デビュー。

2017.06.12.11:49

昨日の土曜日、友人である歯医者の娘さん、フィリピン人富裕層のイベントとしての18歳の社交界デビューに行ってきた。

フィリピン人富裕層には自分の娘が18歳の誕生日に沢山の友人、知人を招いてその誕生日を大々的に祝う習慣がある。
勿論、多額の費用が掛かるので昔は大金持ちの習慣としてだけでしかなかったが、最近は中間層以上の家庭であれば
愛する娘の為に開く親が増えてきたようだ。

これは多分、昔、フィリピンを支配していたスペイン人文化の名残だと思うが、娘さんにとっては結婚式と同様、一生の晴れ舞台の一つである。

場所はトロント、ダウンタウンにあるマリオットホテルのバンケットルーム、招待客の服装はドレスコード、フォーマルとあったので
私は昔仕立てたオールシルクのスーツがあったのでそれを着て行った、ま、結構目立って素敵なスーツですねと色んな人から褒めらえた。
(こういう褒められ方は嬉しいので喜んでいる馬鹿です、ハイ、笑い)

私はこの娘さんはよく知らなかったが父である彼、ドクターにはいつも歯の治療でお世話になっていた、パーテイの流れでこの父と娘さんが一緒に踊っていたイベントがあったが、素敵だった。

私は例によってバーでウオッカをしこたま飲んで出来上がっていたが、出てくるコース料理も美味しかったので楽しんだ一夜だった。
IMG_2215-002.jpg

IMG_2214-003.jpg
左に屋根がついた一角があるが、これは主役の彼女が座る場所である。


私達のテーブルで私と一緒に写っている人物、とっても仲がいい友人のルイである。IMG_2216-001.jpg

(このルイとバーでウオッカのダブルを共に飲み、煙草をスパスパやっていた、ルイにはいつもインディアン居留地でインデアンの煙草を買ってもらっていることもあってバーの勘定は私が払った)

ルイ、は立派な女性であるが、性的カテゴリーではレズビアンでの男性役、フィリピンではトンボイと言われて一般的な存在である。仕事はシックチルドレン、ホスピタル、で子供達の世話をしているそうだ。

彼女はフィリピンの避暑地であるバギオの富裕農園の娘として生まれたが、父が男の子を欲しかったようで、男の子として育てられた、彼女は私がこのような形になったのは父の影響だと言っていた、ただ、私は彼女がこのような性癖の持つ主ではあるが、彼女の根がピュア―でやさしいし、冗談も面白いし、何か性格的に馬が合って何かの縁で、逢えば年中つるんでいる仲である。

ちなみにフィリピンではお釜をバクラ、と言い、レズビアン女性の男性版をトンボイという。

このバクラとトンボイ、フィリピンではそれが社会的に認可されていて誰も偏見的な目で見ない、たとえばバクラは2家族に一人はいて、大概は美容室や理容室の技術者であり、ひらたくいえば床屋のほとんどがお釜、トンボイは特別な職はないが一般男性として職を得て働いていてその意味では差別偏見はない。

このルイのフィリピンにいる恋人の写真を見せてもらったが、滅茶苦茶可愛くて綺麗な女性だった、なぜ、こんな素敵な女性が
レズなのか理解が出来ないが、それにしても男と女の間、私にはまだよくわからない謎があるようだ(笑い)

先日、このルイが自宅に遊びにきた、それで私のスーツやタキシードのコレクションをみて、欲しいみたいなことを言ったので、ダブルのスーツと丸襟のタキシードがあったので彼女にプレゼントとした。

とっても喜んだので私も嬉しくなった、そうしたら、そのお返しではないがこんどフィリピンに行ったら自分の農園で大歓待すると言っていた。


とにかくウオッカを飲み過ぎて出来上がり、帰りは妻の運転で自宅に戻ったが、久しぶりに楽しい一夜であった。

追記
実はこの歯科医院を経営しているのはこの父の義理兄にあたる、ドクター、ジョージなんだが本人は隠しているが、彼はバイセクシャルである。実際にはこの歯科医院のマネージメントをしている白人の彼氏がいてゲイなんだが、フィリピンには妻子がいるのでその昔は両刀使いだったわけ、このドクタージョージがこのイベントの責任者だったが、そんな訳で招待客にはゲイの人達も多かった。

私達のテーブルにはカソリックの神父とその友人も来ていたが、彼らもゲイのカップルだった。本人達は隠している積りでも見る人が見ればこれは直ぐ分かる、カソリックの神父や司祭は妻帯を認められてはいないので(これは修道尼も一緒)ゲイが多いと聞いていたが、実際に会ったのは初めてだった。

ダンスタイムがあり、彼曰く、今日は法衣を着て来たので踊れない、残念だったと言っていた、気持ちは分かる(笑い)







スポンサーサイト

comment

Secret

Re: わがまま親父様、お返事頂いてありがとうございます。

2017.06.18.22:30

mewmewさん、コメント有難う御座いました。

私も死ぬまでには行ってみたい外国がいくつかあります、ヨーロッパは家の周りにはヨーロッパからの移民家族が沢山すんでいてそれ程行きたいとが思いませんが、エジプトとインドは行ってみたいですね、

近所で仲良くしているインド人一家があって、こんどその家の親父と一緒にインド旅行に行く話になっています。

私はMewMewさんと違って綺麗な景色とか大自然の美しさには余り興味がありません(笑い),,私の好きな場所は汚い所、スラムとかカオスとか混沌とか、そういう人間臭いところが好きなのです、そんな事で過去には結構危ない目にあっていますが!

又、お寄り下さいね。

わがまま親父様、お返事頂いてありがとうございます。

2017.06.17.01:38

カナダは、国土の大きさが違う、大自然がすごい、圧倒されます。
7月がベストシーズンですか。チケットを買って飛び立たないとダメですね。
やはり旅行して心揺さぶられるのはなんと言っても、
自然に触れることだと思います。
それとたまにはプラネタリウムに行って、宇宙について考えること。
この二つが私にとっては、リフレッシュです。
わがまま親父様からお返事いただいて、うれしかったです。
ありがとうございました。

管理人のみ閲覧できます

2017.06.16.08:46

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: わがまま親父様、初めてコメントします。

2017.06.16.05:42

Mewmewさん、初めまして、そしてコメント有難うございました。

私も老後の夢が外洋型ヨットを買ってフィリピンの島々をアイランドホッピングする事でしたがフィリピン妻に反対されカナダに移住しました。

今から40何年前のフィリピンは貧乏だったけれど、よい国でした、今はもう腐った国の一つになってしまいました。

カナダもいい国ですが、ここは移民で国家が持っている国、本当のカナダ人というのは先住民であるカナダインデイアン、彼らは今や居留地で隔離され税金免除、福祉手当漬けでもはやどうしようもない民族になっています。

なにせ1年の半分が冬、寒い国です、だからこそこれからの季節は素晴らしい、いらっしゃるなえあ是非7月をお勧めします。

Re: フィリピン人の歌のうまさ

2017.06.16.05:31

> フィリピンにはトランジットで立ち寄っただけですけど、空港から見た景色は緑豊かで、フィリピン人は笑顔の明るい人達でした。マンゴージュースがとても美味しかった(笑) 社交界デビューの習慣はスペイン統治下の影響ですか。アメリカも流階級では習慣としてあるんじゃないでしょうか。 もとはヨーロッパの貴族階級のものですよね。
> フィリピンの人は、歌や演奏がとてもお上手、いわゆる、フィリピンバンド、一時期日本にもたくさん来日されていました。 英語がきれいで、笑顔がきれいで、リズム感良く・・好きでしたね。
> タイの、オリエンタルホテルの中のカフェにも、フィリピン人のバンドが入っていました。
> アジアでは、歌のうまさは断トツなのではないですか?
> フィリピンの人って。

Mikaさん、フィリピン人は歌が上手いですよ、その昔、淡路恵子の亭主だったビンボーダナオもバンドマン上がり、デヴィ夫人の赤坂時代の彼氏もバンドマン、マニラで有名なレストランと旅行代理店を経営している名物ママもその昔はバンドマンに騙されて渡比した口、

私もその昔、定宿だったマニラホテルのバーに入り浸っていました。

管理人のみ閲覧できます

2017.06.14.19:20

このコメントは管理人のみ閲覧できます

承認待ちコメント

2017.06.14.19:14

このコメントは管理者の承認待ちです

管理人のみ閲覧できます

2017.06.14.00:10

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

2017.06.13.21:55

このコメントは管理人のみ閲覧できます

わがまま親父様、初めてコメントします。

2017.06.13.13:15

カナダには真夏のオーロラが見たくて、
一度だけイエローナイフに行きました。
自然の大きさと、水上飛行機に感動しました。
フィリピンのエルニドがとても素敵だったので、定年まで頑張って仕事して、
フィリピンで島巡りをいつかしたいなぁと考えている
一50代女性、会社員の日本人です。
自分の自然な気持ちを話すことのできる社会は、素敵ですね。
つい最近まで日本の中でそんなことに気づきもしなかったので、
わがまま親父様の独り言にいつも視野を広げさせて頂いてます。
いつも読ませて頂いてるだけですが、あらゆる話題で親父様の考えの深さに
いつも教えて頂くことが多いです。
初めてコメントしました。
今後もお元気でブログを続けられて、読ませて頂ければと思います。



管理人のみ閲覧できます

2017.06.12.21:01

このコメントは管理人のみ閲覧できます

フィリピン人の歌のうまさ

2017.06.12.17:20

フィリピンにはトランジットで立ち寄っただけですけど、空港から見た景色は緑豊かで、フィリピン人は笑顔の明るい人達でした。マンゴージュースがとても美味しかった(笑) 社交界デビューの習慣はスペイン統治下の影響ですか。アメリカも流階級では習慣としてあるんじゃないでしょうか。 もとはヨーロッパの貴族階級のものですよね。
フィリピンの人は、歌や演奏がとてもお上手、いわゆる、フィリピンバンド、一時期日本にもたくさん来日されていました。 英語がきれいで、笑顔がきれいで、リズム感良く・・好きでしたね。
タイの、オリエンタルホテルの中のカフェにも、フィリピン人のバンドが入っていました。
アジアでは、歌のうまさは断トツなのではないですか?
フィリピンの人って。

管理人のみ閲覧できます

2017.06.12.13:20

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

わがまま、親父

Author:わがまま、親父
FC2ブログへようこそ!

カナダ、トロント近郊に住む、死に損ないの爺いです。余命わずかなので勝手な事を書き散らしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
わがまま親父の独り言、カナダで生きています。
わがまま親父の独り言う、カナダで生きています。
わがまま親父の独り言、カナダで生きています。
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR