重要事件の後追い報道、ごみ屑記者と糞報道機関には無理か、

2017.05.11.12:19

今時、まともな記事を書ける記者、これは新聞記者、週刊誌記者、テレビ局記者、通信社記者達をさすが、果たして日本にはいるのだろうか、?

この質問を記者に問いたい!

さて、どう答えるだろうか(笑い)

日本の3大新聞社、朝日、毎日、読売、朝日は捏造、左翼新聞社、毎日は変態、輪転機は聖教新聞で回っている、読売はある種御用新聞、いずれにしてももはや屑新聞社、発行部数は押し紙でかさ上げ、それでやっと広告を賄っているのが現状、ちなみに押し紙とは、これは新聞社が実際には配達されない、読者には読まれない新聞を大量に新聞販売店に押し込み、最終的には紙屑回収業者に引き取ってもらう事を言う。
つまり、仮に発行部数が公称百万部とすれば実際には70万部しか読まれておらず、残りの30万部は紙資源として業者に引き取ってもらっている、これはこれだけの発行部数が有り広告媒体として有効であるとするためや、新聞社として存在を維持する為にやっていることである。

又、コラムや天声人語、何て欄はしょうもない左巻き爺いの的外れ自慰記事、何を言っていやがるこの阿呆、てなレベル、本体がこうだから記事を書く記者ももうロクでもない記者ばかり、そのくせ、俺たちは社会のオピニオンリーダー、社会正義の為、不正と圧力には断固として戦う、みたいな口を利くが、その実態は記者魂もないサラリーマン記者、ただの馬鹿野郎で逆に言えば記者であることを利用してどかどかとどこにでも入り込んで、あることない事を書く、やくざ記者もある。実際、ネットでは事件周辺取材記事で近所を訪れ取材を申し込むも拒否され、その腹いせかどうか玄関ドアを蹴っ飛ばしていた記者が防犯カメラでとらえられていた。

このヤクザ記者、後で共同通信社、記者と判明。

こういう記者が何故多くなったのかと言えば、私がこのブログで何回も書いてきた記者クラブ制度の弊害がある。

その昔、文章を書く事を生業としてきた職業、小説家、文筆業、著述業、記者、これらの職業、ある意味職人の世界だったと思う、つまり、一流大学を出なくとも自身の才覚や努力、生まれつきの能力でペン、筆一本で場合によっては大向うを動かす力を持てた、また、そう言った生き方をした先輩や上司、経営者が上にいくらでも存在した。

新聞社、出版社、通信社、広告代理店、俺が責任を取るからやってみろ、その代わりいい加減な記事を書くんじゃない、そんな事もあって記者同士、切磋琢磨して競いあった。

もはや現在、こんな記者もいなければこんな上司や経営者は存在しない。
あるのはサラリーマン化した記者と責任を取りたくないご都合主義の幹部、そして社会正義なんてまったく考えもしない反日左翼主義のロクでなし体質になった新聞社やテレビ局。

これは一部には在日朝鮮人がマスコミ関係、新聞やテレビ局幹部となり、そして日本の広告を取り仕切る朝鮮電通にこれらのマスコミが支配されている構図があると言われているが、それは多分当たっている。

記者クラブ制度、司法、行政、立法、産業界、法曹界、メデイア、警察、、皇室、宮内庁、あらゆる場所に設置されている、ここに属す記者は登録管理され、この記者クラブに属さない記者はここでの取材が出来ない、また、記者クラブ制度、与えられた情報に対しての質問、これも制限や約束事が有る、これらの制限や約束事を逸脱して独自の取材をすれば記者クラブから除外され親会社も排除される、よく警察関係者とかその筋の関係者談として載る話はおまけであり、この程度なら話ても構わないとするコントロールされた情報である。

要するに自分達が必死でネタを探したり、懸命に事件を追わなくとも表面上の内容はその筋から与えてくれるという事、だから特ダネなんてことも起らないし各社金太郎飴みたいな記事になる。

逆に世論誘導として情報を加工、捏造する事も多い、これは映像を商売とするテレビ局報道に多い、例えばニュース番組で現場にいた人間にインタビュー、これも仕込みといって欲しい発言をするような人間をあらかじめ選んである、時々、この仕込みがばれて同じ人間が服装や髪型を変えてあちこちのテレビ局のインタビューを受けている。

何故、このような話になるかと言えば、一つは記者という職業が腐ってきてもはやただのサラリーマンがやる仕事であり、報道を扱う新聞社やテレビ局は都合が悪い事にはしらばくれる、報道しない自由を選ぶという生き方がまかり通ってしまう、それが当たりまえ、そしてこれらの風潮を何の疑いも抱かない、能天気、お花畑、お人好し、阿呆国民が多数をしめる日本という国がある。

こんな阿呆国民が多勢を占める国、日本、良い国である、このまま永遠にこのような状態が続く限り。


さて、今の日本のマスコミ界に望むべき事もない事も分かって書いているが、私が特にやって欲しいのは、事件のその後、つまり事件の後追い報道、例えば学童児童のいじめ自殺事件、隠ぺいした学校関係者、担任教師、教育委員会責任者、こいつらがその後どう、始末をつけたのか、ストーカー殺人者、裁判で一体求刑は何年で結審したのか、凶悪事件で捕まった特に通名、実際はチョン、こいつらは裁判で本当に懲役刑や死刑になったのか、

私は殆ど新聞を読まないが、必要な情報はネットで得ているが、それでも事件の後追い情報は少ない、よく映画でこの映画は実際に実話から作りましたというエンドロールがあって、そこに登場人物のその後が書かれているが、インターネットでもこもような専門サイトを作ってくれればいいなと思っている。
事件関係者、地元関係者、親類筋、この方方の証言によってきちんとした始末がつけられたのか、何だか分からぬ内に有耶無耶になったとか、関係者が自殺してお終いとか、何かの忖度があってなんじゃこりゃの刑期になったとか、夜逃げして行方不明とか、

民進党のR4,元パン助なのに何故、偉そうにしているのかとか、御自愛の見て子皇后、なぜ、極めて丈夫なのに陛下の腕を鷲掴みにしてか弱い皇后を演じて、陛下の行動の自由を奪っているのかとか、なぜ、安倍ちゃん、基地外阿呆の嫁さんを捨てられらないのかとか、

何故、辻元清美、これほどバックが怪しく朝鮮人が丸わかりで犯罪者なのに大阪の有権者はどうして選ぶのかとか、愛子内親王、明らかに複数の人間がいる、ダミー、替玉、陰子、極端に痩せたり直ぐ戻ったり、それなのに相も変わらずご優秀報道で疑惑は無視の宮内庁記者、宮内庁ご用達の毒饅頭でも食っているのか?


誰か、こういうニュース後追いサイト、作ってくれないかな、もし、作ってくれるのであれば協力したいと思っている。


私も老いたが、その昔檄文、アジテーター文というのがあった、その書かれた文章によって精神は高揚し崇高なる使命感を持つ者もあったが、もうないね、そのような文章を書ける人間がもういない。

三島由紀夫はいい時代に死んだと思う。

私は時代遅れのやや右よりのしょうもない爺である、子供もいないし、育てた経験もないがカナダに英語を学ぶ為にやってきた日本の青少年を善意で無料で面倒を見た事は沢山ある、で、解った事はこれらのあんちゃんやねえちゃん、よく言えば純粋、悪く言えば世の中の仕組みが全く分かっていない脳タリンの阿呆、こいつらが日本の将来を担うとは思えない。

ちょっと言い過ぎかもしれないが、どうせ若い人達はこのようなしょうもない記事のブログ読む事はないだろうから良しとしよう。


スポンサーサイト

comment

Secret

Re: No title

2017.05.15.21:41

野すみれさん、こちらこそ始めまして、そしてコメント有難うございました。

そうですか同世代ですね、仰りたい事はよく分かります、ただ、人間にも程度や深さがあり、その内容によっては理解しえない関係が生じます、理解しえない相手にそれを求めても無駄でかえって虚しくなるだけ、従って人間関係もそうした相互理解が出来る人間としか付き合わない、それも一つの手かとも思います。

もうひとつ、これはちょっときつい意見になりますが、自殺したいという人間には私は止めません、私も自殺未遂経験者、運がよかったのかどうか辛うじて踏みとどまりましたが、本当に死にたい人間を止める事はできません。

結局のところ、大事なのは自分であって自分を好きになる、そして自分が出来る範囲で他人を思いやる、それでいいのでは、そう思います。

私みたいに我がまま一杯で好きに生きる、これは余り勧めませんが(笑い)

Re: タイトルなし

2017.05.15.21:23

秘密のTさん、コメント有難うございました。

正直言ってこのような若い女性からのコメントに驚いています、それは貴女のコメントにもありましたように今時の若い女性がこのような考え方や社会情勢に、関心を持つ、少ないと考えていたからです。

よく私が記事で書く、日本人の能天気さ、お花畑さ、考え方の幼稚さ、それは特に日本人の若い方に多い、そう感じますね。

トロントによく語学で英語勉強と称して短期でやってくる日本人の若い方と話す機会が沢山有りますが、言葉は悪いだその多くは阿呆ですね、深く物事を考えていない、これはつまり本を読まないせいもあるかもしれないが、つまるところ今の日本は平和で平和ボケでこれが当たり前と考えているからでしょう。

私は無知であるという事はいわば犯罪にも近いとおもいますが、こんな事を言ってもわからないでしょうね!

私は貴女のように若くてもしっかり日本や今起こって居る事象に、関心をもってくれる方が増えてくれることに期待をしたい、そう思っています。

又、コメントしてくださいね。

No title

2017.05.15.17:32

初めまして・・・

KUONさまから経由ですから、随分お時間を経ての
どうしょうか?どう書いたらいいんだかの毎日で・・・・・・
何度も何か感じながら思いを書くのは難しいですが。

いきなり過激なことをゆうてる訳ではなく・・・・・・
ご意見に納得することも多く、唯のコメントですが、

ブログ主と少しだけ年下です、宝塚市在住・・・・・・


私、まだ20代後半の息子がおります。
そこそこの重度障害者(障害者という言葉嫌い)
大学も行き・・・うつなど統合失調症の寸前の状態で
大手に勤めていますが、長期休職を繰り返し。。。
複雑な状況です。

場違いかも知れませんが、私もかっこよくいっぱい
いっぱい生きてきてはいます。

一番言いたいのは、ほぼ同世代が、いつも死にたい・・・・
いつでも・・・        と


その無責任な言葉にあなたは幸せね・・・・・
ある日死んだもいいだもの?????

そんなことは考えたこともないです。何故なら責任があるから・・・
足が動かなくなっても、がん告知でも、最後最後まで

自分の立場の責任を果たそうと、心に決めています。

もう一度自分の立場の幸せと言いません生きていける
環境に自分を褒めて、やって下さいね。

非難しょうとかではなく、例えば阪神大震災の最中にいたもの
気持ちは、当事者でないとわからないと言う無理なことも
あったりして・・・・・・

文章ですからたいしてうまく書けません。

それなりの体調で、生きて行かないと・・・・・・・・・・・
と言うことが言いたかったのですが、うまくは伝えれませんね?

管理人のみ閲覧できます

2017.05.14.02:12

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

2017.05.12.20:51

このコメントは管理人のみ閲覧できます

明日はわが身昨日もわが身

2017.05.11.18:44

お早うございます
(只今11日19時ごろであります)

報道機関は使命を忘れたのかと週刊誌にありましたが
彼らには端から使命などありません
あるとしたら『私名』です

小和田はスイスに未だ居た、とは
情報を持ちながら誰も言いません
これが日本の報道の実態です

読売新聞は官邸の広報誌と成り下がり
護憲派を装う朝日新聞はNHKと同族の朝鮮人です
5月3日の読売の一面には
安倍総理の単独インタビューが載りましたが
読売新聞は総理の我田引水の一パーツに過ぎません
中ほどには
護憲派の有料意見広告がありましたし・・・・
産経新聞も情けがない
首相の手法や読売の関与には触れずじまいだったのです
新聞(報道)の役割は権力者の暴走を監視して
その暴走に苦言を呈するべきだが・・・でしょ


いまや新聞をはじめとしたメディアは
権力におもねる狢(むじな)
ただのゴミでありましゅる(お国の穢れ)。あはは。
プロフィール

わがまま、親父

Author:わがまま、親父
FC2ブログへようこそ!

カナダ、トロント近郊に住む、死に損ないの爺いです。余命わずかなので勝手な事を書き散らしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
わがまま親父の独り言、カナダで生きています。
わがまま親父の独り言う、カナダで生きています。
わがまま親父の独り言、カナダで生きています。
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR