近頃のこちらの不動産事情。

2017.01.23.07:38

最近妻からこのような提案があった。

それは2020年をめどに今すんでいる家を売却、ダウンタウンに近いこれから建設を予定してるタワーコンドウミニアムに買い替えるという話であった。

その理由としては共に72才になり、老人2人暮らしとしての家としては広すぎる、足腰の老化により階段ののぼり降りが負担になってきている、さらに冬の降雪時の雪かき、庭の手入れも負担になってきている、さらに付け足せば家の維持費や車や固定資産税など、支出面で難しくなりそうだ、そんな話であった。

現在住んでいる家、地下室面積も含めると総床面積2千8百スクエアーフィート位になる、ベッドルーム4、トイレ4、バスルーム3、キッチン、ダイニングルーム、ファミリールーム、広間、ダブルガレージ、地下室バー、カラオケルーム、となっていて時価相場としては既に一億円をはるかに超えている。

我が家の近郊ではまだまだ大規模住宅開発が進んでいて、続々と新しい住宅地が毎年できつつある、トロント市内では古い住宅が壊され再開発となりこれも大規模な高層コンドミニアムが沢山建設されている、こんな事もあって最近の不動産価格は急激な上昇を続けている、ある意味住宅バブルとも言える状態になっている。

我が家にも毎日のように不動産エージェントから電話があり、不動産売却の打診が絶えない、このような現象が絶えまないのは引き続き移民の増加、そして都市としてのトロントの発展成長が著しい為、住宅を求める人々が増えているためだと思われる。

こんな事もあって数日前、その建設予定である高層コンドのモデルルームを見に行った、その場所はトロント市中心には車で10分、地下鉄駅も数分、周りは洒落たショッピング店や洒落たレストラン街、映画館、スケートリンクが並び天気がよければ沢山の人々で賑わう場所でもある、

モデルルーム、2ベットルーム、それぞれにバスとトイレがついている、そしてデンといって多目的スペースとして4畳半くらいのスペース、とファミリールーム、ダイニングキッチン、外にはバルコニーとしてそこそこのスペース、外でバーベキュウやちょっとしたパーテイが出来るスペースがあった。このバルコニーからの眺望は素晴らしかった。

値段は総額5千万ちょっと、買えない金額ではない、だが、私は気にいらなかった、それは今住んでいる家から比べれば本当に狭いと感じたからだ、確かに老人2人暮らしであればこのようなスペースで十分、それは分かっているし便利さを考えればこのような選択は当たり前だと思っている、

北米の私達と同じような世代、大きな家に住んでいる世代、すでに田舎にバンガロータイプの平屋や、都心に近い便利なエリアにあるコンドウに住み替え始めている、そういう事情も分かっている。

だが、気持ちが動かない、何故気持ちが動かないのか、それは多分だがこれからの残りの人生に対しこれといった展望もないし、特に楽しみたいという気持ちもない、家では殆どしゃべらないし何をすることもない、妻が描く夫婦そろってのそこそこの穏やかな暮らし、そういう暮らしについても何の感慨もわかない、要は私が送っている勝手気儘な生活を変えたくない、そんな所なんだろうと思う、全くもって我がままで勝手な男、われながら嫌になる。

こんなような生活、長年一緒に暮らしてきた愛犬が亡くなってしまった、その後ぽっかりと空いてしまった心の穴、それもあるかもしれない気がする。

こんな事もあって妻との会話中、話がこじれて話は進めていいが、その時このコンドウに私が一緒に入居するかどうかは分から無い、場合によっては日本に帰国する選択も有り得ると言った、私は埼玉県のある町、駅から7分、都心の池袋まで35分の場所で64坪の敷地で一階は2DK,2階は3DKに改築したアパートをもっている、庭も20坪くらいで私が手入れした木々もある、そこに母が一人で暮らしている

だから私が望めば帰る家はある。

そう言ったら泣かれた。

この他にもフィリピン、マニラ近郊、マカテイ近くの小高い丘にあるリゾート地にある住宅造成地に3区画の土地を持つがこれは妻の名義になっており私が勝手に処分は出来ない、以前は南国フィリピンで余生も考えてはいたが、今はもはや住む気にはなれない。

これは余談ではあるが、今やフィリピン、フィリピンおねえちゃんを追っかけてそこそこの小金を持って来ても、その小金で余生を暮らせる時代ではない、しかし、それを理解できない日本の阿呆親父が、いぜんとして後を絶たないのには同胞ながら情けなくなる。

いずれにしても後3年ある、その時まで元気でいるかどうかは分からないが、どうするかよく考えてみたいと思っている。


本当はもう後何年しか生きられないとなれば、後は野になれ山になれではないが、全財産を処分して世界放浪の旅に出て、その何処かその辺で野垂れ死にしていいかなと思っているが、流石、そのような本音は妻には言えない。

長年連れ添った妻には申し訳ない気はするが、元々破滅型気質で我がままな男、どうやら死ぬまで治らないらしい。
スポンサーサイト

comment

Secret

Re: 御見舞申し上げます

2017.02.03.07:49

> ご体調を崩された由・・・・・
> エールも裏目になることも多いお病気とか。
>
> 気にかけている、ということだけ一言。

BBさん、ご返事が遅くなりました、御免なさい。

お忙しいのに気にかけて頂いて恐縮です、貴女がお書きになっているブログ記事、毎日欠かさず読んでいます、最近は楽天、見て子、盆暗、基地外雅子、もう糞味噌に書かれていて痛快ですね、多分、私と同じように思うフアンも多いと思います。

これからも是非、書き続けて欲しいと願っていますが、体調もあるでしょうから無理はいえませんが!

Re: No title

2017.02.03.07:37

> おはようございます。
>
> もしも。。。
> 日本に帰国したとしたら。。
> まずは一緒に飲みたいですね♪


こあらんさん 返事が遅くなりました、御免なさい。

今年も一時帰国する予定です、まずは一緒に飲みたいですね、そうですね、新橋当たりの焼き鳥屋さんでどうでしょう、

帰国したら連絡を取りたいので、電話番号、内緒コメントで送ってくださいね。

Re: No title

2017.02.03.07:32

秘密のBキャットさん、

豪邸と少し大げさですよ、多分、カナダでは中流だと思います。

そうですか、そのような生活をされていたのですか、それもいいかもしれませんね、参考になりました。

Re: わがまま!いいですね~

2017.02.03.06:18

>  御無沙汰致しました。
>  少々事情がありましてブログから離れている間に、次々の更新に安堵いたしております。
>
>  ウナ様のコメントを拝見し、全く同じ気持ちに驚きました。
>  
>  後は親父様が決断される事と思いつつも、やはり親父様は親父様らしくわがままに残りの人生を生きて欲しいものと思っております。
>            カナダかぁ~
> 話し合いに伺うには、遠すぎます!
> 行けるものなら、と~くに機上の人になっています……


み~ちゃん、コメント有難う御座います。

以前はカナダに骨をうずめる気持ちもありましたが、最近は最後は祖国で死にたい、そう思うようになりましたね、

持病の鬱もなんとか直ってきたようで少し楽になりました。今年の帰国時期はまだ決めてはいませんが、機会があれば是非再会したいと思っています、娘さんは元気にしておいでですか?娘さんにも会いたいなあ~

わがまま!いいですね~

2017.01.28.22:37

 御無沙汰致しました。
 少々事情がありましてブログから離れている間に、次々の更新に安堵いたしております。

 ウナ様のコメントを拝見し、全く同じ気持ちに驚きました。
 
 後は親父様が決断される事と思いつつも、やはり親父様は親父様らしくわがままに残りの人生を生きて欲しいものと思っております。
           カナダかぁ~
話し合いに伺うには、遠すぎます!
行けるものなら、と~くに機上の人になっています……

みにつまされます

2017.01.27.22:28

おはようございます
日本時間27日の22時でございます

おいらは幼きころに
『落ち行く先は九州相良』とおそわりました
正しい意味は今以ってしりません
ですが
帰る先が、先があるとしたら
還るべきだと思います

奥方と一緒になろうと思った頃を思い出していただきたい
そのとき
奥様は何処で暮らしていましたか
殿と所帯を持てると判断した奥様は
住めば(どこでも)都と思っていたはずではないのでしょうか
殿の『財』をもってすれば
K市で半年を暮らし
あとの半年をカナダのホテル住まいも可能でしょ
長い旅行だと思えばいいのでは?
親父殿の『ブログ』を見始めたころだったと思いますが
アパートを一軒買い上げて
各人に部屋を持っていただき
食堂は共同?
こんな合宿のような暮らしを考えました
知恵を出し合えば・・方法はあるはずです
(いちど、話しにいこうかな・・?)
(でも、寒いのは苦手だし・・とほほ)

兎に角
親父殿は親父殿でなくては困ります。

管理人のみ閲覧できます

2017.01.24.17:33

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

2017.01.24.07:37

おはようございます。

もしも。。。
日本に帰国したとしたら。。
まずは一緒に飲みたいですね♪

管理人のみ閲覧できます

2017.01.23.20:30

このコメントは管理人のみ閲覧できます

御見舞申し上げます

2017.01.23.19:56

ご体調を崩された由・・・・・
エールも裏目になることも多いお病気とか。

気にかけている、ということだけ一言。

管理人のみ閲覧できます

2017.01.23.18:06

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

2017.01.23.17:14

このコメントは管理人のみ閲覧できます

いつも楽しく読ませてもらっております

2017.01.23.16:27

どうか日本に戻ってきてくださいよ!

おやじさまの5年後は、埼玉県に永住帰国してそうな気がしますが。

それにしてもトロントのお宅、豪邸ですね。浦山しい。
プロフィール

わがまま、親父

Author:わがまま、親父
FC2ブログへようこそ!

このブログで書かれた記事とコメントの転用を禁じます。
違反した場合は法的手段を講じます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
わがまま親父の独り言、カナダで生きています。
わがまま親父の独り言う、カナダで生きています。
わがまま親父の独り言、カナダで生きています。
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR