血としての下賤。

2017.06.19.11:28

下賤という言葉の定義から言えば私などは紛れもない下賤の出である。

父は自分は下級武士の流れを汲むと言っていたが、仕事とは炭鉱夫であったし、母は炭鉱一家でその次女であった。社会の最底辺ではなかったが明らかに労働者階級出である。

ただ労働者階級出が下賤かどうかと言われれば、それは解釈による、つまり生まれつきの特権階級、それももう何百年も続いた名家と呼ばれる家柄、地方豪農であった庄屋や京都や大阪で何十代も続いた商家、あるいは、大名上がりの華族、宮廷につながる貴族

これらの存在から言えば、労働階級出身や農民階級出身者などは、庶民、下賤の出と言われてもしょうがない。

しかし、私は本当の意味で下賤というのはその出ではなく、その腐りきった血の連鎖とその出自が全く辿れぬ家系の如何わしさ、そしてそれらの血が醸し出す所業の醜さにあると思う。

歴史的、学術的に天皇家、そしてここまで続いてきた歴代の天皇、これについては諸説あり、系統的に正しいのか、血脈的にキチンと繋がっているのか、これはそれぞれ専門家と言われる人々に任せるとして、一応日本では日本一高貴な出自をもって繋いできた一家である。
その意味では昭和天皇まで続いてきた天皇家には、いわゆる下賤と言われる階級の血は入ってはいなかったし、入れてはならなかった。

皇族と婚姻関係を結ぶ、身分の高い武士階級ならそれが限度として、商人階級、農民階級、ましてや、庶民、なんてはもっての外で更にその下である、身分上のアンタッチャブル階級であった、非人、エタ部落、有り得ない話である。

しかし、その有り得ない話が実際に起きた、それが現天皇、当時皇太子だった明仁親王殿下の結婚だった。

少なくとも先帝である昭和天皇まで、皇后と呼ばれた妃の出自は正妻ではない出自の方もあったがそれでも貴族出身の女官であったり、皇潤皇后などは紛れもない高い身分の妃であった。

では、なぜ、明仁皇太子に限って、初の民間人入内になったのだろうか?

この皇室史上初の民間からの入内、このスクープはアメリカ発のニュースであった、当時、皇室水面下で皇太子の妃選びとして皇族出身の女性達が何人も候補に挙がっていた時代、だが一方では密かに民間出身の正田美智子を皇太子の妃にという謀事が進行しており、それが後のテニスコートで花開いた世紀の恋、になった訳だった。
148.jpg
残念ながら当時の明仁皇太子、学業も振るわず結婚後は美智子の言いなり、現在では泥帝と呼ばれている。



現在では何故、皇太子妃として正田美智子が選ばれたのか、それはこのように検証されている、すなわち、それは進駐軍だったGHQの意向、その占領政策の一環として民間の皇太子妃を誕生させること、そして美智子の実家だった日清製粉とのつながり、これは当時のGHQの食糧政策と大いに関係する、アメリカ産小麦粉、通称メリケン粉を日本全土で使わせる、その先兵としての日清製粉、事実、正田家には進駐軍高級将校が沢山出入りしている事実がある、そして最後にこれはうがった見方であるが、皇室に下賤の血を入れたかった。(天皇家の高貴な血の伝統を壊したかった)

当時のアメリカ軍の占領政策、日本の統治階級、社会のシステム、すべてを徹底的に洗い調べ上げていた、その上で将来の日本の姿を描いていただろうし、占領政策上利用できるものは利用しようとしていた節がある。

正田家、その出自は群馬県、館林、にある代々続いた醤油屋である、問題はこの地区、エリアはいわゆる部落民地区であった事、次に母方、美智子の母正田富美、彼女については通称大陸夫人とよばれ純粋な日本人ではなかったと言われている、その証拠にこの母方の先祖が正確に辿れない、最後は皇后になる方の先祖が辿れないのである。

いまでも分からないのが先帝であった昭和天皇の判断、この結婚を良しとされたのか、あるいはしぶしぶ承諾したのか、もし、しぶしぶ承諾したとするなら、その理由は何だったのか?

そして同じ事が起きた、現在の皇太子、徳仁皇太子である、この時も当時の妃候補として才色兼備、家柄も天皇家に嫁ぐ者として相応しい女性がいくつもあった、だが、突加として雅子が候補として浮上、結果として徳仁殿下がこの女性でなければ結婚しない、などの発言を受け后候補として確定、だがこうなる経緯には数々の伏線があった。

誰が当時の皇太子妃候補となるのか色々言われていた最中、突然にマスコミにこのような女性の紹介記事がいくつも載った、主に女性週刊誌記事だった、それはハーバード大学卒、東大出の才媛、若き女性外交官の玉子、小和田雅子、父は外務省の高級官僚の娘として、
a590be47.jpg
それが当時喧伝されていた記事と写真、その後紆余曲折はあったが結局、皇太子がこの女性との婚約を希望、周りに反対や躊躇する向きもあったが内定、そして結婚入内となった。
美智子に続いて2度目の民間からの入内であった。

実はこの雅子を皇太子に嫁がせる、この計画はある連中によって密かに仕組まれていたのであった、例えば、高円宮殿下や久子が秘密裡に裏で動き、密かにナル殿下と雅子を会わせていた、また、ナル殿下がイギリス留学中、フランスのリゾート地に滞在中にそこに雅子を送り込み、密会や情交の機会を作った、その他にも正式発表になる前にはそれらの人間によっていくつも密会があったのである。
一旦は昭和天皇の反対によりこの雅子とナル殿下の組み合わせはとん挫したが、昭和天皇崩御によりこの話が復活、晴れて雅子が正式の皇太子妃候補となった。

だが、雅子、父やこの計画を企んだ人間達の勧めもあってこの結婚を固辞する姿勢を見せ、ナル殿下に大きな譲歩を引き出そうとした、それが、雅子がいった話、
殿下は私を全力でお守りしますと言って下さいました、その言葉が現在のサボリ、我がままし放題、遊び呆けている姿になった訳である。これは性的に幼稚な経験しかない男はその性に飢えた状態にさせられれば何でも言う通りになる。

この計画に加担した面々、筆頭は美智子皇后、高円宮、福田首相、父である小和田、そして小和田の外務省取り巻き幹部、最後は創価煎餅組織、この雅子となる殿下の結婚式パレードに草加煎餅の三色旗の旗がいくつも見られるのがその証拠である。1283652485546s.jpg



さて、下賤の話に戻るがこの逆転ホームランを打った雅子の出自と経歴、まず、経歴、ハーバード大学卒ではない、のちにハーバード大に吸収されたリトグリフ女子短大、卒論も自身で書いたものではない、また、東大は父のコネで在席していただけ卒業葉していない、さらに外務省外交官の玉子も嘘、実態は父の子弟枠、コネで入った外務省職員、外務省外交官特別試験には合格してはいない、実際は外務省のコピー係り、つまり先に紹介した女性週刊誌に掲載された記事は金を払って書かれた提灯記事の類だったのである。

因みに雅子は英語、ロシア語堪能と喧伝されていたが、英語はブロークン、ロシア語は話せない、一時、外国首脳との会談で通訳もやったが余りにもお粗末で一回で首になった。

さらに問題となったのはこの女の出自、まず父方、小和田家、雅子の父,亘の祖父、金吉の戸籍がない、また小和田家は新潟水上藩の流れを組む武士階級の分家と称すも、本家からはそんな分家は知らん、また先祖代々と言われた墓はつぎはぎだらけの訳の分からん墓、寺の過去帳にも載っていない一家、これは半島からの背乗りではないかと言われている。

そして母方、これも先祖は部落出身者一族、その証拠に当時宮内庁が雅子の出自調査を始めようとしたら部落解放同盟が抗議に現れた、のちに当時の後藤田官房長官がこの結婚は皇居にムシロの旗が立ち並ぶと称したことでもわかる、一番の問題であったのは雅子の祖父、彼は当時日本の公害病で沢山の患者を出した窒素の社長だった男、患者抗議には貧乏人が腐った魚を食ったからだ、そして抗議活動にはヤクザを使って痛め付けた鬼畜、後の東宮に入り浸っていた。

私は皇室の記事、特に雅子のいい加減さ、ろくでもなさを書いていて、なぜ、こんなろくでもない皇太子夫妻を天皇皇后が注意、叱責しないのか不思議であったが、天皇皇后まで批判する事はなかった。


d6ef7843e64715d438397ec7d7b71fce.jpg
だがある時、この写真を見てから、美智子は結局のところ自分が引き入れた雅子を守る側にいており、だからどんな無様な嫁であっても注意、叱責できなかったのだ、それがやっと理解できた。

ただ別の意味での判断として、雅子はいわゆる使えない駒であった、要するに邪悪を企むような頭がない、おだてられ褒められば動くが基本的にはやりたい事はやるがしたくない事はしない単細胞頭脳、基本的には単純阿呆、ある意味期待外れだったかもしれない。
結局のところ、トロイの木馬として下賤の血を引く親王を設けさせ、さらに将来皇太子としてカルト宗教、外来種の女をあてがい皇統を簒奪しようとした計画は見事失敗、やり方をかえて挑戦した人口受精もできたのは自閉症の女児、ある意味、雅子を担いだ連中の思惑は見事はずれた。

だが長年調べていく内に、根本的な問題は最初の皇室下賤結婚であった美智子皇后にあったのでは、そういった結論に達したのであった。

多分、皇室批判ブログでそれぞれ有名な女性ブロガーも同じ結論に達している。

そして現在、我がままを通して退位されようとしている、近い将来の上皇と上皇后、なんと皇潤皇太后の命日に若きロマンスの地であったテニスコートで2時間のテニスを楽しまれたというニュースが流れた、これは密かに楽しんだ訳ではない、報道陣を引き連れての取材、日本人の血が流れていれば、大切な両親の命日に遊ぶ呆けている息子や娘があるだろうか、これでも目を覚まさない盲目皇室礼賛者は阿呆か基地外である。
2017・6・16香淳皇后の命日にテニス②



つまり、延々と続いてきた皇統の歴史に、下賤の血が入った、これが何よりの証拠となった今回の天皇皇后の振る舞い、天皇には多少の認知がはいっており、もはや善悪の判断が出来ぬ状態かもしれないが、これは人の道から外れた外道の振る舞いである。

つくづく呆れてしまった。

今回の長い記事の結論として、現在の美智子の振る舞いは、下賤の血を持って皇室に入り込んだ美智子が感じた皇族達の侮蔑やあざけりに対しての遠大な復讐劇だったのではないか、そう思える。



スポンサーサイト

comment

Secret

管理人のみ閲覧できます

2017.06.19.23:54

このコメントは管理人のみ閲覧できます

歩と王将

2017.06.19.23:06

おじき殿、一刀両断に溜飲が下る思いです。

日本では21日に、将棋界で最多連勝記録「28」をかけて藤井聡太四段が大躍進中で大変すばらしい限りです。
そこで、この界隈でおおもての下賤人達を将棋の駒にたとえてみました。
歩(チョンタレ・芸能界他)・香車(実行犯・左翼・しばき隊他)・桂馬(工作員)・飛車(反日教育・宗教団体)・角(マスゴミ・情報通信関連)・銀(政治家・官僚)・金(銀行・金融界・多国籍企業)・王(ひ~み~つ・・・ )  いかがでしょうか?

ちなみに【王】は国ではなく【お金そのもの】または【お金の支配する緻密なシステムを作り上げた狂人連中です。
それらが人類史上最悪の朝鮮人の救いようの無い容姿や性格を熟知した上で、パシリとして利用しているのでしょう。

欧米の植民地から東南アジア各国を独立させるきっかけになった日本の行動に対しての恨みと復習は永遠と続行されるだろうし、
日本に対する恐れもあるもかもしれません。
日本が国連の常任理事国にいれないことがその証でもあります。

そういえば、【王】の命令で【角】ソフト×ンクが【歩】ピコ×郎とジャスティンを使って【PPAP】を仕込みましたが、異常・悪趣味です。
両手でOK(666)のハンドサインをだしながら、知恵の象徴であるりんごにマスゴミの象徴であるペンを突き刺して【PPAP】を唱える行為は【王】が【歩】に忠誠心を誓わせ大衆を馬鹿にしたお遊びですが、Pythagoras、Pyramid And Providence eye の頭文字です。

元総理竹下×の孫のDAI×Oが中指と薬指を折り曲げながらハンドサインを出しまくり忠誠心を誓いながら(この英語の頭文字の意味はこうです。ただしく理解してください。おばかさん。)といっているのも分からないのでしょうか?
マスゴミは意味不明の無駄なことは一切しないと理解すべきです。
大衆がアホかどうか試しながら、陰でニヤニヤしている下賎な者と理解すべきです。

管理人のみ閲覧できます

2017.06.19.20:55

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

わがまま、親父

Author:わがまま、親父
FC2ブログへようこそ!

このブログで書かれた記事とコメントの転用を禁じます。
違反した場合は法的手段を講じます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
わがまま親父の独り言、カナダで生きています。
わがまま親父の独り言う、カナダで生きています。
わがまま親父の独り言、カナダで生きています。
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR