石原慎太郎、やはり、父方ルーツは朝鮮人だった噂は本当だったか!

2017.03.04.00:39

よく、男としての晩節を汚すな、そのような言葉がある、これはどんな生き方をして来ようと、人生の最後だけは綺麗に逝けという意味だと私は思っているが、今回の石原慎太郎の豊洲市場移転に関しての疑惑記者会見での発言を聞いてそれを強く感じた。
AAnK7jl.jpg
石原氏、記憶がない、終始歯切れが悪く、そんなキャプションが載っていた。


石原慎太郎、私は作家としての慎太郎、評価はしない、実際に作家だった頃の作品を読んでもたいした作品は無かったと思う、石原慎太郎とは政治家となり自民党の若手政治家の集まり、青嵐会当たりに属すようになってから、その発言と行動が評価され出したのであり、その後、その発言の過激さ、歯に衣を着せぬ発言で、世間的にたいした人物だと思われるようになったのだと思っている。

確かに、その政治的発言だけを聞いていると国士然とした雰囲気が有り、なるほどと思わせる雰囲気は備えていた。

私も実はそんな石原慎太郎、買っていた一人だった。

だから、ネットの一部で石原慎太郎、裕次郎兄弟の父は山下汽船の重役だった(本当か?小学校卒で重役になれる?いや最後は山下汽船傍系子会社重役だよ、)それにしては、父方のルーツが怪しげでその出自が半島、朝鮮人帰化系である、いや、実際は朝鮮部落だよ、,というような噂は信じてはいなかった、だが、会見で見せた、責任逃れや、言い訳なんかをみると彼が持っている気質が朝鮮人独得の気質に近いのでは、そんな思いがする。

石原慎太郎の妻は日本人だと思うが、弟の裕次郎の妻,北原三枝は父が在日朝鮮人で間違いなく在日系の女優であった、だからどうだという話ではないが、当時は不思議な感じがした事は事実である。

この石原一家のルーツに関して色んな本が出ているが、佐野真一著、てっぺん野郎、という本にそのへんがよく書かれているという。



とにかく、石原慎太郎が東京都知事として都庁に君臨していた頃、その辺の国務大臣よりも権力があった、ソリャそうだ、年間予算だけで小さな国分程ある。だから都民の税金をつかってしょうもない銀行を作って都民に迷惑をかけたり、尖閣諸島関連で寄付を募り多額の金を集め、その金をどうしたのか、そんな問題でも不問いとなった。

だが、自分が都知事時代にやった豊洲市場移転決断に関して、責任は俺だけではないとか、東京ガスとの買い入れ交渉、契約問題で俺はサインはしていない、誰かが勝手にハンコを押したとか、確かに、週に2~3回しか出勤しない都政、周りのイエスマンに任せていたのは事実だろう、しかし、俺は知らなかったはないだろう。

挙句の果てには小池百合子の方がもっと無責任だとか、一体何を言っているのか、記者会見に出かける前、記者団に感想を聞かれ、武士の心境で臨む、何てのコメントは何処に行った!

こんな下らない発言や言い訳、それこそ、慎太郎、歳をとって下らん男に成り下がった、晩節を汚す男になってしまった。そう言われてもしょうがない。

小池百合子都知事に対しての中傷や責任転嫁は、息子である金目が全てという自民党都蓮会長であった馬鹿息子、石原伸晃.こいつが親分風を吹かせて小池百合子を邪魔したが、小池百合子氏の都知事選大勝利ですっかり、滓になってしまった。

多分、その時の息子に対しての恨みからきているのだろうと思うが、元々、大した器の持つ主ではなかった、それを親の欲目で担いだだけの事であり、小池百合子氏に向かって厚化粧の年増婆あ、何て言えば反撃される事は分かっていた筈、小池百合子氏だって、それこそ、海千山千の強者、だてに政界の荒波をかいくぐって数々の修羅場を生き残ってきた女、罵倒されて引っ込んでいる女ではない。(注、この書き方は褒めて使っている訳ではない、念の為)

慎太郎、女が、小馬鹿にされ罵倒された場合、それが恨みとして残った場合の怖さが分かっていない、しかも相手は権力の頂点にたったのだよ!

小池百合子都知事に、会見感想で、石原慎太郎さんともあろう方が、、、、なんて軽くいなしていたが、心の中では早く死ね、このおいぼれ暴走爺、もうお前の時代は終わったんだよ、てな気持ちだろうと思う。


慎太郎自身がもののふ、武士としての生き方を信奉しているのであれば、それこそ潔い結末をつけるべき、それを座して死ぬつもりはない、なんて悪あがきは言わぬほうがいい、

しかし、実際の話、こうまで往生際の悪い男であった、とは思わなかった、あまりにも情けない!!

女性の中には石原慎太郎を過去の業績などで、擁護する向きもあるようだが、私は石原慎太郎には今、2つの道しかないように思う。
まあ、ぶっちゃけた話、どちらにしてももう長くはない(笑い)

1、本人は嫌だろうが、座して死を待つ、一切の釈明をせず、すべての闇と共にあの世にいく。

2、冗談ではない、何で俺だけが文句言われなければならない、どうせ責任をかぶるなら、みんな道ずれにして死んでやる。


但し、これをやれば石原一家は吹っ飛ぶ、倅たちも吹っ飛ぶ、石原ブランドで固めていたものが全て剥がれて隠されてきた醜聞が主て表に出てくる、こういう場合、今まで慎太郎に虚仮にされていた奴らは全て叩きに回る、孤立無援、かくて憤死となる。

損害訴訟となれば都が訴えられる、そうなれば都は石原慎太郎を訴える、そうなると誰も助けられないし、助ける奴もいない。

おまけは百合子姉さんが喜んで足を引っ張る、(笑い)


さて、この結末、朝鮮人DNAが出るか、真の日本人DNAが出るか、今後の展開が楽しみである。

でも慎太郎、もし、他の政治家がこんな事をやったなら、きっとこういうだろうと思う、日本人なら腹を切れと(笑い)、珍ぽの皮も切れない奴がよくいうよ、、、
スポンサーサイト

comment

Secret

Re: No title

2017.03.07.07:36

秘密のMさん、コメント有難うございました。

慎太郎、脳こうそくの影響もあるでしょうが、老いましたね、この姿を見ると男は適当なところでいなくなるべきですね!

ソコソコノ男だった人間が老いて老醜を晒す、自戒としなければいけません。

管理人のみ閲覧できます

2017.03.06.09:15

このコメントは管理人のみ閲覧できます

戸塚ヨットスクール

2017.03.04.12:23

おはようございます
ある講演会で『彼』に会いました
講演が終わったあとの懇親会で
そのとき違和感が・・・
ふつう『ま、一杯いかがですか』とビールを奨めますと
普通はグラスを持ちますが
かれは目でグラスを見るだけでした
そして返杯もありませんでした
このときに、もしかしたらと思いました

それが
こんな形で露見するとは

おいらの邪推が間違いであったなら
親父殿に迷惑が架かります
由って
自分のブログに書きます

彼には
血は水よりも濃いという理屈は
通用致しません!
失礼いたしました。

管理人のみ閲覧できます

2017.03.04.01:38

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

わがまま、親父

Author:わがまま、親父
FC2ブログへようこそ!

このブログで書かれた記事とコメントの転用を禁じます。
違反した場合は法的手段を講じます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
わがまま親父の独り言、カナダで生きています。
わがまま親父の独り言う、カナダで生きています。
わがまま親父の独り言、カナダで生きています。
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR