、このS太氏が主宰していた板で連日、嫁の悪口を書き始めた、彼自身は自分で2つのブログをもっていたが、それは誰も訪れない過疎ブログであった。

他人の板で連日のように嫁の悪口、私を含め板の住民が他人の板でそんな話を書くなとコメントしても聞かず、かえって攻撃的になった、板の住人達は何故、こんな不細工な40男に若い娘が嫁いだのか、それは決して愛ではない事を知っていたが、彼にはそれが分からなかった、その後、その板も自然消滅し彼のブログもどうなったか知らない。

ただ、この事をきっかけにして、他人様のブログに対して批判をすることは止めた。


私を誹謗中傷する中で、この男は女性ブログ主だけを対象にして訪問している、とあったが、それは違う、男性ブログ主達とも沢山あっている、主に飲み会だが(笑い)

いずれにせよ、誹謗中傷とは妄想、決めつけなので反論しても意味はないが、そういう見方もあるのかな、面白いといえば面白いのだが、ただ、妄想が妄想を生むと言われているように、今回、新たな言いがかりをつけてきた、皇室関連ブログ上位にある通称トド子さんのブログが7月7日で更新が停まったのは、私が彼女と会って何か仕掛けたのではないか、もう笑うしかないが、こうなるともはや病気としか言えない。

私自身は私のブログで何度も書いているように、ただ、歳を取っただけの酔っ払い爺いであり、良い人ではないが根性がひん曲がった悪党でもない、誰かさんのように高学歴でもないし有名大学を出ている訳でもない、英語は話せるが専門的分野での会話は出来ない、これはこのブログで何度も書いているがカナダで英語が下手くそなのはたいした問題ではない、なにせ世界117の国からの移民で成り立っているからだ。

でも誰かさんは英語が堪能だと自慢しているようだが、それはたいした意味にはならない、まあ、そういってもこの手の男はわからないかもしれないが、例えば、私の近所の住民は少なくとも最低3か国語は話せる、祖国の言語、類似言語、そして英語 つまり世界基準では英語は話せて偉い、大したもんだ、という話にはならない。

私のお隣さんはアルメニア人だからアルメニア語、トルコで育ったのでトルコ語、カナダに移民したので英語、前の家のルーマニア人はルーマニア語、ルーマニア語はラテン系言語なのでスペイン語、イタリア語、フランス語、そして英語、彼らは普通の人達、いくつも言葉を話せると自慢なんかしていない、当たり前の話なのだ。

私は毎週末プロテスタント系キリスト教会に通っている、30歳の時からだからもう40年以上通い続けている勘定になる、だが洗礼は受けていないので正確にいえば信者ではない。

どの宗教でもそうだが、いったん宗教にのめり込めばそれは熱心な信者となる、その教義以外には関心がなくなる、ある意味、ネットの世界もそうかもしれない、今回の一連の騒動でそんな思いがした。

私自身は自分に対して下らない男だと思っているし、自慢する事もない、ブログでもそう書いている、ブログについても読者の数も増えなくてもいいと思っているし、人気ブログになる為のポチ押も設定していない、私が愛読しているブログもあるがそれはお気にいりにいれてありリンクはしていない。

ただ、言える事は私と会った方なら、解って下さると思っているが、酒を飲めばおしゃべりになるただの阿呆親父、人畜無害の老人である。

今回の誹謗中傷でブログ自体をやめようかなとも考えたが、とりあえず当分続けて行こうと考え直した、どうせ先はそんなに長くはない、まあ、なんといわれようと構わない、そう思った。



スポンサーサイト

comment

Secret

管理人のみ閲覧できます

2017.07.21.11:27

このコメントは管理人のみ閲覧できます

やめないでください

2017.07.20.23:39

コメントするのは初めましてになりますが、皇太子妃のあんまりな状態に疑問を抱き、ネットの海をさ迷ってたどり着いたのが貴ブログ様でした。

でしたと申しましても、数年前の話で、そのあとは年単位閲覧になっていますが、軽妙な語り口が心地よく、ひそかに拝見させて頂いていました。

今回の騒動、第三者から見れば“外野がやかましすぎる”“当人同士で納得済みなら、それで良いのでは?”“皇室ブログ、いくらカリスマと言われようとも一般人には知名度がないに等しいのに誰が攻撃するの?”です。

もしブログに書かれていることが本当に都合が悪いなら強制削除と逮捕、もしくは警告なんてすっ飛ばして“秘密裏に分からないように粛清”されるだけのお話かと存じます。

それを過剰反応も甚だしいというか、見ていて正直見苦しく思いました(見てる私も同じ穴の狢ですが)

皇室ブログを書かれている同志が現でお会いして、ただ楽しくお話をしただけじゃありませんか。それに外野が冷や水をかけただけでなく泥水を口に突っ込んだ、それが事の真相でしょう。

この世に生きてる限り、法律に触れずとも、ひとは何かしら後ろぐらいことや脛に傷のひとつやふたつあるものだと思います。それが生きていくということではないかと個人的には考えます。

本当に見苦しいのは非難されるべきは誰か、まともな人でなくても普通の人なら御承知かと思います。

公害か無差別テロのように根拠のない誹謗中傷を撒き散らすあれらのせいで更新を辞めてしまわれた良質なブログ様は数多あります。

私個人は親爺さまにまで、そうなってほしくありません。それこそ、あれらの思う壺です。

と申しましても、個人の自由でされるブログですから、お決めになるのは親爺さまですから、出来れば続けていただきたいと願うものがいることも頭の片隅に留めて頂ければ幸いです。

北朝鮮や影武者説にマスコミ印象操作を非難しがらも、あれらのしていること自分たちに都合が良いコメントだけ掲載し、不都合なことは弾く……印象操作や偏向報道の塊です。

保守が聞いて呆れます。過激派……いえ、カルトだと思います。
 
言語なんて、堪能だろうが発音が良かろうが相手に伝わらなければ意味がないのに、本当に自慢する意味が分かりません。

しかも人を傷つける言葉ばかり、あれらの舌は毒に満ちています(一応クリスチャンなので、ただ未だに馴染めませんが。)

良質な皇室ブログが少なくなる昨今ですから、是非続けていただきたいです。
どうかお体にお気をつけてお過ごしください。

管理人のみ閲覧できます

2017.07.20.23:17

このコメントは管理人のみ閲覧できます

お久し振りです。

2017.07.20.22:07

親父様…。お久し振りです。
ブログは常に拝読させて頂いております。
日本にご帰国の際には、是非とも、お目に掛かりたいと思って居ましたが…。
4年前にご帰国の際には、お会いできればと楽しみにしてました。確か、5月のご帰国予定の時と記憶しております。
申し込み方法が判らない為に、お会いする機会を得られませんでした。
ブログを持たないからダメなのかな?と…。

三年前の8月24日に、愛犬の桃が旅立ちました。15年間でした。
忘れ形見の、ピーチとペシェも既に老犬です。
母犬の桃と1年程の歳の差なんですよ。
桃が居なくなり3年経つのですが、桃への思いの強さが増えて来ました。大変な事ばかりの時期を共に過ごして来た、まるで「同志」としての繋がりの様だったんだと気づきました。
桃の子供も歳ですが、私も若くは無いので、「老老介護」みたいです。

今までも、コメントさせて頂きたいと何度も思いましたが、じっくりと時間が取れずに、ご無沙汰しておりました。
そろそろ、ご帰国されて、お疲れも取れブログ更新されてるかと訪ね、BB様との逢瀬を読ませて頂き安心してました。
本日のブログにて、何やら貴方様を不愉快にさせる様なコメントが有ったことを知り驚きました。
へそ曲がりは?何処にでも居るのがこの世です。
貴方様を貶められる人は、居ませんよ。
人様を不愉快にさせる為にコメントするなんて、とても恥ずかしい事だと、いつか、その人も気付くと良いですね。

どうか、お身体大切になさって下さいませ。
次回、ご帰国の際には、お会いしたいのです。
その際には、どうか申し込み方法等を、お教え頂けたらと思っています。
ただただ、貴方様が、お元気で居てくださる事を願いコメントさせて頂きました。
長文、失礼しました。

親父様を応援致します。

2017.07.20.17:12

もう、何年も読ませていただいている読者でございます。

酷い中傷に、こちらの心も痛みます。
私は、親父様のブログも歯切れの良い文章も大好きです。
日本の夏のエネルギーと、時折吹く爽やかな風が
親父様の元に届きますように..。

気に入らぬからと言って、他所のブロガーさんを「ガス室に送る」
などとのたまう輩は、自然に読者も減り
いずれ淘汰されるのでは..と思います。

気分転換に、美味しいものを召し上がって下さいませ(笑)
常連さんではないのに、いきなり失礼いたしました。
ずっと、応援いたしております。

管理人のみ閲覧できます

2017.07.20.16:52

このコメントは管理人のみ閲覧できます

誠実さに頭が下がります

2017.07.20.14:41

親父様

いやはや世の中には本当に粘着質の暇人がいるのですね。

親父様の誠実で正直な対応に、スカッとしています。

ここまでまっすぐに対応されれば、ケチな相手は騒ぐだけ恥です。

恥の概念があれば、ですが。

今までもこれからも楽しみに訪問させていただきます!

管理人のみ閲覧できます

2017.07.20.13:28

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

2017.07.20.13:03

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

2017.07.20.10:52

こんにちは。

親父さんに会っていただいたことのある、女性ブロガーのKUONです。

一度ならずお会いして、食べて話して楽しい記憶がたくさん。

酒も吞めない若くも粋でも美人でも無い、ただただ気の強い私を、KUONさんKUONさんと独特の優しさで接して下さいました。

これからも今の親父さんのまま、ブログを続けていただきたいと願っています。

いろんな人がいていろんな考えがあるようですが(当たり前)、私もどなたかに影響されてどうとか、一部で言われているようですが。

誰かの何かに影響されて考えコロンと変わるようなヤワな女ではございません。

そんなヤワコイ女なら、人生もしかして、もっと楽になっていたかもしれません。(笑)。でも、くおんはくおん。

自分なりに、のったりと参ります。

親父さん、勝手にコメントしておりますので、お返事はけっこうです、まだ一時帰国のお疲れがお残りでしょう。

いずれ余力がおありなら、やっほー、とか、そんなお返事くださいな。

(笑)。(笑)。
プロフィール

わがまま、親父

Author:わがまま、親父
FC2ブログへようこそ!

このブログで書かれた記事とコメントの転用を禁じます。
違反した場合は法的手段を講じます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
わがまま親父の独り言、カナダで生きています。
わがまま親父の独り言う、カナダで生きています。
わがまま親父の独り言、カナダで生きています。
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR